12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

夫と子ども(未成年)が精神科へ通院しています。ふたりとも、強迫性障害・不安障害・抑うつ・被害妄想などの症状があります。また亡くなった夫の父も生前同じような態度が目に付きました。
家系的にこんな病気になりやすいって、もっと早くに知っていたならと、悔やまれてなりません。夫の父が変な人だったのは病気だったからだと最近になって気がついて、夫が自発的に病院へ行ってくれて本当に良かったと思っています。夫も昔はかなり理解しがたい人でした。でも子どもがこんなに早く同じ病気になるとは思いませんでした。

亡くなった「夫の父」はひとりで通院していて不眠と肩こりしか症状を訴えなかったのでしょう、ずっと抗不安薬のデパスと睡眠薬だけ飲んでいました。抗不安薬では妙な被害妄想などはなくならず、意志の疎通もうまくいかず苦労させられました。

夫はパキシルと抗不安薬でかなり良くなりました。パキシルの副作用もありません。仕事はずっとしていますが、以前に比べて身体も心もかなり楽になったそうです。

子どもには抗不安薬だけ出ています。でも、子どものほうが最近症状はどんどんひどくなってきています。先生は「たぶんパキシル効くと思うんですが、未成年なので出せないんですよ」とおっしゃいます。

実は今度子どもだけ別の病院(若い患者さんが多いところ)へ移ります。紹介状を書いてくれるそうです。
未成年はどう治療していくのでしょうか?
パキシルは未成年には絶対使いませんか?
とくに経験者の方のお話を伺いたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

パキシルは,小児等に対する安全性は確立していない。

海外で実施した7~18歳の大うつ病性障害患者(DSM-IV※における分類)を対象としたプラセボ対照の臨床試験において本剤の有効性が確認できなかったとの報告がある。また、7~18歳の大うつ病性障害、強迫性障害、社会不安障害患者を対象とした臨床試験を集計した結果、2%以上かつプラセボ群の2倍以上の頻度で報告された有害事象は以下の通りであった。とあります.日本でも大人での承認しかありませんから,保険が使えなく医師は投与できません.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング