AVMで初回のガンマナイフから4年6ヶ月が経ちました。
一昨年1月、血管造影検査で5mmの残存病巣があり昨年9月に再検査を受け結果、病巣に変動なしという経緯で先日2回目のガンマナイフ治療予定で入院しました。
朝、フレームを装着をし大腿部からカテーテルを穿刺しての脳血管造影。
さらに造影剤を使用したMRI検査を済ませ、カンマナイフの順番を待ち、いよいよ私の番が来てガンマ室にて先生の説明を受けました。
何と!昨年9月からわずかに血流が少なくなっていて閉塞傾向にあると言うのです!!!
しかし、初回の照射から4年半、先生も18年ガンマナイフ治療に携わって初めての症例で今後、完全閉塞される確率は恐らく低いだろうが0ではなく患者である私が常に心配している放射線障害も2度目の照射という点からしても0ではない。
しかし今回、治療しなければ、年間出血率は変わらないまま・・・。
医師の立場からして仮にガンマナイフ治療に従事して10年以上の医師が、10人で検証してもこのまま照射するか否かは意見が分かれる症例だろうという判断をフレームを着け後は照射だけという状態で決断をしなければいけなくなりました。
せっかく?痛い思いをしてフレームを着けたのだから、このままガンマナイフを受けてしまおうか、という思いとイヤもう少し自分の治癒力を信じてみようかとの思いが交差し主人とも相談し後1年、様子をみようという事になり照射せずフレームを外しました。
当然ですが今もフレームを装着をした頭は痛く、はたして後1年やそこらで閉塞するのか?閉塞しなければ、また痛い思いをしなければならないのか・・・と、放射線障害からの不安からは取り合えず開放されたのだから、これで良しなのか?
照射直前でしたのでフレームを装着後の判断で今もそれがベストな判断なのか自分のなかでスッキリしていません。
今更、こんな事を考えても仕方がないのですが、あの時点で照射したほうが賢明だったのでしょうか?
(来年、閉塞していなければ再度ガンマナイフ治療をします。)
5年以上経ってAVMが完全閉塞する可能性は0に近いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ガンマナイフ治療を中止したと言う事は、AVMの奇形部位周囲に対して別の病巣があった若しくは、脳血流低下と言う事は、治療指針上脳障害の危険性を考慮されたのでは、無いでしょうか?しかしAVMなら通常手術か、カテーテル治療がメインですが、ご心配でしたら藤田保健衛生大学佐野教授に受診してみるのも手ですよ。

教授は脳動脈奇形のけんいですから。良い方法を考えてくれるかもしれません。

この回答への補足

さっそくのご回答ありがとうございます。
中止した理由は、奇形部位周囲に別の病巣や治療指針上脳障害の危険性があったわけではなく、このまま完全閉塞に向う可能性に賭けたので中止になった。と言うより中止にしたと書いたほうが正しかったように思います。
申し訳ありません。

補足日時:2007/04/01 08:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンマナイフ

今度夫がある大学病院で、脳腫瘍のため、放射線治療を受けることになりました。そこで使っているのが「定位放射線治療」と書いてあるのですが、ガンマナイフとは違うものなのでしょうか?
脳幹の腫瘍なので、東京女子医大にガンマナイフがあると聞いて、行ってみようかと考えていますがどうでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定位放射線治療とガンマナイフが同じか違うかは良く分かりません。
読んで調べるしか専門家ではないので。
http://www.gammaj.org/towa/index.html
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~kunieda/STIindex.html
↑定義が書かれています。

※http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/
女子医大の脳神経センター内に専門処置室があります。
かなり前からガンマ治療していますよ。
http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/department/d06-Neurosurgery.html

Q放射線治療【体外照射と体内照射】

こんにちは。
タイトルのような言い回しが適切ではないかもしれませんが、
私は現在放射線治療について勉強中です。

一般的な体外照射(ガンマナイフ等含む)のほか、
アイソトープやヨードなど、注射や経口投与によって
行われる放射線治療もありますが、放射線を体外から取り入れる
場合と、体内から取り入れる場合において
どのような違いがあるのでしょうか。
身体的なダメージなどにも差異はあるのでしょうか。

ご教授いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

放射線治療についての質問ですが、通常は体外照射として
差し支えないです。
γ線・電子線・重粒子線等(γナイフも)すべて、体外照射です。
体外照射は比較的コントロールがしやすい点で多く用いられています。
特殊な例は腔内治療というのがあります、子宮がんや食道がんとうに
用いられています。
線量的には多いですがシミュレーションの装置などで
しっかりコントロールしてあまりガン以外のところ
にはあたらないようにしていますが、嘔吐や白血球の減少が
みられたりします。
一方体内照射は注射や経口投与によるものでがん細胞および周囲に
取り込まれやすい物質にアイソトープをラベリングして投与しますので
すべての症例に使えるものではありません。
また外照射にくらべコントロールがしにくい欠点があります。
投与量のすべてがガンおよび周囲に取り込まれれば問題はない
のですが、なかなかうまく行かなかったり、多すぎて正常細胞が
照射されてしまってりするケースがあります。
以上ですが、まだまだ書ききれません何か追加質問でもあれば
どうぞ。

Q聴神経腫瘍でガンマナイフ治療を受けた方にお尋ねします

私もガンマナイフ治療を受けることになりましたが、ガンマを当てているときは苦しかったですか? 酸素マスクなどもするのでしょうか? その後よけいにひどくなったり副作用がでたりしません出したか? お教えください。また治療後、一時はおおきくなるとききましたがガンマナイフ治療をうけてなりましたか? 顔のしびれや、耳鳴りは楽になりましたか? お教えください。また、ガンマナイフ治療で死亡することはあるのでしょうか? 不安でたまりません。

Aベストアンサー

 私はガンマナイフを受けるかどうかで、最近、診断を受けた経験があります。
 病名は異なりますが。どこでお受けになるのかは存じませんが、東京女子医大の脳神経外科にガンマナイフ専門外来があり、そのHPに詳しい説明がありますし、すごいのはその担当医師と直接、メールできるようになっており、相談がメールでできますよ。私も活用し、受診しています。
 東京女子医大のアドレスは検索すればわかるはずですから、ここでは出しません。気になって投稿しました。すごくいい先生ですよ!その方は。
 酸素マスクはしませんが、ガンマナイフをあてるヘッドをかぶります。その際に、そのヘルメットを頭蓋骨に直接ボルトで止めますね。詳しくは、東京女子医大のHPで脳神経外科を探し、ガンマナイフ専門ページに行ってくださいね。お大事に!

Q乳がんが背骨に転移したのですが、なぜ放射線を腹部から照射するのですか?

第五背骨左側に癌が転移したのですが、放射線照射目印を、下腹部(へその左下)と両脇腹につけられました。
なぜ背中から照射しないのですか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おなか側と背中側と両方から当てていると思いますよ。場合によっては側面からも当てているかもしれません。
放射線は光と同じように、減衰していくので、目的とする脊椎骨に、目的とする線量を照射するには、1方向からの照射では不十分なので、多くの場合、前後から照射します(前後対交2門照射)。
しるしはあくまでも、毎回同じ場所に位置を合わせるためであり、比較的扱いやすい腹部と側腹部になっただけです。

Qガンマナイフ照射後のリンデロン投与は減らせるかなくすことはできますか

70歳の母が肺がんの脳転移でガンマナイフを照射したのですが、リンデロンという強いステロイド薬を飲んでいます。免疫治療の可能性があるのですが、リンデロンを飲んでいるとリンパ球が減るので難しいといわれました。ガンマナイフによる脳腫瘍治療後の腫れを抑えるたためのリンデロンは減らしたりなくしたりできるのでしょうか。頭が腫れるという状態・リンデロンを飲み続けるという状況は一生続くのでしょうか。

Aベストアンサー

リンデロンはあくまで脳内の化膿をおさえるために使用されていると思います。
ガンマナイフによってうまく脳内の腫瘍が無くなり化膿する可能性がなくなれば
当然リンデロンもいらなくなるでしょう。
しかし再転移、ガンマナイフで完全に取りきれない場合はおっしゃる通り腫れがある限りはステロイド投与は続けるはずです。

Q血液製剤・ガンマブログリン

こんにちは。
血液製剤ガンマブログリンについてお聞きします。
生後間もない子供ですが、感染症(ヘルペス)の疑いで治療を受けております。
その際、血液製剤を使用すると先生に言われました。

一昔前に、血液製剤で多くの感染症(エイズ・肝炎など)が問題になりましたので、心配でたまりません。
それと、このガンマブルグリンを使用することで起こる副作用も心配です。
生後1週間以内の子供に、はたして使用することが望ましいのか疑問です。
私達は、医師では有りませんので、専門家に任せておけば良いのは充分に理解し、納得しようと努力していますが、血液製剤に関する以前の事件(事故)の事を思い出すとどうしても不安が過ぎってしまいます。
どなたか、詳しい方がおりましたら、その安全性や、乳児期の治療に使用されている普及状況などを教えてください。

Aベストアンサー

ガンマグロブリン製剤は簡単に『免疫力の補填』目的で使用します。乳幼児の重症感染症の場合、免疫力の弱い子供達では自己の力で追い出すことが出来ないためこうした製剤を使うことが一般的です。血液製剤の弊害については昨今の情報から不安をもつことは医療者側のほうでも十分に理解しており十分な知識をもつ小児科医がこれを乱用するとは到底思えません。専門外でしかも診察に立ち会ったわけではないので一般的な内容に終始しますが、重症感染症で使うべきときに使わなければ救命率もはっきり下がるといわれています。別の疾患、川崎病などでは標準的な治療法として大量に用いることもあり十分に検証されていると聞いていますよ。

Q脳動静脈奇形のガンマナイフ治療の副作用について

73歳の父が脳動静脈奇形で脳内出血しました。
幸い、発見が早かったのと出血量が少なかったのでほとんど後遺症はなく20日ほどの入院ですみました。
現在は退院して普通に日常生活を送っています(車の運転だけはまだ控えています)。
ただ、再出血する可能性があるため、2泊3日でガンマナイフ治療を受けることにしました。
奇形が運動野に非常に近いところにあること、3~3.5cmと比較的大きいこと、
麻痺が残る可能性が高いこと、高齢であることなどから、手術はしないことにしました。

ガンマナイフ治療では、麻痺が残る可能性が5%、3年後に根治する可能性が85%と言われましたが、
治療後は副作用などがあるのでしょうか。
実際にガンマナイフ治療を受けた方が副作用に悩まされている、というようなことをこのサイトでもみたので、不安です。
副作用があるとすればどのような副作用なのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は脳動静脈奇形で先月2回目のガンマナイフ治療を受けました。
ご質問日が4月8日ですのでもう治療をお受けになった後かも知れませんがご質問のガンマナイフ治療の副作用は私が医師から放射線による晩期障害(脳壊死・水頭症・脳萎縮・脳浮腫)が治療後数年経って出る可能性は一度目の治療で1~2%2度目の治療で2~4%と説明を受けました。
私の奇形は2cmで最初の治療の時に成功率80%、奇形の大きさから一度の治療で完治するだろうとの見解でしたが5年経っても完治されておらず2度目の治療となりました。
正直、2度目の治療では奇形の出血率より放射線障害の確率のほうが高くなり
不安でしたが主治医は、副作用に関しては治療法(手術や投薬)があるが奇形から出血した場合は重度の障害や最悪、命取りになる可能性が高いと治療を勧められました。
治療後は放射線障害の有無の確認のため半年に一度MRI検査を受け、約2年後に奇形の閉塞を確認のためカテ-テルを用いた血管造影検査をしますので副作用は早期発見できるかと思いますが放射線障害は照射した個所で症状が違いますのでお父様が、もし副作用が出た場合の症状は主治医にお尋ねになると良いかと思います。
私は幸い今のところ、副作用はなく普通に生活をしています。

放射線の副作用とは別に脳動静脈奇形は癲癇発作と背中あわせです。
また、開頭手術をした場合もガンマナイフをした場合も癲癇を起こす可能性があります。
放射線の後遺症より癲癇のほうが発症率が高いかもしれませんので治療後に
癲癇予防の薬が処方されると思いますので忘れずに服用されてください。
ガンマナイフはフレ-ムの装着、脱着時に痛みがあり退院後もフレ-ムを固定した個所が痛かったり時々、締め付けられるような痛みや痺れた感じがありますが、徐々に治ってきます。
放射線治療の他に塞栓術治療法もあります。
ガンマナイフは放射線障害という不安が残った上、完治まで時間がかかります。もし可能であれば塞栓術も視野に入れてみては如何でしょう。

長くなりましたが、お父様のお体お大事になさって下さい。

こんにちは。
私は脳動静脈奇形で先月2回目のガンマナイフ治療を受けました。
ご質問日が4月8日ですのでもう治療をお受けになった後かも知れませんがご質問のガンマナイフ治療の副作用は私が医師から放射線による晩期障害(脳壊死・水頭症・脳萎縮・脳浮腫)が治療後数年経って出る可能性は一度目の治療で1~2%2度目の治療で2~4%と説明を受けました。
私の奇形は2cmで最初の治療の時に成功率80%、奇形の大きさから一度の治療で完治するだろうとの見解でしたが5年経っても完治されておらず2度目の治療となり...続きを読む

Qレントゲンの照射時間??

知識として知りたいのですが
内科医(肺がんなど)が見る、レントゲン写真と、整形外科などが、骨を見る写真と、照射時間は異なるのでしょうか?

つまり、骨のようなくっきりした物と、肺がんなど ボケたといいますか、ぼんやりした物を見るとき、それ目的の照射時間といいますか、撮影方法は異なるものですか?

過日、家内を肺がんで亡くしているのですが、まったく、肺がんの症状が無く、(咳とか痰とか)肩甲骨のあたりが痛い、という症状で、整形でレントゲンを取って、背骨の曲がりなど指摘された。(もともと、両膝人工関節で骨は持病持ち)
その後、2-3ヶ月たって、喉がひゅうヒューいい出して、内科で、レントゲン取ると、肺がん(ステージ4)。

そんなことで、整形で、影は見えなかったのか 疑問で気になっているのですが

Aベストアンサー

レントゲン撮影に要する時間は、撮影部位や距離、あるいはフィルムなどの感度にもよりますから、撮る医療機関(の装置)によっても違ってきます。
「肺がんなど」をみる、いわゆる胸部写真の場合は、一般的には百分の何秒ですみますが、硬い骨では、当然、もっと長い時間(といっても、せいぜい1秒程度)となります。
また、(最近は殆ど利用されていないと思いますが)断層撮影で肺を撮れば、約1秒(以上)です。

肺は空気で満たされているわけで、かつ鼓動している部分を、いい写真を撮ろうとすれば、撮影時間を短くする方がいいに決まっています。
骨の場合は、太さも大きさも(あるいは、場所も)いろいろですから、骨によって撮影時間は大きく異なります(動かなければ、撮影時間も十分とれます)。

骨であっても、下の方の肋骨は、くっきりとは写りません。
太っている人は、よく見えません。
先述のように、肺はよく写る部位ですが、骨にかこまれているので、その裏側の病変はわかりにくい、ということもあります。

レントゲン(X線)の物理特性も関係してきますし、時間は、内科と整形の違いではなく、撮影部位とその方法や方向によって決まってきます。その撮影の指示を出すドクターによりますから、そういう意味では内科と整形の違いというよりも、撮影対象が同じであっても、医師がどんな写真を見たいかによって違ってくることは、あります。

レントゲン撮影に要する時間は、撮影部位や距離、あるいはフィルムなどの感度にもよりますから、撮る医療機関(の装置)によっても違ってきます。
「肺がんなど」をみる、いわゆる胸部写真の場合は、一般的には百分の何秒ですみますが、硬い骨では、当然、もっと長い時間(といっても、せいぜい1秒程度)となります。
また、(最近は殆ど利用されていないと思いますが)断層撮影で肺を撮れば、約1秒(以上)です。

肺は空気で満たされているわけで、かつ鼓動している部分を、いい写真を撮ろうとすれば、撮影...続きを読む

Qガンマナイフについて

MRIにより肺癌からの転移が脳に5つ見つかりました。2~3ミリですが散らばった状態です。
この場合ガンマナイフは有効なのでしょうか。

Aベストアンサー

肺癌の脳転移に対して数ミリのものであれば問題なく有効です。
多発して散らばっていても大丈夫です。
私は、以前20数個ある脳転移に対してガンマナイフを依頼したことがありますが、ほぼ完全に消失し、半年後に再発したものの再びガンマナイフで治療して、いまのところ再発なく経過を見ている人がいます。

ガンマナイフが使用できるようになってから、脳転移のある方の予後が大変改善しており、早期に発見することがとても重要だと思っています。また近くに依頼できる施設があることをとてもありがたく思っています。

ただ、最近症例が増えてきていることから、施設の医師や放射線技師の負担がかなり大きくなっているようです。

Qサイバーナイフ

癌の放射線治療にサイバーナイフというものがありますが、肺がんの治療時に肺に入れる金属棒はどういう方法で入れるのでしょうか? ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

癌の位置により、気管支鏡(カメラ)を使って入れる場合と、
病変の近くの体表部から、皮膚を切って入れる場合があります。

以下の検索ワードで、WEB検索と画像検索をしてみて下さい。
「経皮的放射線治療用金属マーカー留置術」
「気管支内視鏡的放射線治療用マーカー留置術」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報