ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

車種は13シルビアです。
センサー不良のためか、排気温度警告灯が点灯しっぱなしです。
この状態でも車検上は問題ないでしょうか。
車検は民間車検場を考えております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

センサー不良ならまだ良いのですが、エンジンに問題がある可能性があります。

たとえば、何らかの理由で未燃焼ガスが多くなっているなどです。その場合、触媒が高熱になって損傷の危険性もありますし、可燃物の接触で発火の可能性もあります。
まずは原因の確認をしてはどうでしょうか? やはりディーラが良いかと思います。エンジンの異常なら、やはり民間車検場よりはディーラの法が良いときもありますから。

この回答への補足

すみません。原因は大体は分かっております。
排気温度センサーが断線していたので、中古で購入しました。
ジャンク品のため、センサー不良の可能性が高いです。
センサー断線前は問題ありませんでした。
エンジンなどはチューニングショップで一度見てもらっているため
問題ないとは思います。ECUがパワーFCなので、センサーチェックができるはずですが、まだ試しておりません。また、結構な改造車のため、多分ディーラーでは断られると思います。民間車検を選んでいるのは陸時よりチェックがあまいためです。(Eg載せ換え仕様で、EGR処理に問題があるため)
質問の核は、排気温度警告灯が点灯しっぱなしでも、一般的に車検に通るかどうかが知りたかったのですが、これも場所によるのでしょうかね。
ただFC?のように排気温度警告灯が装備されていない車種もあるようですので、問題ないかとおもったのですが・・・。

補足日時:2007/04/01 13:22
    • good
    • 0

どうしても簡単に点灯を消したいのであれば、メーターをはずして分解し、そこの球を抜けばいいだけです。


ただし、本当にセンサー不良であることが確認されなければまずいですよ。

この回答への補足

パワーFCのセンサーチェックを近々やるつもりです。
警告灯の球を抜くことは考えておりました。
警告灯が点灯した状態で車検時に指摘されるのか。
そのことによって車検が通らないのかが知りたいのですが・・・。

補足日時:2007/04/01 18:32
    • good
    • 0

qoo2007です。

再度投稿します。
車検時、排気ガスにプローブを突っ込んで排気濃度をチェックされます。
排気温度センサーが点灯しますと、COが4.5以下、HCが1400以下が
規定ですのでそこで異常が出ます。
それに合格すれば点灯は違法ではありません。
民間車検場に持っていかれることとのことですが、その時にセンサー
不良なのでと伝えておけば大丈夫だと思うのです。私も整備士なのです
が、修理工場によって気分次第で対応が変わってきます。
儲けたいとこなら、変えないと通せないと言われたり、厳しくない人や
怠け者w、本当に違法じゃないと分かる人なら「まぁいいや」って、見
てくれます。
ディーラーだから安心と言うことはありません。みんな人間ですから。
一番しっかりしているのは、認証工場ですよ。
陸運支局に持ち込まなければならないから、それだけしっかり点検を
しておかなければと慎重になりますから。
    • good
    • 0

メーター警告灯の点灯しっぱなしは  ダメ( ̄乂 ̄)


そして球を抜き取っての消灯しっぱなしも  ダメ( ̄乂 ̄)

エンジンキーONで点灯(その後消灯)し、エンジン始動後消灯しなければ その箇所に異常がある と言うことになり、整備不良車とみなされ 保安基準不適合=異常個所を直さなければ車検には通りません。

民間なら緩いとお思いでしょうが、その思考は甘いです。
陸運なら1回の検査ですが、民間は2回検査(受入・完成)します。見落とすと思います?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排気温警告灯が消えません。原因、対策を教えてください。

平成2年式S13シルビアK'S (オートマ車 走行距離7万キロ)に乗っています。
運転中に、排気温警告灯が点灯しました。
原因、対策を教えてください。

状況は、
排気温警告灯が点灯する1時間ほど前に、
カーショップで、オイル交換をしました。
いつもどおり、SHクラスのオイルです。
その後、一般道を30分走り、高速道路にのり
100キロほどで走行中
30分ほどしたら、排気温警告灯が
5分ぐらい点灯しては2分ほど消えて、
再び5分ぐらい点灯し、2分ほど消える。
の繰り返しです。

高速道路をおりて、信号待ちの時にはアイドリングがとても不規則でした。
結局、排気温警告灯が点灯し始めて、
40分ほどして家にたどり着きました。
走行後、家の駐車場で、エンジンオイル、冷却水を
確認しましたが標準レベルでした。

ちなみに、
高速道路は毎日、通勤で使っております。

いつエンジンが止まるかびくびくするほどの
アイドリングのばらつきがありました。

上記条件で原因および対策などありましたら
ぜひ、お教えください。

ゴールデンウィーク中で、修理工場、ディーラーが休みなので不安です。。。。

平成2年式S13シルビアK'S (オートマ車 走行距離7万キロ)に乗っています。
運転中に、排気温警告灯が点灯しました。
原因、対策を教えてください。

状況は、
排気温警告灯が点灯する1時間ほど前に、
カーショップで、オイル交換をしました。
いつもどおり、SHクラスのオイルです。
その後、一般道を30分走り、高速道路にのり
100キロほどで走行中
30分ほどしたら、排気温警告灯が
5分ぐらい点灯しては2分ほど消えて、
再び5分ぐらい点灯し、2分ほど消える。
の繰り返しです。

高速道路をおり...続きを読む

Aベストアンサー

ずいぶん前に同じ状況に陥ったことがあります(車種はサニーのターボルプリ、今は絶版車ですが)。
一旦信号などで停車すると発信の時にはノッキングの嵐のような状態にはなりませんでしたでしょうか(走り出せば多少安定するような感覚でした)?
ディストリビュータの不調が原因の可能性が高い様に思えます。ディーラーでなくても部品さえ手にはいるようならカー用品店やスタンドでも交換可能だと思います。
ディストリビュータであれば、それ以上状態が酷くなることはないと思いますが、当然ながら早めに手当なさった方がよろしいですよ。下の方々がおっしゃるような他の原因も考えられますが、いずれもオートバックスなどでしたら対応可能だと思います。

Q排気温度警告灯?

排気温度警告灯?

こんばんは毎回お世話になっています。

SUBARUサンバー(H5年式13万キロ)に乗っている者です。

前々から気になっていたのですが、排気温度警告灯が点いたり消えたり(明るさまでも変わる)するのです。

別に長距離運転をしたわけでもないのですが、エンジンをかけたら警告ランプが点くのです。(走行1分ぐらいで消えます)

この場合はセンサーの不良ですか?

それとも警告ランプ通りの不良ですか?

本当にごく稀に起こる事なのです。

直すとしたら修理費は高いですか?

質問続きですみませんがどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

冷却水が不足してそれが点灯するなど100%あり得ません!
あり得ない事を経験って・・・。 ??????


排気温度警告灯が点灯する条件は 触媒の異常反応です
未燃焼ガス(不完全燃焼ガス)が大量に排出されると触媒は異常に反応し
高温となります 火災防止の為にこれが点灯します

エンジンをかけた直後に点灯であれば点灯する仕組みに問題がありますね
すなわち センサーの故障、配線の損傷、アンプの故障・・


整備工場で見てもらってください
これを問題なしと勝手に決めつけ 本当に触媒が高温になる条件になったときに
気づかず 車両火災になる危険性があります

車両火災は思ったよりもあるものです

QS14がブースト時にガボガボ言うのが治らない

初めまして。
先日タービン&アウトレットを交換した時から、急にうちのS14が不調です。
交換したのは社外タービン→オクで買った純正タービン、純正アウトレット→ゲーター

 症状:ブーストがかかるとガボガボ言って加速しない。
    ブースト0.5以上で顕著ですが、強く踏めば0.2でもガボガボ。
    アイドリングは安定し、ニュートラでは問題無く吹けあがる。
    ちなみに、ブーストかけないと、普通にレッドゾーンまで。
    つい最近(症状出たころは無かったのですが)「フィーン」というタービンブローの
    初期症状のような音に合せてガボガボ言っているような・・・

 装備:S14Q's改(S14後期SR20DET、MT換装)、車高調、マフラー、キノコ、不明燃ポン、前置きI/C、銅2層ラジエタ
 調査:調査順に記載
    インタークーラー前後チューブ全部外し、目視確認、古いのは新品交換、再装着(タービン~インマニ)
    インタークーラー配管穴開き無し(外して目視)、エアフロ洗浄、
    パワトラ交換、エアフロ配線しなおし
   >>ここまで全く変化無し
    燃料フィルタ(ここから燃ポンより耳鳴りのような高音が出るように)
    Z32燃ポン交換、燃ポンバッ直(高音は変わらない、店でも疑われるがバッ直動作に異常は無かった)
    S13イグニッションコイルに交換(少し吹けるようになった気がする)
    O2センサーのカプラー抜き(高ブーストで気持ちパンパン言う気がするが、ガボガボは特に変わらない)

一応、他のHPなどを見て、いろいろ試させていただいたつもりですが、 全く手に負えません。
最後のO2センサは、外すとエンジン不調になるとどこかで聞いたのですが、
アイドリングは安定し、特に不調になっているようには感じませんでした。
(↑一番怪しいのかもしれませんが、私の知識ではなんとも言えず・・・)

ECU、ダイアグも確認してみたいのですが、
基盤の焦げを確認するくらいの知識しかないので、そこからどうしてよいか。
ダイアグもどの番号が何かというのは、一部しかわかりませんが、
やらないよりは・・・という ことでやってみようかと思っています。

修理費10万円とか行かないようなら店に放り込みたいんですが、
どの店も「修理費無限大」と言うので、怖くて自力でやってる次第です。
皆様の知識をお貸し頂ければ幸いです。

初めまして。
先日タービン&アウトレットを交換した時から、急にうちのS14が不調です。
交換したのは社外タービン→オクで買った純正タービン、純正アウトレット→ゲーター

 症状:ブーストがかかるとガボガボ言って加速しない。
    ブースト0.5以上で顕著ですが、強く踏めば0.2でもガボガボ。
    アイドリングは安定し、ニュートラでは問題無く吹けあがる。
    ちなみに、ブーストかけないと、普通にレッドゾーンまで。
    つい最近(症状出たころは無かったのですが)「フィーン」...続きを読む

Aベストアンサー

No6です。
この手のEgは世話やけますがその分とても楽しいEgでもあります。

さて本題ですが、PEタービンだったんですね、了解です。
S14(たぶん13も)は、IJノーマル370ccだったはずなんです。

理想的な噴霧状態は、一般的に8割といわれてますから、
単純に370×0.8=296となり、約300PS前後であれば許容することになります。

ですので、知人の方がGTSSで乗っていたというのも不思議ではなくなります。
タービン的に300-330PS前後ですが、多分ブースト0.95-1.00kくらいで頭打ちですね。
馬力も300PS出てないと思います。(それ以上かけても立ち上がりが早くなるだけで一緒)

PEもそんなに変わらないですが、アクチュエターがPWEの強化品が付いてるので
今のHKS強化アクチュエターと同等の性能と思います。

結論、一番怪しいのは「燃P」ですね。
電圧で吐出量決まるんですが、電圧不足で、燃料回ってないか。
ポンプが調子悪いか。いずれにしても確認必要です。

次に怪しいのは「アクチュエーター」ブーストが0.5しかかからないのが不思議です。
それ以上ブーストかかる前に垂れてしまってるのか分かりませんが、強く踏んで0.2で
調子悪くなるのが気になります。PEの移植してみたらどうです?

ブーストかけた時限定では、タービン、IJは問題なさそうです。
ICも関係ないですね。
あと基本的なことですが、ホース類も大丈夫でしょうか。。
(亀裂入っててブーストかけたら漏れてるなんてことは・・)

ちょっと、上記1,2の対応お願いします。

※CPのリセットやってみました?もしまだだったらやってみてください。

No6です。
この手のEgは世話やけますがその分とても楽しいEgでもあります。

さて本題ですが、PEタービンだったんですね、了解です。
S14(たぶん13も)は、IJノーマル370ccだったはずなんです。

理想的な噴霧状態は、一般的に8割といわれてますから、
単純に370×0.8=296となり、約300PS前後であれば許容することになります。

ですので、知人の方がGTSSで乗っていたというのも不思議ではなくなります。
タービン的に300-330PS前後ですが、多分ブースト0.95-1.00kくらいで頭打ちですね。
馬力も300PS出てないと思...続きを読む

Q自動車の排気温度センサーは大体何℃で作動するの?

自動車の排気温度センサーは大体何℃で作動するのでしょうか?触媒に付いていると思いますが、500℃くらいでしょうか?条件を付けるならガソリン機関の値を知りたいです。車種によると思いますが、おおよその値を知りたいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自動車の理想燃焼温度は、エキゾーストマニフォールドに出た時点で、約850度前後です。

触媒に排気ガスがたどり着く時点で500~600度前後に落ちてますので、センサーは800度位で反応するようです。



ただし、最近のエンジンは希薄燃焼で高温気味のエンジンもあるので、上記はあくまでも一般的なガソリンエンジンでの数値です。

Q触媒の警告ランプ

自分は平成5年式のエブリー(MT)に乗っているのですが最近エンジンをかけたらマフラーから湯気があがったよなマークがつきますしばらく走ると消えるのですまたエンジンをきってからかけるとつきますそれとヘッドライトをつけると消えるときがありますどおやって直したりいですかそれとも修理に出したほうがいいですかよいアドバイスお願いします

Aベストアンサー

排気温度警告灯は皆さんがおっしゃるように、触媒の温度が異常に上昇すると点灯し運転者に、負荷の低下(速度を落とすか、停車してアイドリングする)をするように注意を促すものです。

この警告灯がつく原因ですが、大きく分けて二つの原因が考えられます。一つは実際に触媒の温度が異常に上昇している場合、もう一つは排気温度センサーや警告灯を点灯させる回路に異常がある場合です。ただし、エンジン始動後の数秒間点灯しその後消灯するのであれば異常はありません。

今回の場合はしばらく走ると消えるとの事で、実際に触媒温度が上がってる可能性があるかと思います。触媒温度は排気ガス中に未燃焼の燃料が多いと上昇(未燃焼の燃料が触媒で反応するため)します。気温が下がって始動時に混合気(ガソリンと空気の混ざったもので、エンジン温度が低いときは通常よりガソリンの割合を多くする必要がある)を濃くする機構が働く頻度が高くなっているはずですが、この機構に異常があると不必要に濃い混合気がエンジンに供給され、エンジン内部で完全燃焼することができずに触媒管の方に流れていくことになります。このような状態では触媒の温度が異常に上昇することになりますが、エンジン温度の上昇がある程度まで行けば濃い混合気を作る装置が解除され通常の状態に戻る場合もあり、今回の事例に当該する可能性があります。

また、ヘッドランプオンで消灯する場合があるとの事ですが、単なる偶然でなければ、ボディーアース(バッテリーのマイナス端子とボディーをつなぐ線)とエンジンアース(バッテリーのマイナス端子とエンジンをつなぐ線)のどちらかが不良である場合や、配線関係の異常の考えられます。

いずれにせよ、ある程度の測定器と知識が無いと手におえない種類の故障ですのでディーラーや整備工場に持ち込むことをお勧めします。

排気温度警告灯は皆さんがおっしゃるように、触媒の温度が異常に上昇すると点灯し運転者に、負荷の低下(速度を落とすか、停車してアイドリングする)をするように注意を促すものです。

この警告灯がつく原因ですが、大きく分けて二つの原因が考えられます。一つは実際に触媒の温度が異常に上昇している場合、もう一つは排気温度センサーや警告灯を点灯させる回路に異常がある場合です。ただし、エンジン始動後の数秒間点灯しその後消灯するのであれば異常はありません。

今回の場合はしばらく走ると消える...続きを読む

Q失火?謎の加速不良

最近、謎の不調に悩まされているのでお知恵をお貸し下さい

主に2~3000回転くらいになるとウォン…ウォン…と2~3回エンジンの吹けが途切れその途切れに合わせて車体も前後に揺れます
しかも厄介な事に毎回必ずなるのではなく下からアクセル一定で加速して行くような時には比較的起こり難いような気がします。逆にアクセルを踏んだり戻したりしながら加速するような時にはよく起ると思います。特に2~3000回転付近でで一度アクセルオフしてから再びオンするような状況では必ずといっていいほど発症します
レブまで回したらどうなるか?とかフルブースト掛けたらどうなるか?など怖いので試していません

車は5年式180SXです
マフラー(触媒後)とエアクリ(ムキ出し)のみ交換してあります。CPUは純正です

アホなので変な説明ですが解り易く教えていただけると嬉しいです

Aベストアンサー

車種は全く違いますが・・・

よく似た状況になりました。
ホンダバラードCR-Xでした。

加速がおかしい(一定でない)。
タコメーターの針が、意に反して、時々下がる。
真空計の針も、同じように不安定。

結果は、点火系の不調でした。
詳しくは、デスビの入り口(だったと思います)コードの接続部分が
溶けたような状態でした。
コードの交換だけで修理完了でしたよ。

ただし、古い車だったので、なかなか部品が無くて・・・
とりあえずはディーラーで「プレリュード」のものを応急的に取り付けて貰って
後日また交換という段取りになりました。

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Q触媒ストレートを付けたら高回転が回らなくなった。

 こんにちは。R32GT-Rに乗ってます。
 この度サーキットに参加することになり、触媒ストレートをつけることになりました。
 私の車にはなぜか購入時にトランクの中に触媒ストレートが入っており、当然GT-R用だと思ってつけたのですが、GT-R純正の触媒に付いているセンサーのようなものを取り付ける穴がありませんでした。
 そのままセンサーを取り付けいざ走行開始したらなんと高回転(5000回転以上)がまったく吹け上がらなくなりました。5000回転を超えたあたりから一気に加速感がなくなり回転は頭打ちしているみたいに上がらなくなります。
 
 ここで質問なのですが、高回転が吹け上がらなくなったのはセンサーをつけてないからなのでしょうか?それとも触媒ストレートを付けたらこのようになるものなのでしょうか?そもそもあのセンサーは一体何者なのでしょうか?
 
 また、もともと付いていた触媒を外すと触媒本体に「HNR32」とかかれてました。これはR32GTS4ですよね。GT-R用と同じものなのでしょうか?ひょっとして低級グレードの触媒をつけてパワーダウンしたまま乗り続けていたのでしょうか?
 
 わかる方がいましたらお願いします。

 こんにちは。R32GT-Rに乗ってます。
 この度サーキットに参加することになり、触媒ストレートをつけることになりました。
 私の車にはなぜか購入時にトランクの中に触媒ストレートが入っており、当然GT-R用だと思ってつけたのですが、GT-R純正の触媒に付いているセンサーのようなものを取り付ける穴がありませんでした。
 そのままセンサーを取り付けいざ走行開始したらなんと高回転(5000回転以上)がまったく吹け上がらなくなりました。5000回転を超えたあたりから一気に加速感がなくなり...続きを読む

Aベストアンサー

触媒の部分に付いているセンサは排気温計(ただの温度計)なのであってもなくてもエンジンの制御には関係ありませんよ
しいて不具合を言えばメーターパネル内にある"排気温"のチェックランプが機能しなくなるくらいです
例えばプラグが1本死んで五発エンジンになってしまった時などに排気温ランプが付きます
ちなみに触媒加熱の状態で走り続けると触媒が壊れてしまいます

よってエンジンが正常ならば排気温計はあっても無くても大丈夫です

また触媒の種類ですがRB26DETTを含めR32用は基本的にセラミックですがRB20DET用だけは違ってメタルの上等なものが装着されています
なので悪いって事はないですよ

Q強化エンジンマウントのデメリット

純正のエンジンマウントを強化エンジンマウントに交換すべきか迷っています。
シフトフィールがよくなるとか、エンジンが数センチ下がることによって
フットワークが向上するといった利点があるようですが、
逆にデメリットとして、エンジンの振動がより車内に伝わるようになって
乗り心地が悪化するというのはよく言われています。
強化エンジンマウントに交換するにあたり、純正に比べてどの程度振動が
伝わるようになるのでしょうか?それほど変わらないという話も聞いています。
あと、特に気になっているのは排気系に悪影響があるという話です。
新車なのでこれから10年くらい乗ることも考えられます。
長期的にみて、排気系への影響は気にするほどのものではないのでしょうか?

Aベストアンサー

全ては"サジ加減"の問題ですよ
もしリジット(完全固定)にしちゃったら効果は凄いかも知れないけど、その分デメリットも大変でしょう(笑
逆に軽い強化ならデメリットが少ないですがその分、純正と変らないんじゃないかと…なるだけです

給排気のパイピングは強化マウントでエンジンやミッションの揺れが抑えられるのでむしろ抜け難くなりますよ
どうせならマフラー等を強打しないように気を付けた方が効果的です
例えばテール部分をぶつけた場合に(マフラーが押されて)力が伝わってしまうとエキマニやタービンが逝ってしまう事もあります
吸気側はボディ等にガチガチに固定してしまうのではなくて多少(エンジンが)揺れても良いようにパイピングや配線類は少し余裕を持って組んでおけば済むことです
こう言う対策は揺れが大きい場合ほど重要ですね。マウントやダンパーで揺れを規制していればあまり神経質にならなくても良いかと思います

10年乗るって書いてありますが純正・強化に関らず無交換じゃ無理ですよ
そらエンジンが取れちゃうとか言う事は(笑)無いので使用上の不具合はないかも知れませんね。でもマウントは確実にヘタるのでシャッキリした感じを保っていたいのならば3~5年ほどで交換してあげる方が良いでしょう。ゴム製品は鮮度が命です(笑

ワークス系(ニスモとかTRD)の強化マウントなら良いんじゃないでしょうか?
強化マウントなので室内に入ってくる振動が増えるのは確かですがこれらの製品なら適度な硬さなので別に耐えられないほどじゃないと思います(自分は平気です。ニスモマウント使っています)
ついでに、有名な話(?)なので知っているかも知れませんがニスモの強化マウントはエンジンが上がりますよ。。

全ては"サジ加減"の問題ですよ
もしリジット(完全固定)にしちゃったら効果は凄いかも知れないけど、その分デメリットも大変でしょう(笑
逆に軽い強化ならデメリットが少ないですがその分、純正と変らないんじゃないかと…なるだけです

給排気のパイピングは強化マウントでエンジンやミッションの揺れが抑えられるのでむしろ抜け難くなりますよ
どうせならマフラー等を強打しないように気を付けた方が効果的です
例えばテール部分をぶつけた場合に(マフラーが押されて)力が伝わってしまうとエキマニやタービ...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング