僕は吃音によくなります。始めは小学校6年の頃、国語の音読で先生にあてられ、教科書の一部を読むとき、読めない漢字は全く無かったのに「金属」とゆう言葉を出そうとした時言葉が詰まってしまいました。読み方はわかるのに詰まったので先生に「きんぞくって読むのよ」と指摘され、恥ずかしいような悔しいような思いをしました。中学の頃はほとんど吃音は無く、高校の頃から吃音が酷くなりました・・・卒業式のときは僕は皆勤賞だったのですが皆勤の人を表彰するために呼ばれて、「はい!」と返事して立つときに緊張して「はい!」とゆう言葉が出ませんでした。ふだんは力が入って声が出ないのに、そのときは逆にのどに力が入らず空気しか出ませんでした。「はい」を言うまで時間がかかったり何度も言い直しさせられて周りは大爆笑でした・・・。休憩時間にはからかわれる始末で、いやな思いをしました。
 今でも友人と話すときでさえ吃音が出ます。独り言でも文章によってはどもります。一度両親に相談したら母は「緊張するって思うからそうなるのよ!」と怒鳴り、父は「あの田中角栄も子供の頃は吃音だったらしいぞ」とか「大人になったら治る治る」と言いました。高校のときは友達と会話していてどもると「どうした?早く言えよ」とイライラされる始末で・・・。あとマジックを見せるバーで手伝いをすることになったのですが練習するときにどもるとマスターからは怒鳴られます。あと、バイトもしようと思っているのですが「ありがとうございました」とか上司の人に「お疲れ様でした」とか言えるかどうかとても不安です・・・。吃音って治るものなのでしょうか?いろいろ調べましたが「原因がわかっておらず的確な治療法は無い」とも聞いた事があります。吃音で責められたり怒られたりすると死にたくなるときがあります・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私や知人の症状と似た部分がありますね。

私の場合は、子どものころは何ともなかったのですが、
社会人になって数年たってから少しずつ吃音が起こるようになり、そしてある日突然、一切言葉が話せなくなりました。
当然仕事には支障をきたす、というより職務を遂行することが不可能となったため(営業職でしたから)、
退職することとなりました。
そして、あなたと同じく、親からは即座には理解されず、「よくあることだ」「すぐ治る」などと言われました。

しかし、私の場合は発音不能だけでなく他の症状もあったため、さすがにこれはおかしいと思ったのか、
周囲の人のすすめもあり、親は念のために私に脳の検査を受けさせました。異常はありませんでした。
そこで、精神面の症状と判断し、心療内科に通うこととなりました
投薬治療により、今では話すことは
できるようになり、吃音もやや軽くなりました。しかし、あなたと同じく、仕事を始めようにも他人と
うまく話せるかどうか不安だったり(私の場合は吃音だけでなく他の症状もということもありますが)しています。

また、責められたり怒られたりすると死にたくなる時があるというのも、精神障害を持つ私の知人の症状と似ていますね。

参考URLにあるとおり、吃音は原因も不明で、的確な治療法はないというのは本当のようです。
しかし、私のようにある程度軽くすることはもしかしたらできるかもしれません。私のように精神科や心療内科の病院にかかることもひとつの方法ではないでしょうか。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%83%E9%9F%B3
    • good
    • 0

あなたの場合、中学校のときはあまりどもっていなかったようですので、肉体的な問題からどもっているわけではないと思われます。


やはり、気長に気にしないでゆっくり発音していればそのうち治ると思います。
私の場合は小学校までが言語障害とすごいどもりがあり、先生から両親に特殊学校への転向を進められました。(そのときは私も父も転向を拒否しました。)
その後、中学校に入り剣道に精を出すようになると、徐々にどもりと言語障害がなくなりました。しかし、緊張すると今もすこしどもります。
そのときは気にしないようにしています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング