【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

CASLの問題で分からないものがあるので質問させてもらいます。

1からNまでの数値の合計を求める処理について、
CASL言語を用いてプログラムを書け。

といった問題です。まだ始めたばかりでよく分からないので
教えてもらえないでしょうか?
あとCASLはあまり実用性がないと聞きましたが本当なのでしょうか?
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (1件)

いろんな組み方がありますが。

1例をあげれば次のような考え方で。
(1)R0に0を入れ、R1に1を入れる。
(2)R1をR0に加える。
(3)R1を1増やす。
(4)R1がNを超えていなければ2へ戻る。
(5)R0に答えが出ている。

ところで、CASLということは基本情報技術者受験ですね。
今は、CASL(2)に変わっていますが、ご存知ですね。
それから、CASLは実用性ゼロの言語です。世の中にアセンブラという言語はたくさんあります。国家試験のプログラミング言語として不公平にならないよう、世の中で使われていない(平均値的な)架空の言語を作って試験をしています。
ということで、国家試験以外では、そのままでは通用せず、実用性はゼロと言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅くなってすみません。
回答していただきありがとうございます。

CASLが実用性ないというのは本当だったんですね。
今回のは基本情報技術者の勉強ではなく、大学の授業であったんです。
でも、簡単にしかやらなかったし、先輩に聞いたらあまり必要ない様な
事を言っていたので…。

お礼日時:2002/06/27 00:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング