ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

以前の質問の派生です。剣道経験者の方お願いします。
剣道では、左手を前にして竹刀や木刀を持つことを認めていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

剣道 ルール」に関するQ&A: 剣道のルール

A 回答 (4件)

認めてるというか、ルール上は別に違反ではないです。



実際に左手前で竹刀を持つ人はいますよ。大御所というわけでなくても、学生でもいるらしいです。
私は実際に見た事はないですが知人から聞いた事はあります。太刀筋が独特なこともあるでしょうが、実際に稽古しての感想は「ビックリしたのが一番の印象だけど、剣道自体も、まぁそれなりに使える人だった」そうです。

ただ実際には、本人の動きやすさとは関係なく入門時点で矯正されますね。他の回答者様も書いていますが、刀が左腰に差すものである以上、実際に事に臨んだ時に抜刀から斬り付けの動作を迅速に行う上では、右手が鍔元に来るのが自然であることは事実ですから。
剣道が「剣」道である限り、日本刀の操法から大きく離れることは(剣道家にとっては)中々認めにくいでしょう。

ですので、棒術や杖術(薙刀もそうですが)では左右を自由に持ち変えますよね。刀と違って、携行している状態から戦闘体制へ移行する際の制約があまり厳しくないため(携行時に身体の特定部位に固定されていない、あるいは武器の性格が元々瞬間的に臨戦状態に移行する事を求められていない)、左手を前にした操法もごく当たり前に稽古されるわけです。
このことからも分かるように、昔の武士にしたところで武器を持つ際に左右どちらの手が前に来るかで特にこだわりがあったわけではないのでしょう。
ただ実際に真剣を腰に携えていた人達だからこそ「別にどっちの手が前でもいいし、両方使えた方が一番良いには決まってる。でも刀に限っていえば右手前しかあり得ないだろう、実用的に」と認識していたのではないでしょうか。
現代剣道もその考え方はそのまま受け継いでいると思います。

余計な話が長くなりましてすみません。
回答をまとめますと「ルール上は認められている」「かなり特殊な環境・要因が重なった中でごくわずかながら左手前の剣士も実在する」「しかしルールとは関係なく、現実的にはまず確実に矯正される」という感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テレビで見る限り剣道の試合は、両者構えている状態から始まるので右手前の持ち方に固執するのは無意味なのでは、と思って質問させていただきました。
左腰に差すのが刀という”文化”が左手前を育てる環境に待ったをかけているんですね。難しいものです。
ともあれルール上禁止になっていないことは嬉しかったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/04 03:27

まれに持ち手が逆の人がいるらしいです。


その人と試合した人がいる、つまり、反則ではない。ということでしょう。
隻腕に、右片手上段、二刀流と、さまざまな持ち方や構えがあり、
これらは守るべきものであって、守らなければならないものではないのです。
まあ、異端でありペーペーがやっていいことではありませんがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

異端ですか、やはり公にやっていいことではないのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/02 13:25

認めるか、認めないか、の問題なら、片腕でも大丈夫。

http://www.sankei.co.jp/kyouiku/gakko/070203/gkk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考えてませんでした。意外に門戸広いですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/02 13:23

認めるとか認めないではなくて、竹刀=『刀』の代わりなのですから


左脇の鞘(さや)に収めた刀を抜くのは当然「右手」です。
しかも「ツバ(刃と柄:つか)」の根元を持たなければ抜けません。
右手が前とは、つまりそう言う事です。

この回答への補足

つまり認めていないのですね?

補足日時:2007/04/02 13:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木刀での素振りを教えてください。

色々な方法があると思いますが、具体的にご指導してください。

例えば、

(1)右手と左手の間を開けるのか?(開けるとしたら目安は?)
(2)振り上げる場合は、何処まで振り上げるのか?
(3)(個人差はあると思いますが)量はどれくらいから、始めるのがいいのか?

等々ですが、宜しくお願いします。

因みに私の木刀は、素振り用の重さは1500g未満です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1さんの意見に同意ですが、
つけたしさせて頂きます。

(1)持ち方 右手は鍔ギリギリ、左手は柄頭ギリギリです。
つまり柄の部分の持ち方は、感覚的に開けるのではなく、
右手は鍔端、左手は柄頭端となり柄が短ければ両手がくっつき、
柄が長ければ長い分両手は離れていきます。

(2)左手が額の上まで振りかぶります。

(3)木刀で何振りしてもいいですが、
基本が分からないのに振っても
何の練習にもなりません。
(持ち方も分からないようですから)

あと、自由自在に振り回すのは簡単そうですが、
コンマ何秒で動くようにするには3年はかかると思います。

ちなみに、No1さんが言うように、
剣道家は木刀で素振りをしないし、
居合道家も木刀で素振りはしません。

木刀はあくまでも
型とスタイル確認用です。

Q剣道 「剣先が速くなるための素振り」

このサイトにはいつもお世話になってますっ!!感謝いたしますっ!!

さっそく質問しますっ!!
僕は自宅での素振りの時に素振り用の重い竹刀を振っていたんですが、父親から
「重い竹刀の振りすぎで試合での打突がガチガチになっている。」と言われました。
しかし、具体的にどういう風な素振りを積み重ねていけば
剣先のスピードが速くなるのかわからず、本気で悩んでいます…
・剣先のスピードが速くなるための素振りはどのようにすればいいのか
・どんな竹刀で振ればいいのか
・素振りメニューはどうすればいいのか
教えてくださいっ!!

長文、乱文失礼しました!!

Aベストアンサー

今福一寿先生の
「剣道上級者の打ち方を身につける方法~一流選手の打撃メカニズム」
というDVD付き書籍を読んでみてはいかがでしょう?
今までの剣道指導にない独特の視点からとらえて、手の内の使い方、竹刀の振り方、打ち方などが論理的に解説されています。

基本打ちのような大きな振りかぶりではいくら速く振ってもなかなかメンを決めることはできません。
剣道七段である筆者は一流選手の打ちを論理的に分析しています。
それによると一流選手は竹刀重心付近を回転軸にして竹刀先端部を振り下ろすのはもちろんのこと、柄頭が上方向に回転して回転速度をあげているということです。またこの場合に右ひざを高く持ち上げ、すばやく下ろすことが回転速度を増すポイントでもあるそうです。この場合、遠くまでとぶ必要はまったくなく、ただ外見は遠間から打っているように「見える」そうです。

この書籍に書かれていることは伝統的な指導法にはないものなので、拒否反応をおこす人もいるかも?知れません。

Q木刀、素振りのコツを教えてください。

こんにちは、
合気道を習っている学生です。
合気道に繋がるようにと木刀を使った素振りを毎日していますが、
始めた頃と違いマンネリ化と言いますか、何だかしっくりしません。
初めのうちは集中力や筋力が鍛えられている感じがしたのですが・・

合気道とは関係ありませんが、剣道も大好きなので、
やるからにはできるだけ身に付くような素振りをしたいと考えています。
そこで、
・体のどこをどのように意識して振れば上達していくのか、
・精神面ではどのようなことを気にかけるといいのか。
アドバイスを頂きたいと思います。
また合気道経験者の方には、
合気道への素振りの生かし方などあったら是非伺いたいと思います。

武道を始めて間もないですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合気道における剣は大きく分けて以下の流れがあると思います。
大まかな説明と動画を貼り付けましたので、よかったら参考にしてください。

尚、剣についてはどれが優れているというより、それぞれ良いものがあり、どれだけ深く極めるかが問題だというスタンスで書きたいと思います。

(1)合気道開祖、植芝盛平先生が稽古、演武で見せた剣の動きを再現しようとしている道場。ただし、技数としても少なく、道場でも常時稽古するわけではありません。

合気道技の説明の時にたまに木刀を持つ程度か、もしくは演武、昇段審査の際にのみ剣の技法を行う道場が多いです。また、対剣の技には、横に移動しながら当身、四方投げ、入り身投げ、小手返しなどがあります。

植芝先生は剣の動きを断片的に見せたに過ぎなかったため、戦前から戦後にかけての多くの弟子たち、各流派には体系立った剣は伝えられていないんです。

これは源流である大東流の秘密主義の影響と、また戦後のある時期までは植芝先生自身の剣技が修行途上であったため、確立したものとして公開したわけではなかった。

(2)だから、他の武術、武道から剣を取り入れようとした弟子もいました。西尾昭二先生は剣、居合、杖を独自に学び、それを合気道の技と融合させて指導していました。その巧みな指導は海外でも高く評価されていました。

最初は合気道技の説明ですが、中盤以降に木剣、居合の実演あり。
http://www.youtube.com/watch?v=aL15DEJfWZ0

http://www.youtube.com/watch?v=wzn0d_w4FGc


明治神宮、至誠館の稲葉稔先生は合気道、鹿島神流を共に学びそれを併せて伝えています。
http://www.youtube.com/watch?v=S9p7DwUmuxw&feature=related

http://mfeed.asahi.com/culture/news_culture/TKY200903060236.html

(3)また植芝先生から学んだものを、独自に発展させた弟子もいました。心身統一合気道の藤平光一先生は、力を抜き、気を出す剣、杖の操法を教授しています。

脱力による、柔らかい剣の動きです。
http://www.youtube.com/watch?v=0qSDPs_Y4-g

(4)戦後、植芝先生は茨城県岩間に隠棲されますが、その時に合気道の体術、剣、杖を確立したと言われています。植芝先生の稽古相手になったのが斉藤守弘先生です。ですから植芝先生の合気道の完成形、合気剣、合気杖は斉藤先生に受け継がれたと言っていいと思います。「常時仕え、泥だらけで田畑の仕事を手伝い、肩もみをやった者でないと大先生は気を許さなかった」 斉藤先生が武器を教えていても植芝先生は何も言わなかったそうですが、他の者が武器を教えようとすると「誰の許しを得てやっているのだ」と立腹されたそうです。

斉藤先生の演武。非常に力強い剛剣です。
http://www.youtube.com/watch?v=b6c6aHoY2cI&feature=related

しかし、植芝先生亡き後、斉藤先生の技法は合気会本部から批判されます。斉藤先生は毎週日曜に合気会本部にて武器を指導していましたが、他の先生から「いつまでやるのか」と中傷され指導を中止します。これは合気道界において非常に損失だったと思います。

ですが、斉藤先生の体術、剣、杖は次第に海外で知られるようになり、内弟子として住み着く者もあらわれ、「岩間スタイル」「岩間流」として普及するようになりました。
http://www.youtube.com/watch?v=P9eA0wRQD0Q&feature=related

また国内においても合気道史研究家のスタンレー・プラニン氏の著述活動により斉藤先生の技法は再認識されるようになりました。

斉藤先生の死後、子息の仁弘先生は合気会から独立、岩間神信合気修練会を興し活動しています。
http://www.youtube.com/watch?v=Iq7RSJ5KCK4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=Iq7RSJ5KCK4&feature=related

合気道における剣は大きく分けて以下の流れがあると思います。
大まかな説明と動画を貼り付けましたので、よかったら参考にしてください。

尚、剣についてはどれが優れているというより、それぞれ良いものがあり、どれだけ深く極めるかが問題だというスタンスで書きたいと思います。

(1)合気道開祖、植芝盛平先生が稽古、演武で見せた剣の動きを再現しようとしている道場。ただし、技数としても少なく、道場でも常時稽古するわけではありません。

合気道技の説明の時にたまに木刀を持つ程度か、もしくは...続きを読む

Q剣道 踏み込み、強く打つコツ

私は、刺しめんと言われ、
遠くに踏み込めず、打ちが軽くなってしまいます。
ふつうに踏み込む時は「バン」というか、いい音が出るのですが、
稽古や試合、打ち込みなど、打つっていう時に音が出ず、
打ちもあまり強くないです。

最近は意識して、打ちが前より強くなったのですが、
やはり稽古や試合になるとまだ、刺しめんになってしまうので、
よっぽど差がある選手の方以外、
自分から打っても一本になりません。

出頭や、合い面なら、一本になるのですが、
どうすればいいでしょうか?

遠くに踏み込めるようになる練習法や、意識の仕方、
コツなどありますか?
また、強く打てる方法などありますか?

ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

「強い打ち」は,コツと言うよりも剣道の基本です。速くて強い打ちを目指しましょう。強い選手の打ちは小さいように見えますが,スローモーションで見ると実は結構大きく振っています。振りが速いので実際よりずいぶん小さく見えるのです。

ではどのくらいの角度で振るかと云うと,腕を伸ばして水平から約90度近く竹刀が立つ程度には振ります。刺し面はせいぜい20度くらいしか振ってませんからその違いは大きいですね。問題は振り方です。肩はほとんど使いません。手の内とスナップの利かせるのが基本です。しかし言葉で言っても良く分からないでしょうから,下の動画を見てください。とくに竹刀の握り方とてこの原理の応用が重要です。何回もよーく見て右手と左手をバランスよく使って練習してください。動画を見て分からなければ質問OKです。

http://www.youtube.com/watch?v=gmHxAtU6_68

でもこれだけだと速くて強い打ちというには不十分です。腰の入ったスピードある踏み込みがあってはじめて速くて強い打ちが実現できるからです。質問文からすると,竹刀を持つと強い踏み込みが出来ないということのようです。踏み込み自体は出来るのであれば,ダンダンダンと連続して踏み込む面の追い込みを練習してみるとか。日常歩行中でも右手のタイミングに合わせて右足を踏んでみるとか,とにかく打った瞬間に同時に右足が着地する練習を重ねる必要があります。

それができたら,次は左足に体重をかけて強く前に蹴りだす踏み込みを身に付けなければなりません。その際に重要なことは上に蹴りだすのではなくて前に(水平に)蹴りだすことです。足を上げ過ぎたりすると前進する力が削がれてしまうからです。なお強い踏み込みとは,右足を強く踏み込むものではなくて,左足を強く蹴りだす踏み込みの事です。高校男子の決勝戦なんかの動画を見てください。みな左足の蹴りだしが非常に強いのが分かります。

以上,手の内を利かせた振りと勢いのある踏み込みによって,速くて強い打ちを打つことが出来るようになります。

「強い打ち」は,コツと言うよりも剣道の基本です。速くて強い打ちを目指しましょう。強い選手の打ちは小さいように見えますが,スローモーションで見ると実は結構大きく振っています。振りが速いので実際よりずいぶん小さく見えるのです。

ではどのくらいの角度で振るかと云うと,腕を伸ばして水平から約90度近く竹刀が立つ程度には振ります。刺し面はせいぜい20度くらいしか振ってませんからその違いは大きいですね。問題は振り方です。肩はほとんど使いません。手の内とスナップの利かせるのが基本です。...続きを読む

Q剣道 面打ちを早く打つには・・・

今、中学校の部活で剣道をやっているのですが、入部したときからずっと
「面打ちが遅い」「打ちが弱い」と言われていて、合い面でいつも一本とられてしまいます。
面打ちを早く強く打つにはどうすればいいんですか?
また、有効なトレーニング方法があったらぜひ教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

Q:「遅い」の反対は??
A:「早い」と「速い」の二つあります。

「面打ちが遅い」というのは、
1. 面を打つという動作を開始するのが遅いのか、(これの反対は「早い」)
2.動作を開始してからの動く速度が遅いのか、(これの反対は「速い」)
の二つの分けて考える必要があります。
1.に関しては、相手の動きに神経を集中し、自分が打つ機会を逃さないこと。
これは「攻め」(攻撃と防禦という二元的な意味での攻撃ではなく、それらすべてを含み、かつ精神的にも相手を飲み込むような気迫をもつこと)がなければ、できません。
無意識に相手の動きに自分を合わせていませんか?
自分から攻めることが大切です。
(「攻め」というのは剣道では非常に難しいものなのですが。)

いずれにしても、地稽古ではなく基本稽古でこそ、「攻める」こと、「機会を捉える」ことを身に付けるべきです。
基本稽古で相面を打つ場合、約束稽古だからといって漫然とやっていては上達しません。
自分より上手な人と相面の稽古をすると、約束稽古なのに相手に先に打たれてしまいますよね?
約束稽古なのだから互角のように思えますが、なぜ打たれてしまうのでしょうか?
それを考えてみてください。
相手が動きを起こす瞬間を捉える(ただし、フライングにならないように)ということを心がければ、実戦でもそれが生きてきます。
それが本当の相面の稽古です。

2.について
私も以前そうだったのですが、竹刀の振り(の速度)が遅い人の多くは、
竹刀を振り上げて、上で反動を付けて、振り下ろす
という「3挙動」で打っています。
これを「1挙動」の面にしなければいけません。
いきなり1挙動の面が無理なら、せめて
振り上げて、(反動をつけずに)振り下ろす
という2挙動の面をとりあえず心がけてみてください。
(最終目標はあくまでも1挙動の面です。)

「打ちが弱い」のは、手の内の問題ではないかと思います。
打つのに合わせて手を絞るようにしていますか?

以上の点を念頭に置いて、がんばってください。

Q:「遅い」の反対は??
A:「早い」と「速い」の二つあります。

「面打ちが遅い」というのは、
1. 面を打つという動作を開始するのが遅いのか、(これの反対は「早い」)
2.動作を開始してからの動く速度が遅いのか、(これの反対は「速い」)
の二つの分けて考える必要があります。
1.に関しては、相手の動きに神経を集中し、自分が打つ機会を逃さないこと。
これは「攻め」(攻撃と防禦という二元的な意味での攻撃ではなく、それらすべてを含み、かつ精神的にも相手を飲み込むような気迫をもつこと)が...続きを読む

Q刀の持ち方

日本史をすこしばかり研究してます。
そこで疑問におもったことがあります。

剣道的には、刀を持つ手は離して持ちます。
しかし、歴史小説の挿絵などは手をくっつけて持っています。

どっちが正しいのか教えてください。
時代によってちがうのなら、戦国時代のを教えてください。

Aベストアンサー

 土方歳三の愛刀の和泉守兼定の柄糸の磨耗具合から、どうも彼は両の手を離さずに刀を持っていたと考えられています。

 実際に棒等を持ってみれば分かるとは思いますが、両手を離さずに持つと手の細かい動きで刃先を素早く繊細に動かす事が出来、室内戦が多く、相手も鎧等を着ていない状況であれば、大きく振り切る時に最大の威力が出る手を離した持ちかたより(というか室内では大きく振り回せない。)、手を離さない持ち方のほうが有利だいという判断もあるかと思います。

 手を離さない持ち方を俗にバット持ちとか言いますけど、別に野球のバッターは好き好んで不利な持ち方をしている訳ではないのですし…。

 なお、古流の剣術[戦国以前の時代から伝わっているとされる剣術]には柄折れを防ぐ為との理由であえて手を離さずに持つ流派もあります。
 (折れない様に拵えを強固[柄に補強の金属を使う]するか、重くなるのを避けるかという究極の選択。)

 あと、柄が強く反っている刀 or 太刀だとそもそも手を離したら上手く握れません。
 (馬上から振るう事を主眼とした太刀や片手突きなどを重視していると、手がすべってすっぽ抜けるのを防ぐ為に柄を湾曲させる。)

 まあ、個人的には命の遣り取りをする剣術が画一的な物である筈が無く、その場その場でもっとも有効になる方法をとっていたと思います。
 (古流剣術には左右の手の上下を逆にする持ち方をする流派もある位ですし…。)

 それに、柄が長い事が日本刀の特徴として挙げられるように、海外(中国や欧州)の剣術は短い柄で手を離さずに握るのが主流ですから、日本刀でもそんな持ち方をしていても、それほどおかしくはないかと…。

 まあ、挿絵のイラストレータがそこまで考えて書いているかはわかりませんが…。

 土方歳三の愛刀の和泉守兼定の柄糸の磨耗具合から、どうも彼は両の手を離さずに刀を持っていたと考えられています。

 実際に棒等を持ってみれば分かるとは思いますが、両手を離さずに持つと手の細かい動きで刃先を素早く繊細に動かす事が出来、室内戦が多く、相手も鎧等を着ていない状況であれば、大きく振り切る時に最大の威力が出る手を離した持ちかたより(というか室内では大きく振り回せない。)、手を離さない持ち方のほうが有利だいという判断もあるかと思います。

 手を離さない持ち方を俗にバット...続きを読む

Q剣道 竹刀の握り方について

剣道をやって6年
高2 男子です

握り方がやはりまだ納得のいくようにできません。
両方の手の力の入れ方、
また、横から握るなど
握り方にやり方があれば教えてください
コレばかりはなかなかうまく教えられないと思いますが・・・

また、自分は面をうつとき、右に担いでから打つようになってしまします。
まっすぐ打つほうほうなどがありましたら教えてください

Aベストアンサー

ごめんNO,1の者です

竹竿は、ただ、振るだけではだめだよ

地面を叩かないように工夫をしてください

長さは、普通の、竹竿ではなく
長い方が良いです

それが、見つからなかったら、太くて、長い棒でもいいです
この場合は、長くなくてもOK、重い方が良し

握り、絞り、が出来ていたら
振り落としが、楽にできるようになります


人気Q&Aランキング