お世話になります!

目下、洋画邦画を問わず、「同じ邦題で違う内容の映画」を探しております。
例えば
「初恋」2006年 宮崎あおい主演 府中三億円強奪事件
「初恋」1971年 ドミニク・サンダ主演 ツルゲーネフ原作
・・・というような具合です。
同じ邦題という条件ですが表記も一致していてほしいので、上記の例ですと「はつ恋」や「初恋・地獄篇」ではなくて「初恋」限定で、また「違う内容」に関してはリメイクや翻案ではなく全く別の物語、という意味だとお考え下さい。
また、公開当時は同じ題だったけれども、DVD化にあたって変更されたとか、その逆で、DVDになったら同じ題になっていた、というものでも大歓迎です(できればそうしたご指摘もお願い申し上げます)。

私は上記の例以外では「25時」(アンソニー・クイン主演とエドワード・ノートン主演)くらいしか脳裏に浮かばないのですが、その他の作品をお教えいただければ幸いです。

A 回答 (8件)

「許されざる者」


60年版ジョン・ヒューストン監督、バート・ランカスター主演。
92年版はイーストウッドの監督主演のオスカー受賞作。
どちらも西部劇ですが、リメイクではなく別の作品。
「ボディガード」
68年版はカーク・ダグラス主演のサスペンス。
92年版はおなじみケビン・コスナー主演作。
「ストリートファイター」
75年版はウォルター・ヒル監督、チャールズ・ブロンソン主演の快作。
94年版はゲームが原作、ジャン・クロード・ヴァン・ダム主演のトホホ映画。
「マイ・ライフ」
78年版 ジョアン・ウッドワード主演、マラソンに挑戦する主婦の話。
93年版 マイケル・キートン主演、末期癌を宣告された男の話。
他にも「望郷」「対決」「激怒」「追憶」などは洋邦で同名タイトルの作品が何本かありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ!!
「許されざる者」はどちらも有名でしたね!
オードリー・ヘップバーンが可愛らしくて、兄さん達が逞しかった、あの映画ですね。すっかり脳内デッドゾーンにしまいこまれていました。
「ボディガード」はおなじみな方、「ストリートファイター」はトホホな方しか知りませんでした。「マイ・ライフ」はどちらも知らなかったのですが、マラソンと癌ではかなり違いますね。
その他挙げていただいた題は、これから探してみます。
「望郷」に「ペペ・ル・モコ」以外のヴァージョンがあったとは驚きです。
沢山挙げていただいて恐縮です。
実は見比べることが目的で質問したのではなく、単純に「題名」についてだけ知りたかったのですが、いろいろご紹介いただいて興味をそそられるものがありました。ありがとうございます!!

お礼日時:2007/04/02 15:57

ファミリー(1983)アメリカ  ファミリー(2004)韓国   ファミリー(2003)日本


ホテル(1966)アメリカ  ホテル(1977)イタリア/西ドイツ
花(2002)日本  花(1941)日本
コレクター(1997)アメリカ  コレクター(1965)アメリカ
キッド(1921)アメリカ  キッド(2000)アメリカ
ハンター(1980)アメリカ  ハンター(2003)カザフスタン/日本
道(1954)イタリア  道(1986)日本
アイランド(1980)アメリカ  アイランド(2005)アメリカ
青春(1936)ドイツ  青春(初公開年月 1921) アメリカ
女狐(1950) イギリス  女狐(1967)アメリカ
潮騒(1972)フランス  潮騒(1954) (1964) (1985) (1971) (1975) 日本
ブルドッグ(1992)アメリカ/日本  ブルドッグ(2003)アメリカ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わ!沢山ありがとうございます。

フランス映画で「潮騒」・・・聞いたことがあるような、ないような・・・と思ってgoo映画で検索してみました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD12580/index …
およよっ!!モモエちゃんがいるわっ!?(間違えてDVDを買う人はまさかいないと思うが)

1967年の「女狐」は子供の頃、古本屋で買った映画雑誌のバックナンバーに載っていて、妖しい雰囲気に興味津々でした。マーク・ライデル作品とは今まで知らず、びっくり。なつかしい時代を思い起こさせていただきました。重ねて感謝申し上げます。

お礼日時:2007/04/13 09:06

「地獄」と言う題名の 


中川信夫監督と神代辰巳監督の日本映画
副題は無かったような気がしますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
大変興味深い例を挙げていただきました。

というのは、allcinemaによれば1999年にも石井輝男監督の「地獄」という作品があってこれは
<中川信夫監督「地獄」を、神代辰巳監督以来2度目のリメイク>
だと説明されているのです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

しかし、「goo映画」であらすじを読んでも、この3本は全く違う物語・・・・。
「地獄」という題が最初にあって、いわゆる「お題頂戴」のようにして映画が作られたのでしょうか????
そうだとしたら、偶然の一致でもなく、リメイクでもなく、同名映画の第三のジャンルになりますね!

他の方に申し上げた通り、今回の質問はは映画を見比べるのが目的ではないのですが、「地獄」に関しては大いにそそられました。中川作品と神代作品を見る手立てがないかどうか、これから探してみます。

お礼日時:2007/04/08 16:36

「ドリフト」(2006年)日本映画 柏原収史主演


「ドリフト」(2000年)香港映画 ニコラス・ツェー主演
前者は普通にドリフトをするアクション映画ですが、後者は、ほぼドリフトするシーンはありません。
しかも、後者は原題がまったく違っているので、これは問題外かもしれませんが・・・。

「マスク」(1994年)ジム・キャリー主演
「マスク」(1984年)シェール主演
原題ですと前者は「THE MASK」で後者は「MASK」なのですが、日本ではどちらも「マスク」。驚くほど内容は違う話です。

「穴」(2006年)日本映画。オムニバス作品らしい。
「穴」(2004年)イギリス映画。ソーラ・バーチ主演
「穴」(1960年)フランス映画。ジャン=ケロディ主演
「穴」(1957年)日本映画。京マチ子主演
私は真ん中の二つしか知らなかったのですが、調べたらあと二つ出てきました(笑)
国が違うと、そのまま翻訳されてしまうことが多いのでしょうか?

「アンダーワールド」(2003年)ケイト・ベッキンセール主演
「アンダーワールド」(1996年)デニス・レアリー主演
すみません、後者は見たことないんですけど・・・。
でもこれはどちらも原題が「UNDERWORLD」ですね。

「ノー・マンズ・ランド」(2001年)ブランコ・ジュリッチ 主演
「ノーマンズ・ランド」(1987年)チャーリー・シーン主演
なぜか、調べたら後者は「・」が一つ少ない。こちらが先発なのに??
原題だと同じ「NO MAN'S LAND」なのですが・・・。
これじゃあ、”ノーマンさんの国”みたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

「穴」って題名自体は地味なのに意外と人気があるんですね。私はフランス映画しか知りませんでした。2,3年しか置かずに同じ題がつけられることも結構あると再認識いたしました。

シェールの「マスク」は知りませんでしたが、ちょっと見たくなってしまいました。「ドリフト」は香港映画しか知らず、そもそも『ドリフト』の意味を知らなかったので、今回調べて、ああ、おっしゃるとおりドリフトしていなかったなあ・・・とうなずいているところです。「アンダーワールド」は題もうろ覚えでしたが二作あったんですね!
”ノーマンさんの国”には大笑いしました!!!笑いの分まで含めて感謝申し上げます。

お礼日時:2007/04/03 22:11

#4です。


すみません、訂正です。

内山理名の『卒業』は題名もちょっと違いますし、単なるイメージビデオでした。すみません。

ついでに補足/訂正かも?
高橋洋子の『めぐり逢い』ですが、これはallcinema onlineの検索では『 鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い』ででてくるようです。
私の記憶では『めぐり逢い』だったように思うのですが、もしかすると、私が持っている佐藤忠雄編『ATG映画を読む』の本でも、この映画を単に『めぐり逢い』とだけ(本文中ではなく、そのような見出しをたてています)紹介していますので、そこから、いつのまにか記憶違いをおこしていたのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ訂正いただき恐縮です。

「鴎よ、きらめく海を見たか・・・」はなんとなく記憶の奥底に埋もれているような、埋もれていないような・・・・。
VHSになったときに改題になっているのかもしれませんね。これから調べてみます。
それはともあれ、検索したら「めぐり逢い」はデボラ・カーの2,3年前に邦画で同題の作品があったようで、おおいに参考にさせていただきます。(探しているものとは違うのですが、アネット・ベニングが演じた「めぐり逢い」はデボラ・カーのリメイクだったんですね。調べてなんだか得したような気分になりました。)

再度の御教授、感謝です!

お礼日時:2007/04/03 08:33

『卒業』 キャサリン・ロスのと内山理名の


『めぐり逢い』 デボラ・カーのと高橋洋子(はぁと)の
『ひまわり』 ソフィア・ローレンのと麻生久美子(はぁと)の
『道』 ジュリエッタ・マシーナのと藤谷美和子の
『大地』 ソビエト映画とアメリカ映画
『キッド』 チャップリンのとブルース・ウィリスの
『夏の嵐』 ヴィスコンティのと 中平康の
『冒険者たち』 アランドロンのと あのねのね の

駅馬車、旅愁、肉体の悪魔もリメイクではないのがあったと思います。

<自信なし>
波止場、外人部隊はどうなんでしたっけ?
鉄道員と鉄道員(ぽっぽや)はだめですかね?^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごいリストで驚いております。
ほとんど前者しか知りませんでした(私が無知なだけですが)。後者しか知らなかったのは「大地」のみ(パール・バック原作ですよね?)。
番外編も含めて、これからゆっくりひとつひとつを検索してまいります。
「駅馬車」はかの有名な作品の前に作られたんでしょうか・・・・(あの題を再び使うのには勇気がいるなあ、と感じたもので)。

鉄道員(ぽっぽや)は・・・残念!失格です(・・・って、なんかエラそうですみません。笑)!

ありがとうございました!

お礼日時:2007/04/02 16:14

洋画と邦画で、かと思っていましたが、洋画どうしでもいいんですね。


では、これもあります。
「クラッシュ」1996年 デヴィッド・クローネンバーグ監督
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=5 …
「クラッシュ」2004年 ポール・ハギス監督 アカデミー賞作品賞受賞
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …
今調べたら、邦画ドキュメンタリーでも同じ代がありました。
「クラッシュ」2003年 奥山和由監督 
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …

あと北野武監督の「ソナチネ」ですが、カナダ映画に同じ題があります。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
とてもフレッシュな題を挙げていただきました。10年以内に3本とはかなり接近していますね。
「クラッシュ」は洋画の二本は見ていたのですが、同じ題だということを忘れ去っていました!!ヒューマニズムと変態では、あまりに違うからでしょうか(実はどちらもわりと好きなのですが)。

「ソナチネ」は貼っていただいたページを見たら、いきなり「北野武の作品ではない・・・云々」の解説があり、ちょっと笑えました。やはり北野作品のイメージが強いようです。

お礼日時:2007/04/02 16:04

昨日たまたま見つけたのですが、


「帰郷」2004年 西島秀俊主演
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD36642/index …
「帰郷」1978年 ジェーン・フォンダ主演
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD2346/index. …
「帰郷」というタイトルの映画は、邦画・洋画共にあと数本ありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

ジェーン・フォンダの方は昔TV放映を見た記憶があり、西島秀俊主演の方も何回か予告編を見ておりましたが、そのふたつが私の頭の中では全く結びついていなかったのです。

他にも幾つかあるとのこと、これから検索いたします。
この題は宝庫だったんですね!!

お礼日時:2007/04/02 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遊戯王 カイザーサクリファイスについて

自分のカイザーサクリファイスが相手フィールド上に移り
相手がリリース、アドバンス召喚した場合
手札に戻るのは相手ですか?自分ですか?

Aベストアンサー

マジック・トラップ・効果等によりコントロールが相手に移っても、手札や墓地に戻る時は元の持ち主のそれに戻ります

つまり、この場合はあなたの手札に戻ります

Q邦題の読み方

下記の「邦題の読み方」なんて読むんですか?
長い間、間違って呼んでいたかも・・・・

「81/2」 監督:フェデリコ・フェリーニ
:「はっかにぶんのいち」で正解?

「気狂いピエロ」 監督:ジャン・リュック・ゴダール
:「き○がいピエロ」で正解?
:「き○るいピエロ」??

「汚れた血」 監督:レオス・カラックス
:「よごれたち」で正解?
:「けがれたち」?

正確な呼び方教えてください!

Aベストアンサー

「8 1/2」は、フェリーニの9作目の作品ですが、内1作は共同作品だったため「、8と1/2作目」と言う意味で付けられました。
読み方は、上映当時は「はっかにぶんのいち」でしたが、最近は分数の読み方の教育が変っているので、そのままかどうか疑問もあります。

「気狂いピエロ」は#1の方の回答どおりです。

「汚れた血」は、「よごれたち」です。「けがれ」と読むのは「汚れなき悪戯」ですね。

Q原作 LOVELESSについて。コミックス持ってる、読んでる方

ラブレスのコミックス2巻で、金ちゃん達と戦うバトルについてですが、あのバトルは自動(オート)でのバトルですか??
草灯は「自動オートで」って言ってますよね??

でも実際は立夏が拘束されてますが、何故ですか??
自分は、自動(オート)のバトルは戦闘機だけでやるバトル(って草灯が説明してましたよね)だから、立夏たちサクリファイスには拘束はないんだと解釈してたのですが…。

気になるので、詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手許にあったので、他のバトル含めてざっと見直してみました。
確かに「システム展開、こちらは自動(オート)で」と草灯が言ってます。

だいたい金華・銀華組含めて、サクリファイスの方は戦闘機に対し何らかのアドバイスというか命令をしていますよね。でも、このバトルに限ると、草灯は立夏に「何をしてほしいか」を訊ねて立夏が答えてるだけで、戦闘開始時には、「相手のサクリファイスは女の人だ」と言っただけでそれ以外はほとんど草灯のみの考えや言葉でバトルされてます。

だから、サクリファイスがいるのに、命令もバトルも戦闘機だけで戦う=「自動(オート)」だと私は解釈しました。立夏は「拘束」は受けてますが(草灯の方が強いので目立たないですけど)、相手のサクリファイスの銀華のように、立夏が拘束以外の直接攻撃を受けた描写は見当りません。

ちなみに余談ですが、次の2対2組戦となる、4巻の女子高生組のゼロ(江夜・倭)とのバトルの時は、立夏はちゃんと指示出してますのでオートではないですね(ネタバレになりますが、サクリファイスの倭の弱点に気がついていたため)。拘束に描写は近いですけど「攻撃」も受けてますし。

参考にならなかったらすみません。

手許にあったので、他のバトル含めてざっと見直してみました。
確かに「システム展開、こちらは自動(オート)で」と草灯が言ってます。

だいたい金華・銀華組含めて、サクリファイスの方は戦闘機に対し何らかのアドバイスというか命令をしていますよね。でも、このバトルに限ると、草灯は立夏に「何をしてほしいか」を訊ねて立夏が答えてるだけで、戦闘開始時には、「相手のサクリファイスは女の人だ」と言っただけでそれ以外はほとんど草灯のみの考えや言葉でバトルされてます。

だから、サクリファイス...続きを読む

Qスペイン映画の邦題

6年位前にスペインで

"abre los ojos"(直訳:両目を開けて)

という映画を見たのですが日本でも発売されていますか?
あれば、邦題と監督の名前を教えてください。

他にも"tesis"を撮った監督です。

Aベストアンサー

今晩は
邦題は「オープン・ユア・アイズ」で監督はアレハンドロ・アメナバールです。↓

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=85126

ちなみにこの作品のリメイクがトム・クルーズの「バニラ・スカイ」です。↓

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=236574

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00012T1WK/qid=1117219321/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-9931885-6510743

QPS Vitaソウルサクリファイス早期特典について

ご閲覧ありがとうございます。
私はPS Vitaソウルサクリファイスを購入し、キャラメイクまで可能になった段階で「早期特典」のプロダクトコードを入力してサービスの登録を行い、ゲームを再起動してみたのですが追加コンテンツが反映されません。

何か不足している手順等があったら教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

リブロム→交信する→行商→贈り物を受け取る
で出来ませんか?

Q映画配給会社のつける邦題

映画の配給会社が洋画の邦題をつけていると聞きました。

邦題ってセンスないの多いですよね。

素敵な邦題がないなら、直訳で問題ないと思うのですが、なぜそんなにいじくりまわすのでしょうか?
例えば、
「アニーのナニー」
→「私がクマにキレた理由」

「First Blood」
→「ランボー」

「AS GOOD AS IT GETS」
→「恋愛小説家」

「War Of The World」
→「宇宙戦争」

これらはセンスがあるかないかは別にして、もはや全然違いますよね。
この「全然違う」ってところが非常に問題だと思います。

聞けば低予算ながら頑張ってタイトルを決めてるらしいですが、映画って物によっては〇〇億$とかするのに、タイトルだけ低予算でつけるっておかしくないでしょうか。

画竜点睛を欠くというか、もし私が映画制作者ならこんなにいじられたら

「おやおや、、って思います。」

長くなりましたが、大多数のyesが得られないなら、いじるべきではないと思いますがどうでしょうか?
皆さんの考えをお聞かせ下さい。

映画の配給会社が洋画の邦題をつけていると聞きました。

邦題ってセンスないの多いですよね。

素敵な邦題がないなら、直訳で問題ないと思うのですが、なぜそんなにいじくりまわすのでしょうか?
例えば、
「アニーのナニー」
→「私がクマにキレた理由」

「First Blood」
→「ランボー」

「AS GOOD AS IT GETS」
→「恋愛小説家」

「War Of The World」
→「宇宙戦争」

これらはセンスがあるかないかは別にして、もはや全然違いますよね。
この「全然違う」ってところが非常に問題だと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

ある評論家が「最近の配給会社の宣伝部はバカばっかりで日本語を知らない」と、あまりの邦題のセンスのなさを嘆いていましたが、ちゃんとした宣伝部員が付けた邦題は、原題よりも、より映画の内容を知らしめ、ヒットに貢献したものも多いです。

故淀川長治氏や故水野晴郎氏などはもともと配給会社の宣伝部員で、多くの邦題を付けています。
淀川氏で有名なのが「駅馬車(STAGECOACH)」。
いまでこそ、辞書にはSTAGECOACH=駅馬車とありますが、当時はそんな言葉はなかったそうで、配給会社の首脳陣は「地獄馬車」か「走る狂気の馬車」の案で決めていたそうです。
それが淀川氏の発案と粘りで「駅馬車」となりました。辞書に載るほど定着したわけですから、この邦題は抜群のセンスだと思います。


水野氏だと戦争映画の超大作「史上最大の作戦(The Longest Day)」。もっとも長い日じゃあ、なんだかわかりませんよね。映画を見てからならば、納得も出来るでしょうけど。
他にも007シリーズの第一作「Doctor No」が「007は殺しの番号」。
これも「ドクターノウ」じゃ集客出来なかったと思います。

近年は原題をそのままカタカナ表記するだけのもの(「ゼアウイルビーブラッド」や「ノーカントリー」など)も増えていますが、どうみてもうまい邦題が見つからなかった苦肉の策としか思えません。
これが70年代だと「JWAS(顎の複数形)」はそのまま「ジョーズ」でピッタリではないでしょうか。「タワーリングインフェルノ」もそびえたつ地獄よりは、やはりそのままが正解。

音楽の世界でもシンディローパーの大ヒット曲「ハイスクールはダンステリア」は「Girls Just Want to Have Fun」。これも邦題がヒットに貢献したと言えるのではないでしょうか。
余談ですが、来日時に邦題の意味を聞かされたローパーはカンカンに怒ったそうですけど。
ポリスの「見つめていたい」は「Every Breath You Take」で歌詞から考えたと思われる邦題がやはりいいと思われます。


クリント・イーストウッドの出世作「荒野の用心棒」は「Per un pugno di dollari 一握りのドルのために」で、これもいい邦題だと思います。
続編になる「夕陽のガンマン」は「Per qualche dollaro in più もう少しのドルのために」、その続編「続・夕陽のガンマン」は「Il Buono, il Brutto, il Cattivo いい奴、悪い奴、汚い奴」ですから、これだとジャンルがまったくわかりません。


ということで邦題を付ける宣伝部員のセンスとボキャブラリーによってはイイ邦題もたくさんあると思いますよ。

同じ映画でも公開される国毎に、その国の世相や社会を反映してタイトルが付け直されるのも、映画の楽しみのひとつだと思います。
「たそがれ清兵衛」が「The Twilight Samurai 」となったのは、う~ん?でしたけど。

ある評論家が「最近の配給会社の宣伝部はバカばっかりで日本語を知らない」と、あまりの邦題のセンスのなさを嘆いていましたが、ちゃんとした宣伝部員が付けた邦題は、原題よりも、より映画の内容を知らしめ、ヒットに貢献したものも多いです。

故淀川長治氏や故水野晴郎氏などはもともと配給会社の宣伝部員で、多くの邦題を付けています。
淀川氏で有名なのが「駅馬車(STAGECOACH)」。
いまでこそ、辞書にはSTAGECOACH=駅馬車とありますが、当時はそんな言葉はなかったそうで、配給会社...続きを読む

Qソウル・サクリファイス

ソウル・サクリファイスでWifiが使えると書いてありました。

私は友人と二人でプレイしたいと考えているのですが、
その友人とは東京と名古屋で普段は会うことができません。
そこでWifiを使って協力プレイなどはできるのでしょうか?

体験版で実証するのが手っ取り早いのですが、何せこのゲームの為に
PSVivaを買おうと思っているので体験版もプレイできません・・・。

なので、もし体験版等でやった事が居たら教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

これは簡単
PSIDを教えてフレンド登録して
ホストがパスワード設定してオンライン部屋立ててから
それをフレンドに教えて招待すれば良い!リアルで知らない人でもこれなら可能

Qこの邦題はいただけない洋画って・・?

 普通洋画を観る場合、その映画の原題なんかじゃなく邦題なんかを見て
その洋画を観たりしますよね。ところが映画を観終わって、「この邦題はないだろう」というような映画も中にはありますよね。
 そこで、この邦題はいただけないな、というような洋画がありましたらそんな洋画を教えていただきたいと思いまして質問しました。
 また逆に、この邦題はよかった、できれば邦題優秀賞をあげたい(←あればの話ですが(笑))ような映画がありましたら、今後の映画鑑賞の楽しみのひとつになると思いますので併せて教えていただければうれしいです。

 わたしもそれほどの洋画通でもないので、せっかく回答いただいても(←これまたあればの話ですが(笑))うまくお礼できないかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

古いのになりますが(^^;;
愛と青春の旅立ち(An officer and a gentleman)
愛と哀しみの果て(Out of Africa)

昔の名洋画って必ずと言っていいほど
「愛となんとか」っていうのばっかり。
最近のはもうタイトルの邦訳は投げ出して
まんまカタカナってのも目立ちますけどね(^^;

Q【貴方の考え】原作レイプってなんぞ?【教えてちょ】

ネットでは良く「原作レイプ」って目にしますよね?
自分は面白くなってるのなら原作通りじゃなくても良いと思うのですが、観もせずに叩いている人を良く見かけます。

原作レイプについて貴方の意見をお聞かせ下さい。

1.貴方は原作レイプについてどう思いますか?
2.改変(改悪?)があるとして、何処まで許せて何処から許せないですか?
3.改変(改悪?)があったとして原作者がノリノリだった場合は許せますか?
4.改変(改悪?)があったとして原作よりも面白くなりましたが、原作者が納得していない場合はやはり原作レイプなのでしょうか?

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

再度のご意見にやや無理があると感じる点があるのでご意見差し上げます。

>改変されるのが嫌なら断る事も可能だと思います。

誰しも著しい改変を成されると思って許可するわけではないのでは?
自分の作品に愛着があれば、どうとでもしていいと思って許可する人はあまりいないのでは?
出来上がってきたり、ある程度形になった時点で改変に気付いても、それを「止めろ」と言うのは無理があるでしょうし、出来上がってから原作者が拒否したらその企画を中止するというような無謀な契約内容で製作するアニメ側メーカーもないのでは?

それらリスクをお互いにある程度覚悟してプロジェクトは進むものです。
じゃあ、監修として、製作に口出しできる余裕がないならアニメ化自体を断れというのも無茶な意見です。
それでは作品に愛着のある拘りの原作者は自分で監督でもしない限りはアニメ化はできませんw
監督業はそれはそれで大変なので、原作を製作しつつ、監督も出来る人はほとんどいませんしw

>任せて自分の手を離れたのならそれを受け入れるべきですね。

受け入れたとしても、その出来の良否の共犯だと言われるのは心外では?
原作者の手を離れたということは、その作品の改変や原作との差異には原作者の手が入っていない以上、責任があるとは思えないのですが…。

運転を任せた車が事故を起こしても、同乗者が完全に任せたなら事故への責任はないのが普通で、運転に何らかの関与があり、事故った方が責任が発生するのでは?

仕事上の上司と部下のような関係とは違うと思うのです。
部下に任せて失敗したら、上司にも責任の一端があるかもしれませんが、原作者は上司ではないし、任せてしまう(監修できないorしない)時点で、上司のような監督する立ち位置にもいませんからねw
さりとて、クライアントと受注者という関係でもないので、原作者が出来上がったものが意に沿わないからやり直させたり、中止に出来るわけでもないでしょう。
それが出来るのはスポンサーですからw

不思議の海のナディアは原作(原案だったかも?)が海底二万リーグなんですが、原作とはかなり改変されていて、原作ファンの私としては、やり過ぎな印象を受けました。
もちろん原作者は過去の人ですし、墓の中から意見を言えるわけもなく、ジューヌ・ベルヌに責任を問えるとは思えないのですがw

そういえば原作とはかなりの改変がある場合には『原案』になっている場合もありますね。
原作者として出来たものを作り直させる事も差し止める事も出来ない場合になされる苦肉の策なのかも?
元々のアイデアは原作者のものだけど、それを原作の作品とされては違いが激しすぎるという原作者と、どういう結果であれ出来上がったものをご破算に出来ない制作者サイドとの妥協点なのでしょう。

再度のご意見にやや無理があると感じる点があるのでご意見差し上げます。

>改変されるのが嫌なら断る事も可能だと思います。

誰しも著しい改変を成されると思って許可するわけではないのでは?
自分の作品に愛着があれば、どうとでもしていいと思って許可する人はあまりいないのでは?
出来上がってきたり、ある程度形になった時点で改変に気付いても、それを「止めろ」と言うのは無理があるでしょうし、出来上がってから原作者が拒否したらその企画を中止するというような無謀な契約内容で製作するアニメ側メー...続きを読む

Qこんな邦題に誰がした・・?

な映画を教えてください。

そうですねぇ、私はB級映画の宿命といいますか、悲しさといいますか
そんな悲哀を込めて「プライベート・ソルジャー」を。
そうです、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線を描いたけっこう良質の戦争映画なのですが、
いかんせん同時期にあの「プライベート・ライアン」があったのですね・・。見事にパクリっぽいB級邦題映画タイトルとなりさがってしまった次第です。なんだかねぇ・・^^
出来がいいだけに本当に惜しい作品です。

Aベストアンサー

「最後の恋のはじめ方」
ウィル・スミス主演の、ラブコメディ。
デートコンサルタントのくせして自分の恋愛になるとしどろもどろで、、、ってな内容なのですが
原題は「Hitch」主役の名前です。
確かにこのまんまというのもどうかと思いますが
最後の恋って大仰なタイトルのせいで
熟年恋愛物みたいですよね。

「ダイヤモンド・イン・パラダイス」
ピアース・ブロスナン主演。お気楽ドロボウ物
原題は「After the Sunset」
タイトルがかなり安っぽくなってしまって損していますが
深く見ようとすればSunsetには色んな意味が込められていて、
単なる軽い娯楽作だけではない人間模様が面白い映画です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報