【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

徳川幕府は大名から人質をとって、隔年四月ごとに国許と江戸を参勤交代させて統制と経済力を削(そ)いだのは知ってますが、元和二年(1616)頃の伊達家をクローズアップした場合、具体的にはどんな感じだったのでしょうか?。

(1)前田藩の正室は江戸上屋敷。側室は国許とか。それゆえにお家騒動の遠因になったとか。伊達藩は正室と忠宗はむろん側室(猫御前)と秀宗も江戸住まいを強要されたのではないのでしょうか?。ご存知の方は書き込みお願いします。

(宇和島藩の藩祖になる秀宗と猫御前は側室なれど、政宗の嫡男であり豊臣政権では伏見屋敷に住んでいた)

(2)側室も江戸屋敷にいた場合、正室と同じ上屋敷なのか中屋敷なのか。
特に寛永年間の前の元和二年当時ならば、数多い側室を江戸に住まわせた場合、屋敷は三つでは足りなかったのではないか。
ただ香の前(秀吉との碁の勝負で縁)は、仙台城内にも置かなかったとあり、江戸か国許でも別宅だと推察できます。
五郎八郎姫すら離縁後は仙台郊外に住まわせたとか。

ご存知の方、出来れば立証となる資料。あるいは映画や小説でも構いません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

正室は江戸ですが、側室は双方にいるでしょう。


もっとも、「お手つき」と「側室」の区別が難しいですが。
香の前は「お手つき」ですが「側室」ではないですね。
正室のいる場所は決まっていても、その他は殿様のいくところならどこにいてもおかしくない気がしますよ。

伊達家ならばとりあえず治家記録と徳川実紀をチェックされてはいかがでしょうか? 側室の場合は所生の子どもがどこで生まれたか、また妊娠時期を逆算してソノ時、政宗がどこにいたかををチェックすると、側室がどこにいたかが見当つくと思います。

元和2年だと、夏の陣のあとですから、秀宗はすでに宇和島入りしてるはずです。
それに、寛永あたりだと屋敷の使い方が落ち着きますが、元和だとまだきっちり決まってないんじゃないですかね……。
五郎八姫は仙台郊外ではなく、「西屋敷」です。二の丸にあたるところで郊外ではありません。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4623046222
伏見にも伊達家の屋敷は3つありましたし。
http://www.city.sendai.jp/kikaku/kokusai/city/da …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答を有難うございます。
読んでてなるほどと思いました。元和二年はまだ参勤交代制度として確立していないから余計に判りにくいですよネ。

政宗がその時に、どこにいたかを逆算して見るというのはなるほどと思いました。

お礼日時:2007/04/10 06:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代、百姓に優しかった藩、厳しかった藩は?

天領は年貢の取り立てなどが厳しくなかったので百姓は助かったという話を聞いたことがあります。
他に百姓が生活しやすかった藩はどうこでしょうか?
逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩がありましたか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  * 海産業を主とする三閉伊地方(三陸海岸沿岸部)に、水稲の基準で重課税。
  * 三閉伊地方の産業(海産、材木、製鉄)に御用金制度を用い、無理な課税を行ったこと。
  * 「軒別税」(人頭税)を実施したこと。
  * 藩札の大量発行によるインフレーション。
  * 幕府の手伝い普請(公共工事手伝い命令)による臨時課税。
  * 財政難から藩士の禄を長期にわたって借上したこと。
  * 戦国時代以来のライバルである弘前藩、仙台藩に対抗するために恒常的に高直しや官位の叙任工作を幕府有力者に働きかけていたための出費。

 島原藩は島原の乱を起してしまった過酷な藩政の責任を問われて、藩主の松倉勝家は、改易処分となり、後に斬首となった。
 (藩の藩主が切腹すら許されず斬首された事例は、この1件のみ)

 水戸藩は、御三家の中でも唯一江戸常勤を定められた為、膨大な支出がある上に徳川光圀(水戸黄門)の時より行われた水戸学(大日本史の編纂)の費用で、税は8公2民(4公6民~5公5民ぐらいが一般的)でした。

 御三家である為、一揆が多発してもお取り潰し等の責任をとらされる事も無いうえに、徴税の手違いで村民皆殺しを行った「生瀬一揆」も有ります…。
 後の天狗党の乱の時も、関係者の家族まで処刑し、大勢が変ると報復に相手の家族を皆殺しにするなど、血生臭い行為に走りやすい傾向が有るのかも知れません…。

 ちなみに徳川光圀は、若い頃に辻斬りを行ったり、舶来物の贅沢品を好み、自身の趣味でもある大日本史の編纂に関係する資料の献上を推奨(賄賂)し、水戸学は幕末の倒幕のイデオロギーにも成ります…。
 (水戸黄門漫遊記の悪役を1人で包括出来そうな方だったり…。)

>逆にここに生まれたら不幸というような厳しい藩
 南部藩は、江戸時代に138回の一揆が発生したそうです。(次点の久保田藩(秋田藩)は87回)

 原因は
  * 水稲北限地域外で無理に水稲生産を強制したため、連年凶作に見舞われ、代換品による食事を奨励したが、代換品すらも備蓄が無かったこと。
  * 寛政5年(1793年)の松前(蝦夷地)出兵が原因の財政負担増。
  * 目安箱の設置が、罪人を糾明する証拠集めのために用いられたこと。
  * 負債を次から次へと作る新税・重税で解消しようとしたこと。
  ...続きを読む

Q江戸時代の侍は、普段何をしていたのでしょうか?

江戸時代は戦もほとんどなっかたと思うのですが、平和時に侍は日常何をしていたのでしょうか?行政や事務方の仕事を兼務していたのでしょうか?

Aベストアンサー

 侍は確かに今で言う公務員ですね。
 藩政に関わる仕事を基本にして、あとは娯楽や稽古など・・・。
 初期と幕末期は様子が違いますが、江戸時代らしいと言えばらしい、まるっきり平和ボケな中期の頃の話をします。
 んで旗本大名クラスじゃなくて、ホントの窓口公務員っぽい人たちの話。

 現代のように週5日で朝9時から夕方5時まで勤める、ということはありません。
 お城の番兵みたいな人は、せいぜい月に数日間しか公用がないこともありました。
 接待係のような人も、御用商人が接待してくれれば遊べるかなくらいで、実際にはやる仕事が全然ないんですよね。
 一応、忙しい人がいないわけでもなく、御算用者という財務会計専門の役職は激務だったみたいです。
 理由は・・・そりゃあねぇ。お察しください。
 きっとストレスでバッタバッタ倒れたでしょうな。

 それに地方大名はやれることが限られてました。幕府がいろいろ禁止してますから。
 たとえばお城の石垣が傷んで直そうとしても、幕府の許可がないとやっちゃいけないんです。

 で、大部分のヒマな侍は何をしてるかと言えば「やることがない」のです。
 しょうがないから芝居見物、博打、酒盛り、釣り、生け花、俳句など、いかにヒマをつぶすかに一生懸命だったでしょうね。
 知行はあるけど、これだけ遊んでればお金も無くなります。
 だから武士の命のはずの刀を質に入れ、金を借りたりしてるのが普通なわけです。
 江戸に行けば生活費もかさみますので、ちょっとくらい手当をもらっても借金がふくれるばかりという人もいました。


 仕えていた藩を取りつぶされたりして、仕官先のない武士は「侍」とは言わず「浪人」と言います。
 今でも残っているこの言葉の通り「仕事も何もすることがない人」だったりします。つまりニートってこと。
 ホントに何もやらないと当然収入がないので、内職したりして日銭を稼いだりしてました。
 時代劇じゃ傘張りとか耳かきの製作とかやってますよね。

 そんなわけで士農工商とは言われてますが、武士も実際には商人に金を借りまくってたりして、あまり偉そうにはできなかったというのは有名な話。
 商人、職人、農民は何かヒット商品で成功すれば豪商や豪農のように成り上がれますが、武士にはそれがないのがつらいところ。
 経済的に豊かな武士というのはおらず、実質的に武士は江戸時代を通じて無職者集団に近かった、とさえ言われてます。

 参考になれば幸いです。

 侍は確かに今で言う公務員ですね。
 藩政に関わる仕事を基本にして、あとは娯楽や稽古など・・・。
 初期と幕末期は様子が違いますが、江戸時代らしいと言えばらしい、まるっきり平和ボケな中期の頃の話をします。
 んで旗本大名クラスじゃなくて、ホントの窓口公務員っぽい人たちの話。

 現代のように週5日で朝9時から夕方5時まで勤める、ということはありません。
 お城の番兵みたいな人は、せいぜい月に数日間しか公用がないこともありました。
 接待係のような人も、御用商人が接待してくれれ...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q大名の家臣数

大名家の家臣数を知りたいので教えて下さい。
家々によって違うと思いますが、一万石・五万石・十万石・三十万石クラスの大名の大まかな家臣数・陪臣数を知りたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。
戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。
戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。
しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。

江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。
米沢藩上杉家は謙信以来の家風があり大幅な減封を受けたのですが家臣団のリストラはせず、一律減封で対処したので有名です。
この為米沢藩士の窮乏はひどく、藩財政の建て直しを図った上杉鷹山の事績は有名で、内職が特産になった位です。

太平が続いた江戸中期では経済の発達、実収入の変動も影響しリストラ、給与の削減(借り上げ)などが常態となり軍制は形ばかりで多くは渡り中間など臨時の人数で揃えることが多くなり馬を備える事もままなりませんでした。
従って実数は半分以下位に下がっていたでしょう。
幕末長州攻めなどに動員された時武器鎧も質にいれていたので請け出すのに借金して間に合わせたといいます。
勿論内実の裕福な藩や尚武の念の厚い藩などはこの限りではありません。
それぞれの藩の古文書などに頼るしかないと思います。

大名家の家臣数は時代によりかなり異なります。
戦国期、江戸初期、末期で実態が変わっています。
戦国末期で軍制が定まってきたときは大体一万石につき200名以上の人数、に武器、乗馬、旗などの数が決められていました。
しかし実態は戦闘時、戦闘員の数がものをいうので軍制以上の人数を動員するのが常でしたし陣場借りといってアルバイトのような人員も抱え込みふくらんでいました。

江戸初期にはこの名残で大体一万石につき200名位に落ち着きましたがそれ以上の家臣をかかえる藩もありました。
...続きを読む

Q江戸時代最も成功した商人は誰ですか?

江戸時代には豪商がたくさんいたようですが、
その中で最も成功した商人は誰になりますか?
成功とは蓄財できたという意味です。
札差、淀屋、それとも三井越後屋でしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

矢張り「淀屋」だと思います。淀屋研究を行っている方々もおられるほどです。

初代は淀屋常安といい、豊臣秀吉の元で大商人になります。四代目、淀屋重當は、現在の淀屋橋南詰から北浜までの一万坪の敷地に屋敷を構え、

*家中が金張り
*畳は毎日換えられた
*ガラス張りにした天井に水を張り、そこへ金魚を泳がせ、下から眺めて暑気払いを行った

などと言い伝えられています。

五代目淀屋辰五郎の遊興費は1年半で100万両、現在の1000億円に相当するほどだったと言われており、五代目のその資産総額はおおよそ20億両、現在の価値にすると200兆円となっていたとも伝えられています。そのためか、武士や幕府にもお金を貸しており、これを踏み倒すための大義名分として(あくまでも歴史上の一説ですが)、将軍徳川綱吉により、「商人という身分もわきまえない度を越した贅沢三昧な暮らしにしている」という理由で、「お家取り潰しの上、家財没収、所払いの刑」に処せられます。これが前期淀屋です。

http://blogs.yahoo.co.jp/max_nao14/1097126.html

その後、淀屋の番頭だった牧田仁右衛門が、淀屋精兵衛と名を変え、淀屋を細々と再興し、大阪に戻ってきます。そして、八代目淀屋精兵衛のときまでには、再び大阪の豪商となります。これが後期淀屋です。

そして幕末。これは史実ですが、淀屋は幕府を倒すために築き上げた巨額の財産を倒幕資金として投げ売ち、倒幕を支援しました。つまり薩長連合など、倒幕派に巨額のお金が淀屋から流れたわけです。歴史上、明治維新は、薩長、倒幕派の武士や坂本龍馬などが有名ですが、この運動を支えたのが淀屋の資金です。前期淀屋の恨みが後期淀屋の当主にこのような決断をさせたのかもしれません。以外と知られていない幕末の歴史の一コマです。

以下参考リンクです。
http://homepage3.nifty.com/yodoyabito/yodoyaisan.htm
http://homepage3.nifty.com/yodoyabito/yodoyarekisi1.htm
http://homepage3.nifty.com/yodoyabito/yodoyarekisi2.htm

矢張り「淀屋」だと思います。淀屋研究を行っている方々もおられるほどです。

初代は淀屋常安といい、豊臣秀吉の元で大商人になります。四代目、淀屋重當は、現在の淀屋橋南詰から北浜までの一万坪の敷地に屋敷を構え、

*家中が金張り
*畳は毎日換えられた
*ガラス張りにした天井に水を張り、そこへ金魚を泳がせ、下から眺めて暑気払いを行った

などと言い伝えられています。

五代目淀屋辰五郎の遊興費は1年半で100万両、現在の1000億円に相当するほどだったと言われており、五代目のその資産総...続きを読む


人気Q&Aランキング