スキー場の「初級」「中級」などという表示は、
全国スキー場安全対策協議会標準規格に基づくもの
らしいのですが、具体的には何がどの程度できることを
前提としてるのでしょうか?

初級は、まぁわかるとして、何ができたら「中級」なのか、
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
できれば一覧表みたいなのがあるといいんですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「全国スキー場安全対策協議会標準規格」で定められているのは、表示の方法であって、どのぐらいの斜面・・という定義はないと思います。



どうみても中級コースだろうという斜面を上級者向けとしていたり、初級者向けとしているスキー場は沢山あり、営業上の要請で決めているような気がしますね。上級者向けが全然無いスキー場とか初級者向けが全然ないスキー場では集客がしにくいですから。

滑ることができると楽しく滑れるのはまた別次元の話ですし。初級者が楽しく滑れるのが初級者コースで、中級者が楽しく滑るのが中級者コースでしょう。

自分の技量よりもやや上のコースを滑るほうが、上達は早いと思いますから、初級者コースでなんの不安がないと判断されたら、中級者コースで練習するのはありでしょう。

ちなみに1980年代の資料ですが、財団法人全日本スキー連盟が定めている基準では「緩斜面」5~10度、「中斜面」10~20度、「急斜面」20~30度となっているそうです。

私の個人的に思う尺度では、

・初心者 初級者のレベルに達しない
・初級者 緩斜面ではボーゲンで減速や曲がることができる
・中級者 緩斜面ではボーゲンで完璧にスキーコントロールが可能で、シュティムターンなどにチャレンジ開始。中斜面をボーゲンで降りれる。
・上級者 パラレルターンが完璧にでき、コブを苦にしない

かな。スキー場の一般的な中級者コースは、初級者のレベルに達していれば降りれると思いますよ。私もスキーを履いて3日目ぐらいには、中級者コースでボーゲンの練習をさせられていました。
    • good
    • 5

私は#6さんの意見と同意見です。



ご質問の「スキー場の「初級」「中級」などという表示」というのは、斜度及び圧雪・非圧雪に関係してくると思います。

スキー場の初級・中級・上級の表示と、それぞれのスキーヤーの初級・中級・上級の意味は違う気がします。

個人的な意見では、
初級コース:斜度が15度程度まで
中級コース:斜度が15度~30度程度まで
上級コース:斜度が30度以上

これに加えて不整地・コブの場合はランクが一つあがります。
例えば初級コースくらいの斜度のコブコースは、初級ではなく中級コースだと思います。
    • good
    • 1

SAJの級で言うと、



初級:4級、5級
中級:2級、3級
上級:1級
最上級:テク、クラ、
超上級:デモ









超熟:三浦敬三


でも、経済力で言う中流とおなじく、あまり定義はでき無いものですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全国スキー場安全対策協議会も標識の規格を設けている以上、
なんらかの設置基準を作ってるのかと思ってました。
確かに「中流」も受取り手によって違いますもんねー。

お礼日時:2007/04/12 12:19

ご質問の答えと若干違うかもしれませんが、スキー場のコースの初級・中級・上級は、滑る人のレベルで分けられてると言うより斜面の角度や圧雪か非圧雪に関係していると思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
皆さんの意見を聞いていて、やはり初級者、中級者…と
初級コース、中級コースは分けて考えるべきなんだと
思い始めました。
友人が怪我したところは、新雪だったらしいです。

お礼日時:2007/04/12 12:15

kanatomanさん、こんにちは。


具体的スキー場で、個人的見解でいいですか?

中級の目安
ノルン:全てのコースを止まらず降りられる。
片品:全てのコースを止まらず降りられる。
岩鞍:西山は怖くない。
藤原:全てのコースを止まらず降りられる。
奥利根:全てのコースを降りられる。
苗場:大斜面(圧雪)を止まらず降りられる。
八海山:ダウンヒルコースを休みながら降りられる。
奥志賀:ゴンドラ沿いを降りられる。
焼額山:全てのコースが下りられる。
野沢:スカイラインを下りられる。
八方:クワッド沿いはノンストップ。
岩岳:全てのコースを降りられる。
妙高杉の原:全てのコースを何とか下りられる。
富士見P:全てのコースが下りられる。
ハンタマ:全てのコースを止まらず降りられる。
野麦:全てのコースを止まらず降りられる。

上級の目安
ノルン:全てのコースを止まらず鼻歌で降りられる。
片品:全てのコースを止まらず鼻歌で降りられる。
岩鞍:全てのコースを止まらず鼻歌で降りられる。
藤原:全てのコースを鼻歌で止まらず降りられる。
奥利根:全てのコースを鼻歌で降りられる。
苗場:筍山(中級)から大斜面(コブ)、女子ダウンヒル(コブ)はノンストップ。
八海山:中級ダウンヒルをゴンドラ下までノンストップで降りられる。
奥志賀:ゴンドラ沿いをノンストップで降りられる。
焼額山:全てのコースをノンストップで下りられる。
野沢:スカイラインをノンストップで下りられる。
八方:黒菱なんて簡単じゃん。
岩岳::全てのコースを鼻歌で降りられる。
妙高杉の原:全てのコースを鼻歌で下りられる。
富士見P:全てのコースが鼻歌で下りられる。
ハンタマ:全てのコースを止まらず鼻歌で降りられる。
野麦:全てのコースを止まらず鼻歌で降りられる。

超上級
八海山:エキスパートノンストップ、そのままベースまでロープウエイに勝つ。
野沢:トップからベースまでノンストップ。
苗場:筍山(上級)男子リーゼン、ノンストップ
八方:トップからベースまでノンストップ。
志賀全山:トップからベースまでノンストップ。
ニセコ:トップ(山頂担ぐ)からベースまでノンストップ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はぁぁぁ、詳細なご意見、ありがとうございます。
相当な経験者とお見受けしましたが、
やっぱり客観的基準ていうのはないんですねー、たぶん。

お礼日時:2007/04/12 12:13

初級コースとか中級コースとかの表示と


スキーヤーの初級者、中級者とかのレベル分けは
意味が違う気がします。

中級コースを滑れたら中級者か?
初級者でも中上級斜面を降りることは出来ますよね。
でも、恐々だったり、無理やりだったり。
中級コースを楽しんで華麗に滑り降りることが出来れば
中級者だと思います。

僕的には中級者は
中級の下:2級受検レベル
中級の中:2級合格レベル
中級の上:1級受検レベル・・・こんな感じでしょうか。

※検定は目安として持ち出しただけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました!

>初級コースとか中級コースとかの表示と
スキーヤーの初級者、中級者とかのレベル分けは
意味が違う気がします。

なるほど・・・
同じに考えていましたが言われてみるとそうですね。
貴重なご指摘ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/12 12:11

20年近く前ですが、スキーで怪我をしたことがあります。


パトロールのボートに乗せられて降りてきたんですが、その時に色々聞かれました。
(アンケートというか、調査みたいなものでしょうか?)

その中に初級~上級まで自分のレベルを記入する欄がありました。
質問者さんと同じ事を聞いたんですが、単純に2・3級が中級のようです。
多分、それが標準規格なのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の友人がインストラクターの誘導で中級コースをすべり、
怪我をしたのですが、
「初心者なのに中級コースを滑らされて恐かった」
というようなことを言ったところ、
「君は中級レベルだ。」と言われたそうなんです。
その子はスキー2回目なんですが。。。
やっぱり中級って曖昧なんですかねー

お礼日時:2007/04/05 10:33

個人的な感覚では、


初級:ボーゲン
中級:パラレル
上級:コブ、不整面が滑れる
かな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私もいろんな人に個人的感覚を聞いてみましたが、
結構バラバラでした。

お礼日時:2007/04/05 10:29

SAJ3級レベルであれば、中級といえるのではないでしょうか?


SAJ3級レベルとは、「中級コースでの大回り・小回りの連続ターンができること」となっています。
平たく言うと、「中程度の斜度(15~20度)の整地バーンで、パラレルターンと踏み換えターン(シュテムターン・キックターン)ができるここと」ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
SAJ3級レベルの内容にも「中級コースでの…」
とあるのですね。

お礼日時:2007/04/05 10:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー用品の初級用と中級・上級用は何が違うのですか?

昨日久々にスキーに行ってきました。(15年ぶり)
楽しかったので、スキー板、ビンディング、ブーツ、ストック等を買おうと考えています。(昨日はレンタルしました)

いまネットでスキー用品を検索しているのですが、初級用と中級・上級用では値段が全然違う気がします。

私は雪国育ちでもうかなり滑れるのですが、安く済ますに越したことはないなあと考えています。

この値段の違いは具体的にどの部分がどう違うのか、スキー用品の価格差の根拠について知りたいと思います。

お詳しい方、ぜひご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだと思います。
人それぞれ足の形はまったく違うので、合わない靴を履いた時、痛みが出たら
スキーどころではなくなります。
しかし、お金をかければいいというものでもなく、
上級者用の値段の高いモデルはほとんどがシェルが固く、
また、インナーもタイトに出来ています。
これはレーサーやエキスパートの優れた筋力を最大限に板に伝えるために
出来ていますので、初中級者がこれを履いたらまず膝がうまく曲げられず、
難儀すると思います。また、長い時間スキーを楽しみたいのであれば
快適性を重視したモデルもありますのでショップでよく相談されるのが一番かと思います。
特殊な足の形をしている場合や、ピッタリとしたフィット感を得たい場合は
フォーミングといって自分の足の形のインナーを作る場合もあります。
これが一番高価になると思います。

板も同様で、上級者用は一般的に硬くねじれにも強くなっています。
上級者やレーサーはほとんど氷のようなハードなバーンでも板をずらさずに
切って滑る必要があるためそのようになっていると思います。
逆に初級者用の板などではそのようにすべるのは困難な時があります。

ビンディングは高いものは中のバネが強く出来ていて、開放値も高くなっています。
同じメーカーの初級者用の開放値10と、上級者用の開放値10に設定した場合
何年か使っていると初級者用は早くだめになります。

ストックのみ初級上級に関係なく高価なものはカーボンなどのよい素材を使ったものが多く
握りやすく、振りやすいということが多いです。
特別すべりには関係ないもののようですが、
お金をかけて損をしないのならストックということでしょうか。

一般的に高価=硬い=重いが成り立つと思いますので、体重にもよりますが、
自分の技量に合わせた用具を選ぶのが、一番上達への近道また、快適だと思います。

30年スキーをやっている一般エキスパートスキーヤーです。(^-^;
15年振りということはもう一昔前以上ですね。
当時のスキーの性能とは歴然の差があると思います。
それに伴いスキー技術もだいぶ変化しています。
カービングのスキーは以前よりターンの導入がしやすくなっていますし、
昔は美とされていた両足をピッタリ着けてすべることが
今はおかしくさえあります(小回り以外で)。

板、ビンディング、ブーツ、ストックどれに重点を置くかということですが、
じっくり選ばなければならないのはブーツだ...続きを読む

Q初級~中級でのおすすめのスキー板

初級~中級でのおすすめのスキー板を教えてください。
身長は170cmです。

Aベストアンサー

たとえば、
http://item.rakuten.co.jp/esports/2011000138998/
これとか、
http://item.rakuten.co.jp/taiyosp-trip/a02tmd/

長さは、160cmで良いと思います。

私もオガサカをスキーを始めたときに買いました。オガサカは選んで間違いはないと思いますが、ややお高くなるので、上記を勧めます。

Qスキー検定の受かりやすいスキー場、受かりにくいスキー場は?

スキーの検定なのですが、同じ級でも受けるスキー場によってかなりの難易度の差がありますよね。
例えば最難関の八方や浦佐などでしたら、そこで2級受かる人なら受かりやすいと言われるマイナーなスキー場の検定では1級に受かるレベルとまで言いますし。
今は、一級は不整地もあるんでしたっけ?
ですから一概には言えないかもしれませんけど・・・
私が某スキー場のスキー教室で同じクラスだった一級の方は、
「ハァ?本当に一級??」
みたいな感じの方もおられましたし…
どうもそこのスキー教室や合宿に頻繁に参加していると温情(サービス?)で採点が甘くなるようですね。

で、どこのスキー場の検定が易しいでしょうか?
有名どころのスキー場は難しそうですよね。
できれば具体的なスキー場名をお教えください。

情報お願い致します。

Aベストアンサー

苗場で見られたのは、柏木義之選手ではないでしょうか?

八方、戸隠、苗場が難しいと聞きます。
あと北海道ですね。
木島平に戸狩、関西のスキー場が優しいと聞いたことがありますが。

Q脱初級を目指す子供におすすめのスキー場

 家族でスキーを考えてます。子供(小学生)が中級コースを滑れるようになり(最大斜度25度、整地斜面)、今シーズンさらにレベルアップを図りたいと考えてます。
 ゴンドラで山の上まで行って、急斜面(30度以上とかコブ)を通らなくても下まで降りて来れて、長距離滑れるところ希望です。
 そして申し訳ないのですが、できればスノーボーダーの少ないところ(以前、マナーの悪いボーダーとトラブルを起こしたことがあり、子供がそのトラウマから完全に立ち直っていないので)。
 候補として、
 ・パルコール嬬恋
 ・妙高杉の原
 ・栂池
 ・八方尾根
 ・志賀高原
を考えてますが、ずいぶん個性が違うスキー場に思えます。
また、例えば
 八方:コース狭い、コブ多い
 栂池:混雑してそう
などのデメリットもあるかと考えてます。親の私はどこでも何とかなりそうなのですが、脱初級を目指す子供に適したスキー場を選びたいと考えてます。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私も同じ悩みをもっていた4児のお父さんです。

私の場合は、
1.マナーが悪い人との接触事故の際のトラブルが起きないこと。
2.子どもの体力にあったコースを選ぶこと。
この2つを解決するケースでした。

ボーダーorスキーヤー、老若男女、関係なくトラブルとなる場合はあるので、ご注意を。


候補地の中で、あまり心配するゲレンデはないと思います。
個人や家族というかたちで、それぞれに行ってみての感想です。
「妙高杉の原」が個人的には距離が走れるから一番好きですが、子どもには疲れる様子でした。
「パルコール」は小さいなと感じましたが、「バラギ」と今シーズンから一緒になったと聞きますから、また違った印象となるかも知れません。
オープニングで期待できるかも知れません。

unya40さんの選択は間違ってないと感じますので、あとは売店・休憩室・トイレの充実度とコース数と交通の便で検討してみてはどうでしょうか?
子どもはコース数が多いところが好きですよね。
で、その中から一番好きなコースを見つけたら、同じところを滑りたがる傾向があるようです。
まずは好きなコースで滑らせて、楽しくなってくれたら“御の字”ですよね。

候補地外からのオススメとなりますが、候補地のエリアには、人が少ない万座があるので、そこも検討対象に入れてみてはどうでしょうか?
泊まりなら、夜も楽しめて旅行感が強くなる野沢をオススメします。
中央道となりますが「ブランシェたかやま」もスキー・オンリーで、比較的に年齢層が高いせいか滑りやすいですよ。

こんにちは。私も同じ悩みをもっていた4児のお父さんです。

私の場合は、
1.マナーが悪い人との接触事故の際のトラブルが起きないこと。
2.子どもの体力にあったコースを選ぶこと。
この2つを解決するケースでした。

ボーダーorスキーヤー、老若男女、関係なくトラブルとなる場合はあるので、ご注意を。


候補地の中で、あまり心配するゲレンデはないと思います。
個人や家族というかたちで、それぞれに行ってみての感想です。
「妙高杉の原」が個人的には距離が走れるから一番好きですが、...続きを読む

Q北海道のスキー場(宿泊場所&スキー場)

東京に住むスキーをこよなく愛する者です。

1月の週末(木・金)ですが、会社の都合で札幌出張(羽田→千歳空港→札幌泊)が決まりました。折角なので札幌出張後の土日にスキーをしたいと考えています。そこで、札幌の地理に詳しい皆様に、北海道滞在のアドバイスをいただきたく、質問させていただきます。

以下が条件です

・当方、競技(GS:ジャイアントスラローム)をしており、スピードに乗って大きな弧を描きたいです。したがって、斜面は中斜面以上の整備(圧雪)された大きなゲレンデが希望です。

・日曜日にスキー終了後、千歳空港から羽田へ出発し、帰宅します。

・木・金は札幌滞在ですが、金曜泊・土曜泊は札幌以外(もちろん札幌でも構わない)でも構わない。帰りが飛行機なので、比較的千歳空港への移動がしやすく、日曜日にできるだけ多くの時間滑りたい。

どこに宿泊し、どこのスキー場に行くのがよいでしょうか?わがままな希望ですが、ぜひとも皆様のアドバイスをください。

Aベストアンサー

後輩の車があるのなら、土曜日はルスツ、山が3つある。でかい。
高速は使えない、夏道1時間45分だが、吹雪と札幌からとても時間がかかる。最悪、3時間。
http://time-n-rd.jp/info/result.php?dep=019073&arr=018101&rsel=c&tsel=a

富良野は北の峰ゲレンデ側にワールドカップゲレンデがあり、割と急斜、圧接、広い。
高速で行けないので冬はすごく時間がかかる。冬道が苦手なドライバーには勧めない。

日曜はトマム(トマム→新千歳空港は1時間49分) 友達のアルペンボーダーがスピード出せると気にっている。
高速出口すぐで行きやすい。
http://time-n-rd.jp/info/result.php?dep=018330&arr=018101&rsel=c&tsel=a

あるいは、夕張マウントレースイ(夕張→新千歳空港は1時間22分)、夕張まで高速があるので行きやすい。
http://time-n-rd.jp/info/result.php?dep=018311&arr=018101&rsel=c&tsel=a

札幌のテイネは購読道路の入り口蕎麦なので空港まで近い(テイネ→新千歳空港は52分)が、ゲレンデイマイチ。

後輩の車があるのなら、土曜日はルスツ、山が3つある。でかい。
高速は使えない、夏道1時間45分だが、吹雪と札幌からとても時間がかかる。最悪、3時間。
http://time-n-rd.jp/info/result.php?dep=019073&arr=018101&rsel=c&tsel=a

富良野は北の峰ゲレンデ側にワールドカップゲレンデがあり、割と急斜、圧接、広い。
高速で行けないので冬はすごく時間がかかる。冬道が苦手なドライバーには勧めない。

日曜はトマム(トマム→新千歳空港は1時間49分) 友達のアルペンボーダーがスピード出せると気にって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報