親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

さつき と つつじ
つばき と さざんか
これらの違いがわからず、さりげない会話でよく恥をかきます。
「つつじが咲いてますね」
「あれはさつきでしょう」
のように。
どこの特徴を見て違いを区別すれば、恥をかかずにすみますか?
来シーズンに向けてよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

一般的には、葉に光沢のある物がサツキです。



山茶花と椿の違いは、新芽のときに枝に産毛のある物が山茶花です。花が落ちるとか、花びら一枚ずつ散るとかでは区別できません。
    • good
    • 5

素晴らしい回答がたくさん出てますので、私は、さつき と つつじ だけで。


さつきは新芽が出た後に花が咲きます。
つつじは花が咲いたあとに新芽が出てきます。
これでは花時期しかわからないと思いますが、
花を見ながらの話の種には使えるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ご親切にお教え下さり、ありがとうございます。
これで、今度から恥をかかずに会話ができそうです。

お礼日時:2002/06/18 22:00

つつじは大きな品種の名前 つつじの中にさつきがある。

花の咲くのが早いのは、久留米・霧島つつじ:花は小ぶりで葉っぱも小ぶり。木の形は枝が縦に伸びやすい。次に咲くのは平戸つつじ:花も葉っぱも大きい木の形も大きく丸くなる。最後がさつき:花も葉っぱも小ぶりどちらかと言うと葉っぱの色が濃い。あまり大きくならない。花の色はそれぞれいろいろな色がある。細かい品種ではみつばつつじ:早春に葉のない状態で花が咲く。ドウダンツツジ:すずらんのような花が咲く。れんげつつじ:園芸品種では唯一黄色の花を咲かせるつつじ。琉球つつじ:枝・葉に細かい毛が生えている。熊野つつじ:さつきを大柄にした感じ。山つつじ:久留米と見分けがつきにくいが枝つきが疎になる。
さざんか&つばき 一般的に言われる花の状態は花の落ち方ですが、花のない時期では葉の形。さざんかのほうが葉が小さく尖っている(長円にギザギザつけた感じ)緑が濃い。つばきの方が葉の形卵型で艶があり大きい。山茶花の品種。椿の品種も沢山ありますが、言葉で書くより植物園や植物図鑑で確かめた方が楽しいかもしれませんね。
    • good
    • 0

『ツツジの場合、俳句の季語は[春]なのに対し、さつきの季語は[夏]なのです』・・・そんなことなどを以前解説しました。



「さつきとつつじの違いについて」・・・http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=64574

椿と山茶花の違いにはもっと面白い話が隠されています・・・!
『サザンカは散るときに花びらが一枚づつ、ばらばらに散りますが,椿は花全体がボトリと落ちます。』
・・・武士はこれから打ち首を連想して嫌ったというのです。


さざんか・・・http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …

つばき・・・http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HT …

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=64574
    • good
    • 0

すでに的確な回答がされておりますが、このサイト(教えて!goo、OKWeb)で、質問検索、Q&A検索機能がありまして、hoohooさんの質問タイトルをキーワードにしたら、過去の質問・回答がヒットしました。


「さつき つつじ」、「ツバキ サザンカ」を入力してみてください。(「つばき さざんか」と平仮名表記だとヒットしませんでした)
とりあえず、さつきとつつじの1件を参考URLに載せておきます。
よろしかったら、ツバキとサザンカもお試しください。
「サツキ ツツジ」も片仮名表記に変えると、また別の質問・回答がヒットします♪

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=68558,h …
    • good
    • 0

サツキはツツジの一種で、名の通り旧暦の5月頃が花の盛りです


また、他のツツジに比べて葉っぱの毛が濃いのも特徴です

サザンかもツバキの一種で、花ごと落ちる普通のツバキに対して、花びらが散るのと、葉っぱの縁がギザギザなのが特徴です
また、サツキ同様、葉っぱの毛が濃いのも特徴です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qさつきとつつじの違いについて

「さつき」は「つつじ」の花を小さくしたような花ですか?

Aベストアンサー

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言われる方には常緑樹が多いようです。

ツツジは4~5月頃紅色、ピンク、絞りなどの花をつけ、俳句の季語は[春]なのに対し、さつきの季語は[夏]なのです。

サツキの名前は陰暦五月皐月に咲くところからきていますが、こちらはツツジよりやや遅く5~6月頃、真紅、淡い紅色、ピンク、

絞りなど多様な花をつけ、たしかにnekomusumeさんのご質問のように、小さい花で特に真紅の色はサツキらしい色だと思います。


ツツジ・サツキとも低い植え込みや他の樹種と一緒に[大刈り込み]などにしますが、山野に自生するツツジなどは、木の高さが10m位

までなると聞きましたが、サツキの方はどの位まで成長するのか知りません。

一般人の目に付く所で有名なのは、箱根芦ノ湖、湖畔の[山のホテル]の庭園ですが、つつじの花のシーズンには、戦後植えたつつじの

植え込みが園内通路をアーチのように蔽い、たしか宿泊客以外にも開放していると思いますが、ぜひ見ていただきたい光景です。

   *ここは三菱財閥岩崎別邸の跡に、戦後アメリカ進駐のために作られたホテルですが、4万坪以上の庭園に
    3000本以上のつつじというのが[売りの一つ]で人工的ですが見事なものです。

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言わ...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Qサザンカとカンツバキの見分け方

サザンカとカンツバキの見分け方を教えてください。背丈が違うだけなのでしょうか?あとタチカンツバキとの違いもよく分かりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 どちらもかなりの近隣種ですので、これですという区別は難しいですね。
 というのも寒椿には二種類の系統があり、現在の主流は本来の寒椿(中国原産)とサザンカの交雑種である「寒椿群」という系統が一般に流通しています。
 交雑種ですのでどちらの血も流れていますのでますます見分けにくくなっているのは仕方がないことですね。
 さらに「寒椿群」はサザンカの一種として認知されています。 これはその学名からも理解できます。
 「Camellia sasanqua」です。 
 この寒椿群はすべて立ち性(椿系)で通称はあなたがいうように立ち寒椿と言われています。 その品種の一つに「勘次郎」があります。

 一方、中国原産の「カンツバキ」は学名を「Camellia hiemalis」という冬咲きという名が学名についているとおり
冬咲きで、その特徴は矮性であることです。
 種類は少なく、主に「獅子頭」というものが出回っているようです。 さらにこの「獅子頭」が前述した「寒椿群」のもとになったという複雑さがあります。 
 
 つまりサザンカもカンツバキも同じ仲間と認識したほうが間違いありません。 その違いはと言われれば、次のようにまとめることができます。
<花の咲く時期>
サザンカ→寒椿群(勘次郎)→カンツバキ(獅子頭)
 *注意:サザンカにも春咲きが例外として存在します。
<樹木の特徴>
*サザンカ・寒椿群(立ち性、別名タチカンツバキ)
*カンツバキ(矮性)

 <余談>
サザンカと椿(春咲きの一般種)との顕著な違いは「毛の有無」です。 サザンカにのみ子房と新葉の葉と枝に微毛があります。 これが見分け方ですね。 

 どちらもかなりの近隣種ですので、これですという区別は難しいですね。
 というのも寒椿には二種類の系統があり、現在の主流は本来の寒椿(中国原産)とサザンカの交雑種である「寒椿群」という系統が一般に流通しています。
 交雑種ですのでどちらの血も流れていますのでますます見分けにくくなっているのは仕方がないことですね。
 さらに「寒椿群」はサザンカの一種として認知されています。 これはその学名からも理解できます。
 「Camellia sasanqua」です。 
 この寒椿群はすべて立ち性(椿系...続きを読む

QExcelに「隠し文字」のような機能は・・・?

Excelではwordの「隠し文字」のように、表示はされるが印刷はされない、みたいなことはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

#1のmshr1962です。
入力用と表示印刷用のセルが別なら可能です。

B1に日付を入力、こちらは文字色を背景と同じ
B2=IF(B1>1,TEXT(B1,IF($A$1=1,"yyyy年m月d日","yyyy m d ")),"")

#3の方の応用なら、「年 月 日」をオブジェクトにして
日付の書式をユーザー定義で
yyyy m d
で可能かもしれません。ただ10月などの様に2桁と、1桁の場合の調整は難しいと思います。

単純に「2000」「年」「4」「月」「1」「日」と6つのセルを使う方が楽かもしれません。

Qツツジが葉ばかりで花が咲かない

1.5m程の背丈のミツバツツジ(だと思います)が、花を3-4個つけるだけで、葉ばかり茂っています。今年は諦めるとして、花後の剪定と言うのは、花が殆ど咲かなくてもやるべきなのでしょうか?ちなみに昨年も咲きませんでしたので、5月末頃に5cm程度バリカンで刈り込み、油粕を施肥しました。

Aベストアンサー

剪定時期も特に問題ないようだし、あたり前に考えれば日照不足という事になろうかとも思われます。
日当たりは多ければ多いほど良いと言うことにはなりますが、せめて1日数時間以上の直射日光は欲しいところです。まわりの樹木が日当たりを遮っているようならば、樹木を適期において少し剪定して、日当たりを良くしてやるなどの配慮も必要でしょう。

今の状態でも剪定可能のようだから、もう少し早めに剪定してやっても良いでしょう。また剪定はマメツゲやカイズカイブキでもあるまいし、バリカンなどは使わずに、植木屋がよく使う剪定バサミを使って丁寧に行うべきです。

肥料については、まあ山あたりに自生しているぐらいですから、特に多くは必要としません。油粕単体よりは骨粉も混ぜた方が良いので、「骨粉入り(生)油粕」を使われた方が良いでしょう。腐葉土あるいはバーク堆肥などと半々に混ぜ、2月あたりで株元周辺に所謂「寒肥」として土中に施します。
注意すべきは大量に施さない事です。大量に施すと葉ばかり茂り、肝心の花つきが悪くなります。ちょっと少ないかな?、と思うぐらいでちょうどよろしい。
「お礼肥」も特に必要ではないけれど、花後あたりの時期に「速効性(粒状)化成肥料、N:P:K=8:8:8」あたりを一握り株元周辺にばら撒いてやるぐらいで良いでしょう。お礼肥は速効性のものの方が良いでしょう。
なおツツジ科植物は酸性土を好むので、石灰類は施さないようにします。

山などでは斜面によく自生しています。これは排水性の良い所を好む事を意味しています。従って株元周辺に水溜りができたり、土がいつもジメジメ湿った状態は好ましくありません。表土は少し乾き気味の方がよろしい。水遣りもそのように心掛けます。

最後に、同じツツジ科のサツキなどを例にとると、テングス病(と思われる)あたりに罹ると花つきが悪くなります。
病気の疑いはないかも知れないけれど、落葉した冬期に「石灰硫黄合剤」の10倍希釈液を散布してみられる事をお勧めします。幹枝にまんべんなく散布します。もしかすると花つきが良くなるかもしれません。
(葉のある内は薬害を起こしますから散布はできません。なおサツキなどの場合は冬葉が付いていますから、20倍に希釈して冬期に散布します。)

剪定時期も特に問題ないようだし、あたり前に考えれば日照不足という事になろうかとも思われます。
日当たりは多ければ多いほど良いと言うことにはなりますが、せめて1日数時間以上の直射日光は欲しいところです。まわりの樹木が日当たりを遮っているようならば、樹木を適期において少し剪定して、日当たりを良くしてやるなどの配慮も必要でしょう。

今の状態でも剪定可能のようだから、もう少し早めに剪定してやっても良いでしょう。また剪定はマメツゲやカイズカイブキでもあるまいし、バリカンなどは使わず...続きを読む

Q生理が2週間続いてるのは?

先月の生理が前回から40日目にきてすごく量も少なめで4日ほどで終わり、今月その生理から2週間目で色のついたおりものから始まり3~4日後から普通の経血になりましたが、量もすごく多く経血になってから10日経ちますが、終わる気配もなく血量も少し減ったくらいで夜なんかはナイト用ナプキンでもいっぱいいっぱいです。腹痛などはそんなにないのですが・・・何かあるのかと心配です。
もともと貧血もあるのでここのところ立ちくらみもしばしばです。
出血してるので婦人科に行くのを考えてしますのですが。。。経血がたくさんあっても受診したほうがいいのでしょうか?つい終わったらと先延ばしにしてしまってます。

Aベストアンサー

30歳女性です
私も去年、生理周期の乱れとダラダラ2週間の出血を経験しました
その時いろいろ調べたのですが
私の場合、4日目頃から経血は減りおりものシートで大丈夫な程度の出血でしたので
その場合はあまり心配する必要もないとのことで放置し、無事終わりました
ただその時に知った知識では、経血の量がいつまでも多い場合は
すぐに婦人科に行くようにアドバイスされていました
恐らくホルモンバランスの崩れによる無排卵月経だと思いますが
他の病気が潜んでいる場合もあるようですし
なによりも貧血が問題ですので
ぜひ診察してもらってください
ご心配なようでしたら、電話で状況を伝え診察してもらえるかどうかをお聞きになってみると良いと思います
先延ばしは厳禁ですよ


人気Q&Aランキング