外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

私は今、「ハリー・ポッター」シリーズを読んでいます。
他にもハリー・ポッターの様に、「魔法」や「魔術」を教えている
学校が舞台の本を読んでみたいと思ったのですが、あまり知りません。
そこで、皆さんがおすすめする「魔法」や「魔術」を教えている学校が舞台の本を教えて下さい。
宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ライトノベルでもいいなら


魔法を教える学校が舞台のもの
榊一郎「マジシャンズアカデミー」
清水文化「気象精霊ぷらくてぃか」
久美沙織「ここは魔法少年育成センター」
鎌池和馬「とある魔術の禁書目録(インデックス)」
日日日「アンダカの怪造学」

魔法を教える組織・学校が出てくるもの
北沢慶「召喚士マリア」
月見草平「魔法鍵師カルナの冒険」
秋田禎信「魔術師オーフェン・シリーズ」
森山櫂「果ての塔の物語」
グループSNE「六門世界」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ライトノベルでも、何でも大丈夫です^^
結構魔法ものはある様ですね。。。著者名や本のタイトルに
見覚えのあるものが、いくつかありました。
いずれも読んだ事はありませんが…。本屋で見かけて気になる
事があっても、結局そのままという事が多かったですね…。
早速、載せて下さったタイトルの本を読んでみます!
ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/09 17:58

タラ・ダンカン 若き魔術師たち



フランスのハリポタと言われ、フランスでの売れ行きはハリポタ以上という話もあります。
シリーズで、年に1冊出すというのもハリポタと同じ。

個人的には、オーストラリアのファンタジー「古王国」シリーズをおすすめします。
学校で魔法を学んで卒業直前に故郷に帰らなければならなくなるので、魔法学校モノではありませんが
「サブリエル」「ライラエル」「アブホーセン」の三冊で、完結しています。これはおもしろかったですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「タラ・ダンカン」シリーズ!
読んだ事があります^^私が知っている、数少ない
魔法学校もののシリーズの一つです。まだ、現在出ている
シリーズを全て読破していません…。今度借りて、続きを
読みたいと思います。フランスのハリポタと言われているのですか?
大人気シリーズだとは知っていましたが、凄いです…。
「古王国」シリーズですか^^タイトルからして、不思議な
雰囲気が出ています。こちらも読んでみたいと思います!
ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/09 18:10

#6です。

いくつか抜けてたので追加
魔法を教える学校が舞台のもの
築地俊彦「まぶらほ」
榎木洋子「龍と魔法使い」
長野聖樹「あめーじんぐ・はいすくーる」
尼野ゆたか「ムーンスペル」
富永浩史「竜と箒【ほうき】とひかりの彼方」
山本剛「魔導物語」「真・魔導物語」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.6に引き続き、回答有難う御座います!
こちらはタイトルにも、著者名にも見覚えの無いものが
多いです。タイトルに「竜(龍)」「月(ムーン)」などの
単語が出てくると、どうしても反応してしまいます(笑)
魔法関係が沢山出てきそうで、興味をそそられました!
早速読んでみます!

お礼日時:2007/04/09 18:03

微妙に「魔法」という呼ばれ方をしていないものでもよろしければ、以下がおすすめです。


・「そらのこども」(荻原麻里・ヒヨコ舎)雲を操る「霧練り」という技を学ぶための学校に通う少年たちの話です。これが一番おすすめです。
・「イヴは夜明けに微笑んで 黄昏色の詠使い」(細音啓・富士見ファンタジア文庫)召還したいものと同色の触媒を介してそのものを呼び出す「名詠式」を学ぶ専門学校を舞台として、「名詠式」をそれぞれの立場から学ぶ学生たちの青春を描いた作品。
・「宝印の騎士」(西城由良・新書館ウィングス文庫)「宝印」の力を学ぶ学院の卒業試験に見事合格!とおもいきや、不合格を宣言され、追試を受けさせられることになったスラム出身の孤児、ノイル。下流貴族のおどおどした少年、ウィリップと一緒に追試に挑戦してはみるが、ウィリップは非協力的。実は、彼は何か秘密をもっているらしいのだが……という話。

あとは、私は読んだことはありませんが、「ゼロの使い魔」(ヤマグチノボル・メディアファクトリーMF文庫J)というシリーズが、魔法学校を舞台にしているはずです。ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「そらのこども」は、読んだ事があります。
内容がユニークで、面白いですよね!他の二冊は、初めて
知ったタイトルです。ですが読みごたえがありそうです。
不思議な力について学ぶ学校もの、大好きです^^
早速図書館で借りて、読んでみたいと思います!
ゼロの使い魔は、タイトルと、内容を少しだけ知ってます。
ちゃんと読んだ事はありませんが…。あのシリーズも、魔法学校が
舞台だったんですね!それは知りませんでした。。。
ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/09 17:52

ハリー・ポッターシリーズよりは少し低学年向きなのですが・・・


薄いし・・・

ジル・マーフィ作 魔女学校シリーズ
1.「魔女学校の一年生」
2.「魔女学校の転校生」
3.「ドジ魔女ミルの大てがら」
評論社
低学年向けではありますが、面白いです。

他に、厳密に言えば「ゲド戦記」の特に「影との戦い」は前半は魔法学校ものと言えるでしょうね。

それから、短編集で「魔法使いになる14の方法」(東京創元社 創元推理文庫)は正に御希望通りの「魔法」と「学校」をテーマに複数の作家達が書いた作品を集めた短編集で、仲々面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

低学年向きですかー。大丈夫です!昔はよくその様な本を
読んでいました^^とても懐かしいです。題名からして
楽しく明るい内容だろうなぁ…と思いました。図書館で
探して、早速読んでみますね!ゲド戦記は、映画になったシリーズ
ですよね?タイトルは知っていましたが、原作は読んだ事が
ありませんでした…。そして「魔法使いになる14の方法」は
図書館にあったので、早速借りて読んでいる途中です!短編集で
読みやすく、かなり面白いです^^
まさに、私が探していた条件の本にぴたりと当てはまっていました!
有難う御座います!

ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/09 17:45

小学館 スーパークエスト文庫『魔法千一夜 ~ミレニアム2051~ VOL.1』


ただし、すでに絶版です。

参考URL:http://papashi.hp.infoseek.co.jp/millennium/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

題名に惹かれましたv魔法が沢山出てきそうですね!
絶版になっているんですか…。残念です;ですがわざわざ参考URLを
載せて下さり、有難う御座います!早速、HPを読みたいと
思います。ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/08 21:12

 今週間少年ジャンプで連載してますよね、そういう感じの。


 ラブコメでしかも漫画ではダメでしょうかっ!!(>ヮ<)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

週間少年ジャンプで連載をしているんですね!
ラブコメで漫画でも全然平気ですよ^^
好きなジャンルです(笑)早速、ジャンプのサイトで調べたいと
思います。ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/08 21:04

ハニー・タッカー



単なるパロディかと思ったんですが意外と面白かったです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハニー・タッカー…初めて聞く本の題名ですが、面白そうです!
あのシリーズのパロディの様ですね。本家も好きなので、是非
読んでみたいと思います^^ご回答有難う御座いました!

お礼日時:2007/04/08 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクリエイティブってどういう意味ですか?

「クリエイティブ」ってどういう意味ですか?また、こういった「日常でよく聞く言葉だけど、意味がよくわからない」というものを、どうやって調べたらいいですか?ちなみにgooの辞典なんかを使って「クリエイティブ」と調べてみましたが、分かりませんでした。つまらない質問でごめんなさい。

Aベストアンサー

「クリエイティブ」は英語の"creative"から来ていて、「創造的な」「創造力のある」「独創的な」「創作的な」という意味があります。

綴りがわかれば英和事典で調べられるのですけど、わからない時は困りますね。電子辞書では「スペルチェック」の機能を使って、だいたいの綴りから検索することができるものもありますが。

参考URLの「カタカナ表現」には、残念ながら「クリエイティブ」は載ってませんでしたが、今後役立つこともあるかも知れません。

参考URL:http://home.alc.co.jp/db/owa/reloc?genre_i=001&ctgr_i=001002&url_i=http://home.alc.co.jp/db/owa/ehj_idx

Q【大人向けの】魔法使いがでてくる本

いい年して(中学一年とか、、汗)魔法使いや魔法が出てくる本が大好きです、、、

最近、学校図書じゃ出てくる言葉が幼稚すぎて面白くありません。

なにかいいもの教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学の頃にロードスにはまったもんです…。懐かしい。
もう既に挙げられていますが、
「指輪物語」や「ゲド戦記」は本当にお奨めです。

あとは

茅田砂胡
『デルフィニア戦記』
ですかね。
独特の世界観、際立ったキャラクタ造形が魅力です。
特にお奨めです。

ハヤカワ文庫の
テリー ブルックス (著), 井辻 朱美 (翻訳)
『魔法の王国売ります!
ランドオーヴァー』シリーズ。
これはニューヨーク在住だった弁護士の主人公が、
ふとしたきっかけで魔法の王国の王になる資格を手に
入れ、その世界でドラゴンや魔女と対決していく
お話です。
洋書は訳で読む場合、翻訳者で失敗していることも多々
あるのですが、これは井辻さんの訳が秀逸なのか、
原作が良いのかわかりませんが、非常に上手い文と
思います。

同じくハヤカワ文庫の
栗本薫
『グイン・サーガ』
これは当初、100巻を目指して書かれていた作品で、
現在は100巻オーバー確定の超大作です。
しかもこの先生、著作スピードが無茶苦茶早く…
小説なのにあとがきで、「また来週!」とか言ってますw
名づけて週間『グイン・サーガ』
キャラクターの心理描写、登場人物の掘り下げ方、
どれをとってもすごいです。
ちょっと雰囲気が暗いですが、お奨めです。

中学の頃にロードスにはまったもんです…。懐かしい。
もう既に挙げられていますが、
「指輪物語」や「ゲド戦記」は本当にお奨めです。

あとは

茅田砂胡
『デルフィニア戦記』
ですかね。
独特の世界観、際立ったキャラクタ造形が魅力です。
特にお奨めです。

ハヤカワ文庫の
テリー ブルックス (著), 井辻 朱美 (翻訳)
『魔法の王国売ります!
ランドオーヴァー』シリーズ。
これはニューヨーク在住だった弁護士の主人公が、
ふとしたきっかけで魔法の王国の王になる資格を手に
入れ、その世...続きを読む


人気Q&Aランキング