E.フロムの「愛するということ」を読みました。

これまで心底愛した人に騙され、よく考えると最初は相手の知識や立場に惹かれていたことに気づいたり、家族や友人の愛に悩み、身近な愛という言葉にピンと来ていた矢先でしたので、

「恋人だけを愛するのでなく周囲を愛することができるとき」や「自分が生産的な活動に充実しているとき」に、相手の成長を願うことが愛だという考えを、実践していきたいと思うのです。

が、もし自分が生きがいに充実して誰も恨むことなく周囲を愛せるようになったとき、恋愛とか結婚と言う意味では、誰をも愛せる分、誰でもよいということにならないでしょうか。

周囲への愛や自分のあり方については、実践できそうなのですが、
独身の私にとって、恋愛・結婚をしたくなったとき、その相手は
どのように選んだらよいのかわかりません。

また、フロムのこの本は名著と言われていますが、これに並ぶ著作や
フロムの愛について批判している本があれば教えてください。

A 回答 (5件)

#1です。


エーリヒ・フロムについての追加情報です。

Wikiの該当ページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC% …

新フロイト派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%95% …

フロムの一番の功績は、人間の心理・精神やそれに基づく行動は、所属する社会に影響されていることを分析し明らかにしたことです。
そして、近代化によって「自由」を手に入れた反面、孤独で不安定になった事がファシズムの現出に繋がったと分析しています。(「自由からの逃走」)

「愛」という概念は、本当にややこしいモノでなかなか理解出来ないですよね。
余り細かいことは考えずに、自然体でいれば良いのではないでしょうか?
自分の幸せや他人の幸せを願う時に、いちいちこれは「アガペー」だあれは「エロス」だなんて言ってても無意味ですから(笑)
自分の理解では、自己の幸せを考えるのと同じくらい、他人の幸せも考える事だと思っています。
ほんの少し、日常で心がけるようにしています。

最後に「愛」に関するWikiです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tyr134さん、追加情報をありがとうございます。
フロムの功績にはそのようなこともあるのですね。自由からの逃走はざっとしか読んでいないのですが、もうちょっと自然体になってみてから、もう一度ふつうに読んでみたいと思います。

>いちいちこれは「アガペー」だあれは「エロス」だなんて言ってても無意味ですから(笑)
自分のことについては、あやうくそんなことを考えてしまいそうでした。まるで愛のファシストですね。

さすが哲学カテゴリー、みなさん博識で知己にとんだ暖かいご意見にとても感謝しています。

愛に関するwiki、ありがとうございました。
人名やカタカナ語などはwikiでチェックすることが多いのですが、これで調べたことはなく、初めて読めました。なんだか難しく考えてしまう私には、フロムの本よりもこちらの方が、もしかしたら適当かもしれません(笑) 

本当にどうもありがとうございます。

お礼日時:2007/04/06 18:46

結婚については複雑ですが、恋愛についてなら、


頭で判断するよりも、ときめく気持ちに従うしかないと思います。
「恋愛したい」という気持ちは、恋に恋している状態に思えます。
恋に付随するいろいろな経験が欲しかったり、
寂しさを埋めたかったりというのは、
「その人に」ときめいて、「その人を」いとしく思うのとは違う始まりに思えます。
極端に言うと、人間と人間が出会っていない気がします。

相手の持ち物ではなく、人格の核心部分を愛するのがほんとうの愛だというようなことを、フロムは書いていたと思います。

経験をつみ人間としても成長すれば、どういうひとを好ましく思うかは変わっていくと思います。
成長に伴って、深く核心に触れられるようになります。

>誰をも愛せる分、誰でもよいということにならないでしょうか。
「誰でもよい」ではなく、「一人でもよい」になります。
満たされているから、人からの愛はボーナスみたいな感じになります。
うれしいし有難いけど、必ずしも必要でなくなる。
むしろ、周囲のほとんどの人は恋愛対象としては色褪せて、
本当に惹きあう人が浮かび上がってきますが、
その相手は年齢がとても離れていたり、同性かもしれません。
いわゆる世間でもてはやすような恋愛劇とは質の違うものになります。

東京ではソメイヨシノは散り始め、今は山桜が満開になろうとしています。
やがてツツジが咲き花水木が咲くここと思います。
私は花が大好きですが、一番好きなのは紫陽花と朝顔です。
摘んできて花瓶に生けることや髪に挿すことが付き合うという囲いだとしたら、ただ香りを楽しむことや、ただ一緒の風のなかで佇むという愛の表現もあります。

何も感謝されなくても大切で、水をやり、風の日には心配し、
花開くを日を心待ちにするように、
分からなくても精一杯心を尽くして世話をし、大事にするように、
花を愛するように、人を愛せたら、
フロムの言う愛に近いかなと思います。

どうか失敗を恐れずに、人の心に触れてください。
考えるより心を開いて人のなかに飛び込み、
精一杯関わりあってください。
成長、幸せ、夢がかなうこと、充実や達成、楽しさや喜び、
快適さ、心地よさ、etc. 
相手にとってのプラスの価値の実現を願うことが愛の出発点のように私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございます。恋に恋して悩んでいるわけではなく、フロムの記述ことを理解してみたかったのです。

>「誰でもよい」ではなく、「一人でもよい」になります。
ありがとうございます。一人か二人かではなくて、ちょっと違うこと(フロムの言うところの兄弟愛と異性愛の違い)が聞きたかったのです。

お礼日時:2007/04/06 21:27

>が、もし自分が生きがいに充実して誰も恨むことなく周囲を愛せるようになったとき、恋愛とか結婚と言う意味では、誰をも愛せる分、誰でもよいということにならないでしょうか。



 お金がある人や、健康な人、綺麗な人を選んだ方が自分にとって徳だと誰もが思うと思いますよ。
 お金がない人と結婚したら、楽になれる可能性が高いし、健康な人と結婚すれば、医療費が浮くし、綺麗な人を選べば、なんかこころが落ち着くと思いますがね。
 
 誰もを愛すのにも限度があると思います。できる範囲で、愛せばいいんだと思います。
 
 今から、自分を苦しめて、殺そうとするものを愛することはできないと思いますよ。
 多くの生き物を愛することによって、自分が他の生命から愛されたいと思っても、それは一可能性にすぎず、他の生命から愛されないかもしれませんよ。
 だから、適当に愛さないと、他の生命から、苦しめられ続けたり、常に苦しみが続くことになってしまうと思います。

 愛することも中道であることがよいと思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスをありがとうございます。恥ずかしながら、人も本も、言葉を鵜呑みにしてしまうところがあって、このような現実的なご意見は目が醒める思いです。

>それは一可能性にすぎず、他の生命から愛されないかもしれません
そうですね。落ち着いて考えてみたら、その可能性にばかり期待するのはかえってよくないことかもしれませんね。

>常に苦しみが続くことになってしまうと思います。
なんだか自分でもそんな気がして、ちょっと本を読むのをお休みしようかなあと思っていたところでした。

もう大人なので、中道を忘れないように、もうちょっと気楽に楽しみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/06 18:16

[相手の成長を願うことが愛だという考えを、実践していきたいと思うのです。

]
良いことですね。あなたがそう思い実践することは他がそう思い実践することでもあるんですよね。だからあなたに対してあなたの成長を願うような女性がいるはずですから、そういう方と一緒になればいいんですよ。あなたが愛を実践している間に必ずあらわれますから、心配はいりませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
自分が実践していれば、もしかしたら、いつか、周りに同じような方が現れるかもしれないということですね。難しいことですが、磨いていきたいと思います。

私は女性なのですが、やはり心細くなることもあり
>愛を実践している間に必ずあらわれますから、心配はいりませんよ。
肩の荷がおりるような、お言葉に心が温まりました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/04/06 00:01

フロムの「愛するということ」はまだ読んでいませんが。



哲学的な面から言えば、「愛」は二つに分けられます。
『アガペー』と『エロス』です。

『アガペー』とは、無限・無償の愛であり、単なる「隣人愛」以上の普遍的な人間愛の事です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AC% …

『エロス』とは、性愛であり男女の愛の事です。
女性の生殖は神秘であり驚異であり、神聖なもの見做され、それ故、生殖の前提となる肉体の交渉での愛を必ず必要とされました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AD% …

恋愛・結婚は『エロス』であり、「生きがいに充実して誰も恨むことなく周囲を愛せるよ」というのは『アガペー』であると思われます。


エーリッヒ・フロムの研究書としては以下のもはいかがでしょうか?

エーリッヒ・フロム
――希望なき時代の希望
# 出版社: 新曜社 (2002/11)
# ISBN-13: 978-4788508248
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tyr134さん、ご教授どうもありがとうございます。
自分では気づきませんでしたが、おかげさまで私はエロスとアガペをごっちゃまぜにしていたことに気がつきました。エロスのところをよく読みました。また、書籍のご紹介も大変ありがたいです。書評などでは誉める内容のものが多く、客観的にどんな人物であるかとか、歴史的にみてどんな流れで出てきた人なのかとか、詳しく知りたいと思っていたところでした。フロムはフロイトの性愛論も否定しているので、ご紹介いただいた研究書を是非読んでみたいと思います。どうもありがとうございます。

同著の中にエロス・アガペの言葉で説明した箇所がなかったか確認しようとしたら、自分の質問に対する記述を見つけましたが、明確に答えていないように見受けられました。
「次のような見解に達する人もいるかもしれないー・・・(愛は意思の行為であるから)当事者二人が誰であるかは基本的には問題でない、と。この見解は、人間の本性も異性愛もパラドックスにみちているという事実を見落としている。・・・したがって、特定の人間どうしの独特ものである見解も正しいし、意思の行為にほかならないという見解も正しい。いや正確にはどちらも正しくない」という文面を見つけました。
読めば読むほど、わからなくなります。。

お礼日時:2007/04/05 23:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロムの「愛するということ」

最近恋愛で悩んでいたのでエーリッヒ・フロムの「愛するということ」を読みました。私はこの本に書かれていることにとても賛成です。
しかし、フロムは愛について
なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全面的に自分を委ねることである
と述べていますが、これは「恋は盲目」といったようなことに繋がる気がします。(フロムの本を読むと一人の人を好きで居続ける事が偉いように感じます)ここはフロムが述べているように、成熟した人間になればいいということでしょうか。

私は最近告白して振られたのですが、告白した後もわたしが相手をまだ好きでいる価値があるかと悩んでしまいます。

フロムのこの本を読んだ方でもそうでない方も解釈や意見があればお訊きしたいです。

Aベストアンサー

>なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全面的に自分を委ねることである

 愛はよくわかりませんが、恋であれば・・・。以下、愛を恋に読み替えて下さい。


 自分は性格に問題があるはずなんですが(第三者評価で(^^;))、「なんの保証もないのに行動を起こす」のはいつもの事です。でも「こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろう」と思った事は一度もありません。そこは乾坤一擲の賭けです。それが、都合のよい希望に全面的に身を預けるという事なの知れませんが。

 そして当たって砕けろで、何回砕け散った事か・・・(^^;)。


>・・・告白した後もわたしが相手をまだ好きでいる価値があるかと悩んでしまいます。

 価値とは自分(=あなた)にとっての価値ですか?。もしそうであれば、価値があるから告白したんですよ。そうでなければ、告りません。

 後で馬鹿な事をしたものだと思っても、その時には馬鹿な事をするだけの価値があったんですよ。その事実だけは変わりません。否定する事はないと思います。 

>なんの保証もないのに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に全面的に自分を委ねることである

 愛はよくわかりませんが、恋であれば・・・。以下、愛を恋に読み替えて下さい。


 自分は性格に問題があるはずなんですが(第三者評価で(^^;))、「なんの保証もないのに行動を起こす」のはいつもの事です。でも「こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろう」と思った事は一度もありません。そこは乾坤一擲の賭けです。それが、都合のよい希望に全...続きを読む

Qパースの連続性の哲学は名著と聞いたので読んだがどこが名著なのかさっぱり分からなかった。 自分が卒業し

パースの連続性の哲学は名著と聞いたので読んだがどこが名著なのかさっぱり分からなかった。

自分が卒業したハーバード大学を自慢する自分語りで終わっていて、メモ帳を開いて名言をメモろうとしていたが、最後まで読み終わってメモは白紙だった。

これのどこに尊敬する部分があるんですか?

Aベストアンサー

図解してもらいましょう。
きっとわかりやすいですよ。詐欺でなければ。

Qフロム・エーは、なぜ廃刊したのですか??

びっくりしました!
あの「フロム・エー」が廃刊したことを知りませんでした。

なぜ、廃刊したのでしょうか?
2~3年くらい前のフロム・エーは、結構厚くて、重量感がありました。

しかし、最近のフロム・エーは、「かなり薄くなった」感じでした。
インターネットで、条件のあったアルバイトを簡単に検索できるため
そのためなのだろうと、私的に感じていましたが・・・。

まさか、廃刊するほどでないと思います。


実際、あのアルバイト情報誌の「フロム・エー」が廃刊した理由は、
何でですか?


自分の推測どうり、「インターネットで、アルバイトを検索できる」=フロム・エー廃刊
するくらいインターネットが普及しているのなら・・・。


大手家電量販店を初めとする多くの「実店舗」は、割安で販売している「インターネットの商店」によって
かなり売り上げを減らされていると思うのですが・・・。

{私の場合、大手家電量販店で、店員の説明を聞いて、割安なインターネット商店の商品を買うことも
ままあり、「商業倫理に反しているのかな」と自己嫌悪に陥ることもあります。(^^;)}

この、フロム・エー廃刊の本当の理由を知っている
方、いらしたら教えてもらえませんか??

びっくりしました!
あの「フロム・エー」が廃刊したことを知りませんでした。

なぜ、廃刊したのでしょうか?
2~3年くらい前のフロム・エーは、結構厚くて、重量感がありました。

しかし、最近のフロム・エーは、「かなり薄くなった」感じでした。
インターネットで、条件のあったアルバイトを簡単に検索できるため
そのためなのだろうと、私的に感じていましたが・・・。

まさか、廃刊するほどでないと思います。


実際、あのアルバイト情報誌の「フロム・エー」が廃刊した理由は、
何でで...続きを読む

Aベストアンサー

本当の理由は知りませんが、おおよその予想としては時代の流れがネットに向いていき、冊子としての売り上げに見切りを付けたのでは無いかと思います。
私も広告業界の片隅で紙媒体を主に制作をやっていますが、ぶっちゃけ紙媒体の広告業界は瀕死状態です。仕事が無くていつ職を失うかハラハラの毎日です。
最盛期は残業、徹夜は当たり前。1週間家に帰れないなんて事も当たり前でした。それだけ仕事があり、それなりの売り上げもあったからです。
しかし、時代はネット広告に流れ、紙媒体は消費者側からも目にする機会が減り、広告としての意味をなさなくなっています。
それだったら、とっとと撤退してネットの方に重きを置こうと思うのが普通だと思いませんか?
そういう事だと思います。
冊子では発売しませんが、ネット求人はやっていくとリクルート社は発表していたと思います。

Q実践哲学者とは?また実践哲学者になるにはどうすればいいですか?

いろいろな考えがあると思いますが、ご指導頂きたいです!

Aベストアンサー

こんばんわ。

良く考えて、その考えに基づいて行動し、自分の考え/行動を広める

・・・ってコトじゃないでしょうか?

Qフロムの自由論

フロムの自由論とはどのようなものですか。

Aベストアンサー

 
  どのような思想家でもそうですが、厳密に詳細に、その思想を考察しようとするとたいへん難しくなるものです。フロムについてもそうです。
  
  しかし、一般的にフロムは、「人間の自由」という時、伝統的に西欧では、「意志の自由」等で哲学的にはポジティヴに考えられていた「自由」には、ネガティヴな面もあることを強調した思想家であるとも言えます。フロムはネオフロイディアンと呼ばれ、フロイト派の精神分析理論の上に立脚して、独自の理論を築いた人として知られます。
 
  フロムは自由を、「への自由」と「からの自由」に二大別したことでよく知られています。「への自由」とは、求める選択肢における選択の自由度の問題で、「からの自由」とは、人を制約する諸々の条件、社会的枠組みや規定、心理的抑圧規定などからの自由の意味です。
 
  伝統的には、自由の問題とは、「への自由」だと一般的に考えられていたのですが、「からの自由」も歴史的には大きな意味を持っていたことをフロムは主張し、「への自由」だけでは解決しない問題があることを指摘しました。
 
  フロムのよく知られた著作は、ナチスの勃興を何故ワイマール憲法を持っていたドイツ及びドイツの人々が許容してしまったのかという社会的心理的分析の書物である『自由からの逃走』ですが、ここで、フロムは、ワイマール憲法の持っていた、「自由」の圧迫的側面を述べます。人は自分で判断できる以上の選択課題を与えられると、「選択の自由」が逆に制約となり、自己の心理的バランスのためには、「過大な選択の自由」からの「自由」を求める心の欲求が生じ、それが、すべてについて「断定的解答」を与えてくれ、個人の自由判断の責任から、個人を解放してくれたナチスの思想方針を、一般庶民が受けいれた理由である、と分析します。
 
  つまり、「「への自由」からの自由」を人々は求めて、ナチスを支持したというのが、フロムのナチス擡頭と人々の支持の理由の解釈です。無論、これに対する反論も存在します。
 
  しかし、フロムは、精神分析から出発した心理学者で、社会学の面でも理論を築きましたが、人間の心の問題を、常に中心に置いていました。「への自由」と「からの自由」の対立については、例えばフロムは、バッハオーフェンが提唱した「母権制社会」の概念を取り上げ、父権性社会の原理と母権制社会の原理に、この二つの自由が関係していることを示します。父権性社会では、「選択の自由」つまり「への自由」が尊重され、それ故、個性的な個人であることが望まれるに対し、母権制社会では、「選択ではなく、人としての平等」が強調され、「からの自由」が尊重される他方、「への自由」は抑圧され、結果的に「個人の自由選択」や個人の創意工夫や、個人の共同体との関係における「勝手な行為や思想」は規制される傾向があることを述べました。
 
  「への自由」と「からの自由」は、どちらかが極端に優位であってはならず、バランスが必要で、前者があまりに強調されると「個人の責任」が過大になり、他方、後者が強調され過ぎると、「個人の自由」は圧殺され、社会や共同体のなかに「自立した個」が埋没してしまうという危険があるということをフロムは述べたのです。
 
  『正気の社会』は、ナチスの擡頭を念頭し、再び、社会の「正気状態」とは何かを分析した著作で、ありえるべき望ましい社会の像を、フロムはここで描こうと試みました。フロムは心理学者で精神分析医です。彼にとっては、社会の正気は、個人個人の「正気」の基準とも重なって来るのです。フロムは、強迫性やネクロフィリア、つまり「生」へと向かうポジティヴな人生観ではなく、死の静止の安定あるいは、自立性の放棄に安定を求める志向を、狂気への過程であるとして否定し、強迫からの解放、ネクロフィリアつまり自己の生の可能性の否定による自我の否定的安定からの解放を目指し、生が、適切な「自由」において、健全となりえる、中庸的な社会の状態を望ましい、生の自己実現が可能な社会と考え、ここに、社会の「正気」を考えました。
 
  近代社会はリースマンも分析したように、個人に過大な自由と選択の余地と責任を負わせた結果、責任を放棄する無責任な大衆の孤独を生み出したとも言えます。フロムは、この生き難い近代社会のなかの個人が、積極的に、豊かな生を実現するには、いかにあればよいかを考え、「自由」の必要と限界を考え、個人がその実存のありように応じて、正気で健全で豊かな生を遅れるような条件がまた、社会が正気である条件として、人の生を豊かにし、正気を維持させる「自由」が望ましいと考えたということです。
 
  フロムの考えには色々な批判があり、常識論で説教をしても、近代社会の問題は解決しないのであるというのも、もっともですが、とまれ、フロムはこのような考え方をしたのだと、わたしは理解しています。
 
  (時に感じることですが、質問に対する回答というのは、人文社会系の場合、この本をとか、このサイトにとかで、書名やURLを紹介するだけではなく、ここでは、こういうことが述べられていますという紹介の上で、URLを紹介する、あるいは、それなりに回答を述べて、更に詳しくは、また、こういう意見は、このサイトに書かれています、ということでURLを紹介するというのが望ましいようにも思います。これは、一般的に感じていることです)。
 

 
  どのような思想家でもそうですが、厳密に詳細に、その思想を考察しようとするとたいへん難しくなるものです。フロムについてもそうです。
  
  しかし、一般的にフロムは、「人間の自由」という時、伝統的に西欧では、「意志の自由」等で哲学的にはポジティヴに考えられていた「自由」には、ネガティヴな面もあることを強調した思想家であるとも言えます。フロムはネオフロイディアンと呼ばれ、フロイト派の精神分析理論の上に立脚して、独自の理論を築いた人として知られます。
 
  フロムは...続きを読む

Qこの世でもっとも大所高所から物事を考え、実践している人は誰?

人間と言うのは成長していくうちに、大きな視野を持てるようになります。
小学生のころはわからなかったことでも中学生、高校生と成長するうちにわかるようになってきます。
社会人になって新入社員のころはわからなかったこと、理解不能だったこと、「これが果たして会社の利益になることなのだろうか?社会の約に立つことなのだろうか?」と疑問だったことでも、役職が上がるにつれ理解できるようになったりします。

しかしながら、単に大企業の役員だからといって必ずしも大所高所から物事を考えている人物ばかりとは限らないようです。私利私欲に満ち、自分や自分の経営する企業だけが繁栄すればよし、という考えの方もいるようです。それは内政を司り、外交で他国と渡り合う首相、大統領とて同じでしょう。自国の利益だけしか考えていないような首脳というのは先進国にも多くいると思われます。

 こうして考えていくと、世界でもっとも大所高所から物事を考え、大勢の人の意見に耳を傾け、それらを実践している人、とはいったい誰なのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近代、社会は分業化し、学問も細分化して、「大所高所」の
視点は、利益をもたらさないものになりました。
あえて、それに該当するとすれば、そうしたものが招いた
社会的歪みに立ち向かった、マハトマ・ガンディーや
マザー・テレサ、日本では坂本龍馬ないでしょうか。

Qビートルズ「フロム・ミー・トゥ・ユー」のステレオCDは存在する?

ビートルズのバージョン違いに関していくつか疑問があります。

(1)最近,米国キャピタル盤のLPレコードがCDとなり,初期の作品もステレオで聞けるようになりましたが,「フロム・ミー・トゥ・ユー」は含まれていないようです。海賊版のようなもの以外で「フロム・ミー・トゥ・ユー」をステレオCDで聴くことはできないのでしょうか?

(2)ビートルズのLPレコードがCDになった際,初期の数枚はステレオではなくモノラルになっていましたが,どんな理由があってそうなったのでしょうか?

(3)上記,(1)とかぶる質問かもしれませんが,ビートルズのLPレコードは初期のものも含め,ステレオしか聴いたことがないのですが,CDで発売されたモノラルは「それとは別に録音されたものだ」と聞いたことがあります。例えば『「プリーズ・プリーズ・ミー」のステレオの方はジョンが歌詞を間違って歌っている』と,聞いたことがあるのですが,確かにそのように聞こえる気がします。だとすると,初期の作品はすべてステレオとモノラルは別に録音したものなのでしょうか?(つまり,ステレオLPレコードとモノラルCDは別バージョン?)

(4)「米国キャピタル盤は英国版に比べてリバーブが利いている」などと聞いたことがあるのですが,もしそれが本当ならば,これもバージョン違いなのでしょうか?

以上,いずれでも構いませんので,情報をご存じの方がおられましたらお知らせいただければ幸いです。

ビートルズのバージョン違いに関していくつか疑問があります。

(1)最近,米国キャピタル盤のLPレコードがCDとなり,初期の作品もステレオで聞けるようになりましたが,「フロム・ミー・トゥ・ユー」は含まれていないようです。海賊版のようなもの以外で「フロム・ミー・トゥ・ユー」をステレオCDで聴くことはできないのでしょうか?

(2)ビートルズのLPレコードがCDになった際,初期の数枚はステレオではなくモノラルになっていましたが,どんな理由があってそうなったのでしょうか?

(3)上記,...続きを読む

Aベストアンサー

(1) 現在正規版CDでは聴くことはできません。
 ちなみに、「キャピタル」ではなく「キャピトル(Capitol)」です。
(2) EMIがCDリリースを決めた時点ではジョージ・マーティン以外
 にCDマスタリングを依頼する計画でした。しかし結局引き受け先が
 なく(紆余曲折を経て)最終的にマーティンに委ねられることになり
 ました。そのため時間的に余裕が無く、3rdと4thについては、あえて
 マスタリング作業の時間が少なくてすむモノバージョンを使用した、
 というのが真相のようです。
 ちなみに1stと2ndは2チャンネル・マスターしか存在しないため、
 マーティンは最初からステレオマスターの使用は考えていなかった
 ようです。
(3) ここでは詳述は避けますが、モノ用に「別録音」されたものでは
 無く、まずモノミックスを作り、その後にステレオミックスを
 作る際、採用するマスターに違いが生じた「ステレオのミックス違
 い」が正しい解釈です。従って「バージョンが異なる」のであって
 決して別録音ではないのです。
 当時はまだステレオはもの珍しい時代だったため、メインは
 あくまでモノだったのです。当然マーティンやビートルズメンバーが
 注力するのはモノミックスでした。初期~中期のステレオミックスは
 他のスタッフが行なった、やっつけ仕事的な扱いだったようです。
 (結局69年の「イエローサブマリン」まではモノとステレオの両方が
 リリースされました)
(4) イギリスから送られて来たマスターテープに、キャピトルのスタッ
 フがアメリカ市場対策として独自にエコーやリバーブを加えたものが
 初期~中期には極普通にリリースされていました。メンバー承認では
 ありませんがこれもバージョン違いですね。
 (ところがややこしいことにイギリスから送られて来たマスター自体
  が既に別バージョン、というものもあり混迷を極めています)

詳しく書くにはスペースが足りませんのでこれくらいで...。

(1) 現在正規版CDでは聴くことはできません。
 ちなみに、「キャピタル」ではなく「キャピトル(Capitol)」です。
(2) EMIがCDリリースを決めた時点ではジョージ・マーティン以外
 にCDマスタリングを依頼する計画でした。しかし結局引き受け先が
 なく(紆余曲折を経て)最終的にマーティンに委ねられることになり
 ました。そのため時間的に余裕が無く、3rdと4thについては、あえて
 マスタリング作業の時間が少なくてすむモノバージョンを使用した、
 というのが真相のようです。
 ちな...続きを読む

Q哲学の名著

自分はセンター試験の倫理の勉強を通じて、哲学という物のほんの一部に触れ、興味を持ち、先哲達の名著を読もうと思っている者です。
自身の知識は上記の通り、「魂の三分説」「永劫回帰」「限界状況」・・・といった一部の用語を知っている程度ですが、こんな私でも比較的簡単に読める、先哲の名著(経済系以外)があれば教えてください。

Aベストアンサー

難解なのもが多い中、比較的読みやすいのはプラトンとデカルトです
プラトンは対話篇(いきなり『国家』はやめた方がいいです)
デカルトは『方法序説』からはじめるのがいいと思います

Qフロム「愛するということ」について教えてください

E.フロムの「愛するということ」を読みました。

これまで心底愛した人に騙され、よく考えると最初は相手の知識や立場に惹かれていたことに気づいたり、家族や友人の愛に悩み、身近な愛という言葉にピンと来ていた矢先でしたので、

「恋人だけを愛するのでなく周囲を愛することができるとき」や「自分が生産的な活動に充実しているとき」に、相手の成長を願うことが愛だという考えを、実践していきたいと思うのです。

が、もし自分が生きがいに充実して誰も恨むことなく周囲を愛せるようになったとき、恋愛とか結婚と言う意味では、誰をも愛せる分、誰でもよいということにならないでしょうか。

周囲への愛や自分のあり方については、実践できそうなのですが、
独身の私にとって、恋愛・結婚をしたくなったとき、その相手は
どのように選んだらよいのかわかりません。

また、フロムのこの本は名著と言われていますが、これに並ぶ著作や
フロムの愛について批判している本があれば教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
エーリヒ・フロムについての追加情報です。

Wikiの該当ページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%A0

新フロイト派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E6%B4%BE

フロムの一番の功績は、人間の心理・精神やそれに基づく行動は、所属する社会に影響されていることを分析し明らかにしたことです。
そして、近代化によって「自由」を手に入れた反面、孤独で不安定になった事がファシズムの現出に繋がったと分析しています。(「自由からの逃走」)

「愛」という概念は、本当にややこしいモノでなかなか理解出来ないですよね。
余り細かいことは考えずに、自然体でいれば良いのではないでしょうか?
自分の幸せや他人の幸せを願う時に、いちいちこれは「アガペー」だあれは「エロス」だなんて言ってても無意味ですから(笑)
自分の理解では、自己の幸せを考えるのと同じくらい、他人の幸せも考える事だと思っています。
ほんの少し、日常で心がけるようにしています。

最後に「愛」に関するWikiです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B

#1です。
エーリヒ・フロムについての追加情報です。

Wikiの該当ページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%A0

新フロイト派
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E6%B4%BE

フロムの一番の功績は、人間の心理・精神やそれに基づく行動は、所属する社会に影響されていることを分析し明らかにしたことです。
そして、近代化によって「自由」を手に入れた反面、孤独で不安定になっ...続きを読む

Q♪そうして、愛している人は、誰ですか

http://www.youtube.com/watch?v=dByxYd7NDoc

Aベストアンサー

自分だ。
肉体としての自己ではなく、
宇宙としての自己だ。
自我仮説の相補たる時空仮説
=他人や環境への愛として。


人気Q&Aランキング