【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

学校でタイトルに書いたような実験を行いました。よくわからないまま進んでしまい、レポート提出もあるので、いくつか質問させていただきます。

まず、ムラサキツユクサのおしべの細胞で原形質流動の速度が最も速いのは先端部、中央部、基部のどこでしょうか?
次に雄しべの毛の成長(老化含む)等について仮説をたて、そしてこの仮説を実証するためにどのような実験を行えばいいかをご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

高校レベルでお答えしますと、通常原形質流動のエネルギー源は、好気呼吸で生成されるATPですので、代謝が盛んな細胞で最も速くなります。


 また、温度が20℃以下の場合、植物の代謝が低下しますので、流動などの活動が低下し、十分に観察できない場合が多くなります。
 以上から、先端部から基部に向けて、細胞が若くなると考えられますので、基部がより早いと考えてもいいのではないでしょうか。
 ただ、実験室で簡易に実験を行う場合、その植物が実験前に光を十分に受けておらず、また水不足や栄養不良や老化株の場合は、十分な光合成が行われていませんので、好気呼吸の栄養が花に分配されておらず、流動現象も停滞気味になるでしょう。
 また、実験前の温度管理が、冬場で室温が低い場合も、原形質流動が、止まってしまって観察できない場合があります。
 流動の実験では、フラスモ(車軸藻類)やオオカナダモがよく使われ、フラスモの場合はミトコンドリアなど、またオオカナダモでは葉緑体で速度を計測します。
 さらに、老化した細胞でしたら、液胞が大きくなっており、流動が十分行われていない場合がありますので、できるだけ若くて元気な植物を使う必要があります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とても詳しい解説ありがとうございました。僕が行った実験でも、原形質流動は停滞気味でした…でも、十分にレポートは書けました。本当に助かりました。

お礼日時:2002/06/16 21:53

>次に雄しべの毛の成長(老化含む)等について仮説をたて、そしてこの仮説を実証するためにどのような実験を行えばいいか



についてはレポートとのことですのでヒントになれば・・・。ということをかきます。
細胞の構造は既習済みですよね。そのなかで成長と関係する構造はありませんでしたか?それを使えば、成長の程度がわかるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/16 21:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qヨウ素液とは?

こんにちわ!私は学校の自由研究に、ヨウ素液を使っていろんな物にたらして、でんぷんを調べる実験をやろうと思います。そこで私は、「ヨウ素液はなにか?」という事を書こうと思います。だけど私もあんまりヨウ素液とはどんなものか知りません・・・。だれか教えてください!
お願いします。

Aベストアンサー

ヨウ素液とはデンプンなどに反応して青紫になる液体のことです
実験だとジャガイモを使ったやつがいいかもしれません

Q顕微鏡の接眼ミクロメーター1目盛の長さについて

接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できるのですが、15倍の接眼レンズで対物レンズ40倍、600倍で顕微鏡を覗いたとき、対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26になってました。
この場合の接眼ミクロメーターの1目盛り長はいくらになるのか計算方法を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、
> 対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できる

失礼ながら、ミクロメーターの原理を理解されていません。

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。
「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。

> 対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26

 となっていれば、観察対象を見たとき、26目盛りが100分の7mmに相当するということです。
つまり、1目盛りが 70/26=2.692... 約2.7μm ということになります。

実際に使用するときは、接眼目盛りの数値に対応する実際の寸法を表にしておきます
この例ですと、以下のような表になります。
 1  2.7 μm
 2  5.4
 3  5.1
 :
 5  13.5
 :
10  27
 :

このような表を、対物レンズ毎に作ります。対象の長さを接眼ミクロメーターの目盛で数えて、表を読み、**μm と判断します。

接眼レンズは10倍が最も多く使われているので、顕微鏡メーカーの組み込み(指定)ミクロメーターを
使うと、対物10倍で10μm/1目盛 40倍で2.5μm/1目盛 と、キリの良い数値になります。

> 接眼レンズが10倍で対物レンズが40倍の場合は、
> 対物ミクロメーターとの関係で、接眼ミクロメーターの1目盛りが25μmというのは理解できる

失礼ながら、ミクロメーターの原理を理解されていません。

「接眼ミクロメーター」は、等間隔にメモリが刻んであれば良いので、実際の長さとは関係ありません。
「対物ミクロメーター」は、普通、1mmを100等分した正確な目盛りで、接眼ミクロメーターを校正するときだけ使います。

> 対物ミクロメーター目盛数:接眼ミクロメーター目盛数 が7:26

 ...続きを読む

Q皮膚と口腔粘膜の違いについて

勉強していて疑問に思ったので質問します。
皮膚は重層扁平上皮で覆われていて、口腔粘膜も重層扁平上皮で覆われています。
同じ、重層扁平上皮で覆われていますが、口の中は皮膚とは言いません。
皮膚と口腔粘膜は何が違うんですか?
皮膚に特徴的な構造を呈示しながら、教えてください。

Aベストアンサー

皮膚と内臓の粘膜の特徴的な違いは角質層があるかないか、粘液で覆われているかいないか、が分かりやすいですね。

皮膚
・重層扁平上皮
・角質層がある
・乾燥している(粘液で覆われてない)
・毛根や汗腺、脂腺があるが粘液腺や漿液腺はない
・メラニンがあり紫外線に強い(日焼けする)

内臓粘膜
・重層扁平上皮だけでなく単層円柱上皮などもある
・角質層がない
・粘液で覆われている(乾燥に極端に弱い)
・粘液腺や漿液腺はあるが毛根や汗腺や脂腺はない
・メラニンはない

一方、口腔粘膜は皮膚と内臓の粘膜の中間の構造を持っています。すなわち

口腔粘膜
・重層扁平上皮
・一部だけ角質層がある
・粘液と漿液で湿っている(明確な粘液層はなく乾燥にもある程度は耐える)
・毛根や汗腺や脂腺はないが粘液腺と漿液腺がある
・メラニンはない

といった具合です。

Q原形質流動について

オオカナダモなどで検鏡する原形質流動ですが、原形質流動速度は細胞の大きさや環境の違いにより、違いはあるのでしょうか?

お願いします。教えてください。

Aベストアンサー

 原形質流動は、ATPの働きで起こっています。また、そのATPは好気呼吸で作られますので、酵素の最適温度である30~40度付近で最も盛んになります。
 また、グルコース生成の関係で、光合成の多少も関係しますので、十分な日当たりと適温が必要です。

Q原形質流動について

この間原形質流動を観察するためにムラサキツユクサのおしべの毛を使いました。
そこでどうしておしべの毛を使うのかと疑問に思ったのでご存知の方がいらっしゃったら
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原形質流動は生細胞でないと観察出来ません。生体染色すれば別ですが,一般的には染色せずに直接観察出来る実験材料でなければならないのです。

そのような意味から,ヌマムラサキツユクサの雄蕊の毛の細胞はアントシアンを含んでいて,大きな液胞の間を原形糸が流動する状態を染色せずに観察することが出来ます。

また,シャジクモもそのまま観察することが出来ます。この場合には葉緑体が流れ動いている様子が観察されます。

実験するのでしたら,流動している状態に酢酸等の固定液を一滴脇から加えて固定しますと直ちに流動しなくなる事を確認してください。

それにより原形質流動が生細胞でなければならないことや「固定」の意味を理解させることが出来るでしょう。

◎高校実験のURLです。
http://www.avis.ne.jp/~yuichim/

参考URL:http://www.avis.ne.jp/~yuichim/

Qムラサキツユクサについて(難題)

インターネットで調べてもわかりませんでした。解る方宜しくおねがいします。
植物の器官を大きく二つに分類すると栄養器官と生殖器官に分かれるのですが、ムラサキツユクサはどちらですか?

そして、ムラサキツユクサのおしべの毛を顕微鏡で観察すると細長い細胞と丸い細胞が観察されました。これは、何なのでしょうか?
細胞分裂と関連させて答えよ。

Aベストアンサー

夏休みの宿題ですか。中学生は大変ですね。

さて、「ムラサキツユクサ」は植物の名前であり、器官の名称ではありませんので、栄養器官と生殖器官に分類する事はできません。

細長い細胞と丸い細胞・・・普通おしべの先に付いているのは何でしょうね?
そしてそれは何を行なうものでしょう。
・・・そう考えると答えを導き出せますよ。

Q飽和ヨウ化鉛水溶液とヨウ化カリウム水溶液

飽和ヨウ化鉛水溶液とヨウ化カリウム水溶液をまぜると、黄色くなりました。黄色くなったのは何が沈殿したからですか?できれば反応式とともに教えてください。

Aベストアンサー

Pb(NO3)2 (aq) + 2 KI (aq) → PbI2 (s) + 2 KNO3 (aq)
のことでしょうか?
おそらくですが硝酸鉛(II)とヨウ化カリウムを反応させてヨウ化鉛と硝酸カリウムができたのではないでしょうか?
この実験は沈殿物の見やすさから沈殿の演示実験によく用いられます。
ちなみに黄色い沈殿は「PbI2 (s)」です。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Q原核細胞と真核細胞について

真核細胞と原核細胞における構造の共通点と違いは何ですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

共通点
細胞膜に包まれている・遺伝情報を持っている染色体DNAがある

相違点
原核細胞では細胞内に「仕切り」となる膜構造がない
真核細胞では核を初め、膜に包まれた小器官がある

http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/cells.htm


人気Q&Aランキング