『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

常葉菊川高校の3試合連続の逆転勝利による優勝で幕を閉じた今春の選抜高校野球大会ですが、同高校の春夏連覇の可能性はどれくらいでしょうか?
気掛かりだったのが、投手が日程終盤になるとスタミナを消耗していた点です。準決勝・決勝の2試合は何とか継投で乗り切りましたが、夏は春よりももっと消耗が激しいのに春でこれでは…と不安になってしまいます。選抜優勝投手の田中健二朗投手は選抜出場が決まった時、青いハンカチ王子に肖って「甲子園ではピンクの手拭い王子をやる」等と言っていましたが、これでは第2のハンカチ王子になれるかどうか心配です。敗れた大垣日大の森田貴之投手の方が、連投が利くところを見ると余程夏も勝ち上がってくる可能性があるように思えました。
常葉菊川高校が春夏連覇の可能性を分析出来る方は、どなたか御回答下さい。宜しく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

連覇の可能性がないとは言いませんが、かなり厳しいと思います。


正直、地方予選を勝ちあがれるかなと思ってます。

理由は、周りの目が変わること。「選抜優勝の」ってのが枕詞になります。今までどおりのプレイができるかどうか・・・
また、夏は伝統校が強いような気がします。
静岡県だと静岡、浜松商、静岡商、東海翔洋あたりが出るのかなと。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング