タイトルはなんだか大げさになってしまいましたが、これだけは読んでおいたほうが良いという本を教えていただきたいです。
参考までに最近特に読んでいる作家さんは村上春樹、東野圭吾、重松清、乙一、といったところです。
特にジャンルや新旧は問いませんが、日常の中にファンタジーが混じる話は少し苦手です(例えば、東野さんの『秘密』は好きではあるのですが、正直なところ少し引いたところからの感情であった気がします)。

あまり気にしないで、単純に一番お気に入りの作品を教えていただければと思います。
因みに私の今一番のおすすめは村上春樹さんの『ノルウェイの森』です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>(あなたにとって)これだけは読んでおいたほうが良いという本


かどうかはわかりませんが、ノーベル賞を受賞した作家の名作とは言われている本です。
私の好みですが、スタインベック「エデンの東」がいいと思いました。
最初ジェームズ・ディーンが主演の映画をみて感動し、図書館で借りて読みましたが、原作もまた読んでみようと思わせる本でありました。
カリフォルニアの厳しいながらも自然の豊かな田舎を舞台にした、2つの家族(ひとつは作者の一家)の3代に渡る物語です。テーマは多岐にわたります。抽出しておこうと思いましたが、それはやめにします。人それぞれの発見できるものがあるでしょう。スタインベックが作家生活の集大成と考えていた本で、さまざまなテーマを織り込んでいるようです。
映画版は、原作の後半部分三分の1をもとにしています。二次創作の傾向が大きいです。が、よくあるような原作に泥を塗る結果にはなっておらず、ある意味で原作より優れてしまっています。
    • good
    • 0

誰も紹介してないようなので、日本戦後の最高の文学上の成果であり、かつ最高の問題作「神聖喜劇」大西巨人著を挙げます。


 以前、文春文庫で読み始めたのですが、中途挫折しました。若さゆえにだったと思います。近頃光文社文庫で再刊されたことをふと聞き及び、それではと、今年の正月に引っ張り出して読んだところ、もう圧倒されました。
 もともとが不幸な境遇にあった人々がさらに、日本の軍国主義に翻弄される悲劇、不条理な差別という現実などが、過剰なまでに古典や法規からの引用を挿入することで、生々しくリアルな状況を表現し尽くしています。
 せっかくの正月休みが、この作品を読むことで体力消耗され、読後は呆けたようにウイスキーのお湯割りを飲み続けるしかありませんでした。
 カラマーゾフの兄弟や、戦争と平和を読んだ後より、打ちのめされました、よい意味で。
 その後知ったのですが、この小説に感銘を受け、劇画化した二人がいました。発表のあてのないまま10年の歳月をかけ、完成し今やっと全巻刊行されています。当然ながら原作のパワーには到底及びませんが、原作に対する思い入れは十分に伝わってきます。
 傑作です。一生に一度は「神聖喜劇-大西巨人著」を是非お読みください。
    • good
    • 0

京極夏彦先生の「姑獲鳥の夏」などいかがでしょう?


私はこの作品を読み終わったからしばらく余韻でっぼーとしてしましました。
長い小説ですが、今は分冊版がでているので、暇な時にでも読んでみてはいかがでしょうか。
図書館で借りるのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 0

「読み終えた瞬間、余韻でぼうっとしてしまうような本」を知っていますが、


ただ、村上春樹とか重松清でそんな余韻を味わっておられるようなので、
そこのところが、ちょっとひっかかりますね。というのも、
彼らの作品世界とは趣ががらりと違うもんですから。
宮尾登美子の本を最近二冊読みました。
「序の舞」と「櫂」です。
驚きました。すごい作家だったんですね。
いずれの作品も、長編で、モデルがいるのですが、
読み終えた瞬間、余韻でぼうっとしてしまいました。
いますでに、残りのいくつかの作品をすべて読み終わってしまったあとの、
寂しさみたいなものを予感しています。
こんな気分になったのは、若いころ魅了されたチェーホフ以来です。
    • good
    • 0

確かに「ノルウェイの森」はすごい読後感でした。

思わず脱力…という感じでした。ホントに。

同じように脱力してしまったのは原田康子の「挽歌」です。古い小説ですけど、今読んでも古臭いという感じはしません。登場人物が魅力的だからでしょうか…
話自体は不倫にまつわる悲劇なんですけど、不倫と片付けるには惜しい何かがあります。

このごろはおだやかな日常を描いた作品が好きで、金井美恵子の「文章教室」などが読んでいて一番安心する、という感じです。
    • good
    • 1

村上春樹はいいですよねー。


サリンジャーの「アルジャーノンに花束を」はいかがでしょうか?
これに感動しない人とは結婚できない、とまで言わされた名作です。
一度は別れた主人公を暖かく迎えてくれる旧友たち。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB% …

ひらがなと漢字の使い分けが、日本語の素晴らしさを教えてくれます。

すごい余韻がありますよ^^
    • good
    • 0

村上春樹を既に読んでいるとのことですからもう読んでしまったかもしれませんが、彼の書いた「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は僕の中でこの10年くらいずっと一番の本です。


読みながら鳥肌が立ちました。
かなり現実世界からトリップしてしまいましたね。
まだ読んでいないようでしたら是非どうぞ。

ミヒャエル・エンデの「モモ」ってやつの後書みたいなところがなかなか面白いです。物語の一部なのか本当の後書きなのかよくわかりませんが最後の最後に素敵な気分にさせてくれました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読みたくて買ったんですけどまだ読めてなかったんですよねぇ。
最初の数ページ読んだだけで引き込まれた記憶があります。
早速読んでみようと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/08 21:58

風間一輝「男たちは北へ」


サイクリング中の中年親父、ヒッチハイク中の少年、自衛隊幹部、主な人物は3人しか出てきませんが、それぞれが見事に関係して物語は展開します。心象風景も丁寧に描かれています。主人公に心酔して、東京~青森をサイクリングする人たちが続出したことも知られています。読者の行動に影響を与えているという点でも、ハードボイルドの名著と言って良いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今、丁度友人から自転車(ロードレース)にのらないかと誘われていたりするのですが。
この本を読んでその気になってしまいましょうか。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/08 21:50

あなたは女性ですか?


文面から男性のような気がしますが・・・。

私は、40代♀です。
ここ1年位(もっとかな~)スー・グラフトンにはまっています。
「アリバイのA」に始まって「泥棒のB」・・・
女性探偵のミステリです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

海外の作家の作品はあまり読んだことが無いので今度探してみようと思います。
ありがとうございました。
因みに私は♂ですょ。

お礼日時:2007/04/08 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q… ・・・ の意味

基本的にはマンガ等で用いられますが、実際の明確な意味はなんですか?
感情の余韻か何かを表す時に使われているようですが。

Aベストアンサー

三点リーダといいます。
使い方は「…」を二つ繋げて、「……」このように使うものです。
ただそうだと決められているわけでは無いのですが。
新聞社や雑誌社などでは、基本的には二つ繋げて使うことを知りながら、字数の制限等で一つで使う場合も多いです。
マンガだけでなく、一般的な小説など、文章を書く上で普通に使われます。
意味としては質問者さんがおっしゃるように余韻を残したり、単体使用では沈黙を表現したりなどです。
また会話文などでは、はっきりと言い切らない様を表現したりもします。

Q小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。

小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。
本の内容は、アオムシかイモムシが主人公で そのムシがある日 履いている靴を木に干していたら風で飛ばされてしまいます。飛ばされた靴を探しに旅に出て 見付けていくのですが、その靴はムシだけに何足もあって、そのうちの1つは ローソクが入れてあるランプ代わりに、ムカデの靴に・・・と様々な使われ方をされていると言うお話です。
絵本ほど本の中身が絵が中心ではなく文章が中心の本だったと思います。とても楽しく大好きな内容だったので大人になってもう一度読みたい、子供が産まれたら読んで聞かせたいと思っているのですが、タイトルが分かりません。どなたか分かる方がいらっしゃったらお願い致します。

Aベストアンサー

こちらだとおもまれますが、
https://www.lib.pref.saitama.jp/licsxp-opac/WOpacMsgNewListToTifTilDetailAction.do?tilcod=3002100019251
確認してください
今は通常流通していないみたいなのでオークションか古本屋で買うか
図書館で借りるしかないみたいですよ

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

Q『小説の書き方を教えて下さい』という質問について。

このサイトのような質問サイトや2chなどの電子掲示板において、
『小説の書き方が分からない』『小説の書き方を教えて下さい』
という質問がたびたび単発でなされますが、
実際の作家に「小説の書き方はインターネットで質問して知った」と公言している人はいるのでしょうか。
つまり、ネットで小説の書き方を質問した人が小説家になれた例はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとしなければ、無制限に自作を世界中に公表できます。
 ふつうの仕事をしないで文学だけに取りくむ作家よりも、現実生活の
あいまに書きつづける、アマチュア作家が主流となるでしょう。
 
 むかし書いて売れた人や、これから小説を書きたい人、いま書いても
出版できない人などが、小説家を名乗っても、なんら差支えありません。
 名刺に「writer」の肩書を付けても、どこからも非難されません。
 
 タウンページの「著述業」に載せることも可能です。
http://members.at.infoseek.co.jp/nk5wada/chiteki20000421/00675_00000/00211_00000.html
 職業分類体系 19991210 知的財産権判決速報
 
 よく当る宝くじ売り場について質問した人が高額当選する可能性は、
ゼロではないにしても、聞かなかった人より多くはならないでしょう。
 ただし、パソコンの情報なしに生きる現代人は、絶滅するはずです。
 

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとし...続きを読む

Q昔読んだ本のタイトルを知りたいです

昔に読んだ本をもう一度読みたいと思ったのですが、本のタイトルがどうしても思い出せずにいます。

以下に覚えている限りの情報を書きます。
(記憶が曖昧なので間違っているものもあるかもしれません)

・ハードカバー
・表紙はさわやかな青色系統(空か海の写真かもしれない)
・タイトルは日本語で、物語の舞台も日本
・主人公は男の子で、どこか田舎?の島に行くお話だったと思う
・島の少年が魚を切り裂く(さばく?)シーンがあった
・島にはおじいさんもいた
・女の子とも出会ったかもしれない
・海が物語に関係していた
・たしか最終的に命の大切さを教えてくれる内容の本だったと思う
・小学生か中学生の頃に読んだので、おそらく10代向けの本

もし思い当たる作品がありましたら、大体の予想でも構わないので教えて頂けると嬉しいです。
上の項目全てが確実かわからないので、多少違っていても大丈夫です。

Aベストアンサー

折原みと『青いいのちの詩』でしょうか?
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4591058409.html

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q昔、読んだ本のタイトルを探しています。

昔、現代文の小説文(高2)で出題された本のタイトルを探しています。
テストには出典が記載されておらず、そのテストも回収されてしまったので、
今となっては知る術がございません。以下に、曖昧ですが、その本に関する情報を
載せておきますので、分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。よろしくお願いします。

・恐らく父親である人が、子供と遊びに公園に出掛ける場面
・誰かわからぬ人が父親を日常から非日常に連れていこうとする

これだけの情報しかなくて申し訳ありませんが、凄く面白くて、解くのが楽しかったのを憶えています。
もう一度、読んでみたいので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 昔がどれぐらいなのか、年齢によって微妙なんですが、「父親と子どもが公園にいる」「父親が非日常に連れて行かれる」でイメージするのは朱川湊人さんの短編小説集「都市伝説セピア」の中にある「昨日公園」に似ています。↓にあらすじがありますのでご確認下さい。
http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%98%A8%E6%97%A5%E5%85%AC%E5%9C%92
 違ってたらすみませんm(__)m。

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Q40代男性です。オススメの本について質問です。 私は子供の頃から読書が嫌いでほとんど本を読んで来ませ

40代男性です。オススメの本について質問です。

私は子供の頃から読書が嫌いでほとんど本を読んで来ませんでした。漫画はよく読んでいましたが、読んだ事が有る小説は「アンネの日記」「もしドラ」の2冊だけです。
40歳を過ぎて読書をしたくなったのですが今まで読んで来なかったので、どういった本を読んだら良いのか分かりません。
読みやすいオススメの本が有れば教えてください。
本の種類、ジャンルは問いません!
出来ればブックオフで売っている物が良いですね。

Aベストアンサー

ファンタジー性の高いものよりは、現実性の高いもの、ミステリに忌避感がなければ、ミステリや、最近は人が死なないミステリも流行っていますので、そういうのとか、あとは普段映画などでよく見られるジャンルなどから入るのがおすすめです。経験値が高くなると、だんだん読める範囲が広がるかと思います。
作家でけっこう「読み心地」が違ったりするので、「これ読んでて辛いな~」と思ったらすぱっとやめてしまうのもひとつです。古本も結構ですが、図書館も無料なのでおすすめです。最近はネットでの予約もかなりできるところが多いです。


上に書いたのとはちょっと違う作品ですが、おすすめはこちら。
「風の中のマリア」(百田尚樹・講談社)マリアは帝国のために戦う女。その生涯を描いた作品です。マリアの正体は……お楽しみに!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報