伊坂幸太郎など若手作家で読みやすく独自の世界観を持っている作家いませんか?ジャンルは問いません。

A 回答 (3件)

ぎりぎり1970年生まれですが、三崎亜記の「となり町戦争」は読みやすかったです。


独自の世界観もあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/10 15:49

瀬尾まい子・・図書館の神様、幸福な食卓、強運の持ち主、今人気の作家です。

どちらかというと女性向かも、
万城目学・・・鴨川ホルモー、このサイトでもこの本の事について出てました。面白いですよ!・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/10 12:08

こんにちわ。

少しですがお薦めを挙げておきます。

■乙一(1978年生)
乙一さんは作品の中で当たり外れが激しいので、注意した方が良いです。
と言うのも、「白乙一」と呼ばれるスニーカー文庫系作品と、
「黒乙一」と呼ばれる一般ミステリ作品があるからです。
個人的な見方では「黒乙一」の方が断然お薦めなんですけども。
お薦め作品:「GOTH」「ZOO」「暗いところで待ち合わせ」

■豊島ミホ(1982年生)
世界観・・・とは違うかも知れませんが、かなり現実的な内容を書く作家さんです。
ノンフィクションではないのですが、最後はハッピーエンド、
とは限らないかも・・・と言う感じの作品が多い。
学校系、男女関係系が多め。エッセイも面白いです。
お薦め作品:「檸檬のころ」「エバーグリーン」「底辺女子高生(エッセイ)」

私も伊坂さんは大好きなんですけど、
それを抜いてくれる作家さんは結構難しいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/04/09 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作家あさのあつこさんについて

 リサーチペーパーの参考にしたいので以下の質問に答えて下さるととても助かります。答えていただく際に、まず「性別、年齢、出身地、現在住んでいる所、職業」を教えて下さい。では、しばらくお付き合い下さい。
 
 (1) あさのあつこさんを知っていますか。(以下A氏)
 
 (2) (a) (1)で「はい」と答えた方→
   今までにA氏の作品を読んだ(見た)ことはありますか。あれば、作品名を教えて下さい。※どのジャンル(小説・漫画・映画)かもお願いします。また、読もうと思ったきっかけも教えて下さい。
    (b) (1)で「いいえ」と答えた方→
   これで質問は終了です。ありがとうございました。
 
 (3) (c) (2)の(a)で「はい」と答えた方→
  その中で1番お気に入りの作品は何ですか。理由もお願いします。
    (d) (2)の(a)で「いいえ」と答えた方→
  今後、読んでみたいと思う作品はありますか。理由もお願いします。※特にない人はその理由をお願いします。(d)の方はこれで質問終了です。ありがとうございました。

 (4) (2)の(a)で「はい」と答えた方→
  最後にA氏の作品の魅力について何か一言お願いします。

 長くなりましたが、ここまでお付き合い下さりどうもありがとうございました。皆さんの意見はリサーチペーパー作成に役立てたいと思います。

 リサーチペーパーの参考にしたいので以下の質問に答えて下さるととても助かります。答えていただく際に、まず「性別、年齢、出身地、現在住んでいる所、職業」を教えて下さい。では、しばらくお付き合い下さい。
 
 (1) あさのあつこさんを知っていますか。(以下A氏)
 
 (2) (a) (1)で「はい」と答えた方→
   今までにA氏の作品を読んだ(見た)ことはありますか。あれば、作品名を教えて下さい。※どのジャンル(小説・漫画・映画)かもお願いします。また、読もうと思ったきっかけも教えて下...続きを読む

Aベストアンサー

1.知っています
2+3.バッテリーしか知りませんし、バッテリーしか読んだことはありません。人に薦められて、その人に借りて読みました。
4.荒削りではあるが独特の緊張感のある文章でしょうか。面白かったですが、A氏の作品を他にも読んでみたいというほどではありませんでした。

Q伊坂幸太郎のアニメのお面

伊坂幸太郎のチルドレンて小説でアニメのお面が出てきますよね。
確かこのお面の銀行強盗のニュースをちょこっと他の小説で出しませんでしたっけ?
因みに俺が読んだ伊坂幸太郎は、陽気なギャング、オーデュボン、ラッシュライフ、死神の精度です。

どこで使われてたか気なって本に集中できません。
教えてください。

Aベストアンサー

「ラッシュライフ」で豊田が銀行強盗に入り、銀行員全員(実はそこの銀行に入っていた泥棒達)が
いきなり逃げ出し、怖くなって豊田も逃げてしまうシーンがありますよね?
その後乗ったタクシーのラジオで銀行強盗のニュースが流れますが、
それがそのアニメのお面の銀行強盗事件です。

Qあさのあつこsの本!!!(^^)

あさのあつこさんの本が好きな人で、
あさのあつこさんが関連している本で、お勧めはないでしょうか?

バッテリー、Themanzai、蘭事件ノートシリーズ以外で。
読んだことがあって、面白いものでも結構です^^
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

私のお勧めは、講談社YA!ENTERTAINMENTの「NO.6」です。
現在第6巻(文庫本は3巻)まで発売されています。
内容は“近未来サバイバル小説”!
参考URLを挙げておくので、あらすじなどチェックしてみてください(^^)

参考URL:http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/no6/index.html

Q伊坂幸太郎さんの作品は何から?

伊坂幸太郎さんの小説を一度読んでみたいと思っているのですが、
同じ登場人物が複数作品に出てくると言う事で、何から順に読み始めたら楽しめるでしょうか?
やはり作品の発表順からでしょうか?おすすめの順番を教えてください!

Aベストアンサー

伊坂さんの作品には確かにリンクがありますが、それぞれの作品は独立しているので、どれから読んでもかまわないと思います。
どうしても発表順に読みたいと言うなら、最初は『オーデュボンの祈り』からですね。
参考URLに伊坂さんのファンサイトを入れておきます。作品やリンクについても出ていますよ。

参考URL:http://www.mtnk.net/fiction.html

Qあさのあつこさんのグラウンドの空を読んだ方・・・

あさのあつこさんの「グラウンドの空」を読んだ方に
質問です。
このほんは
2巻 3巻と続いていくかんじですか

Aベストアンサー

「グラウンドの空」は、もともと赤旗日曜版で連載されていたのを単行本として発刊されたものですが、
今年の7月から、続編の「グラウンドの詩」が赤旗日曜版で始まっています。
舞台は同じ中学校で、登場人物も一緒です。
続編も単行本になると思いますが、早くても来年の後半あたりでしょうね。

Q伊坂幸太郎さんの作品について

伊坂幸太郎さんの作品について
みなさんの一番好きな作品は何でしょうか?
個人的には陽気なギャングがよかったです。
感想や良かった点も簡単でいいのでお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
私は「オーデュボンの祈り」が一番大好きです。
現実的なものとファンタスティックなもの(しゃべるカカシ、舞台)の両方が味わえるところが魅力だと感じています。
カカシに生き返ってほしい、と切々に思いながら読んで、でもなかなかそうはならなくて、余計に切なくて、でも、最後は、ああ、そうか、カカシは死んで良かったんだと、それが正解だったんだと、そういうストーリ性に惹きつけられました。

「重力ピエロ」やとりわけ「砂漠」も好きだけど、心に深く残るのは「オーデュボン」でした。

「週末のフール」はあまり好きではないです。

Qあさのあつこ先生の本

あさのあつこさんがスキな中3なんですが・・・ テレパシー少女蘭とか時空ハンターyukiなんかは 中3の私でも楽しんでよめますか?? また、この2作は完結してますか?

Aベストアンサー

 時空ハンターの方は読んでいないので分かりませんが、テレパシー少女蘭の方は全巻読んだ……と思います。以前、NHKのアニメでもやっていましたよね。個人的に「蘭」は好きです。個性的な四人も面白いし、アニメと本だと若干イメージは違いますが、何度も読み返してくすくす笑ってしまったりします。主人公の蘭と翠の会話が楽しいですよ(笑)。
 中学生であれば全然読める内容です。青い鳥文庫ですし。実際に私は、小学生の時から読んでいました。蘭は今のところ9巻出ているみたいですが、一冊で完結(続きものではない)なので、どの巻から読んでも内容は分かりますし楽しめます。最初から読むと、親友・翠との出会いなどが書かれているので分かりやすいかもしれませんが、飛び飛びで読んでも問題ありませんよ。
 時空ハンターの方はすみません。詳しくないですが、2巻出ているみたいですね。

Q伊坂さんと海堂さん以外に・・・

伊坂さんと海堂さん以外に・・・

今まで全く読書に興味がなかったのですが(;^_^A
ここ半年でやっと本を読むようになって、
通勤時間が長くなったのもあって、楽しみの一つになりました。

半年間で25冊くらい読んだのですが、
殆どが伊坂幸太郎さんと海堂尊さんの本です。
お二人がすごく好きになってアレもコレもと読んでるうちに、
文庫化されたものを殆ど読み終わってしまいました。

そこでこれから何を読もう?と悩んでいます。

伊坂さんと海堂さんにハマった理由から、自分なりに考えてみると、
○キャラクターやセリフが魅力的
○話が(結末が)重苦しくない
あとは、
○通勤電車で読むので、文庫化されているもの
○短編集より、一冊か上下巻くらいの長さ
のものが好きみたいです。

お勧めの作家さんや本がありましたら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

ものすごくベタな回答ですが、東野圭吾さんなどはどうでしょうか?
たくさんTVや映画化されていますし、読み応えがあります。

Qあさのあつこさんの“NO.6”のような小説

あさのあつこさんの“NO.6”のような小説で、お薦めのものがございましたら、教えていただけないでしょうか。以下の条件でお願いします。
・文庫版が発売されている
・既に物語が完結している
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あさのあつこさんの「No.6」は私も好きです。

恩田陸さんの「ロミオとロミオは永遠に」は如何でしょうか。
早川書房から文庫上下巻で発売しています。
面白いので、お勧めです。

amazonの文をそのまま引用しました↓
【日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。
それを指導するエリートへの近道は、「大東京学園」の卒業総代になることであった。
しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、
前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。
やがて、学園からの脱走に命を燃やす「新宿」クラスと接触したアキラは、
学園のさらなる秘密を目の当たりにする…。 】

Q男女の恋愛観や結婚観の違いを上手く書いてる本(恋愛本)を探してます

今すごく恋愛に関する物語を読みたい衝動に駆られてハマル本を探しています。
本屋に行って10冊くらい買ってこもって
読みたいそんな心境です。
で、お願いしたいのは男女の恋愛観や結婚観
の違いに苦労している話なんかがあれば
是非お願いします。
結末とかは特に気にしませんがとにかく
すごいいっぱい読みたいので
たくさんお願いします。
日本人だろうが外国のだろうがかまいません。
すんごい勝手に書いて申し訳ありませんが
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

MAM-naoyaさんは今、本屋に行って10冊くらい買ってこもって読みたい心境なんですね。それでしたら、雑誌「ダ・カーポ」5/8号が“恋愛小説特集”を組んでいて、日本人作家のものから翻訳ものまで、それこそありとあらゆる恋愛小説を紹介したり解説したり分析したりしています。その中にきっと、お探しの「男女の恋愛観や結婚観の違いに苦労しているストーリー」のものがあるはずです。ただ、残念ながら今書店に並んでいる「ダ・カーポ」はすでに新しい号になっていますので、雑誌社に問い合わせてバックナンバーを取り寄せるしかないと思います。

私はこの雑誌を病院の待合室で読んで、その足で病院の近くの本屋に買いに行こうとしたら上の結果が分かったため、翌日、また病院に行って(そのためだけに行ったんじゃないんですけど)、その雑誌に紹介されている本のタイトルと著者名と出版社名とを控え、もっともその中にはすでに読んだ本や私が個人的に嫌いな作家のものもあったためそれらは除外し、その足で今度は某大型書店に行って片っ端から買っていったら、単行本、文庫本合わせて30冊になりました。その書店では1日に15,000円以上買うと本の宅配サービスをしてくれるので助かります。まだツンドク状態なんですが…。

ところで、MAM-naoyaさんは男性?女性?私は男性なので、一応男性の恋愛観や結婚観は分かっているつもりです(案外分かってないかもしれませんが…^^;)。なので、女性が主人公になっている恋愛小説の、主人公の恋愛観や結婚観を知ることで、男女の恋愛観や結婚観の違いが分かると思っています。といっても主人公が女性でも必ず恋愛小説には男性が登場しますから、男性の恋愛観や結婚観も描かれています。ただそのボリュームが少ないだけです。ですからここから先は、MAM-naoyaさんが男性であると仮定した上で、私がこれまで読んだ小説の中から、MAM-naoyaさんのご期待に沿うと思われる作品を1冊だけご紹介します。

山本文緒著『恋愛中毒』(角川文庫)です。どんなストーリーか、ですか?それは読んでからのオタノシミです。MAM-naoyaさんがきっとビックリされるような結末が用意されてますよ。そうそう、これは第20回吉川英治文学新人賞受賞作です。

林真理子さんが解説を書かれていますが、そこからちょっとだけ抜書きしてみます。

……それにもかかわらずこの「恋愛中毒」は、多くの女性読者から支持された。
「まるで自分のことが書かれているようでとてもつらかった」
と、私のまわりの何人かの女性たちも言ったのだ。……

MAM-naoyaさんは今、本屋に行って10冊くらい買ってこもって読みたい心境なんですね。それでしたら、雑誌「ダ・カーポ」5/8号が“恋愛小説特集”を組んでいて、日本人作家のものから翻訳ものまで、それこそありとあらゆる恋愛小説を紹介したり解説したり分析したりしています。その中にきっと、お探しの「男女の恋愛観や結婚観の違いに苦労しているストーリー」のものがあるはずです。ただ、残念ながら今書店に並んでいる「ダ・カーポ」はすでに新しい号になっていますので、雑誌社に問い合わせてバックナンバーを取...続きを読む


人気Q&Aランキング