地球温暖化は、
 1、どうして起こるのか?
 2、地球は温暖化でどうなっていくのか?
 3、どう対処すればいいのか?
 何でもいいのでとにかく教えて下さい。お願いしまーす。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1.どうして起こるのか?



簡単に言えば「熱が地球にたまってしまう」からです。では、どうして熱がたまるのかと言えば、よく言われる二酸化炭素やメタンガスといった温室効果ガスが大きな理由としてあげられますね。これについては前述のようですが。
また、氷というのは熱を90%ほど反射するそうですが、水は逆に熱を90%ほど吸収してしまうそうです。ですから、温暖化によって北極や南極の氷が溶けると、氷が減ってその場所が水(海)になるので、今まで以上に地球が熱をため込んでしまうのです。温暖化がさらなる温暖化を招いてしまうわけですね・・・。


2.地球は温暖化でどうなっていくのか?

ほかの回答者さんがおっしゃられているように、陸地面積が減る。これも重要ですね。バングラデシュや、リゾート地として有名なモルディブもやがては沈んでしまうと言われています。そうなるとそこに住んでいる人々はそこに沈むでしょうか?そんなことはないわけです。ただでさえ陸地が減るのに、人々が移住してくる。当然食糧危機なんかは起こります。下手すると戦争だって起こるかもしれない。(戦争するとまた自然が破壊されますね。)
ほかには、映画『ディアフタートゥモロー』でも扱われた問題に似ていますが、グリーンランドの近くには海流があります。メキシコ湾流なんかは有名ですね。グリーンランドの氷が溶けてしまうと、海流の流れが変わってしまいます。科学者にはグリーンランドの近くで蒸発した暖かく、水蒸気を含んだ空気がヨーロッパを暖かくしているという人も多くいますが、海流の流れが変わるとヨーロッパが氷河期になってしまう。そうなるとまた世界はパニックになりますね。もちろんヨーロッパだけが寒くなるとは考えられませんが。


3、どう対処すればいいのか?

とにかく無駄遣いをやめましょう。
シャワー、エアコン、電気・・・。例えば電気をあまり使わなければ、電気の需要は減ります。需要が減ると、電力会社は電気をあまり作らなくてもよくなる。そうなると火力発電所などで無駄にものをもやして二酸化炭素などを増やすこともないんです。
あまり大きな事をする必要はありません。



最後に1つ。ある研究で、これまで地球上の二酸化炭素は300ppmを越える事はありませんでした。しかし、今ではそれを軽く越えているのです。明らかに異常なのです。この問題から目をそらしてはいけません。
    • good
    • 0

 化石燃料の原料は、古生代の植物や微生物で、さらにその原料は、当時の二酸化炭素です。

化石燃料を消費することは、何億年まえの大気中の二酸化炭素を再び放出していくことなので、極端な話が、三葉虫の生きていた時代の地球環境に近づくことになります。
 いくらなんでも、古代の有機物を全部消費することはできないから、「近づく」がどれぐらいのものなのかはわかりませんが、ちょっとの温暖化でも影響は大きいはずです。海面の上昇は、南極や氷河の氷が融けることと、海水の熱膨張によるものが大きいです。ただし、北極の氷は、海に浮かんでいるので融けても水面は上昇しません。

 げんざい、二酸化炭素の排出量の削減がいわれています。「削減」というと二酸化炭素が減るような印象を受けますが、毎年の排出量が削減されても大気中の二酸化炭素が減るわけではありません。上昇カーブが緩やかになるだけ。
 
 植物は二酸化炭素を吸収して酸素を放出する、と安易な考えで臨む国(日本をふくめ)もありますが、植物が成長して有機物として蓄えられた炭素原子の分が二酸化炭素から移動してくるだけです。ある程度育った森林は、生態系ができあがっているため、吸収した二酸化炭素は、木が枯れたり、動物や微生物が消費するので収支はトントンになります。
 植林する以上に、日本が輸入するための産業(牧場やエビの養殖池や道路など)によって伐採されている森林があります。

 二酸化炭素の行き先は、有機物の他に、さんご礁を作っている炭酸カルシウムがあります。海に溶け込んだ二酸化炭素は、有機物から石炭などに変わる速度から見れば、かなり高速度で炭酸カルシウムに変わるといえます。
 ただし、海の汚れでさんご礁が死滅すると、炭酸カルシウム(石灰岩)の侵食は早いので、逆に二酸化炭素を増やす原因を作る恐れもあります。とくに酸性雨。

 とにかく、地球上のすべての動植物が快適に暮らせる環境を維持することしかありませんね。

 
    • good
    • 0

下記URLでも関連する議論が進んでいます。



地球史としてみれば、温暖化は微々たる変化、なんでしょうけれどもね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=19549
    • good
    • 0

皆さんの回答のとおりですが、少々補足説明を。



温暖化でどのようになるかというのは、海水面の上昇に
とどまらず、多岐にわたります。温度上昇による気候変動が
最も影響が大きいと考えられます。生態系の変化のスピードは
これについていけませんので、多くの動植物が影響を受ける
と考えられますし、害虫などの繁殖により、熱帯でしか見られ
ないような伝染病も日本で発生するおそれがあります。
農業も今まで作っていた作物が、世界的にできなくなるため
世界経済にも影響を及ぼすと言われています。

参考までに環境省の地球温暖化関係のHPを紹介します
http://www.env.go.jp/earth/index.html
パンフレット「温室効果ガスを減らすために」
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/panf2/index.h …
    • good
    • 0

地球温暖化については、自動車からの排気ガス、大規模燃焼設備等々からの二酸化炭素排出と森林の減少により二酸化炭素が増え続けているのと、大気により、熱が宇宙へ放出されないためといわれています。


温暖化によって南極、北極の氷が溶けて海水が上昇し、日本の海岸はほぼ無くなるともいわれています。
対処としては、身近な所ではよけいな冷暖房を使わない。自家用車の利用制限、植樹による二酸化炭素の低減と酸素供給と言う所です。
    • good
    • 0

1,原因ですが、


温暖化ガス(二酸化炭素やメタンガスなど)といわれる気体が地球の大気圏内にたまって、
太陽からの熱が地面で反射されたものが地球内にとどまる為、熱が外に逃げないので地表の温度が高くなってきます。これが直接の原因です。

温暖化ガスの元は、化石燃料の燃焼による二酸化炭素発生や森林伐採による全体の光合成量の低下などが上げられてます。

2.温暖化でどうなるかですが、
現在でも進行していますが、南極、北極のあたりで凍ってる氷山や氷の塊が徐々に融けてきています。もし、このまま氷がとけつづければ、海面が上昇し世界のほとんどの都市は水没するといわれています。たぶん、水没するでしょう。

3.どう対処すればいいかは、
二酸化炭素などの発生を抑えること、森林を増やし光合成を盛んにし二酸化炭素を減らすことが重要です。
二酸化炭素を抑えるためには、例として火力発電など石油の燃焼を抑えなければなりません。そうなると電力を火力でなくほかの方法で用意しなければなりません。

温暖化の問題は、電力だけでなくいろんな問題とからみあっています。簡単には解決できないのですが、徐々に解決の方へ向かって進む必要があります。

ちなみに僕は電力を考える研究をしてる学生です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q6歳児が理解できる地球温暖化についての資料を紹介してください

娘の6歳幼稚園児に、幼稚園で「地球温暖化」について発表するので資料がほしいといわれましたが、あいにく図書館の本には小学生向けの幼稚園児には不可解だと思われる漢字や言い回しがあり、娘が理解するのは無理そうです。関係ありそうなのをパソコンでからも探していますがなかなか見つかりません。幼稚園児でも理解できる資料があれば紹介してください。

Aベストアンサー

一番手っ取り早いのは北極海の氷がどのように
溶けていっているかを見るのが早いでしょう。

幼稚園児向けなら毎年4回(1/1.4/1.7.1.10/1)のように
日にちを決めて、過去の映像を比較検討すれば
判りやすいと思います。それとも文章がいいですか?

http://www.ijis.iarc.uaf.edu/cgi-bin/seaice-monitor.cgi?lang=j

国土が水没しそうな島というのもネタとしてはいいと思います。

Q火力発電 デメリット ・大量の化石燃料を必要とする ・円安になると収益が悪化する ・地球温暖化の原因

火力発電 デメリット
・大量の化石燃料を必要とする
・円安になると収益が悪化する
・地球温暖化の原因である二酸化炭素を多量に排出する
・大気汚染の原因となり得る硫黄酸化物や窒素酸化物を排出する
このデメリットについての反論意見を教えてください

Aベストアンサー

反論ではありませんが、火力発電の燃料は別に化石燃料である必要はありません。
化石燃料以外を使えば、質問文のデメリットは全て無くなります。
ただし、今よりコストアップする可能性は大きいし、化石燃料以外で必要な燃料が確保できないのも確かです。
当然ながら、制御特性も化石燃料より悪いでしょう。

Q地球温暖化について

地球温暖化についてのレポートを書いているのですが、温暖化については、たくさんあるのですが、地球温暖化の南北問題について詳しい資料がなかなかありません。何か、いい資料があったら、教えてください。

Aベストアンサー

こちらの資料はご覧になりました?
経済企画庁国民生活局で環境関係が膨大な量載ってますが、
一番網羅していて整理されていると思います。
南北問題が載っているのは第四章なので、前後の情報もチェックされると良いのでは。

参考URL:http://www1m.mesh.ne.jp/aep_home/epa/dbook96/chap4.html#9

Q地球温暖化って本当にありますか?

地球温暖化って本当にあるんでしょうか?
小学生なのでよくわかりません

Aベストアンサー

地球はゆっくりと暖かくなったら寒くなったりします
今は暖かくなっているのです これは止められません
今大騒ぎをしているのは この暖かくなるのを人間が加速していると
騒いでいるのです
1万年単位で暖かくなり また 寒くなります
それ以外にでも1000年単位でも有ります
私はこのように周期が重なっただけではと思っています
地球単位ですから人間にはどうすることも出来ません
自然現象ですから 避けようがないのです
でも日本はお金持ちですから 全滅するのは最後です
今は殆どの家庭にエアコンがあり職場も有りますから
気候変動で死ぬ事は有りません 日本以外は多数死んでいます

Q地球温暖化以外の環境問題が世間でほとんど取り上げられないのはなぜ?

近年は政府もマスコミも、環境問題をしきりに取り上げますが、取り上げられているのは、ほぼ地球温暖化のみのように思えます。
マスコミでも、「地球のため、地球のため」としきり叫ばれていますが、環境問題=地球温暖化のようになり、地球温暖化以外の環境問題はほとんど報道されることはないのではないでしょうか。

環境問題は地球温暖化以外にも、大気汚染・砂漠化・生態系の破壊・オゾンホール・水質、大気汚染……などなど、たくさんあり、どれも深刻なものばかりです。
もちろん、地球温暖化はすでに世界に様々な影響を与えており、今一番深刻だから沢山取り上げられるのかもしれませんが、エコロジーがしきりに話題になるのに対し、そのエコロジーはほとんど地球温暖化問題のみになっているように思えます。

なぜ、政府やマスコミでは地球温暖化問題以外の環境問題がほとんど取り上げられないのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

経済対策にならないからです。

最近のテレビCMや新聞雑誌の広告は、eco商品のオンパレードです。
地球温暖化対策ってね、実は経済対策なんですよ。

Q地球は酸性化が進んでいると言われていますが、人間の外皮にとっては酸性化は良いことではないんでしょうか

地球は酸性化が進んでいると言われていますが、人間の外皮にとっては酸性化は良いことではないんでしょうか?

昔、私は肌に良いと酸性水を外皮に掛けていました。

飲み物はアルカリイオン水でアルカリ性が良いですが、外皮は酸性の方が良いと習ったのです。

地球の酸性化は人間の人体に未知のウィルスが発生して、人類滅亡するような新種のウィルスの発生を抑えられる世界になるということですよね。

ということは地球の酸性化を食い止める必要はないのでは?

今は外皮の酸性化を抑える水素水、水素風呂が流行っていますが、水素水を飲むのは良いことだと思いますが、酸性化を中和する水素風呂に入っている人はウィルス耐性が弱くなるので水素風呂は間違っているように思います。

どう思われますか?

Aベストアンサー

酸化と酸性とか色々と混同している。
同じ酸性でも、何イオンによるものかで全く変わる。
イオンはゆとり世代の方は全く習っていないのでイメージすらできないと思いますが。
 酸性雨で問題になるのは窒素酸化物や硫黄酸化物の話です。もちろん炭酸イオンも色々悪さするけど・・
 そもそも皮膚の表面にはたくさんの細菌が住んでいて、その大部分は共存共栄で人を守っている。

>飲み物はアルカリイオン水でアルカリ性が良いですが、外皮は酸性の方が良いと習ったのです。
 誰に??、少なくとも理科の先生ではないでしょう。
 胃袋の中はpH2程度の塩酸による強酸性。アルカリ水を飲んだって、よほど大量でない限り意味ないです。(^^)そんなことしたら、酸性で働く胃の消化酵素は働かない。
 酵素はさすがに習っているでしょうが、基質特異性や温度、pHなどの環境特異性もあるので。

>地球の酸性化は人間の人体に未知のウィルスが発生して、人類滅亡するような新種のウィルスの発生を抑えられる世界になるということですよね。

 周囲にいる微生物やウィルス、そのほとんどは巨大な地球環境を成立させている複雑な歯車の一つですよ。病原体になるものは、そのごくごく一部のはみ出し者ですよ。

 だって宿主死んだら自分も滅びる。
 人もものすごく細菌に依存して生きている。あなたが病気にならないのは、あなたの皮膚や消化器官にたくさんの細菌が住んでいるからです。
 その根本を習ってないということはないでしょうから、ひょっとして寝てた??

>水素水を飲むのは良いことだと思いますが、
 胡散臭いですが、有効というデータもなくはないというレベル。
 水素水 - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4 )
 という説もあるが、基本的には疑似科学のひとつです。一部「効果があるという報告もある」ですが、大多数は否定的です。

>ウィルス耐性が弱くなるので水素風呂は間違っているように思います。
 ウィルスへの対応は、人間の免疫機構をご存じないと説明するのは困難ですので、とりあえず基礎的なことを
免疫系 - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B3%BB )
ウイルス( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9 )
で身につけてからですかね。
 wikiには初歩的なことしか書いてないけど概略はわかるでしょう。

酸化と酸性とか色々と混同している。
同じ酸性でも、何イオンによるものかで全く変わる。
イオンはゆとり世代の方は全く習っていないのでイメージすらできないと思いますが。
 酸性雨で問題になるのは窒素酸化物や硫黄酸化物の話です。もちろん炭酸イオンも色々悪さするけど・・
 そもそも皮膚の表面にはたくさんの細菌が住んでいて、その大部分は共存共栄で人を守っている。

>飲み物はアルカリイオン水でアルカリ性が良いですが、外皮は酸性の方が良いと習ったのです。
 誰に??、少なくとも理科の先生では...続きを読む

Q地球温暖化について

どうして、地球温暖化になったのですか?
地球温暖化が進行するとどうなるのですか?
どうすれば、地球温暖化を防げますか?

Aベストアンサー

【どうして、地球温暖化になったのですか?】
地球温暖化現象が顕著になった理由は、人間が地球の自然環境を破壊した割合が大きくなった為、自然界の炭素変動を自然界が吸収しきれなくなって大気中二酸化炭素濃度が上昇したからです。
繰り返しますが原因は、二酸化炭素が増えたからなのではなく、人類が自然環境を破壊した事によります。

自然が破壊され(おおどころは森林の大規模破壊)、大気中の炭素を土壌・海洋に吸収しきれなくなり、大気中二酸化炭素濃度が上昇し、よって地表温が上昇し、よって地表と海洋から大規模に二酸化炭素が遊離して大気中に放出されるという、無限循環が開始された。
本来ならばこの無限循環は自然界の緩衝作用により抑えられ、大気中の二酸化炭素濃度は上昇しません。

ここに関係して太陽活動のアップダウンがあります。
現在進行している大気中二酸化炭素濃度の上昇要因より、太陽活動の変動要因のほうが地表温度変動に大きく作用しています。
ですので21世紀に入ってからしばらくの間、太陽活動が低下していた理由により地球は寒冷化していました。
ところが最近になって太陽活動が活発傾向に転じた為、地球温度を低下させる要因が消滅し、大気中二酸化炭素濃度の上昇と共に太陽活動の活発化が原因となって「著しい温暖化」が再び開始されています。
このため海洋と地表から大量の二酸化炭素が遊離され大気中に放出されています。

【地球温暖化が進行するとどうなるのですか?】
地球温暖化は長期的に見れば好ましい事です。
ですがそれが短期間に起こると、生物界がそれに対応しきれずに多くの生物種が絶滅します。
人間も自然界の変化に対応できなくなります。
また、温暖化により気象がこれまでと様変わりしていきますが、その変化の勢いが急激過ぎて人間が対応しにくくなっていますが、人類はそれを自然災害と呼びます。
ゆっくりと時間を掛けて温暖化すれば良いのですが、現在の温暖化は非常に急激に進展しているために害が大きい。

【どうすれば、地球温暖化を防げますか?】
自然を復活させる事です。それにより自然の緩衝能力を高め、自然の作用により温暖化を止めます。
具体的には各地の大規模に森林を復活させ、大気中の二酸化炭素を土壌に取り込み、雨によってそれを海洋に流し、海洋を生物種で富ませ、海底に炭素を沈殿させます。
更に積極的に砂漠を植林していきます。
イスラエルは砂漠の緑化に成功していますが、サハラ砂漠を緑化し、運河を大西洋まで引くのもOK。

副次的な手法として、大気中の雲の量を増やし、太陽光線を遮断し、同時に雨を降らせて水の自然循環を促す。
上手くすれば砂漠にも雨を降らせられます。

【どうして、地球温暖化になったのですか?】
地球温暖化現象が顕著になった理由は、人間が地球の自然環境を破壊した割合が大きくなった為、自然界の炭素変動を自然界が吸収しきれなくなって大気中二酸化炭素濃度が上昇したからです。
繰り返しますが原因は、二酸化炭素が増えたからなのではなく、人類が自然環境を破壊した事によります。

自然が破壊され(おおどころは森林の大規模破壊)、大気中の炭素を土壌・海洋に吸収しきれなくなり、大気中二酸化炭素濃度が上昇し、よって地表温が上昇し、よって地表と海...続きを読む

Q温暖化とCO2

何やら最近TVで色々騒がれておりますが、
CO2はどの程度怖がれば良いんでしょうか?

・海水面の高さは歴史上常に変動している。
 温暖化で氷が溶けたからだと言い切れるか疑問?
・CO2濃度は5億年前に高かったが当時赤道まで凍っていた。
 でも大気成分が今と違って比較できない。
 (生命もあまり陸上に進出してなかったんでしたっけ?)
・CO2濃度が急上昇した1940~1980年に気温があまり上がってない。
・CO2の温室効果の実験どおりの事が自然界で起きてるのか?
・地球の気温はここ数千年でも寒くなったり暑くなったり
 繰り返し続けている。
・太陽活動で温度がかなりかわる。
・雲の量で反射される太陽からの熱量が変わる。
 電離層に当たる放射線の量で雲の生成量が変わる。
・湖が枯れたり川幅が激減している水の消費の影響の話。

結局専門家がお互いに自分の主張の根拠が正しいと言い、
それは間違ってると根底から覆す疑問を提起し、
素人は置いてけぼりで。

結局現実は相当ややこしい事になってはいるんでしょうけれど、
素人としてはCO2に対してどんな認識をするのが妥当なのですか?

中には
CO2が増えれば植物は光合成しやすくなり栽培しやすくなるー とか
温暖化するなら北半球の陸地で育つ作物が増えるー とか
温暖化すれば氷河期の突入の引き金になり大惨事にー とか
色々な余計な事まで言われていて何が何やら。

とりあえず、
CO2はどの程度怖がれば良いんでしょうか?

何やら最近TVで色々騒がれておりますが、
CO2はどの程度怖がれば良いんでしょうか?

・海水面の高さは歴史上常に変動している。
 温暖化で氷が溶けたからだと言い切れるか疑問?
・CO2濃度は5億年前に高かったが当時赤道まで凍っていた。
 でも大気成分が今と違って比較できない。
 (生命もあまり陸上に進出してなかったんでしたっけ?)
・CO2濃度が急上昇した1940~1980年に気温があまり上がってない。
・CO2の温室効果の実験どおりの事が自然界で起きてるのか?
・地球の気温はここ数千年でも寒くなったり...続きを読む

Aベストアンサー

地球温暖化については、いくつか押さえておかないといけないところがあります。

まず温室効果ガスというのはあります。
これを利用した技術や測定法もあり、これ自体を否定することはあまりに難しいです。

次に温室効果ガスというのは一つではありません。
二酸化炭素を筆頭に水蒸気やメタンやフロンなど、数多くあります。
(ちなみに同じ量なら二酸化炭素の温室効果は、他と比べるとそれほど大きくはない)


ではなぜとりわけ二酸化炭素だけが問題になっているかというと、

人間が石油などで地面に埋まっていた炭素分を燃やしたため、空気中の二酸化炭素濃度が増したという側面があること、また再び二酸化炭素を地面に固定化するための重要手段である森林を伐採していること、さらに我慢や技術革新、エネルギー効率の向上により二酸化炭素排出量を抑制することができることなど、人間がコントロールできる要因が多いためです。


実際のところは人間が出した二酸化炭素が要因で、数値として地球全体の気温が何度上がったかというのは、他の要因も絡んでおり特定はできないでしょう。
そのうえで、地球が人為的要因で温暖化しているだろうとの仮定(断定ではない)で、できることをやっているのです。

さて温暖化対策を否定する人は、地球そのものが温暖化しているのか疑問だという人もいますし、二酸化炭素が主犯でないという人もいます。
前者であればもちろんデータを精査したうえで、ちゃんとした議論の場を提供されるべきでしょう。
ただし、問題は後者です。
温暖化対策において、二酸化炭素が主犯だなんて誰も言っていません。
人間に起因する温室効果ガス全般について考えるべきですが、市民レベルでできることとして二酸化炭素抑制が言われているだけです。
ただし市民の中には「温暖化対策→二酸化炭素排出抑制→二酸化炭素が温暖化の根源」と思い込んでしまう人がおり、この人に対してクリティカルな意見の本を買わせるために後者がいるのです。

また温暖化の行く末は、地球レベルですから容易に未来が推測できるものではありません。
ですから大災害が起こることもありますし、地味に収束することもあるでしょう。

恐れてもしょうがないというところもあります。
が、二酸化炭素排出抑制による技術革新やエネルギーの効率化は、石油の枯渇(するのかどうか分からないが…)を先延ばしにすることができます。
特に日本では原油資源がないので、それに頼らないというのは重要なことでしょう。
そういった意味では、温暖化対策以外にも二酸化炭素排出抑制は人間の生活をよりよいものにする側面もあり、仮に杞憂に終わってもいいじゃないか!と思います。

地球温暖化については、いくつか押さえておかないといけないところがあります。

まず温室効果ガスというのはあります。
これを利用した技術や測定法もあり、これ自体を否定することはあまりに難しいです。

次に温室効果ガスというのは一つではありません。
二酸化炭素を筆頭に水蒸気やメタンやフロンなど、数多くあります。
(ちなみに同じ量なら二酸化炭素の温室効果は、他と比べるとそれほど大きくはない)


ではなぜとりわけ二酸化炭素だけが問題になっているかというと、

人間が石油などで地面に埋まって...続きを読む

Q【地球温暖化の想像してたのと現実の違い】という記事で、 地球温暖化の想像では夏は暑くて冬は寒さが和ら

【地球温暖化の想像してたのと現実の違い】という記事で、


地球温暖化の想像では夏は暑くて冬は寒さが和らぐと思っていたが、

実際の地球温暖化は夏は暑く、冬は極寒になると言っていました。

本当の地球温暖化は冬はもっと寒くなるんでしょうか?

冬は寒さが和らいで夏は猛暑になるのが地球温暖化だと思っていたのでビックリしました。

冬に極寒になるなら南極の氷も北極の氷も夏に溶けまくるけど冬にはまた増えるはずですよね?

でも増えてないということは減少を続けているってことはやっぱり地球温暖化で冬は寒さが和らいでいるのでは?

前述の「実際の地球温暖化は夏が暑く、冬はもっと寒くなる」は間違いではないですか?

Aベストアンサー

温暖化により海水の温度が上がることによって、上昇気流等が発生する場所が変わり、大気の流れが変わる。
寒くなるところもあれば、熱くなるところもある。 が、平均的には暑くなるというのが温暖化。
日本の都市部においては、平均気温も、最低気温も、寒い日の日数も、暑い日の日数も、温暖化のトレンドがある。
http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/himr/2011/chapter2.pdf
たぶん、日本は海に囲まれているからそうなるんだと思う。
北極圏に関しては、冬が寒くなっているかどうかはわからないけど、10年単位でみると氷の量は確実に減少している。
寒い期間に増えた量より多く溶けているためにそうなっているのですから、気温が以前より低い期間があったとしても寒い期間は短くなっているのかもしれません。

Q地球に2人しかいなくても争いは起こりますか?

この地球に2人しか人間がいなくなった場合、争いは起こるでしょうか?

別に互いが嫌ならどこへでも容易に立ち去る事が出来る訳です

それなのにわざわざ争いが始まるでしょうか?

Aベストアンサー

地球にランダムに2人配置したら、立ち去る前に、出会えません。

地球の1箇所に配置して、どこへでも容易に立ち去る事が出来る設定なら、容易に近づくこともできるわけで、
互いに嫌でも、嫌じゃなくても、
離れるのか?一緒にいるのか?の議論が、第一の争いです。
第二の争いも、一緒にいても、離れたにしても、やっぱり離れるのか?一緒にいるのか?

突き詰めて、双方離れるの答えに至った時も、争いの結果の行動。
双方一緒にいる結論も、離れる議論や紛争をした争いの結果。

争いは喧嘩や殺人だけじゃない。意見の相違の行動結果に過ぎず、争いの結果には互いの譲歩により意見の一致が発生します。


人気Q&Aランキング