クラッシクの弦楽器の魅力に惹かれていますが、クラッシックはまったくわかりません。バイオリン、チェロの演奏で卒倒するほどの超絶早弾きや汗のしぶきが飛んできそうな情熱的な演奏、あるいは体が熱くなってくるような演奏が収められたCDを1、2枚程度紹介して頂けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

実際に愛聴しているお勧めのCDを紹介します。



現代で最高の技術をもつヴァイオリニストの一人、マキシム・ヴェンゲーロフの小品集。小品と言っても難易度の高い曲ばかりです。
Maxim Vengerov(Vn) - Virtuoso Vengerov
http://listen.jp/store/album_090317735160.htm

個性的な解釈でクラシック史上異例のCD200万枚のセールスをあげたナイジェル・ケネディの個性的で”熱い”ヴィヴァルディ「四季」
Nigel Kennedy(Vn) - Vivaldi
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1939 …

ケネディの方は視聴が見つからなかったのでリンクをご覧になってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

u96さん、
ご紹介ありがとうございます。
いずれも凄そうです。なかでもNigel KennedyのVivaldi´s Summer - III Prestoは鬼気迫るものがありますね。CD200万枚のセール(全く知りませんでした)は納得できます。購入候補にあげました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 11:01

ヴァイオリン・リサイタル2006 五嶋龍 DVD でしょう。


5. ツィガーヌ(ラヴェル)
6. ツィゴイネルワイゼン 作品20(サラサーテ)

は見て損はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
五嶋 龍さんのCDはいくつかある市民図書館の貸し出し状況で確認したらほとんどが貸し出し中でした。まだ10代のようですがすごい人気なんですね。恥ずかしながら知りませんでした。DVDも出ているとのこと是非視聴、購入してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/08 11:06

フリードリヒ・グルダ作曲


「チェロ協奏曲(チェロとブラスオーケストラのための協奏曲)」
という曲があります。私も、NHKの番組(グルダ・メモリアルコンサート)で、知った曲なのですが、文字通り「卒倒」モノですよ。いろんな意味で・・・・(^^;) 

ただ、真面目な(頭の固い)人がコレを聴いたら、たぶん怒りますので、注意してください(もちろん、チェロパートもやたら難しくて、1楽章では、エレキギターばりの動きを要求されたりと、超絶技巧てんこ盛りです)。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/143276
    • good
    • 0
この回答へのお礼

”文字通り「卒倒」モノ”、”真面目な人が怒る”、”エレキギター”、”超絶技巧”!
かなりそそられる言葉がならんでいるのでめまいがしそうです。期待できそうですね。リストに加えました。機会をみて視聴、購入してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/30 12:48

私は全くの素人なのですが


「リバーダンス」のバイオリニストの演奏を聞いて惹き込まれました。
CDもあるかと思います。

ぜひレンタルなどで映像でご覧になってみて下さい。
めちゃめちゃカッコ良いです。

演奏もとっても情熱的で演奏が終る頃には弦が何本か切れてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jjjjajedさん、
ご回答ありがとうございました。リバーダンスはタップダンスとばかり思っておりました。バックの演奏にまで気を留めていませんでした。
ぜひCDを探して聴いてみます。またリストにも加えさせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/17 11:40

#7です。


スミマセン訂正がひとつ。コンチェルト3番はラヴェルではなくサン=サーンスです。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

訂正のご連絡ありがとうございました。リストを訂正いたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/17 11:36

私のおすすめは、Vnでは


・無伴奏ソナタ6番 (イザイ)
・コンチェルト3番 (ラヴェル)
・ツィガーヌ (ラヴェル)
   とくに、ハイフェッツの演奏が大好きです。
・チャールダッシュ (モンティ)
   浅田真央ちゃんがこれで踊ってすっかりおなじみですが、曲の性質上いろんなアレンジで録音されていますので結構おもしろいです(超絶技巧とはいえないかもですが)。私のイチオシは葉加瀬太郎さんのVIOLISM IIに入ってるものです。
・スペイン交響曲 (ラロ)
・クロイツェルソナタ (ベートーヴェン)

Vcのおすすめは、サンサーンス、エルガー、ドヴォルザークのコンチェルトです。エルガーはデュプレの演奏(バレンボイム指揮)が私のお気に入りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pu-chindaitoryoさん、
ご回答ありがとうございます。
各々私の必聴リストに加えさせていただきました。機会をみて聴いてみたいと思います。それにしても沢山あるんですね。とんでもない世界に入り込んだような気がしてきましたがノンビリ気長に楽しんでみたくなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/17 11:34

早弾きのものではありませんが、天満敦子さんの「バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV・1001~6」はお勧めです。

じーんとして涙が出ました。バイオリンを聴いてみたい方には私は一番にお勧めしているCDです。

それから、パブロ・カザルスのチェロは一度聴いてみる価値があると思います。「無伴奏チェロ組曲」先日聴いて感動しました。

「無伴奏チェロ組曲」つながりで、これはおまけですが、ラデク・バボラークというホルン奏者の演奏のものもあります。これもなかなかすごい演奏です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Miketanukiさん、ご紹介ありがとうございます。天満敦子さん、パブロ・カザルスさんとラデク・バボラーク(舌かみそうです)さんをリストに加えさせていただきます。先日、キースジャレット(Jazzのピアノ)のサンベアコンサートCD(6枚組)を朝からずっと聞いていたら、リラックスしすぎて夕方にはすっかり脱力してしまい、こりゃいかんと思い、RockでもなくJazzでもないクラッシックの弦楽器の少々キツメの演奏で喝を入れたくなり、この質問をさせていただきましたが、ご紹介していただいた方々の演奏も目を閉じて聴くと大変な感動が得られそうですね。機会を見つけて是非視聴や購入をしてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/11 23:27

卒倒するかどうかわかりませんが、どちらかというと癒し系、ぐぐっと聴き込めるCDです。

曲はクラッシックではないですが、かなりおすすめナンバーばかりです。

Yo-Yo Ma plays Ennio Morricone (すいません、英語タイトルしかわからない)

あと、クラッシックじゃないといやだ、というなら、やはり

Yo-Yo Ma Bach: The Cello Suites (計36曲)

もおすすめです。お察しの通り、チェロ狂です。自分でも弾きますが、ヨーヨーマが弾くチェロの低音域はバイオリンにはない「しびれ」をくれますね。まねできないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご紹介ありがとうございます。
やはりYo-Yo Maは筆頭に挙げられるのですね。映画音楽(多分)をチェロでやっているのでしょうか。それはそれで新鮮です。まったくわからないことばかりで、たくさん教えていただいてうれしく思います。Youtubeで演奏画像を見る限りかなり情熱的な演奏をする方のようなので、是非DVDも含めて入手してみたくなりました。ほんの少しウッドベースを少しかじって(Jazzですが)いたので弦楽器の低音域は確かに魅力を感じています。中学生のころ、学校で情熱的な(RockとかJazzっぽいという意味で)演奏のバイオリンやチェロに出会っていたなら、クラッシック音楽を楽しむ間口が広がったのになあーと思います。これから少しづつ間口を広げて見たいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/11 23:09

卒倒するほどの超絶技巧を駆使したクラシックのヴァイオリン曲をお探しとの由。


例えば・・・

・エルンスト作曲/無伴奏ヴァイオリンのための6つの多声的練習曲第6番「夏の名残りのバラ(庭の千草)」が入ったCDはいかがでしょう?
http://7andy.yahoo.co.jp/cd/detail?accd=C0981354 …

くれぐれも言っておきますが、決して2台で弾いているわけでも多重録音でもありません。一人で弾いています。笑

あと、情熱的で技巧的な曲と演奏ということで・・・
・カルメン幻想曲/サラサーテ作曲
・序奏とロンド・カプリチオーソ/サン・サーンス作曲
http://www.7andy.jp/cd/detail?accd=C1055800

ヴァイオリン音楽は歴史的にも音楽的にも奥が深いので、古今のあらゆる作曲家が名曲を書いています。また、音楽の形式でもっとも華麗で名人芸を発揮できるものに協奏曲(コンチェルト)があります。ヴィルティオーゾと呼ばれる超絶技巧の持ち主のヴァイオリニスト兼作曲家でもあったパガニーニの第1番、第2番「ラ・カンパネラ」をはじめ、ラロの「スペイン交響曲」、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲も目をみはる華麗な技巧と甘美なメロディーに溢れた名曲ですので機会があれば是非聴いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jupitanさん、
早々のご回答ありがとうございます。想像してはいましたがClassic Violinの世界は奥行きも幅も深くて広いんですね。ご紹介していただいた”・エルンスト作曲/無伴奏ヴァイオリンのための6つの多声的練習曲第6番「夏の名残りのバラ(庭の千草)」が入ったCD”は一番目の曲が気に入りました(短調で激しいのが好みのような気がします)。サンプルしか聴いていないのですが他にもありそうな予感がします。次に紹介していただいたCDも確かに情熱的で聴いてみたくなりました。いずれも機会をみて購入したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 10:40

ANo.1の方のも素敵ですね。

CDがほしくなりました。

チェロの難曲と言えば「コダーイ」の「無伴奏チェロソナタ」でしょう。
確かsuntoryのCMで「ヨーヨーマ」の演奏が有名になったかと思います。もしDVD等で映像も一緒に見る事が出来れば、その曲のすさまじさに心がふるえます。(もう20年以上前に、NHKで堤 剛という人の演奏を「見ました」が強烈なインパクトでした)

テクニック的にはあまり難曲ではないかも知れませんが、「バッハ」の「無伴奏チェロ組曲」も是非聞いてみてください。私の知っているチェリストはどんな曲を弾くより、バッハを引く時が(練習の時であっても)一番緊張し集中するそうです。非常に精神性の高い曲だと思います。
バイオリンでもやはりバッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」を是非聞いてみてください。体と言うより心があつくなります。
あと卑近な例で言えばやはり「チゴイネルワイゼン」でしょう。
「シベリウス」の「バイオリン協奏曲」も私の好きな曲です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kakkysanさん、
チェロの有名どころのご紹介ありがとうございました。
yo-yo maをyoutubeで検索してみました。該当曲は見つけられませんでしたが、Dvorak Cello Concerto, 3rd mvmtを見入って(聴き入って)しまいました。「コダーイ」の「無伴奏チェロソナタ」や、「バッハ」の「無伴奏チェロ組曲」などリストに加えて聴いてみたいと思います。弦楽器の演奏にはまりそうです!ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイオリンとヴァイオリン

カタカナ表記の場合、例えば、バイオリンとヴァイオリンではどちらが好きですか?

Aベストアンサー

バイオリン

好きというか、辞書に載ってる方で統一しとかないと、webなんかの検索で不便ですので。

Qピアノのみで演奏されるクラッシック(エリック・サティなど)の分野はピアノ・クラッシックと呼んでも構いませんか??

こんにちは。

最近クラッシックを聴き始めました。
エリック・サティが好きです。
質問なのですが、エリック・サティのようにピアノのみで演奏される音楽のジャンルを一括りに「ピアノ・クラッシック」と呼ぶのは間違いでしょうか??
もっと明確なジャンルの呼び方はあるのでしょうか。
よく分からないのですが他のクラッシックだと、弦楽四重奏曲だとか交響曲だとかジャンルがあるようなのですが・・・。

クラッシック初心者なので、変な質問ですみません。
教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

 ピアノクラシックと言うジャンル分けは、ありません。
 あるとすれば、音楽コンテンツ産業・音楽教室など、音楽産業が、ピアノと言う名を付けて、括る事で、ユーザーが具体的に解り易く感じるからでしょう。数十年前に比し減ったとは言うものの、ピアノは、今でも一般家庭の所持率・ピアノ習得(ピアノ教室)は、他の楽器の追随を許さない人気楽器ですから、産業としては、ピアノだけは括ってやる事で、多く居るであろうピアノに対し強い関心を持つ層を、より確実に引き付ける手段と言った方が現実的だと思います。
 ピアノのソロ演奏作品が、確かに多い為、このグループ名は便利とは思いますが、この呼び名を使う方が居たとしても、それは、クラシックの世界では、便宜上だけの事で正式にその様な括りで呼ぶ事は有りません。
 ソロ演奏の作品は、他の楽器にも複数の楽器にも存在していますが、その楽器の名前を付けて、○○クラシックなどと言う、言い方はしておりません。
(他楽器の有名どころでは)
 ヴァイオリンはピアノに次ぐソロ作品が有り、数は減りますがチェロ・オルガン(パイプオルガン)フルート等も、挙げられましょう。調べれば、更に多くの楽器の為のソロ作品がクラシックのジャンル内に存在している筈です。

>他のクラッシックだと、弦楽四重奏曲だとか交響曲だとかジャンルがあるようなのですが・・・。
 この疑問についても、《他のクラシック》と言う概念が、おかしいのです。
 クラシックと言うジャンルの曲に様々な演奏形態の作品があり、その姿で区分する事が便利であるから利用していますが、あくまで便宜上と言う事です。
 一般的便宜的区分けとして(CDショップ・クラシック解説書)
 ◆交響曲◆管弦楽曲◆室内楽(弦楽四重奏曲などの小編成の器楽曲や30人以下程度の小編成管弦楽曲を含む事もある)◆器楽曲(ピアノ・バイオリン・チェロ・フルート・他)◆声楽曲などが、演奏形態での区分けです。
 一方、時代や用途で区分けしています。例えば、◆ルネッサンス◆バロック◆古典派◆ロマン派◆印象派◆現代◆アバンギャルドなど、時代背景や作曲法の発達、楽器の発達、演奏法の発達などと供に生まれた新ジャンルとでも言う世界を、分ける為の区分けも有ります。
 用途で区分されているのでハッキリしているのは、◆宗教曲というジャンル区分です。このジャンルの中には、時代の変遷や政治でも影響を受けていますし、楽器の変遷・演奏携帯の変遷との関わり方でも影響を受けている為、宗教と言う別な括りを設けたのかも知れません。しかし、この宗教曲とても、本当に宗教行事に使われて来た曲も有れば、ある作曲家の作品として有名でも宗教の現場では使われる事の無い宗教曲も同居しています。
 ですから、こう呼ばなければならない!とか、こう呼ぶべきである!などの様な硬直した呼び名がある訳ではありません。
 クラシックを多く取り揃えている、CDショップの商品台の区分けの中に、どの様な作品が入れて有るかお確かめになったら、実感されるのではないでしょうか?更には、別なショップでは、別な区分け方で並べている事も解ります。そして、どちらも間違いではない事も・・・
(無知でとんでもない並べ方の店も有りますが、そんな店には、癒しの~・頭の良くなる~・元気が出る~、など、ろくな品揃えしかしてないところが多いので参考にするのはNGです。酷い所は、ヒーリングやフュージョン・イージーリスニングまで、クラシックの棚に入れてありますが、クラシックファーンは品良く大人しいので何も言わず二度と行かない。)・・・・・脱線しました(苦笑)!
 難しく考えず、今後のクラシック全般との付き合いを、末長~く、して頂けたら、気付かない内に自然に頭の中で整理区分出来ているご自分を認識される事でしょう(微笑み)!

告!上記に述べました中には、詳しい方や専門家の方から見れば、間違っている箇所などが有るかと思います。鑑賞暦が長いだけのど素人が、日常の中でのクラシックとの付き合いから書いたものですので、「捨て置けぬ間違い」が有りましたら、修正の程お願い申し上げます。

 ピアノクラシックと言うジャンル分けは、ありません。
 あるとすれば、音楽コンテンツ産業・音楽教室など、音楽産業が、ピアノと言う名を付けて、括る事で、ユーザーが具体的に解り易く感じるからでしょう。数十年前に比し減ったとは言うものの、ピアノは、今でも一般家庭の所持率・ピアノ習得(ピアノ教室)は、他の楽器の追随を許さない人気楽器ですから、産業としては、ピアノだけは括ってやる事で、多く居るであろうピアノに対し強い関心を持つ層を、より確実に引き付ける手段と言った方が現実的だと思い...続きを読む

Q外来語などのカタカナ表記について(バイオリンはヴァイオリン、スイーツはスウィーツ)

こんにちは。
以前から少し気になっていたのですが、

バイオリン→ヴァイオリン
スイーツ→スウィーツ
バレンタイン→ヴァレンタイン
コスメチック→コスメティック

のように、書き方を複雑にするのは何故なのでしょうか?
(英語の綴りのせいなのでしょうか・・・)
これから先は、ゼリーがジェリーになったり(ほかに例が思いつかなくて恐縮ですが)するものでしょうか?
また、そのように表記しても、実際にヴァイオリン、やヴァレンタイン、と発音するのは気恥ずかしいものもあるし、そうやって発音している人もあまり見たことがありません。
書くのもほんの少しですが後者のほうが面倒になるし、発音も前者ですることが多いのだから何もわざわざ「ヴァイオリン」等という表記をする必要はないと思うのですが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮名で正確に表す事そのものが不可能なんですね。おまけに商業的な場で最近とみに外国語、特に英語が乱用される傾向があり、このこともまたVの発音などに関する問題に拍車をかけていると思います。
といってviolinと書くのもそれこそ衒学趣味になるでしょう。
ということで、慣用や伝統がある場合はそれに従い、特に歴史的・政治的などの理由がある場合は原語(に近い発音)で、また決まった書き方が無い場合はどっちでもいい(まああえてあげつらうのもいかがなものかと)が、可能ならむしろ日本語に訳すほうがいいのではないか、と思います。バイオリンは・・・私もヴァイオリンと書く事が多いです。有名なヴェルレーヌの詩(訳詩)でヴィオロンとあるのにひかれてのことなのですが。ヴァレンタインもね、もともと歴史的にはウァレンティーヌスさんが亡くなった日でして、このあたり人名なのでやはり原語に近い方が良いようにも思います。善し悪しまで言うことも無いでしょう。逆に野坂昭如「エロ事師たち」のなかにパンティーをパンテ(だったかな?うろおぼえ)と発音することでわざと猥雑な感じを出している場面がありました。これなど逆にティという書き方でないと通らないでしょう。お茶のティーもそうですね。結論としては拘るほどの事でもないんじゃないか、というしょうもない落ちになってしまいますが・・・・

一種の流行ないし政治的などの理由による部分もあると思います。
つまりここのところ原語主義が徐々に優勢になってきています。
ですから、地名や人名については特に原語の発音に近いものを採用する事が多くなってきています。この事からの派生として、一般的な言葉も原語に近い発音で書く、というのが当世の流行でもある、ということでしょう。
ただし#3さんがおっしゃるようにいささか無意味に原語に近いことに拘りすぎる場合もあるようです。
このあたり難しいわけで、もともと外国の言葉であるから、片仮...続きを読む

Qバッハ無伴奏チェロのバイオリン版楽譜

アマチュアバイオリン弾きです。
バッハの無伴奏チェロ組曲が大好きで、以前どこかでバイオリン
用に編曲した楽譜があるという話を聞いたのですが、どうしても見つけることができません。
出版社等、情報をお持ちでしたら是非ご教示ください。

Aベストアンサー

Hug という出版社から出版されているようです。
アカデミア・ミュージック(輸入楽譜専門店)にありましたよ。

参考URL:https://www.academia-music.com/academia/search.php?mode=detail&id=1501231372&title_type=score

Qヴァイオリンとバイオリン?

例えばコンピューターとコンピュータで検索結果の件数が違うのは長音の問題によるものですが、
ヴァイオリンで検索するのとバイオリンで検索するのでは検索結果として表示される件数に違いが出ますが、これはどういったことが問題でこうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

#3ですが以下のQ&Aを参考になさって下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=557499

Qリストの超絶技巧練習曲集でお勧めの演奏家は?

リストの超絶技巧練習曲集(12曲)のCDが聴きたくなりました。
お勧めの演奏家を教えてください。
今のとこ、シフラがいいのかな?と思っています。

Aベストアンサー

私が聞き比べで参考にしているサイトがありますので、そこを載せておきます。あくまで、参考ですが・・・・。
http://homepage3.nifty.com/kyushima/cd/Transcend-etudes.html
このサイトの管理人さんの好みを考えて、「豪快な演奏が好きならベルマンやシフラ。機械のような精密さを求めるならば、オフチニコフやゲキチ」ということになると思います。ちなみに、私はキーシンの冴えた演奏が好きです(でも全部録音してない)

Q「ヴァイオリン」と「バイオリン」について

violin をカタカナで表す時に、
ヴァイオリン、バイオリンというのがそれぞれ混在しているように思います。
たとえば、goo のサイト検索なんかでやってみても、
どちらかがメインとかいうことでもないような気がします。

たとえば文部科学省の教育指導指針(?)であるとか、
新聞での用語に関するルール(?)なんかで、
こういった関係のことが何か取り上げられているというようなことはありますでしょうか?
もし、歴史的な経過などについてもお分かりでしたら、その辺りも含めてよろしくお願いいたします。

国際化への対応や子供の教育面などから捉えると、個人的には、
このようなケースでは「ヴァイオリン」に統一するような方向が
あっていいようには思うんですが。

Aベストアンサー

外国語の発音をVだけヴで書いて安心しても何の意味もありません。Th、siも日本語にない音です。混在しているのは
先輩達が使って定着したヴァイオリンなどが残り、新しい単語はバケーション(Vacation)のように無視して表記したりVirus(ウイルス、ビールス )のように適当に書かれるからでしょう。その外来語が何語を通じて日本に定着したかによっても表記が違ってきます。

子供さんには両方の書き方があることを説明の上、我家ではVはヴァ、ヴィ・・と書くと教えればよいと思います。

Qキーボード奏者がクラッシックを演奏したCD

10年以上前になりますが、海外の著名なロックグループのキーボード奏者にクラッシック音楽を演奏してもらったトリビュートアルバムがありました。
確か、'90年前半だったと思います。もう少し、情報があれば検索も可能かと思いますが、どなたかご存知でしたら、アルバム名等をお知らせ戴ければ幸いです。

Aベストアンサー

#1です。

URLがおかしいのに今気付きました^^;

2番目のURLは、トリビュートアルバムの事に触れていたページのつもりだったわけですが、どうしてこうなってしまったのかもわかりませんし、その取り違えた元のURLを探せませんでした。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A010090/VICP-60881.html

これはELP>トリビュートアルバムのWEBページです。これでしょうか。

その「トリビュートアルバムがありました」ということで、演奏した側なのか、トリビュートされた側なのか如何かわかりませんが、これはELPにささげられたトリビュートアルバムです。他のサイトでは、ELPを知っている方の、このアルバムの評価がよくありませんでした(笑)

参考になりますかどうか、先ほどのURLのミスの代わりにこれを張ります。m(_ _)m 失礼しました。
                       
                       
                     

#1です。

URLがおかしいのに今気付きました^^;

2番目のURLは、トリビュートアルバムの事に触れていたページのつもりだったわけですが、どうしてこうなってしまったのかもわかりませんし、その取り違えた元のURLを探せませんでした。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A010090/VICP-60881.html

これはELP>トリビュートアルバムのWEBページです。これでしょうか。

その「トリビュートアルバムがありました」ということで、演奏した側なのか、トリビュートされた側なのか如何かわかりませ...続きを読む

Q学校ではどんな風に教えてますか?(「ヴァイオリン」or「バイオリン」)

別のカテゴリーで、たとえば violin をカタカナで表す時に、
「ヴァイオリン」と「バイオリン」のどちらが良いとされているのかをおたずねしました。

平成三年の「内閣告示第二号」によると、
原音や原つづりになるべく近く書き表そうとする場合には「ヴァ」で、
これらの仮名を用いる必要がない場合は,一般的に,「バ」で書き表すことができて、
ということのようです。

----
こちらでのおたずねですが、
実際の学校の現場では、どのように教えられているんでしょうか?

それと、学習指導要領とかには、その辺のことについて何か記されて
いたりするんでしょうか?

Aベストアンサー

小学校では「バイオリン」、中学校から「ヴァイオリン」になると聞いたことがあります。
というのは、「バ」と「ヴァ」の使い分けの前提となる、アルファベットや英単語の正確な発音を習うのは中学校からですので、小学生には教えられないからです。

Qバイオリン チェロ奏者を探しています

二人で4~5万の出演料で、30~40分のLiveのバイオリンとチェロの方を探しています。

覚えることも少なく、あて振りなので技術は特にいらないのですが、どこか受けていただけるところを知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

演奏家個人のブログからコンタクトを取るのはどうですか??


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報