教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

小学生や中学生が学校で使うような色鉛筆
(キャラクターが描いてあるものもあり、普通のスーパーや文具屋に売っている。クーピーの芯に木がかぶさっているようなもの。大抵薄い缶のケースに入っていて24色セットや12色セットで売っている。ばら売りだと60~80円ぐらい)
と、ちゃんとした画材屋でしか売っていない高級色鉛筆(色辞典など。画材屋で1本100円以上でした。)はどう違うのですか?
高級色鉛筆は綺麗な絵が描けるが、クーピー色鉛筆では限界があるということでしょうか?
私は中学生のとき使っていたクーピー色鉛筆を使っていましたが、色が足りなくて3色色辞典を買いましたが、使い心地が違いました。
クーピー色鉛筆は時々重ね塗りが出来ない(一点に集中して塗ろうとすると色が乗らない。黒などでそうでした)ことがあり困るのですが、高級色鉛筆だとそんなことはありませんか?
絵を本気で描きたいなら色辞典をそろえるべきでしょうか?
私が使ったところ、クーピー色鉛筆は「つるつる」、色辞典は「さらさら」という感じだと思いましたが、材質も違うのですか?


教えてください。よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (3件)

書き味は材質で異なります。

高級なものは材質のきめ細かさが違います。ムラなく使用することができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

高級な方がムラなく使用できるんですね。
今使っているものが使えなくなったら高級の方見てみます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/13 17:17

使用している顔料が違います。


学童用のものは価格を抑える為に高価な顔料を使えないので、耐光性が劣り色が褪せ易いものがありますが、アーティスト用は、その点が考慮されています。

また、展色剤(ロウなど)も吟味されているようです。
描き味は、使用している顔料(色)に因っても違いますし、メーカーによて違いますので、アーティスト用はバラ売りされているのが普通ですから、色々なメーカーのものを試して自分にあったものを選ぶと良いですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

学童用は価格を抑えるために色が褪せやすくなっているんですね。
描き味は同じ会社のでも色によって違うんですか。
学童用ですが、私の黒色鉛筆が使いにくいのもそのせいですかね。
色辞典しか高級色鉛筆は試していませんが、お金に余裕ができたら色々試して見ます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/13 17:20

メーカーの人ほどは詳しくは無いのですけれども、


絵を書くことは好きなのでその辺の経験からお答えましますね。

まずウンチクから。
色鉛筆といわれているものは正式名称を
クレヨン・パステル(crayon pastel)と言うそうです。

で、顔料系の色鉛筆はワックス・ロウ、接着剤、油脂などいろいろ工夫しているようですが、基本的にワックス・ロウで固めたものは書き味はツルツル、強度はあるものの発色が弱い、色合成が難しいという弱点があります。
逆にワックス・ロウ以外の少量の接着剤で固めたものは書き味がサラサラ、強度が弱い代りに発色はきれいで書き味も良く色合成も簡単です。
高級色鉛筆(日本でパステルとかパステル鉛筆といわれるもの)が木枠に入っているのは後者のタイプで芯の強度が弱いためです。

なので発色や書きやすさ、重ね塗りの良さを求めるのであれば高級色鉛筆(パステル)がお勧めです。

クーピーはクレヨンとかクレパスの親戚みたいなもので、
・クレパス(サクラクレパスの商標)はワックスが多くてロウ+動物性油脂が少ないのでベタベタした感じはあまり無く、書き味は滑らかで、軽いタッチが苦手です。
・クレヨンはクレパスとは逆で、ワックスが少なくて硬質のロウ+動物性油脂が多いものでちょっとベタベタしますが、軽いタッチの絵がかけます。
・クーピー(サクラクレパスの商標)はクレヨンの動物性油脂を合成油脂にしたものでベタベタ感が無いクレヨンという感じ。
どれもワックス・ロウを多く使っているのでなかなか柔軟な表現力を出すことは難しい。
クーピーは軽いタッチ、重ね塗りがとても難しいかと思います。

なお、サクラクレパスさんが出しているクレヨン、クレパス、クーピーは何れも子供が使うという前提で食べても安心だそうです。

パステル(高級色鉛筆?)は、ワックスやロウではなく微量の接着剤等で粉末顔料を固めたもので、鮮やかな色彩が表現できるよう顔料の比率が高くできています。
プロが使うパステルには青色とかにコバルトが含まれていて有毒な顔料も結構あるので注意が必要ですが...食べる人はいないと思います(クーピーの青は大丈夫ですよ w)
そして発色が良い代わりに、芯が弱く折れやすいため木枠に芯が入っているタイプが多いですね。

芯を削って指でつぶして色をつけたりが出来て、また水に溶けるタイプのものは、水につけて水彩風の表情を出したりすることが可能です。
重ね塗りもOKです。

自分は輸入品のパステルで、カランダッシュ社のPRISMALOがお気に入りです。(これは食べてもOKなタイプ w)、水に溶けて水彩もできますので、筆を湿らせて絵の具代わりに使うことも出来ます。
国内画材店でも昔より多く扱われてて手に入りやすくなりました。

以上、参考になりましたでしょうか。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング