GOBSON、MARTIN、GILDOといったようなアコギヴィンテージはぴんからきりまでありますが、とくにGIBSONのフラットトップ(サザンジャンボやL-00)の戦前、もしくは50年代前半のものとJ-185、MARTINのシングルOタイプが特にほしいのですがアメリカからの通販だとリスクが国内のそれと比べて高いし、日本で買うと値段が高い。いい方法を教えてください。僕は神戸在住です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 気を悪くせずに読んで欲しいんですが、そもそもヴィンテージ物を安く買おうと言うのがよくわかりません。

本当に余計なお世話なのはわかっているんですが、もしあなたがヴィンテージ物を手に入れたら、是非、後々の誰かのためを思って使って欲しいと思うからです。私もヴィンテージのすばらしいギターを一度でいいから弾いてみたい。あわよくば自分のものにしたい。そう思うんですが、ちゃんと保管する能力も設備もない。そして、それが本当に自分に必要なのかどうか。気分を害したら、本当にごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり申し訳ありません。数本すでにビンテージを持っておりますが、家でできる限りの保管はしております。しかし、ギターは消耗品ですので、いたむのは仕方のない事です。又、私はコレクターではありません。
>私もヴィンテージのすばらしいギターを一度でいいから弾いてみたい。
楽器店で試奏されてはいいかと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/02/16 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近、アコギの弦高が高くなったので島村楽器で弦高調整とナットとサドルの

最近、アコギの弦高が高くなったので島村楽器で弦高調整とナットとサドルの交換をやってもらおうと思っているのですが、費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?

ちなみに、アコギは島村楽器で買いました。

Aベストアンサー

ネックの順反りだけが原因で、トラスロッド調整だけで済むようなら通常0円~1000円位。保証期間中ならサービスで対応してくれるでしょう。
ナットやサドル交換が伴えばおそらく5000~1万円、フレットすり合わせが入ればさらに3000~6000円位。
原因がネックの元起きだとボディとネックをいったん外して再接着(ネックリセット)をしますので、その場合だと5万円前後でしょうか。
そのほかにもボディ側(トップのふくらみやブリッジの浮き)に原因がある場合も無いとは言えません。

なお購入したばかりの楽器に良くありますが、季節が変わって湿度が変化するとコンディション(弦高や音質)が変わることがあります。変化の幅は年季が経つごとに小さくなり落ち着いて行きます。

いずれにしても現物を見ないとわからないことなので、早めに信頼できるプロに相談するのが安心です。
保証期間中ならすべて無料で対応してくれるかもしれませんが、そのあたりは島村楽器に問い合わせるのが確実です。

QGibsonとMartinで迷ってます。

下記のような、条件&練習環境ならみなさんは何が決め手で選びますか??

・Martin:000-28EC  GIBSON:J-45 TVかSTD
・目的 弾き語り (ストローク・フィンガーあり)
・メインの練習場所&時間 自宅・仕事からの帰宅後のため夜(ストロークの練習は出来ません。)
             リハスタで練習(休みの日に、2~3時間ほど 週1-2くらい)
・好きな音色は、GIBSON J-45
・好きなサイズは、Martin 000-28EC

上記のような、条件&練習環境です。
ちなみに、アコギは現在所有していません。(以前に、taylor 810所有 自分には少し大きく感じていました)
現在のところ、音で決めるべきかなと思って、GIBSONに傾いてはいます。
しかし、若干サイズが大きく感じるのと、GIBSONのギターの持ち味が出るストローク練習が限られてしまいます。前回のTaylorがそうでした。
宝の持ち腐れになってしまいそうで・・・。
000-28ECでも、もちろん自宅でピックでストロークは出来ませんけど、J-45よりは扱いやすいのかなと。(あくまで、イメージです。)

ぜひ、ご意見を聞かせてください。

下記のような、条件&練習環境ならみなさんは何が決め手で選びますか??

・Martin:000-28EC  GIBSON:J-45 TVかSTD
・目的 弾き語り (ストローク・フィンガーあり)
・メインの練習場所&時間 自宅・仕事からの帰宅後のため夜(ストロークの練習は出来ません。)
             リハスタで練習(休みの日に、2~3時間ほど 週1-2くらい)
・好きな音色は、GIBSON J-45
・好きなサイズは、Martin 000-28EC

上記のような、条件&練習環境です。
ちなみに、アコギは現在所有していません。...続きを読む

Aベストアンサー

好きな音色がJ45なら、自分なら迷うことなくそれを選ぶと思います。
なぜなら、000-28にはJ45の音は出せないから(逆もまた然り)。

もちろん000-28も素晴らしい音です。でも自分の「音」のイメージができているなら、そしてそれがJ45だと明確にわかっているなら、たぶんがっかりするだけでしょう。
(弾いているうちにそっちが好きになった、とか言う可能性はこの祭除外)

なおギブソンはストローク向きという評判はありますが、私はそうは思いません。
例えばジェイムズ・テイラーは昔からJ50を使った繊細なフィンがリングでの弾き語りが有名です。
逆にマーチンの000でもおそらくJ45より音量は大きいですし、繊細な分いい加減な(音量を抑えるためになどで)タッチで弾いていたら一番いい音を引き出すことはできないでしょう。


ギブソンでもう少し小さめだとB25も良い楽器です。
また小ぶりだけどマーチンの000とは毛色の違うGUILDのF-30なんかも試してみると良いかもしれません。こちらはかつてポール・サイモンが使用していました。

いずれにせよ「J-45」と言っても年代や個体によって一つ一つ音が異なりますので、モデル名だけで一概に言えないのは言うまでもありません。
労を惜しまず足を運んで、1本でも多くの楽器を試されることを強くお勧めします。

好きな音色がJ45なら、自分なら迷うことなくそれを選ぶと思います。
なぜなら、000-28にはJ45の音は出せないから(逆もまた然り)。

もちろん000-28も素晴らしい音です。でも自分の「音」のイメージができているなら、そしてそれがJ45だと明確にわかっているなら、たぶんがっかりするだけでしょう。
(弾いているうちにそっちが好きになった、とか言う可能性はこの祭除外)

なおギブソンはストローク向きという評判はありますが、私はそうは思いません。
例えばジェイムズ・テイラーは昔からJ50を使った繊細なフ...続きを読む

Qみなさんがアコギのリペアと調整をするのに、オススメするお店を教えてくだ

みなさんがアコギのリペアと調整をするのに、オススメするお店を教えてください。


ちなみに住居は佐世保です。

郵送も可能だったら遠方でも構いません。

コメントが足りないようでしたら追記します。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実物は知らないけど、なかなかの名機みたいですね!
ネックの調整は場合によっては、ナットやブリッジ、フレットの調整も必要になってくることが多いので5万円~8万円くらいは見ておいたほうがいいかも?
私は最近はアコギのメンテナンスはしていませんが、以前はこちらにお願いしていました。

参考URL:http://www.shimoguitars.com/

QMartin D-28、Gibson J-45によく似たギターがあれば教えてください。

Martin D-28、Gibson J-45の本物が買えればいいのですが…
お金がなく入る予定もないので不可能なのです。
なのでそれぞれに似ているギターがあれば教えてください。
見た目が似ていれば満足です。
このギターをこうすれば…みたいなのでも構いません。
なお後者につきましてはエピフォンのAJ-45以外でお願いします。
金額は7~8万円までです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マーティンならSヤイリ↓

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/tai-sound.co.jp/g/y0004/index.shtml

J45はKヤイリ↓

http://www.watanabe-mi.com/shopping/AG/04AG/KYairi/jy45b.html

Qアコギ弦高調整について。

アコギ弦高調整したいと思っています。12Fの6弦で3.5mm1弦で3mmくらいです。
最終Fで4mm以上あります。私の知りたいことは素人の私の目にはこのギターのネックはほぼ
まっすぐに見えます。ですのでサドルを1mm削って見ようと思っています。
間違っていますか?ネックがそっているならそちらの調整が先ですよね?誰か詳しい方ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

目をサドル側に当てて指板を水平にナット側を見れば反りは解ります。
そのままナットとサドルが重なる様に見えて行けば反り無しです。
この場合はサドルを削れば良いと思います。

そもそもサドルは弦高調整の為の消耗品なのですから。

QGIBSON J-185

を購入予定なのですが、
ピックアップは、現行品に搭載されているLRBAGGSのElementか、M1 Passiveのどちらかで迷っています。

現在はテイラーの114Eを使用しています。

音源はこんな感じです。
http://www.audioleaf.com/trafficlight/

どなたかアドバイスいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アコースティックギター向けのPUであれば
McIntyreのAcousticFeatherというPUが最高ですよ。

http://www.ai-trade.jp/showwindow/mcintyre/index.html
(僕が探した中ではこちらが一番安価でしたが、
 クロサワさんやイシバシさんでも取り扱っています)

現段階ではそこまでメジャーな物ではありませんが、
最近ではプロの方も結構仕込んでいると
いろんな店舗のリペアマンさんからも耳にします。
(山崎まさよしさんなども使用しているそうです)

自らも過去に色々と取り付けたり、
店頭で試奏したりと、様々なPUの音を耳にしてきましたが
今のところこれが一番でした。

もちろん、あえてピエゾのジャキジャキした音がほしい場合などには
不向きですが、そのギターの持つ生音に可能な限り近い音を再現したいので
あれば、こちらがベストかと。

生音の再現性が高いので、
良いギターであればあるほど出力する音も良くなります。

マグネットタイプ(M1等)も良い音を出してくれる物はありますが、
サウンドホールに取り付けるため、トップ板の痛みや
美観を損ねるというデメリットがあります。

その点、こちらはブリッジ下のトップ板裏に貼り付けるタイプですので
美観も損ねず、ギターの損傷もありません。

出力があまり大きくない点も、プリアンプを経由したり
内蔵プリアンプを仕込めば解消できるので問題ないでしょう。

きっと後悔しないと思いますよ!

アコースティックギター向けのPUであれば
McIntyreのAcousticFeatherというPUが最高ですよ。

http://www.ai-trade.jp/showwindow/mcintyre/index.html
(僕が探した中ではこちらが一番安価でしたが、
 クロサワさんやイシバシさんでも取り扱っています)

現段階ではそこまでメジャーな物ではありませんが、
最近ではプロの方も結構仕込んでいると
いろんな店舗のリペアマンさんからも耳にします。
(山崎まさよしさんなども使用しているそうです)

自らも過去に色々と取り付けたり、
店頭で試奏した...続きを読む

Qガットのテンション調整でハードヒッター向けに調整できますか?

こんにちは。

現在、HEADのTi.S6というラケットを使用しています。
あまりテニスのことを分からないときに買ったもので、
現在は飛びすぎな気がします。

 フェイスサイズ:740平方cm(114平方inch)
 フレーム厚:29mm
 フレーム長:703cm(3/4inch Long)
 平均ウエイト:225g
 平均バランス:380mm
 ストロングパターン:16/19
 適正テンション:50~60lbs

このスペックなんですが、テンションの調整である程度ハードヒッター向けにしたいです。
テンションは60lbsでいいでしょうか?

またガットはYONEXの強チタンを使用です。
他にお勧めのものがあればよろしくお願いします。

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

飛びを抑えるとかハードヒットを目的にするのであれば
timeupさんに回答通りラケット買い換えた方が賢明です。

ラケットを買い換えないで使うのであれば、ガットをハイテンション
にしてポリガットを使用するしかないです。

私は過去にプリンスグラファイトの110を70ポンドで張っていました
が、Ti.S6は面が大きいのでそれ以上のハイテンションで張らないと
駄目でしょう。
当然、推奨テンションを大幅に上回り、フレームの歪みを来す
原因になります。ショップの人もいい顔はしないでしょう。
ラケットが破損しても良いですか?と念を押されると思います。

フレームの型がハイテンションに強いボックス型ではなく楕円型で
は引っ張り強度に弱いのでは?と思います。

仮に歪みなく上手く張れても、ラケットはヘタリ易いと思われます。
確かモニカ・セレスはラージサイズで80ポンドのハイテンション
で張っているらしい記事を昔で本で見ましたが、プロは何本でも
メーカー側からラケットの提供があるから出きるのです。

元々、HEADのTi.S6はパワーはないがテニスを楽しむ人向けの
最右翼側だと思います。軽く操作性が良くラケットのパワーで
ボールを飛ばすことが可能です。

そのラケットにハイテンションで張るというのは本来の目的と
相反する使い方になるのであまりお奨めはできません。

テニススタイルをもう少しハードヒットしてみたいのであれば
25mm前後で100平方辺りのラケットに乗り換えた方が良い結果
がでるような気がします。

飛びを抑えるとかハードヒットを目的にするのであれば
timeupさんに回答通りラケット買い換えた方が賢明です。

ラケットを買い換えないで使うのであれば、ガットをハイテンション
にしてポリガットを使用するしかないです。

私は過去にプリンスグラファイトの110を70ポンドで張っていました
が、Ti.S6は面が大きいのでそれ以上のハイテンションで張らないと
駄目でしょう。
当然、推奨テンションを大幅に上回り、フレームの歪みを来す
原因になります。ショップの人もいい顔はしないでしょう。
ラケ...続きを読む

QGIBSONのアコギの音の特徴

GIBSONのアコギは他のメーカーのアコギに比べてモデルごとに音の特徴がはっきりしていると聞きました。
言葉で表わすのは難しいかも知れませんが教えて下さい。

サザンジャンボ、ハミングバード、DOVE、Jシリーズスーパージャンボ系、Jシリーズラウンドショルダー系などの違いを知りたいのですが。

Aベストアンサー

モデル毎に聞き分けができるほどの耳を持っているなら、このような質問は出ないと思いますが、一応私なりのイメージをお知らせします。それで分からなければ、やはり質問者さん自身が楽器店で弾き比べて違いを感じるほかないでしょう。

サザンジャンボ
オールラウンドに使える中庸な音、ただしシングルノートは弱い
音量そのものは見た目ほど大きくない

ハミングバード
暖かみのある柔らかい音、アルペジオに良い
見た目ほど派手な音が出るわけではない

DOVE
歯切れ良く、カーターピッキングすると心地よい
見た目通りの派手な音が出る

Jシリーズスーパージャンボ系
胴体の割りには音量無く、ハードなストローク向き
体躯の小さい日本人が使いこなすのは困難かも

Jシリーズラウンドショルダー
フィンガースタイルならこのタイプ、特にブルーズには良い。
特にJ45は初心者にもおすすめできる汎用機

Qベルトのテンションを調整して規定の値にしますの訳

下記の訳は問題ないでしょうか?

ベルトのテンションを調整して規定の値にします。
该条款的调整皮带的张力值。

Aベストアンサー

将皮带的张力调整到规定值。

QGIBSONアコギのネック起きについて。

今日ひさしぶりにアコギ(2004年製ギブソンJ-200)を手に取り爪弾くと、やたらと弾きにくい。よく見ると弦高がやけに高くなっているではありませんか。でヘッド側からネックを見下ろすと、どうもネックジョイントあたりから一気に順反り方向に角度がついている。嫌な気はしましたが、とにかくロッドを締めこんでみる。3回くらいに分けて合計180度くらい回したあたりで、ネックのローポジションのほうだけ逆反りになり始めている様子で、ネックジョイントからついている角度には変化がない。

もしかしてネック起き・・・?無念です。今まで自分のギターではネック起きなどなかったのに。確かにしばらく弾いていませんでした。スタンドにレギュラーチューニングで立てかけたままでした。反省してます。

ネック起きはアイロンで直すのでしょうか。工房に頼むといくらくらいするものでしょう?また、ネック起きの原因はレギュラーチューニングのまま長期保管していたことでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネック起きというかハイ起き?
ハイ起きならリペアショップに持ち込みでしょうね。
アイロンを使用すると言っても熱で軟化する接着剤を使っているものじゃないとあまり効果はないと聞きますが、どうなのでしょうか。
チューニング状態で長期保管というのは原因の一つなんじゃないですかね。
他にも恐らくローズ系の指板でしょうから、温度湿度の関係も出てくるんじゃないでしょうか。
それらの原因がいくつも重なって起きてしまったのでしょう。

値段はまちまちなんですよね。
1万~2万でやってもらった人もいれば10万とかもはやリフィニッシュしたくらい取られてる人もいますし・・・


人気Q&Aランキング