プロレスファンとして少し心配なことがあります。プロレスがこの世からなくなっちゃう日がいつかくると思いますか?といいますのは今、少子化じゃないですか。ということはこれからレスラーになる人も少ないだろうし、今の選手たちも20年後ぐらいには引退してしまうだろうし、そのとき子供が少なすぎてレスラーになるひとが全くいなくなってしまったとしたら、やはりプロレスはもう終わりなのでしょうか?みなさん21世紀中もずっとそしてこれからもプロレスは続くと思いますか?それとも終わってしまう時がくると思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

結論から申し上げますと、プロレスがなくなることはないです。

プロレスは格闘技の面白く、楽しい部分をわかりやすく、凝縮して観客に見せるものですから、プロレスが滅びるときはこの世の中のすべての格闘技興行がなりたたなくなるときですね。プロレスぐらいじゃないですか?ルールを一切知らなくても楽しい格闘技的なショーって。そういった意味では需要は減らないと思います。
 ただプロレスの内容が細分化され、より格闘技色が濃くなったもの(戦極やDEEP、修斗といったもの)から、ショーアップすることを目的としたもの(倒産したハッスルやDRAGON GATEなど)まで登場した結果、今までのような大興行をうつような団体が減る、もしくは力を失うことはやむを得ないでしょう。
    • good
    • 0

レスラーを目指す人達の動機は誰よりも強くなりたいからです。

 この性分は人間である以上無くならないでしょう。 むしろ業界を支えるファン達の存在が心配です。
 その時代・時代で流行があり、うまくはまれば盛り上がるし、要素がなければ衰退します。
 今、格闘技界も色々な分野に分かれていて、それぞれがしのぎを削っています。 卓越したヒーローがいる団体が大多数にアピールし、いない団体では縮小(営業的に)していくのはいたしかたないでしょう。
 WWFの話題が出ていましたが、一方のいまだに頑張っているハルク・ホーガンのWCWは売却が決まり泥沼化になっています。時代にアピール出来るか否か?でしょうか。
 それと、長い眼で見ていてブームがあります。今、少し飽きられつつあるのではないでしょうか。何年かすればまた盛り上がってくるでしょう。
    • good
    • 0

プロレスはなくならないでしょう。


今、アメリカで「WWF」という超人気団体がありますよ。最近業績がうなぎ上りで一部上場有用企業だとか。(もう上場したっけ?)
ウチではケーブルテレビで見れます。もう毎日放映していて、ウチの親は毎日観てます。
もっとも日本の一部のファンには受け入れられない形態かもしれませんが。

私はやはり「ガラガラ蛇」のストーンコールドが好きだな。
#この話にどれだけの人がついて来れるのかなー?
    • good
    • 0

少子化でなくなっちゃうとしたら、他のものもすべて


同じような危機だから、その点はまあ心配しても仕方ない
ことだとは思いますけど……でも、そんなに簡単に無く
なるってことはないのではないでしょうか?

それより心配なのは……。

実は、私、男性のプロレスに関しては偏見のあるファン
なんですよ。
どうも、子供の頃から憧れた女子プロレスの影響が強くて
最初、男性のプロレスを見始めたときの感想が
「なんで、ロープ最上段から飛ばないの?」、「どうして
入場時に派手な曲かけてパフォーマンスしないの?」とか
「持ちワザに固有の名前がないのはなぜ!」、「衣装が
地味じゃん!!」というカンジでしたので。
「男は強さを求めるんだ」とか言われそうですが……、
ちょっと待って! 強さを求めて他の格闘技のテリトリー
に進入することによって、プロレスらしさがなくなっちゃ
うのは……イヤじゃありません?
マットの上で最初から最後まで間接ワザしかでなかったら
それってプロレスかなあ…って思うんですよ。

プロレスは続くと思うけれど、個性のないプロレスには
なってほしくないですね。
    • good
    • 0

こんにちは、一プロレスファンとして意見を述べさせていただきます。



「少子化に伴うレスラーの不足」ですが、心配いらないと思います。
もし仮に、少子化が進んでレスラーになる人がだれもいなくなったとしたら、
おそらくそれを見る人もいないはずですし、
地球上からプロレスラーがいなくなるときは人類が滅亡してるんじゃないですか。
少子化と言う面に関して、人類が存続する限りプロレスが消滅するような事は有りません。(と思います)

もう一つ心配なのは「プロレス人気の衰退による廃業」ですが、
はっきり言って何ともいえません。こればかりは。
ただし、昨今の格闘技人気は見ての通りですし、その中において
たとえば桜庭選手のように、プロレスの存在は大きいものだと思います。
少なくとも今、プロレスを好きで見ている世代が健在である限りは
存続する事は間違いないでしょう。
プロレスはお客さんに見てもらうのが仕事ですから、見る人がいれば
続ける事ができます。逆に見る人がいなければ衰退していくという事です。

結論。プロレスファンがいる限りプロレスは存在し続けます。
21世紀もずっとプロレスが続くためにはみんなでプロレスを見ましょう。
そしてプロレスの魅力を次の世代に伝えましょう。
以上です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロレスだったらプロレスラーが最強ですか?

ヒョードルやミルコといえども、プロレスの試合だったら、プロレスのチャンピオンに勝つのは不可能ですか?

丸藤正道や棚橋弘至に、プロレスの試合で勝つことは絶望的ですか?

ミルコのハイキックも、プロレスの試合だったら、ヒットさせることは無理でしょうか?
仮にヒットしても、それで打たれ強いプロレスラーを仕留めることは不可能でしょうか?

Aベストアンサー

予定調和があろうとなかろうと、プロレスの試合ならプロレスラーが有利ですよ。ロープブレークや場外、反則がOKですから、他の格闘技の選手はプロレス特有のペースにとまどうはずです。もちろんヒョードルやミルコとなると、勝てるプロレスラーも多くはないでしょうが、全滅にはならないでしょう。プロレス界で実力者と言われている選手なら負けない可能性も高いです。
意外に小川良成選手あたりが迎撃に適任かもしれません。

「その世界において、現役プロレスラーが結果を出したことはない」なんてことはないです。パッと思い浮かぶだけでもダン・スバーン、桜庭、A大塚、藤田、中邑とか。

スリーカウントルールは柔術の選手相手には有効ですよ。簡単にフォールとれます。私はプロレスラーではありませんが、スパーで某有名選手を簡単にフォールしました。

彼らがプロレスを成立させるような動きをしてもトップ選手のスタミナにはついていけないでしょうし、最初からセメントで攻めても、プロレスラー側がそれを最初から察知していれば、終始ロープを背にして、相手が近づけばサッと場外に出るなどして、イライラさせれば大丈夫でしょう。

予定調和があろうとなかろうと、プロレスの試合ならプロレスラーが有利ですよ。ロープブレークや場外、反則がOKですから、他の格闘技の選手はプロレス特有のペースにとまどうはずです。もちろんヒョードルやミルコとなると、勝てるプロレスラーも多くはないでしょうが、全滅にはならないでしょう。プロレス界で実力者と言われている選手なら負けない可能性も高いです。
意外に小川良成選手あたりが迎撃に適任かもしれません。

「その世界において、現役プロレスラーが結果を出したことはない」なんてことは...続きを読む

Q日本で一番強いプロレスリングレスラーは誰ですか

その昔は金曜日8時だったかな力道山以降ずっと楽しみにテレビを見ていましたけどいつの間にか放送も無くなりました
でも最近は多チャンネルで多くのプロレス番組が見られる様になりました。
ただ誰が一番強いのか分からなくなりました
昔はワールドプロレスで世界一まで決めていたのに残念です

プロレス以外の格闘技も好きです

でもプロレスが一番好きです

Aベストアンサー

プロレスを真剣に誰が強いくて弱いかを論ずるのは全く意味がありません。
なぜならプロレスは「ショー」であり「興行」だからです。
これを「八百長」という人がいますが、「八百長」とは真剣勝負を金その他のもので買うことです。大相撲には八百長があるみたいですが。
プロレスはあくまで「ショー」であり「八百長」とは異なります。でも私はプロレスが好きです。
ジャンボ鶴田がプロレスラーを引退後、大学教授時代に論文を書いてますので、それを読んでみるとなんとなくわかります。ネットで探せると思います。

Q女子プロレスラー、クレーンユウについて。新日本プロレスのブラックキャットについて。

昔、クレーンユウと言う女子プロレスラーがいたと思うのですが、彼女はレスラーを辞めてレフリィ-になったと聞いたのですが本当ですか?もし本当なのであればなぜそうしたのですか?教えてください。
また、新日本プロレスにブラックキャットというレスラーがいると思うのですが彼について詳しく知っている方はいろいろ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、男です。

ブラック・キャットとは今から15年位前に会場で主婦(小さいガキ連れ)
にサインを求められサインした後、主婦に「ところであなたは誰ですか?」
と言われた、そういうタイプのレスラーで細かく言うと人種的には確か
メキシコ人と中国人のハーフで今から約20年位前に来日し現在に至り
ビジュアル的に言えば最近のモハメッド・アリに似ていて褐色の肌に
モヒカン、おまけに胸板には激闘の?長い歴史を裏づける深い傷があり
性格的にはテレビ放送のときは必ずカメラが向いてる方に常に居るという
大変動きが早く勘の鋭い目立ちたがり屋のレスラーです。

それでは良い一日を

Qサブミッションを知らないアマチュアレスラーとアマチュアレスリングを知らないキャッチレスラー。

サブミッションを知らないアマチュアレスラーとアマチュアレスリングを知らないキャッチレスラー。グラウンドではどちらが強いですか?

Aベストアンサー

一概にはなんともいえないですよね。

柔術とかは知っていなければほぼ返せないアリ地獄のようなイメージです。グラウンドは経験だと考えればサブミッションをしらないというのは致命的だと思いますが・・・
どちらも全く知らないという前提がありえないので・・やっぱりわからないですね^^;

私的にはキャッチレスラーの方が有利ではないかと思います。

しかし、最近かな?UFCに出てきたブロック・レズナーなんかはサブミッションはまったくですがしっかりとグラウンドで相手をコントロールしてましたよ。

あ、でも最後は腕関節とられて負けてましたっけ。

Qあのレスラーは今

太陽ケア、元大阪プロレスの薬師寺、高野俊二(拳磁)らは今どこで何を・・?

Aベストアンサー

大阪の大量離脱は、当時始まった新日本との対抗戦を巡って表面化した、「方向性の違い」が原因だったと思います。
団体外に向いているデルフィン選手に対し、団体内を見ていた東郷選手らは反発したみたいです。

ただ、他にも何かあったのでは…って思いますけど。
表向きは以上の理由でした。

珍念選手はどうやら「ふく面」にも出てないみたいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報