甲殻機動隊の映画をみたのですがあれはシリーズものなのでしょうか?それとも1回限りの映画なのでしょうか?今日見た映画はProject2501というものがでてくるやつです。最後に相手の体に移るか移らないかのところで射殺されそうになったやつです。

それと見た映画のなかで人類とはどういうものととらえられてるのでしょうか?映画自体がテクノロジーにたいしてしている想定というものは何なのでしょうか?

最後にこの映画は楽観的映画なのでしょうか?それとも悲観的なのでしょうか?

PS 最後に主人公(?)が「わらべが・・・」とかいう捨てぜりふを残してからさったのですがいったいどういう意味があったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「甲殻機動隊」はビデオ化される10年ぐらいまえに、単行本の漫画で発売されています。

その最後の話しの部分が、ビデオ化されたモノです。(内容はかなり手直しされている。)
また、この単行本も1冊だけでシリーズものではありません。

結構おもしろいので、漫画本の方が、シリーズ化されるのではないかと思って楽しみにまっていたのですが、結局シリーズ化されないまま、気が付いたらビデオが出ていました。ビデオも1本だけだったと思います。

「ブレードランナー」という映画と同様に生まれるのが早すぎたと思います。

内容については、考えさせられる事が結構あったのですが、かなり前に見たので、大まかなイメージしか残っていません。ですから、内容的なご質問には、もう一度見てみないと答えられません。(すみません。)急ぎでなければ、また見て感じた事を書いてみようかとは思いますが、お急ぎのようですので、内容面に関しては、他の人にまかせたいと思います。

助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

御覧になったのは士郎政宗原作「攻殻機動隊」(講談社刊)を押井守がアニメ映画化したものです。

原作は今のところ2巻刊行されています。原作と映画では思想的な面でずれはあるものの、原作者の宇宙観や思想を覗くには青心社から出ている「仙術超攻殻ORION」をお読みになるとよろしいかと・・・。

個人的な感想ではこの映画は楽観的だと思います。(人類に可能性が与えられているという点で。主人公も最後に「ネットは広大だわ」とかいってますしね。この辺りは原作に詳しく?書いてあります。)
    • good
    • 0

え~と、突っ込みみたいな内容で申し訳ない


のですが、『攻殻機動隊』は2巻が去年の
12月に出てます。
そこでは素子(主人公)が広大なネットワーク
の中に、個という存在を通り越して存在する、
ある意味、人はどこまでが人であるのか?と言う
問題に触れてるような気がします。

まぁ、その根っこは1巻のころからちらちら出て
ますので、是非一読されたし!

(個人的感想)
ゴーストと言う存在と電子の中に存在する擬似的
な精神は、どこで線引きできるのか?
人の形を持つものが人なのか?
色々と考えさせられて、楽しいと感じます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甲殻機動隊について教えてください(映画)

退職の自由がある。そのときはギタイを返す。
という話が出たのですが

1.もともとの体は保存されていて
それを返してもらえるのか

2.特殊能力の無いギタイを作ってくれるのか

ちょっと疑問に思いました
(ちなみに原作もTV版も知りません)

1だとしたら年齢のギャップが出来そうですが
科学力でなんとかするのでしょうか

Aベストアンサー

「攻殻機動隊」の素子の話ですか?
素子(少佐)は脳と脊髄の一部以外は全身義体です。
政府の支給です。
その義体は今の仕事をしている限り
最高のメンテナンスも受けられます。
義体は政府の備品扱いなので退職すれば返さなければ
ならなりません。
自分で義体を用意しなければならないでしょう。

現在スカパーで放送中の「攻殻S.A.C. 2nd GIG」で
子供時代の素子の使っていた義体が出てきます。
(当時子供の全身義体は珍しかったので保存されていたらしいです)2ndの6巻。
これまでに幾つもの新しい義体に乗り換えて来ています。

Q甲殻機動隊を見る順番は・・・・?

よろしくおねがいします。
甲殻機動隊のビデオを見てるのですが、笑い男の回を見終って、次はどれを見ていいのかわかりません。。。
stand alon complexの2だとは思うんですが、これの長編?見たいなのがありますよね。。。あれは先に見るのでしょうか?あとで見るのでしょうか?また、まだ他の作品もあるなら見てみたいのですが、紹介しているHPでもいいので、教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man」と「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven」はそれぞれTVシリーズの編集版なので、見なくても良いです。
シリーズを見終わってから見ると、なんだか物足りないし、先に見てしまうと内容がわかってしまうし・・・見たい人が見るものじゃないでしょうか?

劇場版もあるので、「GHOST IN THE SHELL」→「イノセンス」の順で見てください。(TVシリーズとは若干雰囲気が違います。)

今度、新作の『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』がDVDで出るそうです。


http://www.production-ig.co.jp/contents/works/

Q機動戦士ガンダムファンに質問です、ラフタの射殺をどう思いますか?

機動戦士ガンダムファンに質問です、ラフタの射殺をどう思いますか?

Aベストアンサー

いやぁ唐突でしたね。ショックでした。
ガンダムシリーズは主要なキャラもどんどん死ぬアニメ
なのでシナリオ的にしょうがない気もします。

Twitterのどこかで見た次回予告を勝手に引用しますが、

次回予告 「次回予告に出ると死ぬ」 

というフレーズがありましたが、言いえて妙だと思いました。

Q甲殻機動隊

甲殻機動隊のなかで、激しいまたはカッコイイ戦闘シーンが収録されている回のタイトルを教えて下さい。

Aベストアンサー

一応、言っておきますが、甲殻機動隊ではなく攻殻機動隊です。

さて、では私的ですがお答えします。

SAC(第一期)
第一話「公安9課」冒頭の少佐のアクションが良いです。
第六話「模倣者は踊る」少佐とパズが警備員と戦うシーンです。
第七話「偶像崇拝」後半の方も良いですが、ホテルでの少佐のアクションがお気に入りです。
第十三話「≠テロリスト」大きな動きこそないですが、戦争のようなシーンが良いです。
第十四話「全自動資本主義」カッコいい……というわけではないのですが、腕が銃になる描写が好きです。
第二十話「消された薬」トグサが一人活躍するシーンです。
第二十一話「置き去りの軌跡」アームスーツ相手に戦うシーンです。
第二十二話「疑獄」少佐がやった回し蹴りが好きです。それだけですが。
第二十四話「孤城落日」海坊主と戦っているシーンは忘れ難いです。
第二十五話「硝煙弾雨」タチコマの戦いっぷりは最高です。

2ndGIG(第二期)
第一話「再起動」後半のテロリスト制圧シーンです。
第三話「土曜の夜と日曜の朝」キャッシュアイのアクションが全体的に良いです。
第四話「天敵」タチコマに乗ってのジガバチとのアクションです。
第五話「動機ある者たち」久瀬に対するアクションです。
第十一話「草迷宮」少佐がトイレから出るシーンです。
第二十一話「敗走」バトーと久瀬の格闘が良いです。
第二十四話「出島、空爆」ジガバチ相手の逃走劇(?)が良いです。

とりあえず、『回のタイトル』とのことなので、押井監督の映画二作品とソリッドソサエティーは除外しました。

この中でも特にお気に入りなのは、一期の七話です。

一応、言っておきますが、甲殻機動隊ではなく攻殻機動隊です。

さて、では私的ですがお答えします。

SAC(第一期)
第一話「公安9課」冒頭の少佐のアクションが良いです。
第六話「模倣者は踊る」少佐とパズが警備員と戦うシーンです。
第七話「偶像崇拝」後半の方も良いですが、ホテルでの少佐のアクションがお気に入りです。
第十三話「≠テロリスト」大きな動きこそないですが、戦争のようなシーンが良いです。
第十四話「全自動資本主義」カッコいい……というわけではないのですが、腕が銃になる描写が好...続きを読む

QAKIRAや甲殻機動隊について

友達に進められて観たのですが、話が難解なのもあり、おもしろいと感じれませんでした。このアニメに気持ちを揺さぶられた方がいたら、どの辺が揺さぶられたか教えてください。絵がきれいとかの理由の他を希望します。

Aベストアンサー

攻殻機動隊について回答します。
(95年劇場公開 「ゴースト・イン・ザ・シェル)について)

わたしも初見では世界観や用語にとまどい、なんとなく観ていたクチです。
その後、押井 守監督の別作品をみて、言わんとしている事が浮かんできました。
「攻殻~」は士郎 正宗原作のマンガの世界設定を借りて、
押井監督がマイテーマを表現したアニメだと思ってください。

マイテーマとは「現実(と思うもの)の不安定感」。
ごく当たり前な自己認識や記憶が、もし誰かに与えられたものだったら・・・
果たして自分とは何者なのか?
そんな空漠な不安感、個の定義のあいまいさを問いかけ続け、
観る者の自意識を揺るがします。この作品が公開された90年代中頃は
オウム教団事件や「新世紀 エヴァンゲリオン」のブームなど、
個の迷走が取りざたされており、「攻殻~」も近未来のネットを舞台に
現実社会の不安定さが訴えかけられています。

というわけで、この作品のおぼろげな意図をしりたいなら、押井監督の他の作品も
観ていただきたいです。お薦めは『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』と
『機動警察 パトレイバー the movie2』。
「攻殻~」と同様、人気マンガの設定を借りて、押井ワールドが表現されています。
なんとなく世界観がわかったら、昨年公開の続編『イノセンス』や、
外伝的な『Stand Alone Complex』シリーズをご覧になってください。


ちなみに、「攻殻~」が公開された95年は、Windows 95が世に出て、
ようやくインターネットが知られはじめた頃です。
その当時に「電脳」や「ネット上の生命体」という発想が先駆的だったことも、
作品の評価に含まれていると思います。
                                 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%BC%E4%BA%95%E5%AE%88
                                     

攻殻機動隊について回答します。
(95年劇場公開 「ゴースト・イン・ザ・シェル)について)

わたしも初見では世界観や用語にとまどい、なんとなく観ていたクチです。
その後、押井 守監督の別作品をみて、言わんとしている事が浮かんできました。
「攻殻~」は士郎 正宗原作のマンガの世界設定を借りて、
押井監督がマイテーマを表現したアニメだと思ってください。

マイテーマとは「現実(と思うもの)の不安定感」。
ごく当たり前な自己認識や記憶が、もし誰かに与えられたものだったら・・・
...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報