モルについて教えてもらいたいんですが、

1モルの水酸化ナトリウム溶液を作りたいときは、

水酸化ナトリウムの分子量ぶんの重量を測りとって

1リットルに溶かせばいいんでしょうか?教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おそらく、nori__o さんは、「モル濃度」のつもりで、説明を書いていますが、「モル濃度」であれば、やり方は間違えです。



「モル」という言葉がつく「濃度」は、実験室や研究室で最もよく使われるのは、「モル濃度」です。
次に使用方がかなり、限定されますが、「質量モル濃度」というのがあります。
marimo_cx さんのいっている質量パーセント濃度には、「モル」という言葉が有りませんので、質問者の問うている濃度では、無いと思います。

次に、この2つの濃度の定義について説明していきます。

「モル濃度」‥‥‥溶液1リットル当たりに溶けている溶質の物質量
          (溶液1リットル中に溶けている溶質のモル数)
「質量モル濃度」‥溶媒1kg当たりに溶けている溶質の物質量
          (溶媒1kgに対して溶けている溶質のモル数)

ですから、
1モル/リットルの「モル濃度」の溶液を作りたいのであれば、次のようにします。
溶質1モルを用意し、これを500ml程度の溶媒に溶かします。完全に溶けたあと、これに溶媒を加えて溶液の体積を1リットルする。
質問の「1モル/リットルの水酸化ナトリウム溶液を作りたい」のであれば、水酸化ナトリウム1モル(質量で40g)を用いて、水500ml程度にとかし、その後水を加えて溶液の体積を1リットルにすればよいのです。
最初に溶かす水の量は、溶かした後で1リットルにするので水酸化ナトリウムなどの溶質が完全に溶ける量を加えればよいです。ですから300mlでも800mlでもかまいません。

1モル/kgの「質量モル濃度」の溶液を作りたいのであれば、次のようにします。
溶質1モルを用意し、これを別に用意した溶媒1kgに溶かせば完成です。
質問の「1モル/kgの水酸化ナトリウム溶液を作りたい」のであれば、水酸化ナトリウム1モル(質量で40g)を用意し、水1kgにとかせば完成です。
こちらの方が作りやすいです。

「モル濃度」の方が作るのが面倒ですが、実験室などでは、溶液の体積を測定して混合するだけで、含まれている溶質の物質量が簡単に求められるので、「モル濃度」を使うことが多いのです。

このようにどうして良いのか分からなくなった場合は、単位を確認してください。
単位がヒントとなり、考えかたなどが見えてきます。

なを、水酸化ナトリウムはイオン結合性物質ですので、「分子量」ではなく「式量」です。通常使っている場合は両方とも記号で「M」や「Mw」と同じ形で示しますので、あまり気にして使っていませんが、気になったの蛇足ですが、付け加えて書きました。

助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
    • good
    • 0

 方法はtukitosanさんの回答が正確です。

が、必ず、メスフラスコ(1リットル)を使って、メスアップしてください。
 正確ですばやい秤量も必要です。水酸化ナトリウムは潮解性があり、空中の水分を吸い込んで、すぐドロドロになりますから。さらに通常は粒状ですから、正確には40gを計れないのです。
 つまり、正確な濃度の水酸化ナトリウム水溶液は、通常の実験室では作れません。ので、中和滴定で、濃度を確認しなければいけません。
 さらに、空気中の二酸化炭素と反応して炭酸ナトリウムを生じますから、時間が経てば濃度低下を起こします。特に、今の例のような濃い溶液では。
 なお、濃度の表示ですが 1M-NaOH で1モルの水酸化ナトリウム溶液といいます。もちろん、mol/l:モル濃度のことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんどうもありがとうございました。

変な質問の仕方ですいませんでした。

とても勉強になりました。

お礼日時:2001/01/19 16:12

tukitosanさん他の詳しい回答がありますが、追加の情報です。


ご存知でしょうが、NaOHを溶解する場合は発熱反応ですから、気をつけてください。くれぐれも飛んだ水酸化悟りウム溶液を皮膚につけないように・・・。

ご参考まで。
    • good
    • 0

1モル/リットルという事だと思うのですが、


1リットルの溶液に1モルの水酸化ナトリウムが溶けているわけなので、
1モルの水酸化ナトリウムを蒸留水に溶かして合計1リットルにする事になります。
1リットルの水に溶かすだけならイオンの関係で水溶液の量が減ってしまい、
1モル/リットルより多めになってしまいます。
    • good
    • 0

実験などをされる時は単位をしっかり考えて下さい。


重量パーセントやmol/lなど色々です。
質問の文章は恐らくmol/lの質問でしょうが、文面を正確に解釈すると
濃度については言及されていません。その辺りをしっかりしないと危
険です。安全な操作をするために答は書きませんのでもう一度自分で
調べて理解して下さい。
    • good
    • 0

「1モルの水酸化ナトリウム溶液」というのが謎ですが


「1モル/リットルの水酸化ナトリウム水溶液」を作りたいのであれば
ご推測のように40gの水酸化ナトリウムを1lの水に溶かせばよいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1M水酸化ナトリウム溶液

学生実験で、1M水酸化ナトリウムの調整という文章を読みました。
実際にはその操作はおこなっていないのですが、気になることがあります。文章は以下の通りです。

「水酸化ナトリウム165gを、二酸化炭素を含まない150mLに溶かし、大気と接しないようにして、数日放置する。炭酸ナトリウムは溶けずに沈殿する。その上澄液を54mLを、二酸化炭素を含まない水に加えて1Lとする」というものです。

上澄液は水酸化ナトリウムの飽和水溶液になっていると考えると、上澄みの水酸化ナトリウムが27.3Mとなり、最終的な水酸化ナトリウム1.5Mとなります。なにか計算を間違えているのでしょうか?

潮解性があることや、水酸化ナトリウム水溶液が空気中の二酸化炭素を吸収することはわかったのですが、ここまで濃度がずれるとは考えられません。

アドバイスお願いしますm(..)m

Aベストアンサー

要するに、「水酸化ナトリウム165gを、二酸化炭素を含まない150mLに溶かし」ても、150mLにはならないということです。
実際にどれだけの体積になるかやってみなければ(あるいは調べなければ)わかりませんので、そういったデータがない限りは、その方法の妥当性はわかりません。
少なくとも、操作に関する記述から、その濃度が計算できるような方法ではありません。

おそらく、実際にそうすれば1M溶液が出来るということなんでしょうが、化学的な考え方としては釈然としませんね。いずれにせよ、精確に1.00Mの溶液が出来るはずがありませんので、滴定などによって濃度を決定する必要があるでしょう。深く考えるだけ無駄なような気もします。

Q水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを溶かすと習ったのですが、これでは、水酸化ナトリウムの電気

水の電気分解をする際に水酸化ナトリウムを
溶かすと習ったのですが、
これでは、水酸化ナトリウムの電気分解に
なってませんか?

Aベストアンサー

はい、ご指摘の通り、水酸化ナトリウムの水溶液の電気分解では、完全な水の電気分解とは言えません。

陽極では陰イオンの水酸化物イオンが電気分解され酸素と水とになり、それで生じる電子が陽極へと渡されます。
陰極では陽イオンのナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムにな……ることはありません。
ナトリウムイオンが電気分解されてナトリウムになる反応よりも、水が電気分解されて水素が発生する反応のほうがはるかに起こりやすいためです。

ということで、陰極での反応はまさしく水ですが、陽極で分解されるのは水酸化物イオンとなり、厳密な水の電気分解とはなりません。
ただし、電気分解生成物を見れば水が分解されたのと同じですね。

陽極・陰極とも水の電気分解にしようと思えば、硫酸ナトリウムや硝酸ナトリウムの水溶液の電気分解が考えられます。

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む

Q水酸化ナトリウムの規定度とモル濃度のついて

水酸化ナトリウム120gを脱イオン水500mlに溶解したときモル濃度と規定度を教えてください。

Aベストアンサー

質問者様
モル濃度・規定濃度と言う定義をもう一度勉強された方が良いと思います。
本来、この濃度と言うのは、水酸化ナトリウム(に限りませんが)何グラムを溶かして何ミリリットル定容にしたときのことを言うのです。ですから、この問題については重量パーセントの答えは出ますが、溶解による容量アップがわかりませんので、答えは出ません。

化学の問題処理に困ってここに出してこられたのかと思いますが、きちんと押さえておかないと後で困りますよ。もし質問丸写しでここに出されたのなら、こんな問題を作った方に問題があります。

Q食酢と水酸化ナトリウムの中和滴定について

食酢10mlに蒸留水30mlを加えたものを、水酸化ナトリウム(0.1mol/L)で中和滴定すると、中和するのに必要な水酸化ナトリウムは7.5mlだった。
1)うすめた食酢のモル濃度
2)もとの食酢のモル濃度
3)食酢の質量パーセント濃度(食酢の密度は1g/cm^3)
を求めるのですが、1)の解き方がわかりません;
あと、食酢は10ml→40mlになったので
4倍に薄まったのでしょうか?
教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この中和滴定で起きているのは下記の反応です。
CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O
ここから判ることは、酢酸と水酸化ナトリウムが1:1(モル比)で反応するということです。

0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液7.5mLに含まれる水酸化ナトリウムの量(モル数)はどれだけでしょう?

上記から、酢酸と水酸化ナトリウムのモル数は同じです。これだけの酢酸が(1)の場合は40ml中、(2)の場合は10ml中に含まれているので、それぞれのモル濃度はどれだけでしょう?

上記から、モル数が判ったので酢酸の質量もわかるはずです。それが10ml(密度が1g/cm3なので10g)中に含まれているので質量%濃度も出ますよね?

Q水酸化ナトリウム溶液から出るガス(?)

ビーカーに入れた水道水に、水酸化ナトリウムを入れて水酸化ナトリウム溶液を作ります。
濃度はいくらでもいいですが、濃いものを想定してください。
次にガラス棒などで混ぜて水酸化ナトリウムを溶かすんですが、
そのときにビーカーの近くに顔を近づけると、
何かの無色無臭のガス(?)が発生しているようで、突然呼吸ができなくなります。
そんな体験ありませんか?
私はあります。

次亜塩素酸とか塩素とかなのかも知れませんが、実際のところはよくわかりません。
同じような体験をした方、またはお分かりになる方、
このときに出ているガス(?)は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3の方の回答にもある通り、水酸化ナトリウム水溶液のミストだと思います。

私も経験がありますが、水酸化ナトリウムや水酸化カリウムの濃水溶液を
つくると、液がわずかに白濁するのが見られると思います。
これは、水に溶けていた気体が、アルカリ金属イオンや水酸化物イオンに
よって溶けていられなくなるために生じた気泡です。
この泡が液面で弾ける際に、水溶液のミストを発生させています。
(ゴーグルを装着した上で、ビーカーの側面から液面を見ると、飛んでいる
 様子が見られるはずです;観察を終えたら、すぐ顔を洗って下さい)

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q1モルの水酸化ナトリウムの固体を多量の水に溶かすと44.5kJの熱を発

1モルの水酸化ナトリウムの固体を多量の水に溶かすと44.5kJの熱を発生する。このことを熱化学方程式であらわせ。と言う問題です。

解答は NaOH + aq → NaOH(aq) + 44.5 kJ  となっています。

ところが、 水酸化ナトリウムを多量の水に溶かせたら、電離してイオンになるはずです。
      水酸化ナトリウムは強塩基ですからほぼすべて電離します。

ということは、NaOH + aq → Na+(aq) +OHー(aq) + 44.5 kJ と書くべきだと思うのですが、いかがですか?

Aベストアンサー

1) 熱化学式はpHの化学式をもう卒業して、熱(エネルギー)の問題ですので、わざわざイオン化まで書かなくていいのです。NaOH(aq) は当然のようにイオン化していると考えればいいのです。
2) NaOH(1mol,solid) + aq --> NaOH (1mol)(aq) + 44.5 KJ
3) H2SO4 の場合も H2SO4 (1mol, liquid) + aq --> H2SO4 (aq) + 96.19 となり、aq は十二分の水量で、mol 比 H2SO4 / H2O < 1 / 100000 で 電離状態はわかっているものとしています。

Q水酸化ナトリウムについて

水酸化ナトリウムを使い、食酢内の酢酸の濃度を滴定法で調べる実験をしました。しかしその前にシュウ酸を用いて、水酸化ナトリウムで滴定を行いました。なぜ、シュウ酸と水酸化ナトリウムで滴定する必要があるのですか?教えてください。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムに潮解性があるのはご存知ですよね。では正確に水酸化ナトリウムの重量が測れるでしょうか?それで正確な濃度の液が作れますか?
それに空気中には二酸化炭素が存在しています。しばらく空気中にさらした二酸化炭素はどうなりますか?

それが答えです

Q化学の問題について NaOH(分子量40.0)50gを溶かして全量1000mlとした溶液のモル濃度、

化学の問題について

NaOH(分子量40.0)50gを溶かして全量1000mlとした溶液のモル濃度、規定濃度はいくらか?

解き方を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

まず間違いがあるので指摘を。NaOH(水酸化ナトリウム)は分子を形成する物質ではないので、「分子量」と言わずに「式量」と言います。

次に、モル濃度ですが、いま質量が50 gあるので、水酸化ナトリウムの物質量は
50 g / (40.0 g/mol) = 1.25 mol
で、溶液の体積が1000 mLなので、モル濃度は
1.25 mol / 1 L = 1.25 mol/L
です。

また、規定濃度(規定度)は、水酸化ナトリウムが1価の塩基なので、モル濃度と数値が等しく、
1規定(1 N)
となります。


人気Q&Aランキング