出産前後の痔にはご注意!

太陽電池(0.5V,300mA)の短絡電流を測定しようと思い、デジタルマルチメータにて測定したところ、同条件にもかかわらず、10Aレンジでの表示値が0.29A、400mAレンジでの表示値が90mAと違った値が出てしまいました。
快晴の日に測定したので、10Aレンジでの0.29Aという値が正しいと思うのですが、精度が悪いため400mAのレンジで測定したいと思っています。
太陽電池からの出力線を直接デジタルマルチメータに入れているのですが、測定方法が悪いのでしょうか?
デジタルマルチメータの電池は新しいものに換えたし、同じ現象が別のデジタルマルチメータでも出てるし(こちらは200mAレンジでレンジオーバーではなく80~90mAと表示される)、測定器の不具合でもなさそうなのですが。。。(1年半前に購入。)

なお、各製品は以下のものです。
デジタルマルチメータ1:[MS8209]
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=te …
デジタルマルチメータ2:[MAS838]
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=te …
太陽電池:[ETM300-0.5V]
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=so …

解決方法がわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

A 回答 (8件)

再び登場です




結論書くと
三和計測器のデータを見ると
(上のマルチメータにはデータが無いので)

内部抵抗は
10Aレンジ 0.01Ω程度又はそれ以下なのでほぼ短絡状態となります

400mAレンジならば 数Ωです
5Ωとか10Ω

こんだけ差があります

注意
太陽電池(0.5V,300mA)
の電圧は0.5Vで無いので注意しましょう
快晴でフルに太陽光を浴びた時になにも接続しない状態
(電圧は出力開放時の定格電圧)
なので何が繋げば電圧は落ちますので
接続すると電圧違いますので注意して下さい

まあ結論書くと10Aレンジでの表示値が0.29Aがほぼ短絡電流になります

但し測定値には誤差がある
通常 デジタルテスター誤差分を考えると
3%rdg 3dgtとすると

0.33~0.24Aの中に正しい値があります
太陽電池(0.5V,300mA)ですから・・・・・

正しい値を表示していると言えます

まあ、400mAレンジでの表示値が90mAとでるのは・・
内部抵抗が数Ωあって
短絡に成ってないんでこんな変な?(内部抵抗による誤差)
がでます

実際には・・・
配線の抵抗+接触抵抗+テスターの内部抵抗
となり
測定回路より非常に誤差が大きくなることが判った思います

それに
10Aレンジ 0.01Ω程度と配線の抵抗+接触抵抗
を入れると
現実問題として、今以上の測定環境は望んでもしかたないですし
測定器の誤差が3%もあるので・・・・・

10Aレンジでの表示値が0.29Aが短絡電流と考えても問題ないです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご回答まことにありがとうございます。

内部抵抗値も有名どころの計測器ならマニュアルに書いてあるんですね。。。
手持ちのには書いてなかったので直接メーカーに問い合わせてみようと思います。

ちなみにうちの測定器の10Aレンジでの誤差を調べてみると、[MS8209]が±(2.0% of rdg+10digits)で、[MAS838]が±(3.0% of rdg+2digits)でした。特に前者はかなり大きく使えませんね。。
400mAレンジでは±(1.2% of rdg+3digits)なのでなんとかここで使いたいと思っています。
そのために測定方法も変更してなんとか精度を高めようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/13 07:45

#3の外部電源


(要は0.3A,0.5V程度が安定して供給できる可変電流の電源があればいいのですが)
実験室なら1A程度の可変電流電源を使うか、10Ω数W以上の抵抗と6Vくらいの可変電圧電源を直列にして使うところです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

可変電流の電源がないので、5Vスイッチング電源を5Ω5W抵抗と10Ω可変抵抗で分圧してやって見たところ、何とかうまくいきました。

大変お世話になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/14 11:53

>ここで、中に出てくる分流抵抗0.23Ωや分流抵抗と内部抵抗の比率といった数値は一般的なテスタにおける値と理解してよろしいのでしょうか?もしくは何か計算式などがあるのでしょうか?



最初の5.6オームから計算して導き出しただけです。
10A流した時にも電流計に流せる電流は最大400mAですから、分流抵抗に流れる電流は9.6mAです。これは24倍の電流が分流抵抗に流れている事になりますので、電流計の内部抵抗の1/24の抵抗が分流抵抗として使われているはずです。
と言う事で、5.6Ω/24=0.23333・・・となり、0.23Ω位かな?と予想しました。

そもそも5.6Ω自体が間違っている可能性も大いにあります(太陽電池の電圧、電流共に真の値は不明ですから)ので、やはり内部抵抗を知りたい場合にはメーカーに聞くのが一番良いと思います。

そして、よく考えたら10Aレンジの方の
>念のため、この先の計算ですが、電流計に流れる電流は0.066V÷5.6Ω=0.012Aです。
>分流抵抗と電流計の内部抵抗は約24倍ですので、0.012A×24=0.288Aとなり、測定結果と大体一致します。
の計算は何の意味もない事に気づきました。すいません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たびたびのご回答まことにありがとうございます。

丁寧に説明いただき、なんとか理解することが出来ました。
内部抵抗の値はメーカーに聞いてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/13 07:25

10Aレンジでの0.29Aという値が出ていますからこれで充分正確に測定できていると思うのですが?


太陽電池の短絡電流は光の強さによっても変わりますしバラツキも相当あると思います。
測定数値が2桁出ていますのでデジタルマルチメータの精度から見ても0.30が0.29と測定されても3パーセントですから許容範囲だと思います。
たとえ3桁、4桁表示しても比較はできても、精度からすれば値は信用できません。
    • good
    • 0

方法が間違っています



電圧測定でも電流測定でも 測定器を接続した時に回路へ与える影響を掌握しなければ、測定値が信頼できません

ディジタルマルチメータは、電圧測定の場合 被測定回路へ与える影響は充分小さいので、比較的簡単にそれなりの信頼度の測定値が得られます

しかし、電流測定の場合 回路の負荷抵抗等を充分に考慮しなければなりません
特に短絡電流測定は、慎重な検討が必要です

短絡電流は、電源の供給能力と内部抵抗に依存します
これを測るには、電流測定器の内部抵抗が電源の内部抵抗より充分に低いことが必要です
測定器の内部抵抗が 電源の内部抵抗の1/100でも 1%の測定誤差を生じます

このことが理解できなければ、測定値の信頼性は無いと言っても良いでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまことにありがとうございます。

おっしゃったような測定器の内部抵抗と電源の内部抵抗による測定誤差を考慮して、1から測定を見直したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/12 17:14

先の回答にあるようにテスタの内部抵抗(による電圧)に起因する問題でしょう.


テスタの電流レンジの内部抵抗は結構高いです(概ね,最小電圧レンジ/電流レンジ位,最小電圧レンジ400mV,電流レンジ400mAだと1オームくらい).その分,太陽電池端には電圧(90mV位)が出てます.
電流計内部抵抗による影響と,大電流レンジ使用による誤差を勘案して,大電流のレンジで測定したりもします.

小電流レンジで内部抵抗の影響をキャンセルするには,外部に電流源(もしくは電圧源+可変抵抗)をつけて測定(太陽電池端子電圧を測定しながら,外部電源での吸い込み電流を調節して,ちょうど端子電圧=0になったときの,吸出し電流を測る)したりすることになるかと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまことにありがとうございます。

おっしゃったように、外部に電圧源+可変抵抗をつけて測定しようと思うのですが、具体的にどのくらいの電圧、可変抵抗とするのがよいのでしょうか。また、参考になるサイトなどありましたら教えてください。

よろしくお願いします。

お礼日時:2007/04/12 17:10

短絡電流を測定する方法が書かれていないので想像で回答します。


Vout-デジタルマルチメータ-GND
で測定しているのであれば内部抵抗が関係していると思います。

400mAレンジで測定したとき、0.5V90mAですから内部抵抗は5.6Ωだと思います。
0.5Vに5.6Ωの抵抗をつけると流れる電流は90mAですので、短絡電流は測定できません。

10Aレンジは400mAレンジの電流計と並列に約0.23Ωの分流抵抗をつけた状態だと思います。
10Aレンジの電流計の内部抵抗は5.6Ωと0.23Ωですから約0.22Ωになります。
ここに0.3Aを流した時に発生する電圧は0.066Vですから、正しく計れていると思います。
念のため、この先の計算ですが、電流計に流れる電流は0.066V÷5.6Ω=0.012Aです。
分流抵抗と電流計の内部抵抗は約24倍ですので、0.012A×24=0.288Aとなり、測定結果と大体一致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

具体的な数値で回答いただき大変わかりやすかったのです。
ここで、中に出てくる分流抵抗0.23Ωや分流抵抗と内部抵抗の比率といった数値は一般的なテスタにおける値と理解してよろしいのでしょうか?もしくは何か計算式などがあるのでしょうか?

この点がわからなかったので、もしお答えいただけたら幸いです。

お礼日時:2007/04/12 16:59

  被測定抵抗と電圧計の内部抵抗が近いときには確かに大きな誤差がでますのでこような結果に成るのは当たり前です


 
 解決方法がわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください
 
 測定器の制作上内部抵抗のによる測定誤差を含んでいますので
 そうなるのを判って正しく測定をするしかないです

 また、短絡電流の測定方法としては正しく無い測定方法をしてます
 最終的には、内部抵抗値が判っている

 電流計で測定して
 内部抵抗を入らない正しい値に変換しないといけません

 電流計 内部抵抗 誤差 のキーワードで検索すれば出てきます
 詳しくは大きな本屋に行って電気計測器の専門書を見て下さい


 注意
 電流計の測定誤差には
 ・内部抵抗による誤差
 ・デジタルのサンプリングによる誤差
 ・温度変化などによる基準電圧の変動による誤差
 ・そのた多数誤差
 がありますので・・・
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてまことにありがとうございます。

いわれてみれば当然のことですね。
学生時代に測定器の使用方法について勉強したときにそういう話があったような気がします。(だいぶ遠ざかっているので忘れていました。)

短絡電流の測定方法も1から見直そうと思います。

そこで、測定器の内部抵抗値ですが、もう1つのテスタで測っても大丈夫なのでしょうか。
(マニュアル(英語)をざっと眺めても内部抵抗の値らしき数値もないようですし。。。)

たびたびの質問ですがお答えいただけると幸いです。

よろしくお願いします。

お礼日時:2007/04/12 16:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽電池の発電量を調べたい

太陽電池の発電量を調べたい

皆様いつもおせわになっています。
ジャンク品の太陽電池を数枚入手したのですが、
その太陽電池の電流(最大アンペア)の量を測りたいのですが、
どのようにすれば良いでしょうか?
電圧の方はテスターで直接測りました、太陽の下で1枚4.5V程度発電できています。

手持ちのテスターには直流のアンペアを測るモードはあるのですが(10AモードとmAモード)、
どの用に使うかまでは説明書に記載されていませんでした。
電圧はテスターを並列に、電流はテスターを回路の中に直列に入れる
と記憶していましたが、太陽電池の発電できる最大の電流を測るには
太陽電池、テスターの他になにを繋げばよいでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

ロータリースイッチを使ったデジタル可変抵抗を作ってみてはいかがでしょうか。添付図のように、3つのロータリースイッチを使えば、 0Ω から 999Ωの範囲を1Ωきざみで可変できます。電流は100mA程度流せます。10Ωきざみで良ければ一番左側の部分なしにすればいいです。こういうのが1台あると何かと便利です。

定電流回路は、±5V電源とオペアンプとMOS-FETと抵抗数本と可変抵抗で作れますが、電子工作の経験がかなりないと難しいかもしれません。±5V電源の準備と部品の入手(秋月や千石などで)が可能で、もし挑戦してみようと思われるのなら回路図を添付します。±5V電源電源も自作してみますか?

[1] 12接点ロータリースイッチ(150円) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00100
[2] 1/6W抵抗(100本入り100円)
   1Ω http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-16010/
  10Ω http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-16100/
[3] 酸化金属被膜抵抗器100Ω・2W(1本30円) http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?toku=%E6%8A%B5%E6%8A%97%E5%9B%BA%E5%AE%9A&cond8=and&dai=%E9%85%B8%E9%87%91&chu=2&syo=&cond9=&k3=0&list=1&pflg=n&multi=&code=&st=30

ANo.3 さんは質問 4286543 を最後に、質問も回答もぱたりと途絶えたので、もしや・・と考えていました(別名で出られてました?)。当方はバッテリーと強電が弱いので、この分野で質問があったら回答をお願いします。私事で済みません。

ロータリースイッチを使ったデジタル可変抵抗を作ってみてはいかがでしょうか。添付図のように、3つのロータリースイッチを使えば、 0Ω から 999Ωの範囲を1Ωきざみで可変できます。電流は100mA程度流せます。10Ωきざみで良ければ一番左側の部分なしにすればいいです。こういうのが1台あると何かと便利です。

定電流回路は、±5V電源とオペアンプとMOS-FETと抵抗数本と可変抵抗で作れますが、電子工作の経験がかなりないと難しいかもしれません。±5V電源の準備と部品の入手(秋月や千石などで)が可能で、もし挑戦...続きを読む

Qソーラーパネルの電圧と電流の関係について

現在、DIY型のソーラー発電を行っています。
いわゆるこのほかに、チャージコントローラー、バッテリー、インバーター
を使用した発電です。
二度ほど、売電システムについて問い合わせをさせてもらいました。
その節は、大変お世話になりました。
DIY型のソーラー発電を始めて、約一年半が過ぎようとしています。
ですからまだソーラー発電については初心者の域を超えていないと自覚
をしています。最近ふと疑問に思うことがありましてお聞きします。
パネルの電圧と電流の関係が、特にパネルの電圧が開放電圧の値を示して
いる時の電流の値がどうなっているかと言った点です。
現在、2系統で発電をしています。
〇250Wパネル-2枚並列接続(500W)
〇100Wパネル-3枚直列接続(300W)

今回「250Wパネル-2枚並列接続」を例に出してお聞きします。
250Wパネルの仕様は、
動作電圧 : 48V
動作電流 : 5.21A
開放電圧 : 59V
となっています。
パネルのW数250は、動作電圧(48V)×動作電流(5.21A)=250.08W
と言ったように、動作電圧の値と動作電流の値の積が基準になっている
と思います。
パネルの電圧が、最大の59Vになった場合、電流の値は、どのくらいを
示すのかどうかお聞きしたく、今回質問しました。一般的な回答で結構です
から、回答をいただければと思っています。
動作電流の5.21Aより大きい数値を示せば、常識的には、250Wの数値
は楽に超えているはずですが。
逆に、電圧が59Vになれば、電流は、動作電流の5.21Aの値より、下回
っている状態なのでしょうか?
この件がよく分かりません。


実は、驚いたのですが、一番寒い今年の一月に、59Vの値を示しました。
正直な所、寒い時に、こんな値を示すとは夢にも思っていませんでした。

付け加えますと、「250Wパネル-2枚並列接続」には、MPPT方式のチャージ
コントローラーを使用し、モニターも接続しています。しかしパネルの
電圧は表示されても、電流は表示されず、ですから電流の値は把握できません。
テスターを使っても、500mAまでの電流しか計測できないので使えません。
ただこのように計測器の準備が十分でないことは否めない事実のようです。

現在、DIY型のソーラー発電を行っています。
いわゆるこのほかに、チャージコントローラー、バッテリー、インバーター
を使用した発電です。
二度ほど、売電システムについて問い合わせをさせてもらいました。
その節は、大変お世話になりました。
DIY型のソーラー発電を始めて、約一年半が過ぎようとしています。
ですからまだソーラー発電については初心者の域を超えていないと自覚
をしています。最近ふと疑問に思うことがありましてお聞きします。
パネルの電圧と電流の関係が、特にパネルの電圧が開...続きを読む

Aベストアンサー

太陽電池パネルの仕様書をたどれば、IV特性が得られるはずです。
パネルは日射量に比例する電流源を示します。
そして、MPPTは電圧をゼロから上昇させて最大電力点を目指します。
しかし、負荷がこれを下回れば、当然その電力しか出力できません。
電圧がある程度を超すと電流が低下を示し、この曲がり角がおおむね最大出力点になります。
さらに進んだその先の電流ゼロ値の電圧(最大値)が開放電圧になります。

太陽電池パネルの温度特性は、温度が上がると開放電圧は低下します。
短絡電流は日射量に比例し、温度の影響はほとんどありません(影響が小さい)。
したがって、同じ日射量強度であれば、気温の低い冬のほうが電圧は大きくなります。

この特性はLEDそのものです。構造が同じなので。つまり、LEDは、
電流に発光量が比例する、温度で順方向電圧が低下する、

Q太陽電池は負荷がないとき発電してる?してない?

太陽電池は負荷がないときは、発電してるんでしょうか、してないんでしょうか?

発電してるなら、その電気は熱になって消失してるんでしょうか?

発電してないんだったろ、受けた太陽光のエネルギーはどこにいってるんでしょうか?

Aベストアンサー

通常は、家電などを利用していない場合でも、
電力を自動で電力会社の送電線に送るなり、2次電池に充電するなりして
エネルギーを無駄にしないための工夫がなされているものなので
負荷がないということはまずないです。
(つまり送電線の先の御宅の家電、充電器が負荷)

実際に全部負荷を取り外した場合を考えるなら
まず以下のサイトを見てください。

太陽光電池の原理
http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/principle/principle_3.html

負荷がない場合でも、発電(伝導電子と正孔の生成)自体は起こります。
しかし、太陽電池が何にもつながれていなければ伝導電子と正孔は
行き場を失い、結局太陽電池の中でまた結合してしまいます。
この時、電気エネルギーは熱や赤外線などに変わります。

Q開放電圧って?

電気回路を勉強しているのですが、参考書を読んでいると、「開放電圧」という言葉が説明なしに使われているのですが、これはどういう電圧のことなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

出力端子に何もつないでいないときの、出力端子の電圧のことです。

出力端子の電圧は、理想的に、何を接続しても同じ電圧であればよいのですが、
実際は、つなぐものによって影響されます。

内部抵抗が非常に高い、理想的な電圧計で測ったときの電圧が開放電圧である、という考え方でもよいです。

Q太陽電池の並列接続と直列接続

タイトルのとおりです。
太陽電池の並列接続と直列接続の違いはどういうことですか?
もちろん接続法の違いは分かるのですがそれぞれ並列接続するとどうなるか、直列接続するとどうなるか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

太陽電池1セルあたりの電圧は0.45V位です。
並列接続の場合、電圧0.45V、電流は面積に比例して流れます。
直列接続の場合、電圧は0.45V×直列段数、電流は単位セルの面積に比例して流れます。
通常は負荷となるものが数V以上必要(電子回路の場合は3V、5V等、鉛電池の場合は6V、12V等)なため、所望の電圧値になるように太陽電池を直列接続にして使います。
直列接続にした場合、そのうちの一つのセルが陰になった場合、太陽電池はまったく発電できません。例えば、一つのセルが葉っぱで半分しか光が当たらない場合は全体の出力も半分になってしまいます。
それに対して、並列接続の場合は陰になっている部分以外は出力できます。太陽電池面積の1割だけ光が当たらない場合は9割の出力が可能です。
ただし、出力電圧が0.45Vなので昇圧しないと使えません。そして電圧が低い分大きな電流が流れることになります。
昇圧するにしても昇圧回路までにたどり着くまでの損失は抵抗×電流^2になりますので、昇圧回路を太陽電池のすぐ近くに置く等の工夫が必要となります。また、普通の昇圧回路では効率が悪いため、マルチフェーズなど手の込んだものが必要となってきます。
回路のコストがかかっても、陰に対してのリスクを軽減する必要がある用途があれば使われる手法かもしれません。

太陽電池1セルあたりの電圧は0.45V位です。
並列接続の場合、電圧0.45V、電流は面積に比例して流れます。
直列接続の場合、電圧は0.45V×直列段数、電流は単位セルの面積に比例して流れます。
通常は負荷となるものが数V以上必要(電子回路の場合は3V、5V等、鉛電池の場合は6V、12V等)なため、所望の電圧値になるように太陽電池を直列接続にして使います。
直列接続にした場合、そのうちの一つのセルが陰になった場合、太陽電池はまったく発電できません。例えば、一つのセルが葉っぱで半分しか光が当たらな...続きを読む

Q公称解放電圧と公称最大出力動作電圧の違いを教えて

太陽光ソーラパネルの用語で、
公称解放電圧は、出力端子を解放した時の電圧
公称最大出力電圧は、最大電力を出力する時の出力端子の電圧
と言うことのようですが、どう違うのでしょうか。
また、それぞれどのように使い分けるのでしょうか。
解放状態で使用しない場合は、どちらの電圧が出るのでしょうか。

Aベストアンサー

公称解放電圧は何もつながない、出力がオープンの時の電圧です。
通常は負荷がつながっているので、ユーザーは殆ど気にする必要はありません。最大それだけの電圧が出るので、繋ぐ機器や部品の耐圧がそれ以上である必要があります。組み立てや接続業者が必要とする値です。

公称最大出力電圧は使用時の最大電圧で、実際の能力を表します。

Q太陽電池の内部抵抗・外部抵抗と最大出力について

定電圧電源において、内部抵抗r、負荷抵抗Rとしたとき、最大出力となるのはr=Rのときと言われます。一方で太陽電池は定電流電源ですが、電圧源と電流源の違いは内部抵抗の違いだけであることから内部抵抗が大きい定電圧源ともいえると思います。

そこで質問なのですが、r=Rのとき最大出力ならば電源パワーに対して負荷で最大でも50%しかパワーを取り出せないことになります。しかし、太陽電池では例えばSi太陽電池を考えると負荷で50%以上取り出せている(SiのSQ理論の最大変換出力30%と比較したとしても、20数%取り出せている)と思いますが、このあたりが混乱しています。

太陽電池ではどのように説明すればいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

起電力Eの定電圧電源の場合、内部抵抗rと負荷抵抗Rを直列で考えればよいので、負荷抵抗に流れる電流と負荷抵抗両端の電圧Vは
I = E / (r+R)  V = E*R / (r+R)
これより、負荷抵抗の消費電力は
I*V = E^2 * R / (r+R)^2
てきとうにR,rに数字を入れてみれば分かりますが、R=r のときが消費電力最大になります。

一方、取り出せる電流Iの定電流電源の場合は、負荷抵抗の大きさにかかわらず電流一定なので、
I = 一定  V = I*R
I*V = I^2 * R
となって、Rが大きいほど消費電力が大きくなります。

しかし、太陽電池の場合は、完全な定電流ではなくて、ある電圧から急に電流が落ちますから、その直前の電圧で使うのが、もっとも出力が大きいことになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E9%9B%BB%E6%B1%A0
うえから1/3ぐらいの「回路部品としての動作」を見てください。

Q太陽光発電の配線選定

太陽光発電初心者(電気初心者)です。

太陽光発電の接続箱からパワーコンディショナーまでの電圧降下計算について教えて下さい。

例えば、出力200W/枚の太陽光パネル24枚の内
2枚を直列、12枚を並列接続とし
1枚当たりの動作電圧が30V、配線長が50m、ケーブル100sqとした場合

総出力200W×24=4800W
電圧30V×2=60V
電流=4800W÷60V=80A
電圧降下=(35.6×50m×80A)÷(1000×100)=1.424V
電圧降下率=1.424V÷60V=2.37%

この計算で合っているのでしょうか?

Aベストアンサー

電気屋です。
仕事で100k~メガクラスの太陽光発電設備を扱っています。

まず、電圧降下計算ですが、大きくは違っていません。大丈夫です。
ケーブル100sqといっても色々な種類のケーブルがあり、その種類によって若干数値が異なります。
質問者様がされた簡易計算式とインピーダンス計算(こちらの方が正確)とでも当然数値が異なります。
ちなみに、そのインピーダンス計算では
600v CV 100sq-2c 又は 600v CVD 100sq の場合、2.48%
600v CV 100sq-1c の場合、2.43%
となります。

それよりも、電流=4800W÷60V=80A と電流値を求めるのではなく、モジュールに最大動作電流(Imp)が記載されているはずですからその数値を使いましょう。
また電圧についても最大動作電圧(Vmp)で計算しましょう。

一番の問題点ですが、4.8kwという事は家庭用5~5.5kwパワコンを選定されていると思いますが、そのパワコンの入力動作電圧を確認して下さい。 60vでは低すぎて、動作しないと思いますよ。
2直列-12並列ではなく、12直列-2並列の間違いではないですか? 再確認してみて下さい。

また、誠に失礼ながらNo.2さんのご回答は間違っています。
E=IRは電圧を求める一般式であって、電圧降下を求める式ではありません。
降下電圧 e(v)=2xL(km)xI(A)/条数xR(ohm/km) が正解です。
また、直流2線式 という言葉、電圧降下計算等々によく使われていますので問題有りません。(直流3線式という物もありますので)

電気屋です。
仕事で100k~メガクラスの太陽光発電設備を扱っています。

まず、電圧降下計算ですが、大きくは違っていません。大丈夫です。
ケーブル100sqといっても色々な種類のケーブルがあり、その種類によって若干数値が異なります。
質問者様がされた簡易計算式とインピーダンス計算(こちらの方が正確)とでも当然数値が異なります。
ちなみに、そのインピーダンス計算では
600v CV 100sq-2c 又は 600v CVD 100sq の場合、2.48%
600v CV 100sq-1c の場合、2.43%
となります。

それよりも、電流=4800...続きを読む

Q短絡電流の簡易計算方法

短絡電流の簡易計算方法について教えて下さい。
ザクッとした数字でいいので知りたいだけです。
たしか、

トランス容量(kVA)/電圧(kV)×√3×%Z(%)

みたいな感じで出ないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その通りで出ます。

ただ、出来たらこう記載した方が正確です。
 トランス容量(kVA)×100 /(電圧(kV)×√3×%Z(%))

理論式ではこうなります。
 Is = 100 ・ P / (√3 ・ V ・ %Z)
ちなみに%Zは、100分率抵抗降下と100分率リアクタンス降下の合成になります。

その他、高圧配電線の地絡電流計算式もあります。
 Is = 1 + (V・L/3-100)/150 + (V・L'/3-1)/2

Q太陽電池の直列抵抗

シミュレーターで変換効率の測定をしました。
直列抵抗の算出方法が分からず困っています。
どなたか助けていただけませんか?

Aベストアンサー

抵抗の求め方は



 RSは添付した図のグラフの I=0 のところでの特性の傾きですので、

   RS = ⊿VRS/⊿IRS

より求めます。

同様に RSH は 図のグラフの V=0 のところでの特性の傾きですので、

    RSH = ⊿VRSH/⊿IRSH


より求めます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング