友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこの世の中では人材派遣会社がこんなにふえたのでしょうか?理解ができません。
求人をうって募集を募り採用した方が人材を選択できるでしょうしコスト面(人件費)では安くできるのではないでしょうか?
いちいち求人広告→面接→採用→不採用通知→研修という流れをしたくないという会社なら理解できるんですけどね・・・

人材派遣で働いたことのある方や人材派遣の会社を経営しているもしくは経営側の関係者の皆様のお声をお聞きしたいと思います。

変な質問かとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。


しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応援手当て、応援に行った先での宿泊施設の支払いなど余分な経費が発生します。
そこでそれまでは設計などでしか認めていなかった、派遣という方法を生産現場に導入してしまったのです。
正社員は必要最低限にして、不足した分は派遣で賄う、過剰になったら断ればよい。
正社員では簡単に首にはできません、しかし派遣なら派遣会社に断ればそれでOKです。
これで味をしめた大企業はリストラと称して正社員を首にし、派遣会社を別会社で設立し正社員をそのまま派遣会社に移動させているのです。
若い人は派遣会社の「自由に働き先を選択できる」などの派手な宣伝文句と、簡単に正社員になれないという状況の中で派遣会社を選択しているという状況です。
    
しかし、今までは労働者が余剰でしたから成り立っていたのです、今後団塊の世代が退職し労働者が不足してくると労働者の奪い合いになります。
今までは派遣会社に頼んでいた企業も、派遣会社では埒が明かなくなると正社員として雇うようになります、そうなると派遣会社は人員不足となり、成り立たなくなってくると私は思います。
人材派遣はどこまでも労働人員過剰の時代に咲いた仇花だと思うのは私だけでしょうか?
    • good
    • 11

「人材派遣業 利益率」でググッてみてください。



ここ数年、価格競争が激化しており、利益率5%とか。
厳しい商売ですよ。もはや。
ちょっと油断したらまっかっか。

いまさら派遣ビジネスやろうなんてね・・・。
素人さんじゃないかなと思います。
専門分野にそう簡単に参入できるとも思えませんしね。
    • good
    • 5

人材派遣で働いたことがあります


経験談です
「人材派遣の新入社員が大手メーカに派遣された場合
 3ヶ月から半年間で能力不足だと終了してしまいます
 3ヶ月から半年間で終了した人材派遣の経歴はよくありません
 従って、そうならないために人材派遣の新入社員は一生懸命勉強します
 その結果、業務に効果を上げることができます
 大手メーカの正社員とは異なる方向で進んでいくと思います


以上 経験談です、すべてとはいえません
   参考にしてください
    • good
    • 0

一般的な労働者派遣ですと、所轄労働局経由で厚生労働大臣の『一般労働者派遣事業』の『許可』が必要となります。



一番ネックになるのが、派遣元責任者の設置条件として人事業務の経験者で講習を受けた証明が必要、金銭的に1000万円以上の余裕資金が必要、事務所の面積にも基準があることなどがあります。

派遣業の内容次第で『特定労働者派遣事業』の『届出』で事業可能な場合もあります。これは許可でなく届出義務ですので、形式上に問題が無ければ、条件も一般の許可より軽くなります。

私自身システム開発会社の運営上、官公庁の3次請負禁止の案件でも派遣契約により2次的に仕事をいただいています。発注元は人材確保によるリスク(解雇が難しい)などから発注を出すと思います。その場合そのリスク分を含めて派遣会社はお金をもらいます。派遣会社で働く人たちも複数の会社での経験を積む事や、一般社員の給料より良いなどスキルアップ目的やアルバイトの延長線的な視点などがあると思います。需要と供給のバランスではないでしょうか?
    • good
    • 1

今後 厳しく・競争も激しくなる業種だと思います。



 1 単純労働の人材派遣なのか
 2 有る特定に分野に特化した人材派遣なのか
 
 2なら まだ可能性は有りますが
 1の場合 新規に喰い込むのは
 それなりの コネがないと厳しいと思いますよ。

 派遣してもらうなら 質の良い労働者のほうが
 時間コストは掛かっても
 時間の短縮で相殺できますし
 何といっても 使っていて いらいらしないですから  
    • good
    • 3

人材派遣会社に頼む側からの意見を書きますね。


いつでも、好きな期間だけ、ある程度以上の仕事ができる、
人材を確保できるのが人材派遣会社のメリットです。
普通の人材を雇用すれば、簡単に解雇するわけにもいきませんし、
働きが悪いから交換ってワケにもいきませんし、
忙しくなくなったから、さようならってワケにもいきません。
もちろん、費用は少しかかりますが、それを補えるメリットが
あるわけです。
逆に人材派遣会社に登録する人のメリットは、
自分の希望に近い仕事を紹介してもらえる。
イヤなら違う仕事を紹介してもらえる。
個人で就職活動をするよりも数段、仕事に就ける可能性が高いのです。
昨今、終身雇用制も聞かなくなりましたし、
自分にあった仕事(職場)があれば、本採用ということも
ありえることですし、とりあえず働かなければいけない人や
職場にこだわらない人は人材派遣というのも
選択のひとつであると思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣会社について

あるサイトで「大手派遣会社は社会保険などの福利厚生面も良い」という文章がありました。

これは本当のことですか?
また派遣会社のランキングなどを扱っているサイトorオススメの派遣会社はありますか?

Aベストアンサー

大手派遣会社は社会保険や福利厚生面の充実はもちろんのこと、仕事情報を多く保有していることも大きな魅力です。

派遣会社ランキングサイトに掲載されている派遣会社であれば、どこもオススメですが、対応している職種や業界などで違いがありますので、自分にあった派遣会社へまずは登録してみてください。

Q人材派遣と人材紹介業の違いについて教えてください。

人材派遣と人材紹介業という業種があるのですが、
その違いについて教えてください。
また、人材派遣業は営業する為には、一般労働者派遣事業
という厚生省の認可のような物が必要ですが、
人材紹介業は、何か許可や認可、届出が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

人材派遣
→正社員ではなく派遣スタッフの派遣を行う事業です。正社員登用を視野に入れた派遣システムもありますが派遣が中心です。派遣スタッフは、単発(1日から数日)・短期(数週間・数ヶ月)・長期(1年とか)といった期間で時給制で働きます。派遣先企業では、比較的事務的な業務等を中心に派遣スタッフを使うケースが多く、正社員比率を減らす傾向が続いています。

人材紹介
→主に転職者の転職をサポートする事業です。優秀な人材の情報を得てヘッドハントしたりします。転職希望の相談にのってくれて、必要なアドバイスをくれて、転職先(候補)を紹介してくれます。面接等のセッティングから条件面の交渉もやってくれます。現職の退職から転職先への入社までをフォローします。紹介者と紹介先企業の間で内定・入社の意思が確認され(契約書を書いたりする)ると、紹介先企業から紹介料が入るシステムです。
新卒・派遣は扱いません。各社に得意分野があり業界の動向など現実的なアドバイスをくれたりします。

両者とも登録、サポートは一切無料です。契約が成立すると紹介側に企業から料金が支払われるシステムは同じです。又、ある条件の人材を求める企業側と職を求める労働者側を橋渡しするという点では同様です。

人材紹介業は、厚生労働大臣許可民営職業紹介事業です。

人材派遣
→正社員ではなく派遣スタッフの派遣を行う事業です。正社員登用を視野に入れた派遣システムもありますが派遣が中心です。派遣スタッフは、単発(1日から数日)・短期(数週間・数ヶ月)・長期(1年とか)といった期間で時給制で働きます。派遣先企業では、比較的事務的な業務等を中心に派遣スタッフを使うケースが多く、正社員比率を減らす傾向が続いています。

人材紹介
→主に転職者の転職をサポートする事業です。優秀な人材の情報を得てヘッドハントしたりします。転職希望の相談にのってくれて...続きを読む

Q派遣会社から派遣、直接雇用ですとは???

派遣会社から、派遣され、派遣先でサインを頂き、給料は派遣会社からいただくのは、わかるのですが、派遣社員(パート)として働き、直接雇用型?派遣先から給料を頂く形との違いは、どうちがうのでしょうか?
派遣会社から給料いただくのは、派遣会社がいくらか取っていると思うのですが、派遣先から給料をいただくのは、派遣先が派遣会社にも毎月支払うのでしょうか?
休みをいただくのは、派遣会社を先に通すようです。

Aベストアンサー

どちらも同じです。直接雇用型派遣は前もって派遣会社が頂き、派遣型は月々いただくが貴方のピンはねはしてません。別料金です。納得しないときは直接雇用の会社を探す事ですね。また派遣は本質的に派遣先にリスクが少ないので最近多いのです。そして、削減したい時はすぐ切れるメリットがあるためです。

Q人材派遣会社、キャリアリンクへの派遣依頼について。

この度、起業といいますか、独立したため人材を探しています。
小さな個人経営なので、1人か2人くらいしか取らないつもりです。
アルバイトなどでも募集しようと試みたのですが、
なかなか採用条件に合う方がおらず、人材派遣も視野に入れようと
考えています。


いま目を付けているのは、キャリアリンクという会社です。
知人にいくつか教えてもらった企業から、
よさそうだなと思い、決めかねているところです。

仕事としては、経理以外の事務全般を任せられたらと思っています。
あとは接客応対、電話応対など
ある程度、事務経験があれば大丈夫です。
お客様との関わりが多々あるため、人柄を特に重視したいです。

どのような感じかおわかりになる方がいらっしゃいましたら
教えて頂きたいです。

または、何かアドバイスなどありましたら、
お願いいたします。

Aベストアンサー

人材派遣会社も信頼の上で成り立っているかと思いますので
何か問題などが生じても対応するはずです。
キャリアリンクという会社も(存じませんが)同様かと思います。

そこまでスキルの高い仕事を依頼するわけではないので
大丈夫かと思いますが、人柄が難しいところですね。
性格などは雇ってみないと分からないですし。

私も人材集めの際は、だいぶ苦労しました。
手が回らないため人材を必要とし、
急ぐばかりに採用したこともありましたが、
そういうときはあまり良いご縁がなかったりしたものです。
私の見極める力がなかったのかとも言えますが。
今、猫の手も借りたいというほど
大変でなければゆっくりと決めていくべきだと思います。
この人だと思う方が見つかるといいですね。

人材集めも大変ですよね。
頑張ってください。

Q一社に派遣就職するための複数派遣会社登録

派遣で仕事したい会社(=A社とします)があり、複数の派遣会社(B,C,D、E派遣会社とします)がA社への派遣社員を募集している場合、給料の高い順にエントリーしていきたいと思いますが、可能でしょうか?又、B派遣会社でA社への派遣が不採用になった場合、C派遣会社やD派遣会社で採用となる可能性はどれぐらいのパーセントでしょうか?

Aベストアンサー

A1です。
>派遣会社により月給で3~5万円の違いがある場合、
A社が支払っている金額はほぼ同じで、BCDEのピンハネ率の違いであって、派遣社員の扱いの悪さに比例します。
だから、採用条件がよくなったりはしません。
そしてA社は、急を要しているので、時間がたつほど逆に条件が厳しくなる事もありえます。

Q少人数の人材派遣業について

こんばんは。

現在、必要にかられて
個人で派遣業を設立することを検討中です。

しかし、派遣先は特定していて、
必要人材数の増減はあっても
平均7-20人/週 程度の派遣しか予定していません。

開業にあたり一般労働者派遣事業の許可申請の
条件を満たす事は可能なのですが、
上のような状態で事業として継続できるのか、
疑問です。

そこで派遣業の運営者あるいは経験者さんに
伺いたいのですが、派遣業を営む上での経費とは、
どのようなものなのでしょうか。

また、上のようなシチュエーションの場合、
派遣事業を設立する事にメリットはあると
お考えになりますか?

本当に何も知らなくて申し訳ないのですが、
宜しければアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

一般人材派遣事業の許可申請について
お答えしますと
・住民票の写し及び履歴書
・所得税の納税申告書の写し
・所得税の納税証明書(その2所得金額)
・預金残高証明書
・不動産登記簿謄本の写し
・固定資産税評価額証明書(資産)
・事業所の使用権を証する書類(賃貸借契約書等)
・派遣元責任者の住民票の写し及び履歴書※
・個人情報適正管理規程
などが条件となります。
詳細は各管轄の労働局に電話できくと教えてもらえます。
また、派遣許可を得る前に派遣元責任者の講習会を完了しないと許可申請が出来かねますのでご注意を。
預金残高については数百万が必要と思います。つまり、従業員の給与かどれづらい確保されているか問われる。
事務所も自宅兼用は許可申請の時に申請が通らない時が多いと聞きますので事務所の用意は検討した方がベストかと思います。
ここまできますと自己資金が大変になりますので諸経費などは500万を用意してもあっという間になくなります。

私の場合は資本1000を用意しました。
許可も色々と手続きが大変でした。事業計画書なども要求されます。
今、派遣事業を起業しようと思っている人が非常に多く思ったほど利益はでません、ただしやり方やアイデアによっては成功すると思います。
参考になるかどうかわかりませんが是非がんばってください。

参考URL:http://www.jassa.jp/index.php

こんにちは。

一般人材派遣事業の許可申請について
お答えしますと
・住民票の写し及び履歴書
・所得税の納税申告書の写し
・所得税の納税証明書(その2所得金額)
・預金残高証明書
・不動産登記簿謄本の写し
・固定資産税評価額証明書(資産)
・事業所の使用権を証する書類(賃貸借契約書等)
・派遣元責任者の住民票の写し及び履歴書※
・個人情報適正管理規程
などが条件となります。
詳細は各管轄の労働局に電話できくと教えてもらえます。
また、派遣許可を得る前に派遣元責任者の講習会を...続きを読む

Q派遣会社に登録って?

派遣で働いてる方は、派遣会社に登録してると聞きますが、どこの派遣会社に登録するんですか?
各都道府県にそういった施設見たいのがあって(派遣登録できる会社?)そこで登録するんですか?
派遣会社ってどこにあるんでしょうか?
また、その派遣会社の名前などはなんていうんでしょうか?

Aベストアンサー

派遣会社とは、民間版の職安のようなものです。

正社員として就職できなかったり、自分の能力を生かせる会社が見つからない場合に、派遣会社に「私はこのような仕事ができます」と自分の得意な分野を登録します。

一方、会社などで、人手が足りないときにや、仕事に見合う人材が見つからないと、派遣会社に「このような仕事の出来る人を紹介して」と申し込みます。

派遣会社では、登録されている中か適任者を、その会社に派遣するのです。

派遣会社は、大小とりまぜてね全国にありますから、自分の好きな会社に登録することが出来ます。
派遣会社によって、得意な分野も有ります。

電話帳などでも派遣会社は探せます。
下記のページからも探せます。
http://www.hakenlink.net/

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://www10.plala.or.jp/zikiru/tennshoku/tennshokusienn-hakenn.htm

Q副業で人材派遣業の創業を考えています

イベント関連事業の経営をしています。(個人事業主・年商2000万円程度)
知り合いから私の人脈を活かした人材派遣事業の創業を提案され、検討を始めました。

当方の人材(数十人程度)を知り合いの会社
(大企業の下請け会社で工場内の軽作業が主な業務内容)に派遣する方法です。

この業態に対して必要で、適している許認可の内容や今後の法改正の事などを
知りたくて投稿いたしました。
ご存じの方、ご教授の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、派遣元責任者講習の受講をおすすめします。
派遣業には、一般派遣と特定派遣などがありますが、特定派遣であれば受講は義務ではありませんが、リスク回避などのためにも受講された方が良いでしょうね。
講習を運営している団体や講師によっても、内容が変わるかもしれませんが、今後の動向なども踏まえて講習してくれることでしょう。

一般派遣の場合には、資本金や資産などの要件があり、責任者も必須となります。自社で雇用する従業員を派遣するだけであれば、特定派遣が比較的要件が軽かったと思います。責任者の要件として、人事経験(部下の管理なども)があれば認められてしまうと思います。

注意点として、業種や作業内容で規制もあると思います。
申請窓口である労働局で相談しながら計画を進められたらいかがですかね。

最後に、個人事業の事業主の中には、社会保険や雇用保険などの強制手続きを軽視される方が多いと聞きます。派遣業では、社会保険なども整備されていることが前提として扱いますので、その辺の整備も検討しましょう。

現在個人事業のようですが、税金や許認可以外の信用なども踏まえて、法人化の検討も良いかもしれませんね。

私は、システム開発の会社・パソコン販売や保守の会社の2法人を経営し、個人事業の代表でもあります。法人2社では、特定派遣の届出をしていますね。
最後に、特定派遣であれば、許認可ではなく届出事業です。要件を書面で満たせば受理されることでしょう。ただ、派遣先や労働者からクレームがあがれば、労働局の指導などの対象になることを覚悟しなければならないでしょうね。

まずは、派遣元責任者講習の受講をおすすめします。
派遣業には、一般派遣と特定派遣などがありますが、特定派遣であれば受講は義務ではありませんが、リスク回避などのためにも受講された方が良いでしょうね。
講習を運営している団体や講師によっても、内容が変わるかもしれませんが、今後の動向なども踏まえて講習してくれることでしょう。

一般派遣の場合には、資本金や資産などの要件があり、責任者も必須となります。自社で雇用する従業員を派遣するだけであれば、特定派遣が比較的要件が軽かったと思いま...続きを読む

Q派遣会社側の取り分は何%? 半分以上だった・・・私の給料より多い

ある大手派遣会社から派遣されて働いています。

派遣会社の取り分は、一件につき何%なのでしょうか?

派遣先で仕事をしていて愕然としました。
資料整理をしていたら、自分の契約書がでてきました。
取り分が、派遣会社側の方が多いのです。
私一人派遣先で働くだけで、二人分の給料を派遣先が支払っているのです。

ちなみに、派遣会社側の方が取り分が50円~150円の間で多いのです。

このokwebで以前、ある質問で派遣会社の取り分は多くても半分あることはない、平均3割程度だ、というコメントを目にしました。

しかし・・・
驚きました。これでは、なるほど、“派遣社員が派遣会社の営業に恩を売る“というコメントをよくめにするはずだな、と思いました。

派遣会社から仕事をもらって仕事をしているのですが、私の給料より多い派遣会社の取り分からして、私の今の就業先での精神的つらさとの均衡が、とれているとはとても思えません。私の気が弱いのかどうかわかりませんが、派遣会社の私=派遣社員へ対する腰の低さを感じたことはありませんし。

皆さんは、ご自分の頂いている案件の派遣会社の取り分がいくらかご存知ですか?
私のケースについてどう思いますか?

ある大手派遣会社から派遣されて働いています。

派遣会社の取り分は、一件につき何%なのでしょうか?

派遣先で仕事をしていて愕然としました。
資料整理をしていたら、自分の契約書がでてきました。
取り分が、派遣会社側の方が多いのです。
私一人派遣先で働くだけで、二人分の給料を派遣先が支払っているのです。

ちなみに、派遣会社側の方が取り分が50円~150円の間で多いのです。

このokwebで以前、ある質問で派遣会社の取り分は多くても半分あることはない、平均3割程度だ、というコメ...続きを読む

Aベストアンサー

単に1か月分で計算することが間違いです

質問者の給与にボーナスはありますか

会社は、派遣元から支払われる額から

・社員月々支払う給与
・ボーナス支払いのための引当
(この二つは社員に直接支払われます)
*社会保険料・年金料の会社負担分
(これは間接的に社員に支払われる)
*福利厚生費
※会社を維持するための経費
※利益
にあてます

特に、ボーナス支払いのための引き当ては大きいです
仮にボーナスが年間4ヶ月とすれば、それだけで月々の給与の1/3です
社会保険等の会社負担分もボーナスを含めた社員に支払う分の1割程度になります
会社を維持する経費の必要性はお判りでしょう

被害者意識を持たないで、冷静に計算してみてください
(個人事業主になっても現在の給与分稼ぐのはむずかしいでしょう、会社が派遣の社員を保証しているから派遣元が高い料金でも支払うのです)

Q人材派遣業の最低賃金に決まりはあるのでしょうか?

人材派遣業をおこなう場合で質問をさせてください。

[1] 人材派遣業を営む場合、厚生労働大臣が定めた項目を埋めた申請書を厚生労働大臣へ申請しなければならないと思いますが、これは過不足なく書かれてあれば必ず申請が通るものなのでしょうか?

[2] 利用者が安い費用しか出せず、かつ人材の方は安い賃金でも構わないといった場合、例えば自給300円と設定しても問題ないのでしょうか?

以上、宜しく宜しくお願いします。

Aベストアンサー

〔1〕について
1書類に記載した事項の実態があることが必要。現場実態調査もあります。
2書類上のみ整えば自動的に認められる形式審査ではないです。
3事前に都道府県労働局の担当部署に事前相談に行かれることをお勧めします。
3参考URL大阪労働局 HPよりhttp://homepage2.nifty.com/osaka19/index.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osaka19/index.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング