友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこの世の中では人材派遣会社がこんなにふえたのでしょうか?理解ができません。
求人をうって募集を募り採用した方が人材を選択できるでしょうしコスト面(人件費)では安くできるのではないでしょうか?
いちいち求人広告→面接→採用→不採用通知→研修という流れをしたくないという会社なら理解できるんですけどね・・・

人材派遣で働いたことのある方や人材派遣の会社を経営しているもしくは経営側の関係者の皆様のお声をお聞きしたいと思います。

変な質問かとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。


しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応援手当て、応援に行った先での宿泊施設の支払いなど余分な経費が発生します。
そこでそれまでは設計などでしか認めていなかった、派遣という方法を生産現場に導入してしまったのです。
正社員は必要最低限にして、不足した分は派遣で賄う、過剰になったら断ればよい。
正社員では簡単に首にはできません、しかし派遣なら派遣会社に断ればそれでOKです。
これで味をしめた大企業はリストラと称して正社員を首にし、派遣会社を別会社で設立し正社員をそのまま派遣会社に移動させているのです。
若い人は派遣会社の「自由に働き先を選択できる」などの派手な宣伝文句と、簡単に正社員になれないという状況の中で派遣会社を選択しているという状況です。
    
しかし、今までは労働者が余剰でしたから成り立っていたのです、今後団塊の世代が退職し労働者が不足してくると労働者の奪い合いになります。
今までは派遣会社に頼んでいた企業も、派遣会社では埒が明かなくなると正社員として雇うようになります、そうなると派遣会社は人員不足となり、成り立たなくなってくると私は思います。
人材派遣はどこまでも労働人員過剰の時代に咲いた仇花だと思うのは私だけでしょうか?
    • good
    • 12

「人材派遣業 利益率」でググッてみてください。



ここ数年、価格競争が激化しており、利益率5%とか。
厳しい商売ですよ。もはや。
ちょっと油断したらまっかっか。

いまさら派遣ビジネスやろうなんてね・・・。
素人さんじゃないかなと思います。
専門分野にそう簡単に参入できるとも思えませんしね。
    • good
    • 6

人材派遣で働いたことがあります


経験談です
「人材派遣の新入社員が大手メーカに派遣された場合
 3ヶ月から半年間で能力不足だと終了してしまいます
 3ヶ月から半年間で終了した人材派遣の経歴はよくありません
 従って、そうならないために人材派遣の新入社員は一生懸命勉強します
 その結果、業務に効果を上げることができます
 大手メーカの正社員とは異なる方向で進んでいくと思います


以上 経験談です、すべてとはいえません
   参考にしてください
    • good
    • 1

一般的な労働者派遣ですと、所轄労働局経由で厚生労働大臣の『一般労働者派遣事業』の『許可』が必要となります。



一番ネックになるのが、派遣元責任者の設置条件として人事業務の経験者で講習を受けた証明が必要、金銭的に1000万円以上の余裕資金が必要、事務所の面積にも基準があることなどがあります。

派遣業の内容次第で『特定労働者派遣事業』の『届出』で事業可能な場合もあります。これは許可でなく届出義務ですので、形式上に問題が無ければ、条件も一般の許可より軽くなります。

私自身システム開発会社の運営上、官公庁の3次請負禁止の案件でも派遣契約により2次的に仕事をいただいています。発注元は人材確保によるリスク(解雇が難しい)などから発注を出すと思います。その場合そのリスク分を含めて派遣会社はお金をもらいます。派遣会社で働く人たちも複数の会社での経験を積む事や、一般社員の給料より良いなどスキルアップ目的やアルバイトの延長線的な視点などがあると思います。需要と供給のバランスではないでしょうか?
    • good
    • 1

今後 厳しく・競争も激しくなる業種だと思います。



 1 単純労働の人材派遣なのか
 2 有る特定に分野に特化した人材派遣なのか
 
 2なら まだ可能性は有りますが
 1の場合 新規に喰い込むのは
 それなりの コネがないと厳しいと思いますよ。

 派遣してもらうなら 質の良い労働者のほうが
 時間コストは掛かっても
 時間の短縮で相殺できますし
 何といっても 使っていて いらいらしないですから  
    • good
    • 3

人材派遣会社に頼む側からの意見を書きますね。


いつでも、好きな期間だけ、ある程度以上の仕事ができる、
人材を確保できるのが人材派遣会社のメリットです。
普通の人材を雇用すれば、簡単に解雇するわけにもいきませんし、
働きが悪いから交換ってワケにもいきませんし、
忙しくなくなったから、さようならってワケにもいきません。
もちろん、費用は少しかかりますが、それを補えるメリットが
あるわけです。
逆に人材派遣会社に登録する人のメリットは、
自分の希望に近い仕事を紹介してもらえる。
イヤなら違う仕事を紹介してもらえる。
個人で就職活動をするよりも数段、仕事に就ける可能性が高いのです。
昨今、終身雇用制も聞かなくなりましたし、
自分にあった仕事(職場)があれば、本採用ということも
ありえることですし、とりあえず働かなければいけない人や
職場にこだわらない人は人材派遣というのも
選択のひとつであると思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q派遣会社の営業職は大変と聞きますが

人材派遣会社の営業マンて大変な仕事らしいが、本当の所を教えて頂きたいです
派遣業界に転職を考えています。

Aベストアンサー

派遣の営業は残業が異常に多いですよ。毎日夜11時なんて当たり前の世界です。派遣者や希望者に連絡取るのに日中は不在や他で就業したりしてますから、どうしても夜になります。派遣者が突然辞めたりなどして急募の仕事が舞い込んだりしたら、血眼になって登録者に電話をかけまくります。某会社は残業代不払いで問題になりましたが、今は何処も残業代が全部出るのかは疑わしい部分もありますね。

また企業と派遣者の間に入るわけですから、企業からのクレーム、派遣者からの相談で神経をすり減らします。なので胃潰瘍などの神経性の病気になるひとも多いので、よほど精神的にタフな人でないと務まりません。なので離職率も高いです。

はっきり言ってあまりお奨めできない仕事かと思います。まぁ実際経験しないとピンとこないかと思いますけど、多くの営業さんをみた限りでは私は絶対やりたくない仕事です。

Q人材派遣は儲かるのですか。

私は45歳、以前の会社の同僚から人材派遣会社を一緒にやらないかと誘われ迷ってます。業界を知らないので知っている方教えてください。

Aベストアンサー

法律が変わらない限り、安定的に儲かる商売だと思います。
しかもたいした知恵も技術もいらない。
だから派遣会社の経営者ってたいしたことない人間が多いですよね。
また派遣先に人を送り込むだけですので、
責任感のない経営者が多いのも事実です。

Q人材紹介会社の営業ってどうですか?

人材紹介会社の営業で内定がもらえました。自分としては悪い仕事ではないと思っていますが正直悩んでいます。現在人材紹介会社の営業をしている方、もしくは以前やっていたかたがいらしたら人材紹介会社の営業の良い点・悪い点をお聞かせ願えませんでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、おめでとうございます。
以前人材派遣会社で勤めていたことがあります。私の場合は小さい会社ということもあり、法人営業、面接、コーディネート全てを担当していました。営業は、以前取引のあった企業への再アプローチの他、電話帳やフリーの求人広告・雑誌を集めて電話をかけまくり、反応のあった企業へ伺うという手法をとっていましたので、飛び込みはしてないです。
さて、良い点・悪い点ということですが、まずは悪い点から。私自身は、電話が嫌いでしたのでアポイントを取るまでが苦痛でした。営業電話に対して汚い言葉を返されることも日常です。営業先で受注へもっていけたとしても、企業側の派遣に対しての要望が強すぎるので、条件を並べると笑っちゃうくらいスペシャルな人間を求められたりします。そこでの取捨選択させるコミュニケーション能力がなければ、営業先でも苦痛だと思います。
また、扱う商品が人間ってこともとてもリスキーです。登録スタッフの中からこの人なら大丈夫と思い紹介しても面接当日にドタキャンされたり、採用が決まって勤務3日で行方不明になったり、とクレーム対応も必要になります。登録スタッフも常に条件のいい勤務先を探しているのでなかなか信頼関係を築くのは難しいです。それから登録スタッフは派遣会社の募集情報を見て応募してくるのがほとんどですが、中には既に募集していない情報もあります。派遣会社は登録スタッフありきなので、条件のいい募集で釣っておいて、登録させて他の職を案内するなんてこともあったりします。これはさすがに面接していても気持ちのいいものではなかったです。ただ、勤めていた会社があまり大きな会社でなかったので登録スタッフが不足していたってだけで、もしかしたら大手はそんな姑息な手段をとらなくても集まるのかもしれませんが・・・。

良い点ですが、コミュニケーションが非常に大事な職場ですので、自己成長にはいいですかね。実際アドリブには強くなりました(笑)。それに様々な職種の人事と話して世界が広がりました。登録スタッフに仕事内容から職場の雰囲気まで詳しく説明するのは営業の仕事なので取材っていう意識で話しをしていたのは結構楽しかったです。

人間不信になることも度々あるとおもいますが、人間が好き!って思えるなら是非挑戦してみてください。

まずは、おめでとうございます。
以前人材派遣会社で勤めていたことがあります。私の場合は小さい会社ということもあり、法人営業、面接、コーディネート全てを担当していました。営業は、以前取引のあった企業への再アプローチの他、電話帳やフリーの求人広告・雑誌を集めて電話をかけまくり、反応のあった企業へ伺うという手法をとっていましたので、飛び込みはしてないです。
さて、良い点・悪い点ということですが、まずは悪い点から。私自身は、電話が嫌いでしたのでアポイントを取るまでが苦痛でした。営...続きを読む

Q人材派遣会社を起業しようと考えてます。

人材派遣会社を起業しようと考えてます。
もしよければ、人材派遣会社の状況を教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

人材派遣の世界もますます厳しくなってきたと聞きます。
営業、事務、など分野を決め手エキスパートを派遣する、ダブル就業で紹介するなど
特化したサービスが必要になるかもしれませんね。

いろいろなセミナーに出てみるのもいいかもしれませんし
ビジネス書もたくさん読んでおいたほうがいいですよ。
http://bizravel.r-agent.co.jp/
書評のサイトです。こういうところでコミュニケーション作るのもいいかもしれません。

どの分野でやるにしても、人脈と知識はものすごく大事です。

参考URL:http://k.dreamgate.gr.jp/

Q一日で辞めた方いらっしゃいますか?

就職後、1日で会社を辞めたくなりました。
礼儀がすごく厳しい会社のようで、社風が合いません。
会社にはものすごく迷惑をかけるのは承知してますが、保険や年金等の手続きの前にと思い、会社に採用辞退を申し出ようと思います。
就職後、1日で会社を辞められた方、いらっしゃいますか?
そのような方がおられましたら、そのときのエピソードなど教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダメだ・・。どこ行っても一緒!」みたいな事言ってくるんだよね。あれってなんなんだろうね。ちなみに俺は今は自分に合った職場で続けてるし辞めようともとも全く思わないね。すぐ辞めた会社に至っては、「ソッコー辞めてよかったぁ」と思ってるし。自分の色に合わないところはとことん合わないからね。それは本人にしか分からないだろうし、自分がそうだと判断したなら周りの意見に振り回されちゃダメだわな。
すぐ辞めたからってどこ行っても同じって意見は低脳の意見だと聞き流そう!自分は絶対に自分に合った職場に行くんだ!ってな意識があれば大丈夫!1日で辞めてもいいと思うよ!!

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダ...続きを読む

Q生命保険代理店としての独立を検討中している40代の男性です。

生命保険代理店としての独立を検討中している40代の男性です。

勤務歴:外資系金融機関よりヘッドハンティングにより、
大手日本社生保コンサルティング部署にて4年間勤務。現在に至る。

収入:年収を4年平均すると750万円位。(過去最高は990万円)

表彰:海外での招待旅行2回。MDRT社内基準クリア(登録はしていません)

資格:AFP、専門、変額、損保上級


現在、日本社生命保険会社に勤務しておりますが、6月末に退職し代理店独立を検討中です。
現在の勤務先には代理店独立の制度はありません。
そこで、複数の生命保険会社を比較検討しようとしているのですが、
(1)アリコジャパンの専属代理店のELP、ELAという組織。
(2)オリックス生命
(3)ING生命

どの会社も数年間は乗合は駄目で1社専属となるようですが、将来は乗合で複数の保険商品の中から
顧客に最適な保険商品を提案販売できるようにするつもりです

そこで、当面はどれかの専属となりますが、同タイプの保険商品を販売できた場合、
(1)のELPとELA、あるいは(2)と(3)では収入はどれらが善いのでしょう?
またそれぞれのメリット、デメリットについても保険代理店の方や業界に詳しい方お知恵を頂ければ幸いです。


宜しくお願いします。

生命保険代理店としての独立を検討中している40代の男性です。

勤務歴:外資系金融機関よりヘッドハンティングにより、
大手日本社生保コンサルティング部署にて4年間勤務。現在に至る。

収入:年収を4年平均すると750万円位。(過去最高は990万円)

表彰:海外での招待旅行2回。MDRT社内基準クリア(登録はしていません)

資格:AFP、専門、変額、損保上級


現在、日本社生命保険会社に勤務しておりますが、6月末に退職し代理店独立を検討中です。
現在の勤務先には代理店独立の制度はあ...続きを読む

Aベストアンサー

正業は経営コンサルタントです、保険を含め様々な業界を見ているので数字はデタラメを書いた訳ではありません

さて保険ビジネスは大きなブランド力もった商品を扱えるので一見華やかな業界に見えますが得てしてこういう業界ほどやり方は生かせず殺せず方式です
そもそも代理店だとかフランチャイズという仕組み自体は大手が代理店から搾取するやり方ですので一人舞台で儲けようとするのは難しい話です

現に保険代理店で独立している方たちのほとんどは年収が1000万程度と
極低所得層から抜け出せません
ここから営業に掛かる経費、車代やその維持費を捻出、事務所代まで負担するとなれば
サラリーマンをやっていた方が手取りが多かったりする場合があります

保険ビジネスは入り口と出口が決まっている世界ですから収入源は手数料だけです
しかも親元が設定した手数料だけです
この手数料体系というのは時代背景によりまたその時の都合により条件が変わる訳です

そのために複数の経営者が何人か集まってボリウムアカウントを多く取れるひとつの代理店にしようと固まる傾向もよく見られますがうまく行ってはいません
摩擦や衝突が起きるからです

質問者の方は自分自身で保険代理店をすることに夢見ているのではなく
サラリーマンを続けられない背景に追いやられているのでしょう
コンサルティング部ですから実際はあまり顧客を持っていないかもしれません
単に業界を知っているだけだと・・・

保険代理店で成功するか否かは顧客数をどれだけ持っているかに関わっていることには
違いがありません
保険を知らない方に何がわかるのか疑問かもしれませんが
保有件数が少なければ辞めておかれた方が見のためだと思います
全てのビジネスに共通することだと思います
それと大手ほど生かさず殺さずのやり方が上手だと考えておかれた方がよいでしょう
最後に質問に対する直接の回答ではなかったことを謝罪しておきます

正業は経営コンサルタントです、保険を含め様々な業界を見ているので数字はデタラメを書いた訳ではありません

さて保険ビジネスは大きなブランド力もった商品を扱えるので一見華やかな業界に見えますが得てしてこういう業界ほどやり方は生かせず殺せず方式です
そもそも代理店だとかフランチャイズという仕組み自体は大手が代理店から搾取するやり方ですので一人舞台で儲けようとするのは難しい話です

現に保険代理店で独立している方たちのほとんどは年収が1000万程度と
極低所得層から抜け出せません
ここから...続きを読む

Q業務請負会社の設立

業務請負の事業をしたいと思っているのですが、申請とか許可みたいなものはあるのでしょうか?また、個人事業主としてか法人としての方がいいのか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

横から割って申し訳ないです、何かの参考になればと思います。

>ちなみに請け負う仕事は短期軽作業請負です。(倉庫、引越、搬入、イベント等で>す。)この場合は申請とかどうなるんでしょうか?お時間がございましたら教えて>ください。

手っ取り早く仕事をしたいのであれば、特に申請は問題無い筈です。但し、倉庫内のリフト運転や、引越しドライバーなどの絡みは解りません。

一般的に、派遣会社が認可を取る前には、業務請負としてクライアントなどから
上記の様な仕事を受けていますよね。

また、認可後、業務請負の会社を下請けとして使う場合がありますので、営業
してみては如何でしょうか?

但し、タマ(頭数:エントリースタッフ)を集めるのには、苦労すると思います。

Q人材派遣登録スタッフを増やすためには?

我社は従来からやっている人材派遣業に今後「社運を賭ける」と表明しております。
しかしながら、弱小組織であり認知度も低いせいか、思うように登録スタッフが集まりません。
そこで皆さんにお知恵を拝借します。

人材派遣登録スタッフを増やすためには何をどうしたら良いのでしょうか?
おしえてGOO!

Aベストアンサー

パソナほか人材派遣会社の成長戦略など、質問されていた方ですね。
1.派遣スッタフの増やし方
 (1)少数でいいから、まず、派遣スタッフの稼働率を高くすること。
  むやみに増やすと、No.1の方が言われるように、単なるレベルの低い派遣会社になります。
 (2)パソコンの無料研修など、スタッフにしてあげること。
 (3)専門学校の就職担当者など、就職に困っている学校を回ること。
2.成功要因
 優秀なスタッフの確保しかありません。それによって、仕事が短時間でミスなくこなせた。間違いない質の高い仕事が提供できた=クライアントの信頼感、です。
 あるいは、他社より時給を安くすることです。

Q住民票、身元証明書を取る際に必要なもの

住民票と身元証明書を市役所に取りに行きます。印鑑などいるのでしょうか?必要なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

H20.5から窓口での本人確認が法律で義務化されています。
つまり、本人確認のため、
運転免許証、パスポート、
住基カード、健康保険証などが必要です。
ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。
あとは、ハンコと手数料ですね。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報