義理の父が山野草の栽培が好きで山ほど持ってます。かなり詳しく知ってます。先日、東京の知り合いが「関東の方では山野草がブームになりつつあって譲って欲しい人はいくらでもいる。」と聞いてきたそうです。本当かな?と思いますが、誰か買ってでも譲って欲しい方っておられますか?

A 回答 (2件)

 義理のお父さんが山野草をたくさん持っておられる事よりその栽培力に敬意を表したいです。

文字通り山野草とは山や野に自然に生えている植物を鉢の上で栽培してその自然の雰囲気を楽しもうとするものです。ですから大地に根を下ろしていた物を小さな鉢の中で育てるのですから池の魚を金魚鉢で育てるようにしょせん無理があります。特に山野草にもいろんな種類があってすべての種類の山野草にあわした栽培環境が出来ないのが最大の問題で私も大変苦労しています。
 さて、山野草ブームですが、残念ながら当地でもはるか昔に去ってしまって今は奥様方が簡単に栽培出来る安価なガーデニングとやらが主流でこれもボチボチかげりが見えてきています。ただ、救いは東洋蘭とか山野草はマニアの品物であって大手の大会社のやるメリクロンなどの大量生産には向いていない事です。ですからその隙間をついた少量販売は可能です。
 例えば、一つの品種の(エビネ、ウチョウラン、大文字草など)の花時に近くの園芸店に販売手数料25%で販売してもらい、売れ残ったものは回収するといった契約をする方法もあります。管理の問題があり、水遣りなどをチャンとやってくれる約束が必要です。これは現在も私の愛好会でやっていた手で結構人気があります。
 もうひとつは近くの山野草愛好会に入って、展示即売会で品物をさばくことです。これはあくまでも趣味の会ですので売るだけでなく会のために活動したり、会員との交流があっての話ですが。もし個人で場所が都合できれば、個展のようなものを開かれて即売会も出来ますが、営利では公共の施設はなかなか貸してくれません。趣味と商売は両立しないのが世の常で、私たちがやっていた愛好会も本当に商売が下手でお客さんは喜んでくれましたが、展示会は大概持ち出しの連続で十五年がんばりましたが現在は休会となっています。
    • good
    • 0

買いたい人は多いでしょう。

健康食品、自然食品として売れますよ。
しかし。流通のためには腐らないように、とか気を使わないといけません。
十分に乾燥して、乾燥剤と共にパックして・・或いは生で真空パック?
例えばインターネットで販売、なんて考えているならこの辺はよく考えて。
もしもそうならば、一件だけ心当たりがあります。
彼等は親会社が工場を持っているので、その辺の加工も出来るかも。

デパートに売り込む、と言うのも手です。
山野草を生で渡して、後は彼等が商品にしてくれるでしょう。


    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの山野草の名前教えて下さい。

この山野草の名前教えて下さい。
10月17日に撮影しました。この紫いろの山野草の名前教えて下さい。

Aベストアンサー

山野草ではなく、園芸植物のコリウスに見えますが。
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi&biw=1024&bih=613

Q栽培栽培栽培栽培栽培栽培栽培栽培栽培

マリファ○の栽培マニュアル本を海外から買って来て、日本語に翻訳して売ったら捕まる?

Aベストアンサー

>マリファ○の栽培マニュアル本

日本で売ってます。
アマゾンでも売ってます。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8D%B1%E3%81%AA%E3%81%84%E8%96%AC-%E9%9D%92%E5%B1%B1-%E6%AD%A3%E6%98%8E/dp/4887186398/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=books&qid=1197638806&sr=8-1

Q山野草用土のリサイクル

いわゆる山野草と呼ばれるもの以外の草花・花木類の植え替え用土はリサイクルして使いまわしています。その方法は土を太陽光線に当ててよくよく乾燥させ、古根を除き、黒いビニール袋に収め、湿気を加え、ミリオンや苦土石灰も混ぜてから陽当たりの良い場所に1ヶ月ほど放置し、堆肥や腐葉土またはピートモスなどを加えて鉢植えに使用しております。けれど山野草の植え替えには新しい用土を使うのが常識のようなのです。その根拠はよく理解でき、従来はそうしておりましたが、何かモッタイナイので山野草でない植物のためにその土も使いまわしに利用しております。やはり山野草のためだけにリサイクルさせるのは無理なのでしょうか。ご経験者の助言を賜りたく、質問させていただきます。ちなみに用土は、袋詰めの「山野草の土」を使うこともあれば、富士砂・軽石砂・焼き赤玉土・桐生砂・ピートモスなどを適宜にブレンドすることもあります。育てているのは複雑な管理をあまり必要としないものが主で、ダイモンジソウ・スミレ・サクラソウ・ホタルブクロ・ヤマアジサイ・モジズリ・野ギクなどです。それらのものも、他の種でも、丈夫なものは地植えにしてしまいます。

いわゆる山野草と呼ばれるもの以外の草花・花木類の植え替え用土はリサイクルして使いまわしています。その方法は土を太陽光線に当ててよくよく乾燥させ、古根を除き、黒いビニール袋に収め、湿気を加え、ミリオンや苦土石灰も混ぜてから陽当たりの良い場所に1ヶ月ほど放置し、堆肥や腐葉土またはピートモスなどを加えて鉢植えに使用しております。けれど山野草の植え替えには新しい用土を使うのが常識のようなのです。その根拠はよく理解でき、従来はそうしておりましたが、何かモッタイナイので山野草でない植...続きを読む

Aベストアンサー

個人的な見解ですが、
山野草用土は、平野部では栽培の難しい、山野草を育成するために使用されるものです。
山野草の多くは自生地が消滅し、絶滅の危惧にさらされています。
趣味として稀少な植物を育成する以上、ー種の保存を図る意味からも、ー
多少の費用には目をつぶって、新しい用土を使用するだけでなく、
より失敗の少ない栽培法をとる義務があると考えています。

ただ、用土のリサイクル以前に、ダイモンジソウ以外は一般の用土で栽培経験があります。
山野草用土を使用する必要はないでしょう。
ダイモンジソウにしても、育成は容易で繁殖力も強く、絶滅の恐れはまずありません。
殺虫・消毒を十分行って、チャレンジされてはいかがでしょう。

参考URL:http://www.alpine-plants-jp.com/saibai/index_saibai2.htm

Q山野草

スイスアルプスで9月初めに見た花です。
リンドウに似ていました。
色は濃い赤紫でした。
名前を教えて下さいませんか?

Aベストアンサー

スイス・アルプスの花のサイトを色々見てみましたが、
●ゲンティアナ・パンノニカ(Gentiana pannonica)かと思います。リンドウ科の花ですね。
http://crnmac1.physics.uiowa.edu/Travels/Switzerland/Lauterbrunnen_2007/Eiger%20Glacier/Alpine%20Flowers/DSC02651.JPG
http://species.wikimedia.org/wiki/Gentiana_pannonica
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GGLD_jaJP308JP308&q=Gentiana+pannonica&um=1&ie=UTF-8&ei=1ibDS-yoMI_g7APygYm6CQ&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=4&ved=0CB4QsAQwAw

類似で以下も有りますが、こちらは少し違うようです。
ゲンティアナ・カンペストリス(赤いリンドウ)Gentiana campestris
http://win.freespace.jp/rascal/flowerguide.htm

スイス・アルプスの花のサイトを色々見てみましたが、
●ゲンティアナ・パンノニカ(Gentiana pannonica)かと思います。リンドウ科の花ですね。
http://crnmac1.physics.uiowa.edu/Travels/Switzerland/Lauterbrunnen_2007/Eiger%20Glacier/Alpine%20Flowers/DSC02651.JPG
http://species.wikimedia.org/wiki/Gentiana_pannonica
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GGLD_jaJP308JP308&q=Gentiana+pannonica&um=1&ie=UTF-8&ei=1ibDS-yoMI_g7APygYm6CQ&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=4&...続きを読む

Q画像の山野草はなんでしょうか?

画像の山野草はなんでしょうか?
(中央のピンクの花です)
家の近くの道端に咲いていた花がかわいかったので、鉢植えにしているのですが、種類がわかりません。
おそらく多年草、初夏あたりから数ミリのピンクの花が咲き始め、いまだに咲き続けています。
毎日のように種が結実しています。
山野草に詳しい方、教えていただけますか?

Aベストアンサー

ハゼラン
http://www.hana300.com/hazera.html

Q山野草の名前を教えてください。

やま道で見つけました。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

この白く見えるものは、「ギンリョウソウ(銀竜草)」です。
山地の湿った林床に見られる腐生植物です。

Q庭で見つけた山野草の名前が知りたいです。その(2)

庭で見つけた山野草の名前が知りたいです。その(2)
ブタナとヤクシソウの回答を頂いたのですがどちらとも
判断しかねますので花と葉の写真を添付したので
再度皆様のご意見を賜りたいと思います。

Aベストアンサー

2回目の写真では間違いなく「ブタナ」であると判ります。ブタナの花の花弁(花びら)の数は少ないものから、セイヨウタンポポのように多いものまでバラツキが大きいのです。

Q.>ヤクシソウの可能もあります。どちらか迷ってしまいました。

A.再回答になりますがどこの部分が迷うところなのでしょうか?
詳しく説明しますとヤクシソウの花茎は“糸のように細い”もので、花房も一箇所に5~6コ付くのです。前の回答に写真も添付しておきましたので見てもらえれば理解していただけると思いますが、ヤクシソウの花茎に葉に葉柄は無く、茎に葉を巻き込んでしまっている植物なのです。もう花の咲く季節も過ぎました。

◆ヤブタビラコやタビラコはネットの写真で見ると拡大されて写っていますので判りにくいですが、どちらも花の直径1cmほどで茎も短めのとても細い植物ですよ。それに咲く季節は春の七草と同じように3月ころに咲く花です。

ヤブタビラコは、花径1cm弱の3月頃に咲く極めて小さな花ですよ。
http://tururindo.com/z/plt/n/t/?a=100627
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/compositae/yabutabirako/yabutabirako.htm

タビラコ(コオニタビラコ)は、3月前後に咲く花径約1cmの小さな花です。
http://www.hana300.com/tabira.html

2回目の写真では間違いなく「ブタナ」であると判ります。ブタナの花の花弁(花びら)の数は少ないものから、セイヨウタンポポのように多いものまでバラツキが大きいのです。

Q.>ヤクシソウの可能もあります。どちらか迷ってしまいました。

A.再回答になりますがどこの部分が迷うところなのでしょうか?
詳しく説明しますとヤクシソウの花茎は“糸のように細い”もので、花房も一箇所に5~6コ付くのです。前の回答に写真も添付しておきましたので見てもらえれば理解していただけると思いますが、ヤクシソウの...続きを読む

Q山野草

アメリカで咲く花らしいのですが、
花の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

セリンセ・マヨールという花でしょうか。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Cerinthe-major.html
http://item.rakuten.co.jp/gardensk/1396692/#1396692

Q公開されたある山野草自生地に咲いていた花です。この花の名前をご存知の方

公開されたある山野草自生地に咲いていた花です。この花の名前をご存知の方、教えて頂けませんか?
ちょっとピンぼけで分かりにくいかもしれませんけど・・・。

Aベストアンサー

下記URLのサイトで探してみてください。

参考URL:http://www.ootk.net/shiki/

Q庭で見つけた山野草の名前が知りたいです。

庭で見つけた山野草の名前が知りたいです。
画像を添付しますので詳しい方、教えてください。
タンポポに似ていますが花の形と葉の形が違います。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブタナ (豚菜)でしょう。

似た花は数多く有りますが、その茎の長さといい、茎の色、太さ、そして何より総苞(そうほう)片の形状が在来タンポポ及び、セイヨウタンポポには当てはまりません。ブタナも花弁の枚数は少ないものから多いものまでバラツキます。季節もちょうど6月の頭くらいからです。

<ブタナ>
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/f0/f65fbcef136fc8def0276d63f8277fe3.jpg
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/000/949/94/17/s1370.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/32/b6/a5c1cd9ae643eb7a9320c25b6d27d07e.jpg
http://www.tcp-ip.or.jp/~jswc3242/346.html

参考:タンポポの総苞(そうほう)・総苞片の形状
http://www.pref.kagawa.jp/kankyo/gakushu/progam_2/program/ikimono/seibutu/tanpopo/tanpopo.htm

ブタナ (豚菜)でしょう。

似た花は数多く有りますが、その茎の長さといい、茎の色、太さ、そして何より総苞(そうほう)片の形状が在来タンポポ及び、セイヨウタンポポには当てはまりません。ブタナも花弁の枚数は少ないものから多いものまでバラツキます。季節もちょうど6月の頭くらいからです。

<ブタナ>
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/f0/f65fbcef136fc8def0276d63f8277fe3.jpg
https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/000/949/94/17/s1370.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/32/b6/a5c...続きを読む


人気Q&Aランキング