どうも!クリックしていただき光栄です
私は3年毎日24時間きいててもあきません ブルートレインです
ちょこっと趣味でドラムをやっているんですが、ブルートレインのドラムはすごすぎです。そんなブルートレインのPVをみてますが潔のドラムはすごいです。でもブルートレイン全部のドラムをみることができないんです。
YouTubeでブルートレインのドラムをカバーしてる人はだれかいないかと思いさがしますが どうも完璧にできているわけでもないんです。ネットで探してもあまりみつかりません・・・
どなたかブルートレインのドラムだけの動画を知っている人はいないでしょうか・・・あれは潔だけにしかできないんですかねw
よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あんな複雑なリズムパターンを叩ける人はそうそういないですよね。


僕もバンドでブルートレインをやることになり、ドラムだけの動画をかなり探したのですが完コピしているものは見たことありませんね^^;
ライブの動画なら生の伊地知さんを見ることができると思うのでそのあたりで我慢するしかないのだろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あら・・・そうですかね・・・
やはりバンドピースをいっぺんみてみます!
どうもありがとうございます!
ブルートレインがんばってください!

お礼日時:2007/05/09 20:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドラムを始めようと思っていますが、家にドラムや電子ドラムを置くことがで

ドラムを始めようと思っていますが、家にドラムや電子ドラムを置くことができないんですが何かいい練習方法はないですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ドラムの練習は騒音だけではなく振動もかなり大きいですので、よほど恵まれた環境でなければ家庭での練習は難しいですよね。

お勧めなのは、メッシュヘッドの練習パッドをひとつ購入することです。完璧ではありませんがかなりの消音性がありますし、パラディドルなどの基礎練習にはとても有用です。古雑誌や古電話帳を叩くよりも小さい音で練習できる点も利点です。

問題なのは足の練習です。初心者の場合、まずペダルに慣れることがとても重要です。ペダルを使わずに床を踏み鳴らすのとペダルを使ってバスドラを叩くのでは微妙にタイミングや力加減が違いますので。ペダルを使った練習台が市販されていますので、それを使うのが良いと思いますが、それでもかなりの振動が出ますし、集合住宅では苦情が来るかもしれないレベルの動作音がします。

また、家では生ドラム以外の練習方法を取り入れざるを得ませんが、定期的に生ドラムに接する機会を持つようにするのも大切なことです。電子ドラムは、極論を言うと「とにかくパッドに触れれば最高の音が出る」装置です。しかし生ドラムはそうはいかずに「正しいストロークで叩かなければ良い音で鳴らすことが出来ない」楽器です。正しいストロークを身につけるためにも定期的に貸しスタジオなど生ドラムを叩ける場所に出向くことをお勧めします。

こんにちは。

ドラムの練習は騒音だけではなく振動もかなり大きいですので、よほど恵まれた環境でなければ家庭での練習は難しいですよね。

お勧めなのは、メッシュヘッドの練習パッドをひとつ購入することです。完璧ではありませんがかなりの消音性がありますし、パラディドルなどの基礎練習にはとても有用です。古雑誌や古電話帳を叩くよりも小さい音で練習できる点も利点です。

問題なのは足の練習です。初心者の場合、まずペダルに慣れることがとても重要です。ペダルを使わずに床を踏み鳴らすのとペ...続きを読む

Q日本のドラムと海外のドラム

ドラムを習おうと思っている者ですが
以前、日本のドラムの叩き方は間違っていて
全然音が出せていない、日本で習った人はプロでもほとんどそう
と聞いたことがあるのですが
実際音の違いなどはあるのでしょうか?
これから始めようと思っているので
どうせならちゃんとした叩き方で始めたいです。
どなたかご存知でしたらよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

その説は、「K's MUSIC」というスクールのサイトで紹介されています。
くわしくはリンク先をじっくり読まれると良いでしょう。
個人的には、剛性コントロールや解剖学的な解説は大変参考になりました。
ただし、K'sは、初心者向けのスクールは行っていないと記憶しています。

さて、私の見解ですが、「日本の叩き方は間違い」というのは極論であり、半ば強引な自社の宣伝にも感じます。
なぜなら、K'sのサイトで実演している講師は、日本的奏法もモーラーテクニックもマスターしており、演奏の中では、それを表現方法として使い分けているのです。
ということは、「日本式奏法もK's奏法もできるのが最強」というのが正しいと思いますよ。

もう一つ、日本的奏法のドラマーは音が出せていないわけではなく、表現の幅が狭いだけです。
逆に、繊細な表現には日本的奏法の方が向いていることもあります。

いずれにせよ、ある程度までのレベルまでは、叩き方は上達するにつれ変わりますから、日本的奏法でも良いので、とりあえず始められてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.warabi.ne.jp/~ks-music/

その説は、「K's MUSIC」というスクールのサイトで紹介されています。
くわしくはリンク先をじっくり読まれると良いでしょう。
個人的には、剛性コントロールや解剖学的な解説は大変参考になりました。
ただし、K'sは、初心者向けのスクールは行っていないと記憶しています。

さて、私の見解ですが、「日本の叩き方は間違い」というのは極論であり、半ば強引な自社の宣伝にも感じます。
なぜなら、K'sのサイトで実演している講師は、日本的奏法もモーラーテクニックもマスターしており、演奏の中では、それ...続きを読む

Q電子ドラムかアコースティックドラムか・・・・

なんどかこちらでドラムに関して質問させていただいたのですが
再度アドバイスをいただけたらと思います。

5歳の男の子ですが非常にドラムに興味を持ち
アコースティックと電子ドラムクラスと両方レッスンを受けています。
しかし、他のお稽古事や私自身も仕事がありどうしても
同じ日にレッスンを受けるという状態でいます。

多忙なときはピアノレッスン後、そのまま電子ドラムレッスンを各30分、一時間休憩でアコースティックドラムレッスンとなる
日があります。
いずれも個人レッスンで各先生のレッスンに空き時間があれば
変更も可能ですが私自身も仕事があり週によっては一日丸々
ゆっくりする時間がない日もある状態です。

出来れば休まず頑張ってお稽古事にも積極的に行ってるため
続けさせてあげたいのですが私自身、時間の余裕がなく
ドラムのレッスンを電子かアコースティックか一本に
しようと息子と相談しています。
長期でレッスンを続けていく場合、どちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

アコースティックをオススメします。
生ドラムから電子ドラムは割と応用がききますが、電子ドラムから生ドラムはタッチから何からかなり違います。
ひとまず生ドラムで基本をしっかり身に付ければ、電子ドラムは後でも大丈夫ですが、逆は難しいです。
生ドラムは、極端な話、ドラムの中心を叩くか端を叩くかでも全く違う音になりますし、力のかけ具合やスティックの握り具合でも音は違います。
生ならではのニュアンスを叩き分ける力が必要なのです。
対して、電子ドラムは、音の作り方や使い方に独特の工夫やセンスが必要ですが、エレクトーンと同じように楽器の進歩が早いので、プレーヤーがそれについて行くためには、それなりの投資が必要になってくると思います。
また、自宅での練習について言及された方がいらっしゃいますが、電子ドラムでも練習パッド並みの音と振動は出ますので、五十歩百歩です。

Qドラム バスドラムの奏法で・・・

急にすいません。
ドラムの中のバスドラの奏法で一つお聞きしたいことがあります。それは、バスドラの奏法の中で普通の8ビートにあう次のフレーズで(「タン」はスネアを叩くところとします)「ド タン ドド タン ド タン ドド タン ド タン ドド タン」というごく一般的なフレーズなんですが、このフレーズのかなりの高速のビートのときにバスドラもものすごく速くなっていた曲を聴きました。僕が聴いた曲だと「SHAKALABBITS」さん(俗称:シャカラビ)が歌ってる「星空の下で」という曲なんですが、このように、バスドラをものすごく高速で叩くことができるテクニックを知りたいです。本屋さんで市販されている本などは一応目を通したのですが、どうもしっくり来る答えがなくて、このたびご質問をさせていただきました。すみませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

MusicLove1さん、こんにちは。
バスドラムの踏み方ですが、皆さんが回答されているスライドとかアップダウンは、いきなりできるものではありません。
いきなりそちらに走るとかえって遠回りになってしまうことがあります。
なので、きちんと手順を踏んでステップアップする方が良いと思います。

今はバスドラムを叩く時、かかとはフットボードにつけていますか?浮かせた状態でしょうか?

実は、ドドまでならかかとをつけた状態でもけっこうな速さで踏めるんです。
まず、かかとをつけた状態で練習を開始してください。
この練習により、足首の細かい動きができるようになります。
ペダルワークにはこの足首のスムースな動作が重要です。
でも、かかとをつけて踏んでいると向こう脛の筋肉が痛くなってくると思います。
そこをある程度ガマンして練習してください。
この奏法をヒールダウンと呼びます。

かかとをつけた状態で踏めるようになったら次のステップです。
かかとをつけた状態で2打踏み、2打目を踏むと同時に拇指球を支点にしてかかとを上げます。これがダウンアップです。
脚の重さをペダルに掛けられるので大きな音が出しやすくなると思います。
これもしっかり練習してください。

次のステップはアップダウンです。
ダウンアップの2打目の状態からかかとを低めにした状態で、足首から先の動きで1打目を踏み、2打目は脚全体の力を抜く感じでかかと(というより足裏全体)でフットボードを踏みます。説明が難しいので極端な表現になってます。わかりにくくてすみません。

さらに次のステップ、ヒールアップです。
その名の通り、かかとを浮かせた状態で踏みますが、極端にかかとを上げるのでなく、少しだけで良いです。
拇指球に脚の重さが掛けられるので、パワーが出せます。

次にスライドです。
これは、ヒールアップとアップダウン・ダウンアップをブレンドするとやりやすいのですが、フットボードの上で足が前後にスライドして動くのでスライドと呼ばれます。
また、かかとを捻るようにして踏む人もいます。

以上の練習法は、エイトビートを刻みながらでも良いし、BBRLBBRL・・・とかBBLRBBLR・・・・とかBRLBBLRB・・・とかRLBBRLBB・・・・のように順列組み合わせで手順を変えて練習しても良いです。
R(右手)とかL(左手)はタム類で移動しても良い練習になります。この時は体が前のめりになってしまうとバスドラムがきちんとコントロールできません。体の重心がぶれないようにしてください。

MusicLove1さん、こんにちは。
バスドラムの踏み方ですが、皆さんが回答されているスライドとかアップダウンは、いきなりできるものではありません。
いきなりそちらに走るとかえって遠回りになってしまうことがあります。
なので、きちんと手順を踏んでステップアップする方が良いと思います。

今はバスドラムを叩く時、かかとはフットボードにつけていますか?浮かせた状態でしょうか?

実は、ドドまでならかかとをつけた状態でもけっこうな速さで踏めるんです。
まず、かかとをつけた状態で練習を開...続きを読む

Qドラム バスドラムのミュートについて

すみません。
バスドラのミュートについてのご質問なのですが、僕は、今度バスドラのヘッドを交換しようかと思っています。今のヘッドから今度は同じREMO社のPOWERSTROKE 3 COATED(http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/ikebe/cabinet/drum/p3_coated_b.jpg)にしようかと思っているのですが、このヘッドはリングミュートもあるみたいなのですが、このヘッドを張ったシェルの中にスポンジのミュートをまた入れたら、それなりのミュート効果は期待できますでしょうか?僕は、スネアやタムに比べてバスドラはきっちりミュートした音が出てくれないとあまり気持ちが晴れません。たぶん、皆さんもそうだと思います!僕は、CDなどから聴こえてくるような音を期待しているのですが、もちろん、CDに曲をレコーディングするスタジオのようにエフェクターやイコライザーなどといった専門的な高価な機材があるわけではありません。なので、できればタムもバスドラと同様、CDから聴こえてくるように、サスティンが聴いているのではなく、ほぼサスティンのない「ドコドコ」とした音がほしいのですが、これら2つのミュートは効きますでしょうか!?

すみません。
バスドラのミュートについてのご質問なのですが、僕は、今度バスドラのヘッドを交換しようかと思っています。今のヘッドから今度は同じREMO社のPOWERSTROKE 3 COATED(http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/ikebe/cabinet/drum/p3_coated_b.jpg)にしようかと思っているのですが、このヘッドはリングミュートもあるみたいなのですが、このヘッドを張ったシェルの中にスポンジのミュートをまた入れたら、それなりのミュート効果は期待できますでしょうか?僕は、スネアやタムに比べてバス...続きを読む

Aベストアンサー

張りかえる前に、古毛布をバスドラムの中に入れてみてください。
打面のヘッドに当たる量をいろいろ試してみてください。
意外と思っているような音になります。

いけそうだと思ったら、毛布一枚では多すぎるので、毛布を2/3位に切ってみて、試してみてください。次に残った1/3でも試してみてください。
そういう感じで量を調整してください。

また、場所が変わると響きも変わるので、ライブの時は再調整してくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報