痔になりやすい生活習慣とは?

 非常に低レベルな質問で申し訳ありません。私は理系の学生で、高校で日本史を習っただけで、ただ歴史小説や歴史的建造物などを見ることが好きな者です。

 たしか、高校時代に日本史の先生から「『松尾芭蕉は実は忍者で隠密活動の記録をもとに奥の細道を書いた』という学説が歴史学会で議論された」ということを聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか?

 「高齢であった松雄芭蕉は本文中どうりの日程で移動出来るわけがない」とか、「奥、細という漢字が忍者を暗喩している(なぜなのかはよくわかりませんが)」というような理由を言っていたのですが、詳しい方教えてください。

A 回答 (4件)

「松尾芭蕉=忍者」説のあらましは、色々なサイトで検索できます。


主には、芭蕉が伊賀の出身者であり、紀行文「奥の細道」の内容に不自然なところが見られることから、拡大解釈されたものが多いようです。
漂白詩人(歌人,俳人)は、やせこけた老人と言ったようなイメージがありますが、実際には剛健な体躯でないと漂白は出来かねます。芭蕉に先立つ西行法師(芭蕉が歌人の理想として挙げていた)なども、武士の出身であり、相当の体躯を持っていたようです。当時の有名な荒法師の文覚なども、「西行法師にあったら、一発かましてやろう」とひそかに思っていたが、実際に面会したときには、西行の風格に恐れをなしていたなどの話もあります。
芭蕉も、西行と同じように一般人と比べるとかなり剛健な体躯であったのではないでしょうか?
また芭蕉本人が忍者でなくとも(あるいはその素養が無くとも)、伊賀出身者であることから、少年の頃から忍者との交流や知識の伝授はあったと考えるべきでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

 そうですか。歌人や俳人は確かにこちらの勝手なイメージでやせこけてた老人と解釈していました。屈強な体格の持ち主でありながら、人間の心に染み入る歌が詠めるのはなんだかすごいですね。

 「伊賀出身だから忍者などの知識を持っていた」と考えるのが一番納得できますね。周りに本物がいるという状況だけでも普通とは違うわけですからね。

 ソースなども丁寧に提示してくださいまして、どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/04/14 17:59

珍説の類ですね。


伊賀出身であるということと、警戒していた、外様大名の領地を多く歩いたことと、歩くスピードが非常に速いということが論拠だったかと思います。
旅番組で、曾良が記録した日程を歩けるかと検証したのを見たことがありますが、ものすごくがんばれば、歩いて歩けないことは、ありませんでした。
現代のような乗物のない時代の人は、私たちより、はるかに健脚だったと思います。
もし、スパイであったとしたら、疑われるような記録を残した時点で、スパイ失格ですね。
私は、歴史に、夢や、謎を残しておきたい派なので、全面否定は、しませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

 確かにスパイであったのならば、絶対に記録なんて残さないですよね。スピードの件に関しても、現在の社会生活を中心に考えてしまっているから無理だなんて思ってしまうだけで、当時ではそれが当たり前であったということもありえますよね。

 ただ、やはり私も歴史にロマンがあるのはいいなぁと思ってしまうので、どこかで、「そうであってほしいなぁ」と願ってしまう部分があります。

お礼日時:2007/04/14 18:00

源義経はジンギスカンだった。

なんていう人もいますからね。高校の先生は、そんな説もあるというニュアンスで話されたのでは。
でも一方では、幕府の命令を受けた間者だったとしたら?そんなことは現在でもありえます。たいしたことではありません。だいたい、俳句だけつくって諸国を行脚できる資金があると思うこと自体が不思議。

バチカンの暗殺集団P2なんてありますからね。なんでもありです。
p2はgoogleで調べれば分かると思います。assasinというキーワードでも付け加えれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。たしかジンギスカン説も先生はおっしゃっていたと思います。

 私は大事なことはほとんど忘れてしまったのですが、日本史のいろいろなエピソードはなんだか覚えているなぁと実感しました。

 バチカンの話など付け加えてくれてどうもありがとうございました。さっそく調べてみます。

お礼日時:2007/04/14 17:43

いわゆる、ニセ科学に近い内容だと思う。


松尾芭蕉とか、山本勘助とか、聖徳太子とか、
実在や、あまり資料の残っていない人物は、伝説的な語られ方をするだけだと思う。
なんとか還元水、ゲルマニウム、水晶…

忍者かどうか、なんて、無意味なことをさぐるよりも、
その人の俳句をどう、思うかで、いいんじゃないかと思う。

相対性理論のアインシュタインなんか、私生活よりも、
自分の仕事のほうを見てくれと、口をすっぱくして、
言ってたし、
多分、芭蕉さんが、今、語れるなら、そういうと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ニセ科学と呼ばれるものに対しては自信を持って反論が出来るのですが、文系の内容に関してはまったく無知な自分がはずかしく感じました。

お礼日時:2007/04/14 17:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松尾芭蕉について

お世話になります。謎の多い人物として松尾芭蕉の名前が出てきているのですが、お詳しい方に教えて頂きたいです。

2~3年前に「松尾芭蕉が旅を終え、実家に帰ってきた時、母親が他界。何もない状態だったそうです。しかし、へその緒とそれを入れたある箱だけあり、その箱には松尾芭蕉の「誕生時間」が書かれていた」という大学教授が資料提供した記事を読んだ記憶があります。

最近、ふと思い出しまして、いろいろと探したのですが松尾芭蕉は「生年月日とか生まれた所など」謎が多すぎる人物だとしか答えが出てきません。私が読んだ記事の真偽を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

その記事やご紹介のエピソードについては全く存じませんが、松尾芭蕉は吉川弘文館の人物叢書に入っております。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=03740639
松尾芭蕉 人物叢書 新装版
阿部喜三男/著 吉川弘文館

この本には歴史家が認める史実のみが書かれており、とりあえず「最も信頼できる松尾芭蕉の伝記」です。容易に入手できる本ですので、この本を読んで、ご質問の答を探られては如何でしょう。

この本に該当する記述がなければ
1) ガセネタ
2) この本が執筆された後に発見された新事実
のいずれかでしょう。

2)については、東京の江東区にある
芭蕉記念館
http://www.kcf.or.jp/basyo/index.html
に問い合わせる手があります。専門知識を持った学芸員が一人はいるはずですので、「最近判明した松尾芭蕉についての新事実」についての情報は持っているでしょう。(1)の「ガセネタ」であるかないかも教えてくれると思われます。

問い合わせの方法としては、郵便がよろしいかと思います。返信用の80円切手を貼った長形3号<A4の紙が入る>封筒を必ず同封して下さい。博物館等に質問する際の礼儀です。

A) 自分の住所・氏名・電話番号
B) 今回の質問文に書いたような内容
C) 自分で「松尾芭蕉 人物叢書 新装版 阿部喜三男/著 吉川弘文館」を参照したが、(B)に該当する記載がない旨
D) (B)の話がガセネタか、最近判明した新事実か否かお教え下さいという旨

を分かりやすく書いて送れば、学芸員から返答を貰えると思います。学芸員がいなければ「生憎ですが」と言う返答があるでしょうから、その場合は他を当たりましょう。

その記事やご紹介のエピソードについては全く存じませんが、松尾芭蕉は吉川弘文館の人物叢書に入っております。

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=03740639
松尾芭蕉 人物叢書 新装版
阿部喜三男/著 吉川弘文館

この本には歴史家が認める史実のみが書かれており、とりあえず「最も信頼できる松尾芭蕉の伝記」です。容易に入手できる本ですので、この本を読んで、ご質問の答を探られては如何でしょう。

この本に該当する記述がなければ
1) ガセネタ
2) この本が執筆された後に発見された新事...続きを読む


人気Q&Aランキング