学問といえるのかは分かりませんが、本を読むことによって多くの知識を得ていくのはどの分野でも同じだと思います。
しかし、私は本の読み方なるものを学んだ経験がありません。
みなさんの本の読み方を実際の作品と併せて教えてもらえると幸いです。

さらにですが、速く読むことによって理解が速まるということをいう人がいて、私は読むのが遅いため理解しにくいとちょっと感じているのですが速読ができるようになるにはどうしたらよいか教えてもらえるとなお幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も速読にはかなり興味があっていろいろ調べたりしました。


私の地元の友達に文庫本なら10分程度で読める、という人がいます。(理解度は変わらずに。)べつに特別な訓練を受けたわけではないのですが、その子は立ち読みが好きで、読んでやるぞという気持ちでずっとしていたところ、そうなったらしいです。
人生の時間は限られていますが、使い方次第で長くもなり短くもなるので、少しでも有意義に生きたいと思いました。速読をすることにより、たとえば5時間かかることが1時間で、しかも内容は変わらずにできてしまうのです。一刻も早く習得したかったので、ちゃんと訓練を受けたいと思いましたが、意外にコストがかかり、養われの身の私は未だ夢叶わずです。来年になったら自分で稼いで絶対にやるつもりです。
本に書いてあったことですが、理解度を気にせず一定のリズムで(結構速く)めくっていく方法が、速読法習得への過程で必要なようです。ここで理解度を気にしてしまうとだめなようです。これをやってから〈けっこう)普通に読むと、ちょっとやはり速くなります。
いくら速くても、内容理解が伴わなければ意味はありません。しかし理解を伴い、かつ速く読める方法が、確実にあります。
参考/ダヴィンチ〈雑誌)にある社の広告があったと思います。
    • good
    • 0

自分が楽しいと思った本を読めば、自然と早くなるんじゃないですか?



僕は、速く読むことよりも楽しく読みたいなー。
今読んでる本は、2度目ですが・・・楽しいし色々想像が膨らんでたのしいですけど。ちなみに、僕が今読んでる本は、「宮脇 俊三」さん作の「シベリア鉄道9400キロ」です。もし、気が向いたら読んでみてください。
    • good
    • 0

本の読み方を習った覚えはわたしもなく、子供の頃から乱読を繰り返すことで自然に身についてきました。

あまり参考にはなりませんね。あるていど「数をこなす」ことが重要だと言えるだけです。
速読と理解度の関係は、deagleさんがおっしゃるとおりでしょう。鵜呑みにしてはいけないと思います。ひとつ言えるとしたら、電車を乗り換えながらとかで10分おきに中断するような読み方は、あきらかに理解を妨げます。できるだけまとまった時間をとって、せめて章単位ぐらいでキリをつける、可能なら1冊丸ごと一気に読んでしまった方が理解は深まるはずです。
人間の記憶には短期記憶と長期記憶の二種類があるそうです。10分かそこらで忘れてしまう(メモから電話機に目を移す間だけ覚えていれば済むような)記憶と、一生でも覚えていられる記憶です。(やや余談ですが、osapi124さんたちがおっしゃる速読術はこの短期記憶を利用したものだったと思います)。見聞したものは最初は短期記憶に収められ、ゆっくり長期記憶に移行していくのだそうです。あまりゆっくり読んでいると、この短期記憶が溢れてしまってそれまでの内容が解らなくなる、ということはありそうです。
そういえば本を読むときは「それまでに読んだ内容を自分なりに噛み砕いてまとめ、長期記憶のほうに収めやすくする」という作業を無意識に行っているような気がします。場合によってはノートを取りながら読むというのも、この作業を助けるかもしれません。
ともあれ、「この本の前のほうに、なにが書いてあったかな」と考えながら読むのは愚策です。やむを得ない中断なりでそれまでの内容を忘れてしまった場合は、面倒くさがらずに前のページを開いて確認しましょう。映画などと違い、容易に後戻りできるのが書物の最大のメリットですから。よく解らないまま読み進めて結局何も理解できませんでした、という結果になるより、わずかの手間と時間を惜しまないように心がけることをお勧めします。
    • good
    • 0

下のosapi124さんのおっしゃっているのは、たしか河村某氏が書いている速読術の内容とほぼ同じです。

この速読術は、「文字を一字一字では極力読まない。」というものでした。
たぶん、光文社あたりの新書(出版社が違うかも知れませんがとりあえず新書で)で出版されていると思いますので、習得方法はそちらで。
私も一時期こったことがあります。自分の場合、たしかに速くなりました。厚さにも因りますが、文庫本なら2時間から3時間前後で読めるようになりました。
反面、文書そのものを味わって読むことができなくなったと感じています。内容はわかるんですけど、あんまりおもしろくないんです。
私の修行不足のせいでこうなるのかもしれません。
しかし、本は楽しんで読んだ方いいという気もします。
    • good
    • 0

 まず、速く読めば理解が深まるというのは、それを言った人本人の個人的特性であり、鵜呑みにしてはいけません(笑)


 俺はちょっとした(気休め程度の)速読ができますが、それをやると内容がほとんど頭に入りません(^_^;

 本の読み方に正しいとか間違いとかはないと思いますが、どうしても理解しなければならない重要な本は、2回読むといいです。昔、小学校の先生に「3度読み」を推奨する先生がいましたが、さすがに同じ本を3回も読むのはうっとうしくてしかたありません(^_^;
 あと、小説などの物語を読むときに、無意識に先を予想しながら読む人がいますが、小説でこれはタブーです(笑) そんなことしたら面白くも何ともなくなってしまいます。
    • good
    • 0

おいくつくらいの方(学生?社会人)なのかわかりませんが・・・。



私は人一倍読むのが早いと思いますが(文庫本なら1冊1時間くらい)、特に
速読法を学んだことはありません。
経験上で一番良いと思うのは、やたらに本を読むことですね。ジャンルを問わずに毎日
読み続ける。ボキャブラリーも増えるし、知識も付けられ、勉強にもなるしいい事尽くめ
ですよ。
本って、目に付いたときに手に入れとけば後で読みたいときに読めますよね。あとで
手に入れようと思っちゃうと、多分二度と手に入らないですよ。だから私は本を買うときは
まとめて5~6冊買ってました。お金が続かないので今は図書館で借りてますが。
文字を文字として認識せずに、固まりで捉えるようなイメージで読んでいく練習をすると、
相当スピードが上がると思います。
一行目を目に入れて、その部分が頭に行ってるときには既に3行目くらいに目が行く、
というような感じですね。
それから、読むのが遅い人の中には、頭の中で声を出して呼んでいるような方がいるらしい
ですが、これをやってるとかなり遅くなります。

osapi124でした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q読むだけでは理解出来ず書かないと理解できません。

資格試験の勉強などで参考書を見ているとき、
どうしても本(字を)読むだけでは頭にはいりません。
(初めての分野の勉強をする場合は特にです。
 出てくる単語が聞き慣れていたりイメージがあるものは
 もしかしたら読むだけでも少しは頭に入るのかもしれませんが)
ノートに字を書いたりして自分でまとめたら理解度は高くなるのですが、
これはどうしてでしょうか。
出てくる言葉、単語などに慣れていないからでしょうか?
イメージがないから、出てくるわからない単語に
混乱しているからとか・・・。

やはり読むだけで理解ができる人もいるのですよね?
何かコツがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

人により情報処理の仕方に「視覚優位」「聴覚優位」というのがあり、表現の仕方にも「言語」「文字」でそれぞれ得意不得意があります。
また、これらを記憶する方法に「音声記憶」「視覚記憶」「ワーキングメモリ」など人によって違ってきます。物事の理解の仕方にも、それらが大きくかかわっていると考えられています。

「発達心理学」などの分野です。

>やはり読むだけで理解ができる人もいるのですよね?
何かコツがあるのでしょうか?

それぞれに記憶するコツはあるでしょうが、苦手な記憶法を無理して努力するよりも、自分にあった記憶法で理解学習するほうが効率的ではあると思いますよ。
世の中にさまざまな学習法があるのは、そういった訳ではないでしょうか?^^

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q読む者が書物を選んでいるのではなく、 あらゆる書物が、読む者を選んでいる。 やはり、そうですよね

読む者が書物を選んでいるのではなく、
あらゆる書物が、読む者を選んでいる。


やはり、そうですよね?

Aベストアンサー

その人の能力に応じて、書物の見え方は異なる。

書物が、人の読み取る力に応じて、示す意味を変える。

書物は、人を選んで、伝える内容を変える。

Q漢字の読み方辞典〈人名用)

本当は出産とか育児のカテゴリーの方が良かったのかもしれませんが、赤ちゃんの名前じゃないもので…。
人の名前を考えなければならないのですが、名前用の読み方辞典〈サイト〉というのはありますでしょうか?
たとえば慶喜(よしのぶ)、それぞれの漢字の読み方を調べてもよし、のぶというのは出てこないと思うのですが。この漢字はこんな風な読み方に使えるというガイドはあるのでしょうか?他の質問を拝見させていただくと、人名で使える漢字には制限があるけれど、読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

誰の名前を何の為につけるのかわかりませんが、お急ぎのようなので、回答します。

 お探しのサイトは↓のようなサイトでしょうか?

 >読み方は自由なようなので、自分で勝手に「これはこう読む!」と決めることができるのでしょうか?

 日本語の基本法則には従ってください。漢字の音読み訓読みの約束の中で、自由に読み方を決めてください。

 いくらなんでも『高志』とかいて「スヌーピー」とは読ませられません。

参考URL:http://www.willcode.co.jp/kirakira/index.html

Q理解できない本はそのまま読み続けるべき?

恥ずかしい事に最近になって本を読み始めました。
大学での学部は商学部なので学校の参考文献を借りて読んでみましたが経済用語とか多くて理解できません。
このままわからないまま読むべきでしょうか?わからないまま読んでも理解できる気がしません;;

Aベストアンサー

あのなあ、本を読むっていうのはな、
そこに書いてある内容を理解(誤解すんな)せんかったら意味ないんや。で、そやから言うて読むの止めたら、お前は一生馬鹿者や。
俺が本の読み方教えたろ。まず読んでる本を前に置く。右側に新しいノートとボールペン。で、左側に漢和辞典と国語辞典を置く(電子辞書でもエエけど、ラクするっていうのは自分のためにならんことは覚えとけ)。さあ、これで準備万端や。
まずページを開いて読み始めろ。読めへん漢字が出てきたか?その漢字のへんとかカンムリとか、だいたい一番偉そうにしてるヘンから当たりをつけて漢和辞典を引く。どうや?その漢字は書いてあったか?たいがいやったら、その漢字に続いて熟語が並んでるやろ?簡単な意味も書いてあるやろ?そしたら今度は右側に置いた新しいノートのページの左側に大きめの字でその熟語を書け。次に国語辞典でその熟語を調べる。そこに書いてある意味を、小さめの字で、自分がわかるようにその大きめに書いた漢字の横に簡略化してかけ。簡略化しすぎたらあかんで。書くことに意味があるんやから。読めヘン漢字に出会うたら、どんなにつろうてもそれを繰り返せ。なかには漢字が読めても意味のわからんもんもあるやろ?それも意味を調べて同じようにノートに書くこと。あとたとえ読み方も意味もわかってても、自分が普段頭の中で使こうたことのないような言葉(漢字でもひらがなでも)が出てくるはずや。それはまだお前のボキャブラリーになってない言葉や。それも同じようにノートに書いて、正しくお前が理解できてるかどうか当てにならんから、やっぱり国語辞典で引いてノートに書く。あと気に入った表現とかも書け。
それが読書の初心者の正しい本の読み方や。最初は1ページ読むのに、一時間とかかかるかもしれん。しかしその辛抱ができんかったら、お前は一生、本は読めヘン人間や。いますぐやれ。年取れば取るほど難しなるぞ。
これで終わりと違うぞ。お前が根性出して、最後までノート取りながら、その本を読みきったとしょう。ブーたれるなよ。今度は最初から、もう一回読むんや。おんなじ本を。どうや?一回目には気がつかへんかったことやわからんかったことがわかるやろう?そうやって本から本へと旅をするんや。いい本やと思たら、同じ本を3回以上は読めよ。とくに学術書なんかは、言葉が記号みたいな意味合いを持ってくるから、正確に理解できてるかどうかが問題やからな。読みにくいとか、文章が下手みたいに見えるのは、そんなことを主眼に学術書や論文は書かれてないということや。小説とかエッセイとか、物語のある文章と混同するな。美文というのは、安易に決められることとちぉうぞ。わかったな?余談やが、数式にも美しい美しくないがあるんやぞ。そんなことまでわかってみたいもんや。暇と根性があるんやったら、そんな分野も手出してみい。たぶん後悔するわ。俺は知らん。
違う本を読む時も、右にノート、左に辞書。この習慣を破ったらあかんで。たぶん新しい本を読むたんびに、ノートを取ることは少のうなっていくやろう。けどな、そのノートはお前の一生の宝もんや。お前が苦労して苦労して身につけていった知恵の軌跡がそこに残るんや。
どや?わかったか?本を読めるていうことは、ほんまに幸せなことやぞ。お前はリタイヤすんなよ。そのときになったら、どんなに素晴らしいことかお前にハッキリわかるはずや。それと俺の考えやが、「人生本」と「ハウツウもん」は読むな。前者は成功者の自慢話やし、後者は読んだら馬鹿になる。
ほんまにア○にもの教えるのは疲れる。金がもらいたいくらいや。

あのなあ、本を読むっていうのはな、
そこに書いてある内容を理解(誤解すんな)せんかったら意味ないんや。で、そやから言うて読むの止めたら、お前は一生馬鹿者や。
俺が本の読み方教えたろ。まず読んでる本を前に置く。右側に新しいノートとボールペン。で、左側に漢和辞典と国語辞典を置く(電子辞書でもエエけど、ラクするっていうのは自分のためにならんことは覚えとけ)。さあ、これで準備万端や。
まずページを開いて読み始めろ。読めへん漢字が出てきたか?その漢字のへんとかカンムリとか、だいたい一番...続きを読む

Q中国、朝鮮の人名の漢字と読み方

日本の人名は使用できる漢字に制限がりますが、読み方は無制限です。「幸史」という名前をつけて読み方「こうじ」「ゆきふみ」「ゆきじ」と何通りも読めますし、ぜんぜんちがう読み方で「たくや」とつけても自由です。
1)中国、台湾では漢字制限ありますか。また、たとえば沢東とつけたら「つおーとん」としか読めないのですか、それとも「しゃおぴん」とかどんな読み方でもいいのですか。
2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。また大中とつけたら、「デジュン」としか読めないのですか、それとも「ジョンイル」とかと読んでもいいのですか。さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
3)北朝鮮は漢字をやめハングルにしてます。漢字を使ってた世代の人が漢字表記あるのはわかりますが、金正男、正哲など、ハングル世代なのに漢字表記があるのですか。戸籍の表記はどっちですか

Aベストアンサー

2)韓国はメイン文字はハングルで漢字は副的に使用されてますが、漢字制限ありますか。
韓国にも人名用漢字というものがあります。(1991年から施行) 4,794字です。

>さらに漢字をつかわずハングルだけで名づけてもいいのですか。市役所の戸籍の表記はどっちですか
戸籍は併記かハングル単独表記です。
ハングルだけの表記もOKです。

3)北朝鮮には戸籍はありません。

Q本を読みましたがあまり理解できませんでした。

本を読みましたがあまり理解できませんでした。

柳田国男の毎日の言葉ってやつは、何を伝えたかったのかよくわからなかったです。

柳田国男の言語感覚について詳しく知りたいのですが。

子ども風土記も読みましたが何を伝えたかったのかがよく分かりません。

柳田国男の歴史観が分かれば良いのですが。

Aベストアンサー

疑問に思ったことを時間をかけて、調べながら、理解するように頑張りましょう。孫引きや別の勉強をしているうちにまた何かヒントに出会うかも、・・・。それが何年後になるかは、わかりませんが、・・・。でもその努力がいつか実を結ぶかもしれません。「人生一寸先、闇」を肝に銘じてがんばりましょう。道半ばで死すともそれはそれで、・・・。

Q漢字の読み方

漢字の読み方をお教えください。
「福」と「彦」のフク、ヒコ以外の読み方です。

Aベストアンサー

人名の読み方は、また別のもんですから。
私の手元の事典ですと
「福」は、さき・さち・たる・とし・とみ・むら・もと・もと・よし。
「彦」は、お・さと・ひろ・やす・よし。
なんて読み方が載っています。でも、人名は何でもありですから。

Aベストアンサー

・漢和辞典を調べる。
・パソコンに備わっている日本語インプットメソッドの機能を使って読みを確認する:
 a)MS-IMEなど手書き入力を使う。
 b)Macのことえりなど、偏や旁等を部分漢字から漢字を見つける。
――とか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報