最近、ゲノム塩基配列が決定されたシロイヌナズナという
植物がありますが、その分布や、分類(○○科△△属)などの
情報を教えていただけないでしょうか。
日本にも自生しているような植物なのでしょうか?
ナズナの親戚のような植物なのでしょうか?

A 回答 (5件)

シロイヌナズナは分類学上はアブラナ科シロイヌナズナ属


の植物です。ヨーロッパからアジアにかけて広く分布しています。
もちろん日本列島にも分布しています。といっても
町中に生えているような植物ではないようです。
私も現物は見たことがありません。(小さいので気がつかないだけかも)
なおMiJunさんの回答に対しての補足ですが学名を見てわかる通り、
エゾイヌナズナとシロイヌナズナは別属別種の全く違う植物です。
ただ同じアブラナ科の植物で、姿形が似ている上に
エゾイヌナズナはシロバナノイヌナズナと呼ばれることもあるので
混乱しやすいのかも知れません。
ぺんぺん草と呼ばれるのはどこでも見かける普通のナズナと言う植物のことです。
同じアブラナ科なのでシロイヌナズナとナズナは親戚のような植物と呼べないことはないですが
属のレベルでは違うのでやや遠い親戚と言った所です。

>確かにシロイヌナズナに関するサイトは多々あるのですが、
>より博物的なこと、例えば、
>分類、分布、日本に生えているのか、山または野に生えているのか、
>食用に適するのか、野生種の花期はいつごろか、
>花言葉はなにか、名前の由来、近縁種は...などなど、
>こういった情報が得られるサイトをなかなか見つけることができず、
>苦労しております。
重要な御指摘だと思います。トンボの目玉について研究している人がトンボの生態は
何も知らないというような現状ですから。
シロイヌナズナ関連のホームページを見て回ってもそんな感じがします。
単なる遺伝子研究用の資料としてのみ見ている感じで、植物として
見ていないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見、ありがとうございました。
なかなか欲しい回答が得られませんでしたが、
これであきらめがつきました。
シロイヌナズナの種をいただき、今、育てているのですが、
間引いて食べてみようとも思ったのですが、やめておくことにします。
日に日に大きくなっており、白い花が咲くのが楽しみです。

お礼日時:2001/03/12 14:35

WEBはわかりませんが、分子細胞生物学辞典(東京化学同人)に載っていました。


それを引用すると
「シロイヌナズナ」(Arabidopsis thaliana)
アラビドプシスともいう。アブラナ科の越年生草本。学名はArabidopsis thaliana L. Heynh。草丈は約30cm。長日条件下では、発芽後約3週間で花芽を形成し、5~6週間で最初の種子が得られる。自家受精するが人工交配が可能。染色対数はn=5。ゲノムサイズは1×10の8乗塩基対/一倍体で、知られている顕花植物の中では最小である。”植物のショウジョウバエ”とよばれ、分子遺伝学、分子生物学の研究材料として注目されている。さまざまな突然変異体が得られ、遺伝子導入系も開発されている。

とのことです。
日本にも自生しています。たしか、ぺんぺん草と呼ばれているものと同一だった気がします。
分布についてはわかりませんが、植物学辞典か草木の本なんかに出ていると思います。
よかったら、本も参考にされては。
    • good
    • 0

「シロイヌナズナメーリングリストホームページ」


http://sfns.u-shizuoka-ken.ac.jp/pctech/arab-j.h …
(Arabidopsis thaliana)
-----------------------------
「エゾイヌナズナ」とは違うように見えますね・・・?
「シロイヌナズナ」にも種類(?)があるのでしょうかね?

参考URLサイトにBBSがあるのでそちらで質問されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.kazusa.or.jp/ja/plant/ml/nazuna/
    • good
    • 0

以下のサイトに少し情報があります。


1.http://www3.justnet.ne.jp/~kazuhitonk/rirei/rire …
(エゾイヌナズナ (アブラナ科);Draba borealis )
北海道と本州中部以北の亜高山帯
2.http://www.kankyocon.co.jp/p-ezoinunazuna.html
(エゾイヌナズナ(アブラナ科))
3.http://sapporo.cool.ne.jp/asuka321/hana5-n/ezoin …
4.http://www.dosanko.co.jp/rebun/flora/may2.html

「エゾイヌナズナ」で検索するとHitします。

ご参考まで。

この回答への補足

有益な情報、ありがとうございました。ちょっと驚いてしまいました。
日本でシロイヌナズナというと、普通はエゾイヌナズナという
植物のことを指すのでしょうか。
エゾイヌナズナの学名はDraba borealisとのことですが、
私が探したいと思っているのは、学名がArabidopsis thalianaの
シロイヌナズナです。写真を見るとエゾイヌナズナは1株に
多数の白い花をつけるようですが
A. thalianaはそれほど多くないようです。

補足日時:2001/01/18 16:14
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「シロイヌナズナ」
http://bio.sci.hokudai.ac.jp/bio/keitai1/keitai1 …
(実験植物・シロイヌナズナの紹介)
http://www.rib.okayama-u.ac.jp/mol.gen/arabidops …
(岡山大)
http://bio.sci.hokudai.ac.jp/bio/keitai1/keitai6 …
(シロイヌナズナ関連ページへのリンク)

これら以外にも検索すれば沢山のサイトがあります。

ご参考まで。

参考URL:http://www.nig.ac.jp/museum/livingthing/siroinun …

この回答への補足

早々のご回答、ありがとうございました。
確かにシロイヌナズナに関するサイトは多々あるのですが、
より博物的なこと、例えば、
分類、分布、日本に生えているのか、山または野に生えているのか、
食用に適するのか、野生種の花期はいつごろか、
花言葉はなにか、名前の由来、近縁種は...などなど、
こういった情報が得られるサイトをなかなか見つけることができず、
苦労しております。
もしご存知でしたら、よろしくお願いいたします。

補足日時:2001/01/18 14:47
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京農大一高の評判と併願優遇

中3生の息子が、世田谷区にあります東京農業大学第一高校(東京農大一高)を併願校として受験することを検討しております。第一志望校は都立の上位進学校です。

本当は中高一貫校ではない全員同じ位置から始まる私立高校を併願するのが理想なのですが、進学実績がそれなりの学校を選ぼうとすると、私立高校はほとんど中高一貫のほうを重視している学校になってしまいます。東京農大一高は、以前は高校しかなかったようですが、最近は中高一貫の生徒の方に力を入れていると聞いています。

東京農大一高の評判、特に大学進学実績に関しまして、中高一貫校の生徒と、高校入試からの高入生の生徒との差を教えてください。やはり東京農大一高に高校からですと、進学実績は厳しいでしょうか。

また東京農大一高の一般入試の併願優遇の制度等についてや、東京農大一高よりもおすすめの滑り止め向けの私立高校が都内でありましたら、情報をお持ちでしたら教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

東京農大一高は、2005年に中等部を設置して中高一貫校化してから、高校入試組よりも中高一貫組の方に力を入れていますね。だから進学実績も難関大合格者は中高一貫組です。

全体の大学進学実績を見ると、そこそこの実績を出しているように見えますが、『志望校を決める』という中学受験向けの雑誌によると、これらの難関大学に農大一高から合格しているのは、ほとんどが中等部出身の内進生です。高校受験から入学した高入生の実績はというと

東大0 北大0 東京工業大1 一橋0 東京外国語大0 早稲田10 慶応2 上智2 


と主要な国立大学の合格者数はほぼゼロ。東京農大一高に高校から入学しても国公立大学はかなり厳しい。難関私立大学も、高入生はあまり受かっていませんよね。早稲田10人も複数合格や浪人合格込みなので、200人以上の高入生のトップの2~3人の実績と考えていいでしょう。MARCHの合格者数も、内進生パワーが強いですから、東京農大一高の大学進学実績を分析する場合は、冷静に判断する必要があるでしょう。

東京農大一高の高校入試組の大学進学力は、都立三番手校(三田・竹早・小山台・駒場・北園・城東・武蔵野北)よりやや劣るぐらいのイメージで良いと思います。大学指定校推薦枠は、東京農業大学の豊富な推薦枠をメリットと感じるのであれば東京農大一高は良いですが、それ以外の早慶やMARCHなどの有名大推薦枠は、都立のほうが難易度の割に多いですし、生徒数も少ない都立が有利でしょう。


【併願優遇の件】
東京農大一高の併願優遇制度は、内申点に応じて、当日の筆記試験の点数に加点されます。どの内申点だとどれぐらい加点して優遇されるかは、公式ホームページや塾などにお尋ねください。

注意していただきたいのは、東京農大一高の併願優遇は、他校でよくある「合格確約」ではありません。併願優遇をして加点されても、当日の筆記試験の結果がかなり悪ければ落とされます。ですから、併願優遇制度を利用して滑り止めや併願校として東京農大一高を受ける際は、過去問を2年分ぐらいは解いておくことをおすすめします。

東京農大一高よりもおすすめの滑り止め私立高校があるかとのことですが、正直「ない」ですね…。東京をはじめ首都圏の私立高校というのは、ほとんどの学校が中高一貫のほうを重視してしまっているせいで、高校受験からの入学組が活躍できる場が限られたり、大学進学実績が、同レベルの都立高校と比べて劣ってしまったり(中高一貫生の実績は良いので見栄えだけは良く見えますが)しています。

大切なことは、併願受験する私立高校に入学する確率を極力減らすことです。そのために、第一志望の都立高校合格へ向けて精一杯勉強してください。そして、模試で合格確実という判定を出すことです。都立がギリギリの合格ラインでしたら、下手に突っ込んで不合格になって滑り止め私立へ進学するよりも、1ランク下げて都立高校へ進学したほうが、学校生活全般の充実度や大学進学の点で良いです。

東京農大一高は、2005年に中等部を設置して中高一貫校化してから、高校入試組よりも中高一貫組の方に力を入れていますね。だから進学実績も難関大合格者は中高一貫組です。

全体の大学進学実績を見ると、そこそこの実績を出しているように見えますが、『志望校を決める』という中学受験向けの雑誌によると、これらの難関大学に農大一高から合格しているのは、ほとんどが中等部出身の内進生です。高校受験から入学した高入生の実績はというと

東大0 北大0 東京工業大1 一橋0 東京外国語大0 早稲田10...続きを読む

Q生物の計算問題です。 イネの全ゲノムを8億4000万塩基数としたとき、イネのゲノムDNAに対して12

生物の計算問題です。
イネの全ゲノムを8億4000万塩基数としたとき、イネのゲノムDNAに対して12塩基数のプライマーを反応させた場合、このプライマーはおよそ(1)箇所に結合する。また、このプライマーの塩基数が2個増えると結合箇所は(2)倍になる。
この⑴と⑵にはいる最も適切なものを選べという問題なんですが計算方法がわかりません。⑴の答えは50.
⑵の答えは1/16です。詳しくやり方も教えてくださると嬉しいです。お願いします

Aベストアンサー

12塩基が同じに並ぶ確率は(1/4)^12
8億4千万 x (1/4)^12 = 50
塩基数が2個増えると
(1/4)^14になるので(1/4)^(14-12)=1/16

Qシロイヌナズナについて教えてください。

最近、ゲノム塩基配列が決定されたシロイヌナズナという
植物がありますが、その分布や、分類(○○科△△属)などの
情報を教えていただけないでしょうか。
日本にも自生しているような植物なのでしょうか?
ナズナの親戚のような植物なのでしょうか?

Aベストアンサー

シロイヌナズナは分類学上はアブラナ科シロイヌナズナ属
の植物です。ヨーロッパからアジアにかけて広く分布しています。
もちろん日本列島にも分布しています。といっても
町中に生えているような植物ではないようです。
私も現物は見たことがありません。(小さいので気がつかないだけかも)
なおMiJunさんの回答に対しての補足ですが学名を見てわかる通り、
エゾイヌナズナとシロイヌナズナは別属別種の全く違う植物です。
ただ同じアブラナ科の植物で、姿形が似ている上に
エゾイヌナズナはシロバナノイヌナズナと呼ばれることもあるので
混乱しやすいのかも知れません。
ぺんぺん草と呼ばれるのはどこでも見かける普通のナズナと言う植物のことです。
同じアブラナ科なのでシロイヌナズナとナズナは親戚のような植物と呼べないことはないですが
属のレベルでは違うのでやや遠い親戚と言った所です。

>確かにシロイヌナズナに関するサイトは多々あるのですが、
>より博物的なこと、例えば、
>分類、分布、日本に生えているのか、山または野に生えているのか、
>食用に適するのか、野生種の花期はいつごろか、
>花言葉はなにか、名前の由来、近縁種は...などなど、
>こういった情報が得られるサイトをなかなか見つけることができず、
>苦労しております。
重要な御指摘だと思います。トンボの目玉について研究している人がトンボの生態は
何も知らないというような現状ですから。
シロイヌナズナ関連のホームページを見て回ってもそんな感じがします。
単なる遺伝子研究用の資料としてのみ見ている感じで、植物として
見ていないような気がします。

シロイヌナズナは分類学上はアブラナ科シロイヌナズナ属
の植物です。ヨーロッパからアジアにかけて広く分布しています。
もちろん日本列島にも分布しています。といっても
町中に生えているような植物ではないようです。
私も現物は見たことがありません。(小さいので気がつかないだけかも)
なおMiJunさんの回答に対しての補足ですが学名を見てわかる通り、
エゾイヌナズナとシロイヌナズナは別属別種の全く違う植物です。
ただ同じアブラナ科の植物で、姿形が似ている上に
エゾイヌナズナはシロバナノ...続きを読む

Qヒトの全塩基対とヒトゲノム

ゲノム解読の意味が分からなくて困っています。

(1)ゲノムは「ある生物の遺伝子の全体」というような意味だと思いますが、それでほぼ正しいでしょうか。

(2)遺伝子は「生物の形質を子孫に伝える働きをするひとまとまりになった塩基対群」というような意味だと思いますが、それでほぼ正しいでしょうか。

(3)遺伝子はヒトのDNAの中に約3万個あるとお聞きしましたが、だいたいその程度の数あるのでしょうか。

(4)(1)~(3)が全て正しいとすると、「ヒトのゲノム」と「ヒトの全塩基対」とは、全く別のものであることになるように思うのですがそれで正しいでしょうか。つまり、「ヒトの全塩基対」の中のごく僅かの部分(つまり、遺伝情報を有する約3万カ所の部分)のみを「ヒトゲノム」と言うように思うのですがそれで正しいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゲノムや遺伝子という言葉の使い方はかなり人によって曖昧ですので、ここでは、ひとつの一般的な定義を示します。

(1)ゲノムは「ある生物の遺伝子の全体」というような意味だと思いますが、それでほぼ正しいでしょうか。

生物は単細胞生物や多細胞生物がありますが、その細胞の核というところに、染色体というものがあります。ここにDNAがあります。DNAはアデノシン(A)、グアノシン(G)、シチジン(C)、チミジン(T)が結合して連なったものです。この細胞に含まれる膨大な長さの「DNA全体」をゲノムということもあります。

一方、細胞に含まれる膨大な長さのDNA全体の中で、ヒトのDNAでいえば約3万個の遺伝子が点在しています。
この約3万個の遺伝子の総体をゲノムと考えている人もいます。


(2)遺伝子は「生物の形質を子孫に伝える働きをするひとまとまりになった塩基対群」というような意味だと思いますが、それでほぼ正しいでしょうか。

遺伝子とは、意味としてはそれで正しいと思います。

もうすこし具体的には、細胞に含まれる膨大な長さのDNA全体の中で、ヒトのDNAでいえば約3万個の遺伝子が点在しています。

それぞれの遺伝子は、エキソンとイントロンという部分に分かれていて、RNAに転写されたのちに、最終的には、エキソンのみがつながった(イントロンが飛ばされた)メッセンジャーRNAとなり、ここから蛋白質が合成されます。実際に、細胞の中で働くのは蛋白質であり、ヒトでいえば約3万個の遺伝子があるので、単純に言うと、約3万個の蛋白質があって細胞内で働いていると言うことです。
一般には、「遺伝子」の配列というと、エキソンのみがつながった(イントロンが飛ばされた)メッセンジャーRNAの配列をいうことが多いです。だいたい平均的なその長さは、A,T,G,Cが500~5000個つながっているというくらいです。

これらが、せいぜい約3万個しかないわけですから、細胞に含まれる膨大な長さのDNA全体で言うとごく一部を占めているにすぎません。


(3)遺伝子はヒトのDNAの中に約3万個あるとお聞きしましたが、だいたいその程度の数あるのでしょうか。

そのようにいわれています。

(4)(1)~(3)が全て正しいとすると、「ヒトのゲノム」と「ヒトの全塩基対」とは、全く別のものであることになるように思うのですがそれで正しいでしょうか。つまり、「ヒトの全塩基対」の中のごく僅かの部分(つまり、遺伝情報を有する約3万カ所の部分)のみを「ヒトゲノム」と言うように思うのですがそれで正しいでしょうか。

(1)で「DNA全体」をゲノムと考えると、「ヒトのゲノム」equal「ヒトの全塩基対」ですし、

(1)で「遺伝子全体」をゲノムと考えると、「ヒトのゲノム」not equal「ヒトの全塩基対」です。


ただし、DNA全体の中でも、エキソン、イントロン以外のたとえばプロモーーと呼ばれる遺伝子の発現を調節する領域も大事ですし、最近では、DNAのメチル化などの修飾やテロメラーゼによる染色体DNA末端の伸長によって、DNA全体の構造変化などがおきて遺伝子発現が制御されていると言うこともわかってきていて、蛋白質をコードしている「遺伝子」自体の配列以外の重要性もわかってきているので、やはり、その重要性も加味して、「DNA全体」をゲノムと考えるべきではないかと思います。

ゲノムや遺伝子という言葉の使い方はかなり人によって曖昧ですので、ここでは、ひとつの一般的な定義を示します。

(1)ゲノムは「ある生物の遺伝子の全体」というような意味だと思いますが、それでほぼ正しいでしょうか。

生物は単細胞生物や多細胞生物がありますが、その細胞の核というところに、染色体というものがあります。ここにDNAがあります。DNAはアデノシン(A)、グアノシン(G)、シチジン(C)、チミジン(T)が結合して連なったものです。この細胞に含まれる膨大な長さの「DNA全体」をゲノムということ...続きを読む

Q東京農大の過去問集の配点

農大から出版されている過去問集に、回答は載ってますが配点が載ってませんよね?
どこかに載ってるんでしょうか?

また、載ってない場合、この問題集を解いて点数出した方はどうやって点数出したか教えて下さい。
よろしくですm(_ _)m

Aベストアンサー

私も農大受験生です!
農大から出版されている過去問集にも赤本にも配点は出ていないと思います。なので私は、自分の正解数÷問題数で正解率をだしていますよ☆
お互い合格できるよう頑張りましょう!!

Q目・科・属ってどうやって分類していますか?

生物は目・科・属といった感じで分類されていますが、
これはどういう基準で分類しているのでしょうか?
例えば、虫とかだとどう見ても同じように見える虫でも全く違う科に分類されていたりしますが、
まさかDNA配列とかは昔は分かっていなかったはずので、
目・科・属ごとに、食べるものが違う、とか尻尾に色があるとか
細かい条件があり、それにマッチするかどうかで分類しているのでしょうか?

とすると新種らしき生物が見つかったときにそれが新種なのかすでに知られているものなのか判別するのは極めて難しいと思うのですが、単に専門家の知識と経験で判断しているのでしょうか?

Aベストアンサー

MOUIIKAOさん こんにちは

☆生物は目・科・属といった感じで分類されていますが、
これはどういう基準で分類しているのでしょうか?

佐藤正孝(編)(1984)『種の生物学』によりますと、動物の種の場合、種を基本単位として、相互に類縁の深い種どうしを「属」、近縁の属を「科」、近縁の科を「目」に包括されるというように、基本単位のまとまりから順次分類階級が定められてきたそうです。

☆例えば、虫とかだとどう見ても同じように見える虫でも全く違う科に分類されていたりしますが、まさかDNA配列とかは昔は分かっていなかったはずので、目・科・属ごとに、食べるものが違う、とか尻尾に色があるとか細かい条件があり、それにマッチするかどうかで分類しているのでしょうか?

同じく『種の生物学』によりますと、18世紀に生物界を構成する実在の基本的な単位として「種」という概念が誕生したそうです。当初、種の違いの見分け方は、Aという種を何匹か(多い程良い)、Aに近縁なBという種を何匹か準備して、AどうしやBどうしの形態的変異(ツノの大小や色の薄い濃いなど)は連続しているのは当然なのですが、AグループとBグループをずらっと並べてみて、AからBへの並びの境目で、明らかに形態的な不連続性を示す場合、種と認定したようです。このような種の概念は、形態種(リンネ種)と呼ばれており、研究者の少ない生物群については、今でも、形態を基にした種の決定が行われているのが現状です。

20世紀になると、遺伝学、生態学、生理学、および生化学などの発達により、分類学、系統学もこれらの新しい成果を取り入れる形で、種の概念が再検討されることとなり、形態的に近似したAグループとBグループが交配が可能な場合、同種であると見なされるようになりました(マイヤーによる種の定義)。

さて、前置きが長くなりましたが、各生物群の専門家が種の同定への検索表を作成している場合、調べたい生物は形態を基にして、綱→目→科→属と絞り込んで行きます。こうして絞り込まれた属内の種間は形態的にとても似ている種が多く、先代の分類学者が記載した種の形態的な種の違いをチェックし、まさしく、尻尾に色があるとか、こまかい条件にマッチするかどうかで見極めざるを得ません。

☆とすると新種らしき生物が見つかったときにそれが新種なのかすでに知られているものなのか判別するのは極めて難しいと思うのですが、単に専門家の知識と経験で判断しているのでしょうか?

手順を踏まないと、極めて難しいです。これまで報告された属や科の論文(英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、、、)を全て入手して、自分が見つけた生物が、ほんとうに新種なのか細かくチェックする手順が必要です。専門家の知識と経験で判断する場合は、既存種の場合で、各地域で作専門家が作成した図鑑は種名が確定する場合、見誤らないように図鑑に専門家の知識と経験が盛り込まれております。

MOUIIKAOさん こんにちは

☆生物は目・科・属といった感じで分類されていますが、
これはどういう基準で分類しているのでしょうか?

佐藤正孝(編)(1984)『種の生物学』によりますと、動物の種の場合、種を基本単位として、相互に類縁の深い種どうしを「属」、近縁の属を「科」、近縁の科を「目」に包括されるというように、基本単位のまとまりから順次分類階級が定められてきたそうです。

☆例えば、虫とかだとどう見ても同じように見える虫でも全く違う科に分類されていたりしますが、まさかDNA配列...続きを読む

Q迷ってます、明治大と東京農大

明日までに決めなければなりません。明治の農学部か、東京農大か。やりたいことは、応用生物化学ですが、まだまだはっきり決まっているわけではありません。どなたか、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

大学名だけで選ぶなら断然明治でしょう!
知名度が違いすぎます。
(その分野の人たちでしたらそうでもないでしょうが。。)

それと、農業というよりは、「応用生物化学」ということですので、広大な敷地よりは、実験設備などの充実している方がいいと思います。
私は、どちらも設備に置いては大差ない感じがいたします。

ただし、大学院などを視野に入れた場合、#1さんがおっしゃられるように農大のほうが単科大学だからいいのかなぁ。
でも、結局は勉強は本人のがんばり次第なので、これもあまり差がない気がしますね。

そうなると、世間一般で見た場合、明らかに明治のほうが有名であるし、認められている感がします。
私事で恥ずかしいのですが、自分は第一志望の明治に現役、浪人時代と2回落ちまして、滑り止めの東京農大に合格しました(農大の方、大変失礼な言い方ですみません)。

そういうこともあって、どうしても私は明治大学のほうをお勧めしたいんです!
(個人的感情がかなり入ってます^^;)。

どちらにしましても、後悔しない選択をしてください。

Qeubacterium属の微生物は分類学上何目になるのでしょうか?

人に多く存在するというeubacterium属の微生物は分類学上何目にあたるのでしょうか?

↓のページで調べ、他の代表的な微生物(Bacteroides等)の分類は分かったのですが、どうしてもeubacteriumの分類が分かりませんでした。

http://www2.tba.t-com.ne.jp/nakada/takashi/taxonomy/bacteria.html

ご存知な方は何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

もう一歩でしたね(^_^) 
参考URLで調べてみてください。
このサイトは微生物を研究する上で今後も役立つと思いますよ。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=Taxonomy

Q農大に決めました

今年の春に東京農業大学に入学することが決まり、アパートを探そうと思っています。
東京に親戚など知り合いがいないためよく地理が分かりません。
そこで、農大出身の方やその付近に住んでいる方で、どの辺りでアパートを探したらよいのかアドバイスをいただけたらと思います。
キャンパスは世田谷だったと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

合格&もうすぐ入学おめでとうございます!!
農大周辺は一人暮らしするのに最適な環境が整っているので住みやすいですよ。バスで渋谷に行けますし☆
小田急線の経堂か千歳船橋あたりに住むのが一般的です。
私が合格して今の時期大学に行った時、大学に行けば不動産屋さんが来てて紹介してくれました。
下北沢、渋谷、新宿の大手不動産屋でも物件はたくさんあり、紹介してくれます。遠くに住んでいるのであれば、コレで探すのが楽♪
経堂駅周辺には様々な個人不動産屋さんがあり、一度訪れて、自分で見て決めるのも良いと思います。大手で借りるより少し安いという噂もあり、私も大学側の不動産屋さんで借りました。
住む場所は、経堂駅か千歳船橋駅周辺ですと、友達も側に住んでいて友達が出来やすいです。何か(レポートやテストそして卒論)の時、とても助かります。
桜新町や用賀の方はあまり多くは住んでいませんでした。
駅はなるべく近い方が3年生などになった時の就職活動に便利です。駅~大学の間がベストです。

家賃は7万円前後です。
参考URLに農大がオススメする不動産情報がありましたので、載せておきますね☆
居心地のよいお家を見つけて、楽しい学生生活送ってくださいね(^-^)

参考URL:http://www.chintaihakase.com/college/kanto/tokyonogyo_setagaya/

合格&もうすぐ入学おめでとうございます!!
農大周辺は一人暮らしするのに最適な環境が整っているので住みやすいですよ。バスで渋谷に行けますし☆
小田急線の経堂か千歳船橋あたりに住むのが一般的です。
私が合格して今の時期大学に行った時、大学に行けば不動産屋さんが来てて紹介してくれました。
下北沢、渋谷、新宿の大手不動産屋でも物件はたくさんあり、紹介してくれます。遠くに住んでいるのであれば、コレで探すのが楽♪
経堂駅周辺には様々な個人不動産屋さんがあり、一度訪れて、自分で見て決め...続きを読む

Q動物の分類で、「○○目○○科○○属の動物」ってどういうこと?

キリンの鳴き声は「モ~」という噂を聞いたため、調べてみました。
すると、「キリンはウシ目キリン科に属する動物である」との情報を眼にしました。
この「ウシ目」の「目」や「科」、他には「属」などがありますが、これってどういう基準の分類の仕方なのでしょうか?
どなたか詳しい方、教えてくださいませ。

ちなみに、犬は猫目犬科犬属だとか。

Aベストアンサー

本当に簡単にかきます。
基本的に生き物の分類は
界・門・口・目・科・属・種
この順番で分類が細かくなっていきます
界ってのは簡単にいうと動物とか植物とかを分類しているものです。
それをどんどん細かく分類していって最終的に種という分類をしています。
たとえるなら
国・都道府県・市
みたいな形になっています。
例をあげますね。
たとえば永田町ってのは
まず世界にはいろんな国がありますけど、永田町は日本にありますよね。さらに都道府県っていうといろいろありますが永田町は東京にありますよね。
そしてさらに区っていっぱいありますがその中でも永田町は千代田区にある。こんなかんじでどんどん細かく分類して
いってるんです。
聞きたい内容と全然違う返答してたらすいません。


人気Q&Aランキング