GEANCLEAN II KIT を用いてDNAを回収していますが、とても効率が悪くて困っています。効率を高めるような秘訣ってありませんか?説明書的なものでも結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

GENECLEANって回収悪いですよね。


(うっている会社には怒られてしまいそうですが・・・。)
わたしも、昔やって、うまくいかなかった経験があります。
ガラスビーズが最終的に混ざるし。
もしも、ほかのKITをためす気があれば、QIAGENのQIAEX GEL Extraction Kitをおすすめします。すごく簡単できれいに確実にとれます。
150個で25000円なので、コストパフォーマンスもまずまずです。

古典的な方法でもよければ、フェノール抽出法でしょう。

1.低融点アガロースで、泳動して、切り出したら(できるだけ小さく切るのがポイント)、300マイクロリッターになるようにTEバッファーを加えます。

2.65度で溶けるまで(~10分)インキュベートして、溶けたらすぐに、等量のTE飽和フェノールを加え、よく混ぜて、15000rpm、室温で5分遠心します。

3.上清を新しいチューブに移し、再度、等量のフェノールを加え、よく混ぜて、15000rpm、室温で5分遠心します。

4.上清を新しいチューブに移し、等量のクロロホルム(クロロホルム:イソアミルアルコール=24:1)を加え、よく混ぜて、15000rpm、室温で5分遠心します。

5.上清を新しいチューブに移して、1/10の3M酢酸ナトリウム(pH 5.2)と3倍量のエタノールを加え、-80度、20分(-20度なら、もう少し長め)冷やして、15000rpm、4度で20分遠心します。

6.上清を捨てて、70%エタノール100マイクロリッター加え、再度15000rpm,4度で5分遠心して、上清を捨て、乾かしたら、TEバッファーに懸濁して終了です。

フェノールは手に付けるとやけどしますので注意してください。
この方法はなれればすごく回収率もいいですが、やっぱりおすすめは、QIAGENのKITかなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロトコルまで書いていただいて、とても感謝しています。
早速、QIAGENについて指導教官と相談してみます。

お礼日時:2001/01/19 14:11

ライゲーションが上手くいかないのではなく回収段階ですね。



鉄則

上手く出来る人と一緒にやる。
方法やkitを換えてみる。
量だけの問題でしたら。スタートマテリアルの量を増やす。
配列によっては回収率が悪いものもあるのでポジコンで確認を。

ライブラリーの作製ではないですよね。

具体策(簡単に)
加温時間を長く
洗いは慎重に
溶出volを下げることで(同じ回収量だとしても)濃度を上げて、ライゲーション時に高濃度で持っていく。

まわりも駄目な時はビーズが変になっている(原因不明)の場合あり。

わかりにくければ補足要求してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度にわたるアドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/19 14:18

私もGEANCLEAN IIを使って精製していました。

(卒研時)
やはり収集率が悪かったので、ガラスパウダーを洗浄してDNAを回収するループを1回多く回していました。
ただし、最後の1回分は不純物が心配だったので、別に保存し、最初の産物の結果次第で使ったり使わなかったりしていました。
でも、あまりおすすめできませので、収率を上げるためにはKITに頼らないプロトコルをお勧めします。手元にメソッドがないので直接的な資料を提示できませんが、指導教官に相談するか、DNA抽出を専門的に扱っている大学研究室に電話をするかメールをして、代表的なプロトコルを薦めてもらってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
でも、DNA抽出を専門的に扱ってる研究室ってうちなんですよね。
しかも大学じゃなくて国立の機関で(笑)
まあ、私の経験不足が一番の原因かもしれないですね。

お礼日時:2001/01/19 14:16

以前、卒論でDNA Seqenceのしていたんですが、dsDNAの単離の際にジーンクリーンを使ったことがあるんですが、回収率が悪く(泳動ゲルから分離すること自体がコンタミの原因だったような)、2.3度試してやめた覚えがあります。

当時のプロトコールを見たんですが、もう5年も前のことで英語のプロトコールを読めませんでした。どうもゴメンナサイ。
    • good
    • 0

 質問なのに質問で返すのは良くないですが、これは大腸菌でDNAを増殖させて


これをキットで回収しているのですか??

 もしそうならば、 1 大腸菌濃度が濃かったり、薄かったりしている
         2 大腸菌君自体の調子が良くない
         3 大腸菌中のDNAの増殖が極端に少ないか、
           多くなっている。
 というのが考えられます。

 次に、プロトコールをもう一度良く読んで実験方法があっているか確認
 しましょう。
 使用するプラスミドの種類によっては、使用する試薬、量、濃度が違ってきま
 すので確認しても良いと思います。あとDNAの長さでも同じ。

 んんーでも一応DNAは少しながら回収出来ているのだから、回収する物自体が
 やっぱり良くないのでは??

 昔、植物のDANを、フェノール抽出法で行っていたのだが、(フェノールが手にこぼれたりして怖かった)、温度とかには注意してましたからね。
 あと鳥のDANを取っていた時も、核が多い肝臓を使って採取してましたからね。
 
 昔の実験を参考にしました。
 もしよかったらGEANCLEAN II KIT の簡単なプロトコール教えて下さい。
 

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
私の質問が大雑把なため誤解が生じたかもしれませんが、
質問のDNAの回収はライゲ-ションの前の段階で、
ゲルから切り出したDNAを精製する段階のことです。
GEANCLEANはNaIでアガロースを溶解させ、DNAをガラスパウダーに
吸着させて回収する方法です。

補足日時:2001/01/17 19:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q培養細胞のコンタミ

ヒトの培養細胞を知り合いから送ってもらったところコンタミ(たぶん酵母)があり困っています。

コンタミのある細胞は捨てるしかないでしょうか?

あるいはコンタミを除く方法はありますか?

Aベストアンサー

あまり望みがないので捨てることが多いです。もう一度送ってもらえるならそうするほうがいいです。酵母ならファンギゾンなどが除去に使える可能性がありますが、細胞毒性持つよくそのため細胞が変わってしまう可能性もあります。そのほか幾らか違ったしゅるいの培養用のこう真菌剤が売られているようなきがします。必要であればインビトロジェンやロッシュ(GE)で探されてはどうでしょうか。ただ、酵母類はへたすると、インキュベーターないに飛散り、コンタミが絶えないという状況になりやすいのでよく考えた方がいいとおもいます。

参考URL:http://www.invitrogen.co.jp/products/cell_culture/15290001.shtml

QDNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラ

DNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラーゼの違いがわからなくて困ってます。
調べていると両者とも同じものじゃないかと思えてきましたが、アミラーゼとアミレイスのように同じ綴りで発音が違うわけではなさそうです。

誰かご存知の方がいらっしゃいましたら助けてください!

Aベストアンサー

「ご存知の方」じゃないけど, ちょっと調べた限りでは同じもの.
どちらも EC3.2.2 のグループ.

参考URL:http://science.jrank.org/pages/29019/%28DNA%29-glycosylase-or-DNA-glycosidase.html

QHeLa細胞のコンタミについて

HeLa細胞を継代して、2ヶ月ほどになるのですが、
細胞がコンタミしたらどうなるのでしょうか?
顕微鏡でみると、細い物(細胞っぽくないもの)などが、今回見えたのですが、これはコンタミによるものでしょうか?

Aベストアンサー

何がコンタミするかによって細胞の状況は変わってきます。
一般に細菌・酵母がコンタミすると、培養液が異様なほどに黄色くなり、細菌ならば培養液は濁り(通常は透明ですよね)酵母なら、表面に綿のようなものがぷかぷか浮いています。
やっかいなのはマイコプラズマがコンタミしたときですが、マイコの場合は細胞や、培養液に変化が認められることはあまりなく、専用の培地でマイコの存在を確認するしか方法はありません。

質問者さまがかかれている、細かいくずなどは細胞を長く継代していると経験上よく確認できます。
死んだ細胞だと私は思うのですが・・

状況から考えると、問題はないかと思いますが、心配な場合は無菌試験を行う習慣をつけたらよいかと思います。

また、継代がすすむと試験に使うことのできない細胞等もありますのでそのへんもう一度確認されたほうが
よいかと思います。

Qkit遺伝子ないしKIT蛋白の名前の由来

kit遺伝子ないしKIT蛋白の名前の由来をご存知の方がいたら教えてください。インターネットで日本語英語で散々調べたけど分かりません。何かの略でしょうか?それとも、何かの最初の3文字でしょうか?あるいは??

Aベストアンサー

あくまで推測ですが、Kinase InserT domain receptorに由来するように思います。
PMID: 17350321の論文によると、 human c-Kitのアミノ酸残基685-761がkinase insert domainであり、そのうち3つのチロシン残基が自己リン酸化されるとありました。

QPCRでコンタミしないようにDNAを破壊する方法

ウイルス抗原を検出するためにRT-PCR法を行っています。検出感度を高めるためにNESTED PCRを行っています。
サンプルの調整工程で乳鉢で乳剤を作りますが、コンタミが心配です。
試料調整に使う乳鉢、はさみ、ピンセットなどを利用しますが、これらは使い捨てできません。
DNAのコンタミを防止するために、これらの器具のDNAを完全に破壊したいのですが良い方法はないでしょうか?

初心者で手法について十分に理解しきれていないところがあります。そのほかにコンタミ防止のための良い方法があったら教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>ところで、野外株のシーケンスの一致は95%程度なのでしょうか?
>ポジコンDNAのコンタミを疑う場合に、シーケンスが100%ポジコンに一致した場合に、コンタミであったのではないかとの推測が成り立つのでしょうか?

 それはウイルスによって、また増幅した部位によって違います。
 例えば鶏の伝染性気管支炎ウイルス(IBV)のS1蛋白に超可変領域(HVR)と呼ばれる領域があるのですが、この領域は株によって50%などという相同性が当たり前にあったりしますから、この領域である株とある株の相同性が80%もあれば、この2つの株は極めて近いか由来が同じ、と判断したりします。
 反対に牛白血病ウイルス(BLV)や多くのDNAウイルスは極めて保存性が高く、400bpくらい調べても100%一致することが珍しくありませんから、「ここで1塩基違っていた」というのが十分意味を持ったりします。
 ですから、このようなウイルスを調べている時に、ポジコンと100%一致しても、ポジコンのコンタミなのかどうかは容易には判断できません。

 そのあたりのことは、調べたいウイルスの調べたい領域の配列を数十株もGenBankから引っ張ってきてアライメントを取ったフィギュアを1枚作っておけば、サンプルのシークエンスデータが上がってきた時に短時間で判断できます。

>ところで、野外株のシーケンスの一致は95%程度なのでしょうか?
>ポジコンDNAのコンタミを疑う場合に、シーケンスが100%ポジコンに一致した場合に、コンタミであったのではないかとの推測が成り立つのでしょうか?

 それはウイルスによって、また増幅した部位によって違います。
 例えば鶏の伝染性気管支炎ウイルス(IBV)のS1蛋白に超可変領域(HVR)と呼ばれる領域があるのですが、この領域は株によって50%などという相同性が当たり前にあったりしますから、この領域である株とある株の相同性が80%もあれば...続きを読む

Q吸光度計を用いたDNAの純度

 吸光度計を用いたDNAの純度は、A260/A280が1.8~2.0で高純度となり、<1.8だとタンパクなどの不純物の存在が考えられると色々な文献で目にします。
 それでは、>2.0の場合はどのように考えればよろしいのでしょうか?

 260nmは核酸の測定波長で、280nmはタンパクの測定波長だということはわかります。>2.0ということは、核酸の値がタンパクの値より高いということになりますが、これは高純度と評価しても良いのでしょうか?1.8~2.0という範囲なので、高すぎても高純度とは言えない理由があるのではないかと思いますがわかりません。

 ちなみに測定値は
・260nm:0.061
・280nm:0.027
でA260/A280は約2.2となりました。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 純粋な物質には、特定の吸収スペクトルがあります。タンパクは280nm、核酸は260nmに極大吸収があり、その波長がよく利用されています。核酸やタンパクに限らず、純粋な物質は、波長の比は一定の値をとります。
 核酸では、260nm/280nmの吸光度の比だけでなく、260/240,260/250,260/270,260/280,・・・・と、純粋であれば、どの波長の吸光度比も一定の値をとります。

 したがって、純粋なDNAの260/280の吸光度比が1.8であれば、「純粋」であることは否定できませんが、保障するものではありません。
 むしろ、1.8であるハズのものが2.0ならば、純粋でない⇒不純物が混在する、と判断できます。

Q細胞培養におけるカビのコンタミで困っています

細胞培養のカビのコンタミで悩んでいる修士課程学生です。
カビのコンタミに関して原因や対策を模索しているところですので、何かアドバイスございましたら知恵をお借りしたいと思い、質問させて頂きました。

私が所属するチームでは、全員が細胞培養(ほとんどがヒト癌細胞)を行っています。
この1か月半ほどの間、カビのコンタミに悩まされています。
誰か一人の問題ではなく、ビギナーから培養経験4年目まで様々なメンバーで連続してコンタミに悩んでいる状況です。
チーム内の約7割のメンバーがここ1か月半にコンタミさせました。(いずれも同じカビ)
1週間に1度は誰かがコンタミさせてしまうくらいの頻度です。
これまでに、酵母のコンタミは経験したことがありますが、カビは初めてですし、それも1年に1度あるかないかくらいの頻度でした。

現在悩まされているのは、白い糸状のもので、平板状のマリモのようなコロニーを作ります。
これまで講じた対策は以下の通りです。

・メディウム、トリプシン等のコンタミチェック
・クリーンベンチ内の清掃(70%エタノール)
・CO2インキュベーター内のホルマリン燻蒸


これまでと変化した点としては、昨年秋にラボの引っ越しがあり、昨年夏までとは培養室の環境が変わりました。
新しい部屋での初めての梅雨及び夏を迎えたのですが、例えば空調や換気扇などの性能やメンテナンス状況によって培養室内の換気が悪かったり、カビが蔓延してしまう環境となってしまった場合、いくらクリーンベンチ内で作業していたとしてもコンタミが増加することはあり得るのでしょうか。
(換気扇や空調のメンテナンスは大学側が管理していますが、数ヶ月に1度業者さんが清掃してくださいます)

曖昧な質問となり大変申し訳ありませんが、このような経験が初めてのため、どうして良いか分からない状況です。
何かアドバイスございましたら宜しくお願いいたします。

細胞培養のカビのコンタミで悩んでいる修士課程学生です。
カビのコンタミに関して原因や対策を模索しているところですので、何かアドバイスございましたら知恵をお借りしたいと思い、質問させて頂きました。

私が所属するチームでは、全員が細胞培養(ほとんどがヒト癌細胞)を行っています。
この1か月半ほどの間、カビのコンタミに悩まされています。
誰か一人の問題ではなく、ビギナーから培養経験4年目まで様々なメンバーで連続してコンタミに悩んでいる状況です。
チーム内の約7割のメンバーがここ1か...続きを読む

Aベストアンサー

クリーンベンチ何の塵埃測定をしたらいいですが、
パーティクルカウンターが要りますので、

かび用の培地平板を作成し、クリーンベンチ内で、
開放しておきます。

それで生えてくる様なら、クリーンベンチ内で汚染されています。
それで生えてこないのなら、他の要因で、汚染されているということですね。

実験者は、消毒していますよね。

QDNAの抽出でsolution I・II・III液は

はじめまして

大腸菌DNAの抽出でsolution I・II・III液は何のためにいれるんですか?

Aベストアンサー

微力ながら回答させて頂きます。

solutionIは懸濁液で、細胞壁を破壊します。

solutionIIは溶菌液で、菌体のタンパク質とDNAを変性させます。大腸菌が溶けるために液の濁りが消え、大腸菌のゲノムDNAとRNA、タンパク質、プラスミドDNAなどが溶け出してきます。

solutionIIIを加えると中和し、プラスミドDNAは会合して、一方でDNAやタンパク質などはSDSやカリウムと複合体を形成するので両者を分離しやすくします。

以上です。

Qコンタミ菌

コンタミ菌という菌について教えてください  というのは 当店で造っている 豆味噌の袋詰めが なぜかパンパンに膨らんでしまい 返品の山になり 困っていたところ コンタミ菌 というもののしわざでは・・ということを聞き質問しました 今まで1度もこのような事はなかったのですが 今後 出荷する味噌も 同じように膨らんでしまうのかと思うい 出荷を控えています どのような対策をしたらよいのでしょうか?よろしくお願いいたします   

Aベストアンサー

自信は無しですが…。

コンタミ菌というのは聞いたことありませんけど、
一般的に無菌状態であるところに雑菌などが混ざることを
コンタミネーション(汚染する)といいます。
良くわからないのですが、味噌を出荷する時は一度熱して
発酵をとめたりしますか?
普通は加熱によって酵母を殺して発酵をとめていると思うのですが、
そこに菌が混ざると菌は増殖する時に呼吸しますので
二酸化炭素などが大量に放出されて、結果、袋が膨張する、という
可能性が(多分…)考えられます。

今までなかったということですが、今までと今回で
操作が何か変わったところがありませんか?

QDNAの塩基についての中学生でも分かる説明

今、課題でナノテクノロジーについて調べています。
そこで、DNAについて調べたのですが、塩基についての説明がいまいち理解できなくて、困っています。
塩基について簡単に説明できる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一冊の本を思い浮かべてください。出来れば分厚い本がよいです。

さて、その本の材質は何でしょうか?紙ですよね。この紙にあたるものがDNAすなわち「塩基」です。本の場合、情報は「紙」という物質に書かれていますが、ゲノムという情報は「DNA」いう物質にかかれています。そして本は「文字」を使って情報を表しますが、遺伝情報の場合は「アデニン、グアニン、シトシン、チミンという4つの塩基の配列」を使って情報を表します。

ついでに、本には大抵「第○章」というのがありますが、それが「染色体」にあたります。(ちなみに人の場合22章あるわけですね。)そして「第○章」の中にもいくつか細かい区分がありますが、それが「遺伝子」です。
本の情報全体は「ゲノム」にあたります。

こんな感じでどうでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報