私もガンマナイフ治療を受けることになりましたが、ガンマを当てているときは苦しかったですか? 酸素マスクなどもするのでしょうか? その後よけいにひどくなったり副作用がでたりしません出したか? お教えください。また治療後、一時はおおきくなるとききましたがガンマナイフ治療をうけてなりましたか? 顔のしびれや、耳鳴りは楽になりましたか? お教えください。また、ガンマナイフ治療で死亡することはあるのでしょうか? 不安でたまりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 私はガンマナイフを受けるかどうかで、最近、診断を受けた経験があります。


 病名は異なりますが。どこでお受けになるのかは存じませんが、東京女子医大の脳神経外科にガンマナイフ専門外来があり、そのHPに詳しい説明がありますし、すごいのはその担当医師と直接、メールできるようになっており、相談がメールでできますよ。私も活用し、受診しています。
 東京女子医大のアドレスは検索すればわかるはずですから、ここでは出しません。気になって投稿しました。すごくいい先生ですよ!その方は。
 酸素マスクはしませんが、ガンマナイフをあてるヘッドをかぶります。その際に、そのヘルメットを頭蓋骨に直接ボルトで止めますね。詳しくは、東京女子医大のHPで脳神経外科を探し、ガンマナイフ専門ページに行ってくださいね。お大事に!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お礼が遅れて遅れて申し訳ありませんでした。
色々不安でガンマーをあてようか、もう少し様子をみようかとしている内に
時間がたってしまい、昨年末にガンマーをあててきました。
その後、耳鳴りは以前よりやはりひどくなりました。憂鬱な日々を過ごしておりましたが,やっと少し落ち着いてきました。あてたということで少しは安心しております。
回答して頂いたのにお礼が遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2003/02/16 11:47

Yahoo!にも登録されているサイトなので、ご存じかもしれませんが、


経験者さんの個人サイトをご紹介します。

聴神経腫瘍に関するリンクも豊富です。

参考URL:http://www.tim.hi-ho.ne.jp/t-nakanishi/index.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お礼が遅れて遅れて申し訳ありませんでした。
色々不安でガンマーをあてようか、もう少し様子をみようかとしている内に
時間がたってしまい、昨年末にガンマーをあててきました。
その後、耳鳴りは以前よりやはりひどくなりました。憂鬱な日々を過ごしておりましたが,やっと少し落ち着いてきました。あてたということで少しは安心しております。
回答して頂いたのにお礼が遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2003/02/16 11:49

治療経験はありませんが、TOPページで「ガンマナイフ」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。



ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お礼が遅れて遅れて申し訳ありませんでした。
色々不安でガンマーをあてようか、もう少し様子をみようかとしている内に
時間がたってしまい、昨年末にガンマーをあててきました。
その後、耳鳴りは以前よりやはりひどくなりました。憂鬱な日々を過ごしておりましたが,やっと少し落ち着いてきました。あてたということで少しは安心しております。
回答して頂いたのにお礼が遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2003/02/16 11:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 聴神経腫瘍のまとめページ

    聴神経腫瘍とはどんな病気か  聴神経のうち、前庭(ぜんてい)神経と呼ばれる神経を包んでいる鞘(さや)から発生する良性の脳腫瘍です。耳の奥に発生し、音を伝える神経が頭蓋骨の孔(あな)のなかを走り、脳のほうへ出る直前の場所で神経の鞘がふくらみ、やがて腫瘍になります。近くには顔面の表情を作る筋肉を動かす顔面神経や、音を直接脳に伝える蝸牛(かぎゅう)神経、脳の中心で多くの機能が集中する脳幹(のうかん)と呼ばれる場...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳動静脈奇形のガンマナイフ治療の副作用について

73歳の父が脳動静脈奇形で脳内出血しました。
幸い、発見が早かったのと出血量が少なかったのでほとんど後遺症はなく20日ほどの入院ですみました。
現在は退院して普通に日常生活を送っています(車の運転だけはまだ控えています)。
ただ、再出血する可能性があるため、2泊3日でガンマナイフ治療を受けることにしました。
奇形が運動野に非常に近いところにあること、3~3.5cmと比較的大きいこと、
麻痺が残る可能性が高いこと、高齢であることなどから、手術はしないことにしました。

ガンマナイフ治療では、麻痺が残る可能性が5%、3年後に根治する可能性が85%と言われましたが、
治療後は副作用などがあるのでしょうか。
実際にガンマナイフ治療を受けた方が副作用に悩まされている、というようなことをこのサイトでもみたので、不安です。
副作用があるとすればどのような副作用なのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は脳動静脈奇形で先月2回目のガンマナイフ治療を受けました。
ご質問日が4月8日ですのでもう治療をお受けになった後かも知れませんがご質問のガンマナイフ治療の副作用は私が医師から放射線による晩期障害(脳壊死・水頭症・脳萎縮・脳浮腫)が治療後数年経って出る可能性は一度目の治療で1~2%2度目の治療で2~4%と説明を受けました。
私の奇形は2cmで最初の治療の時に成功率80%、奇形の大きさから一度の治療で完治するだろうとの見解でしたが5年経っても完治されておらず2度目の治療となりました。
正直、2度目の治療では奇形の出血率より放射線障害の確率のほうが高くなり
不安でしたが主治医は、副作用に関しては治療法(手術や投薬)があるが奇形から出血した場合は重度の障害や最悪、命取りになる可能性が高いと治療を勧められました。
治療後は放射線障害の有無の確認のため半年に一度MRI検査を受け、約2年後に奇形の閉塞を確認のためカテ-テルを用いた血管造影検査をしますので副作用は早期発見できるかと思いますが放射線障害は照射した個所で症状が違いますのでお父様が、もし副作用が出た場合の症状は主治医にお尋ねになると良いかと思います。
私は幸い今のところ、副作用はなく普通に生活をしています。

放射線の副作用とは別に脳動静脈奇形は癲癇発作と背中あわせです。
また、開頭手術をした場合もガンマナイフをした場合も癲癇を起こす可能性があります。
放射線の後遺症より癲癇のほうが発症率が高いかもしれませんので治療後に
癲癇予防の薬が処方されると思いますので忘れずに服用されてください。
ガンマナイフはフレ-ムの装着、脱着時に痛みがあり退院後もフレ-ムを固定した個所が痛かったり時々、締め付けられるような痛みや痺れた感じがありますが、徐々に治ってきます。
放射線治療の他に塞栓術治療法もあります。
ガンマナイフは放射線障害という不安が残った上、完治まで時間がかかります。もし可能であれば塞栓術も視野に入れてみては如何でしょう。

長くなりましたが、お父様のお体お大事になさって下さい。

こんにちは。
私は脳動静脈奇形で先月2回目のガンマナイフ治療を受けました。
ご質問日が4月8日ですのでもう治療をお受けになった後かも知れませんがご質問のガンマナイフ治療の副作用は私が医師から放射線による晩期障害(脳壊死・水頭症・脳萎縮・脳浮腫)が治療後数年経って出る可能性は一度目の治療で1~2%2度目の治療で2~4%と説明を受けました。
私の奇形は2cmで最初の治療の時に成功率80%、奇形の大きさから一度の治療で完治するだろうとの見解でしたが5年経っても完治されておらず2度目の治療となり...続きを読む

Qガンマナイフの副作用

脳血管障害でガンマナイフをしようと思っていますが
治療後に考えられる副作用を教えてください。

Aベストアンサー

放射線による脳浮腫、脳組織の壊死
遅発性のガン発生などがあります

けしてまったく安全な治療ではありません

Qステロイドが体内に残る時間

4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴を行いました。
その後、内服で1ヶ月ほど服用しました。
残念ながら難聴はあまり改善しなかったのですが、その後体調が良くありません。
すぐに扁桃炎を起こしたり風邪を引いたり・・・。
うがい、手洗いは今でも気をつけて徹底しています。
ステロイドの大量投与による免疫力の低下が原因だと思いますが
このような症状は一体いつまで続くのでしょうか?
もしかすると甲状腺機能も低下しているのかもしれませんが、
体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴

おそらく、ステロイドパルス療法ですね。大変でしたね。
でもこの治療は避けては通れなかったものと思われます。
特にこのような点滴治療でのステロイド投与は塗り薬のような
状態になることはありませんし、医師なども厳重に注意して
投与される薬です。

>体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

点滴で入れたステロイドそのものは、もう体内から出て行っていますが
免疫系の力が戻ってきていないと思います。いつまでという期間を
明言するのはなかなか難しいのですね。個人差がありますし、3週間で
どんな薬をどれだけ投与されたのかわかりません。
一度医師と相談されるといいと思います。
(要は白血球、リンパ球など血液検査で測定できるものも
ありますし、その他いろんな免疫のシステムもあります)

余談ですが、ステロイド外用剤(塗り薬)は漫然と半年以上使って
いるとNo1さまのような状態になります。また外用剤には
強いものから弱いものまで5ランクあり、適切に使っていくことが
重要です。今回は塗り薬のステロイドとは気になさらなくてけっこう
です。

>4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴

おそらく、ステロイドパルス療法ですね。大変でしたね。
でもこの治療は避けては通れなかったものと思われます。
特にこのような点滴治療でのステロイド投与は塗り薬のような
状態になることはありませんし、医師なども厳重に注意して
投与される薬です。

>体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

点滴で入れたステロイドそのものは、もう体内から出て行っていますが
免疫系の力が戻ってきていないと思...続きを読む

Qガンマナイフのフレーム装着時の痛みについて

ガンマナイフ治療を受けることになりました。局所麻酔をしてからフレームを装着するので、痛みはないといいますが、実際に体験した人の話では、局所麻酔をしても、ほとんど効かず、かなり痛かったということでした。ホームページの体験談などでも、装着時の痛みが強かったという書き込みがありました。痛みは個人によって感じ方が異なるとは思いますが、ある程度の痛みはがまんしなくてはならないのでしょうか。実際のところ、どの程度の痛みなのか、ご存知のかた、また体験されたかた、教えてください。

Aベストアンサー

rotkaepchenさんはじめまして
ご質問の件ですが、実際に私が経験したことでなく申し訳ありません、ご参考になるかわかりませんがアドバイスさせてください。ガンマナイフの治療は、私の同居の義父が平成11年12月と翌12年1月の2回、藤枝市の平成記念病院で行いました。私たちにしても初めてのことでしたので、義父もかなり心配していました。当日ガンマナイフの治療には各地から5~6人の方々が見えていて、順番に治療をしていました。私の義父は一番最後の予定で、午後5時から開始ということでした。治療の1時間前からフレームを装着したのですが、義父曰く、装着自体は思ったより痛くなかったそうです。ただ、前の方の治療が思ったほど長引いてしまい、義父の治療が始まったのが2時間ほど遅れてしまい、その間フレームをはずすこともできず、ずっとそのままで待機していました。その間が一番つらかったと言っておりました。入念に照射する場所を特定して、色々と角度を変えてするものですから、時間が掛かるといえば仕方ないのですが、待っている間ずっとブツブツ言ってました。2度目の時は少しは慣れも有って、順番を早くしてもらったりして少しでも装着時間を短くするようにしていました。おそらく装着時の痛みはrotkaepchenさんもおっしゃっているように個人差があると思うのですが、義父のように装着したまま待たされるほうが辛いみたいです。もし病院のほうで相談に乗ってもらえるようでしたら、待ち時間が少なくて済むように、順番を交渉してみるのも手だと思います。こんな内容で申し訳ありませんが参考になればと思い書かせていただきました。rotkaepchenさんの治療の成功をお祈りしております。

rotkaepchenさんはじめまして
ご質問の件ですが、実際に私が経験したことでなく申し訳ありません、ご参考になるかわかりませんがアドバイスさせてください。ガンマナイフの治療は、私の同居の義父が平成11年12月と翌12年1月の2回、藤枝市の平成記念病院で行いました。私たちにしても初めてのことでしたので、義父もかなり心配していました。当日ガンマナイフの治療には各地から5~6人の方々が見えていて、順番に治療をしていました。私の義父は一番最後の予定で、午後5時から開始ということでした。治...続きを読む

Qガイマナイフの治療経験のある方 (長文です)

ガイマナイフの治療経験のある方、もしくは治療についてご存じの方教えてください。

(1).ガンマナイフの治療について
(2).ガンマナイフの副作用や後遺症について
(3).ガンマナイフ治療後のケアについて

【現在までの経緯】
乳ガンから脳転移による末期ガンの母の治療のことで、おたずねしたいことがあります。
2年前にガンの脳転移がみつかり手術を行い、その後放射線による治療を行いました。
その1年後に、ふたたび同じ箇所の手術を行っています。
そして現在は、前回手術した部分とは別の部分に転移がみつかり、その治療について先生と話し合っているところです。

【(1).ガンマナイフの治療について】
先生の話では、これまでの治療を考えるとは、あとはガンマナイフ以外の治療方法はないとのことでした。
その際、検査で確認できている部分の他にも、まだ映像に映っていない部分にガンがある"かも"しれないので、
今見つかっている箇所にガンマナイフをしたとしても、他にガンがあれば治療の意味がない、とのお話でした。

そこでまず疑問(1)なのですが、まだ見つかっていない箇所について、「ガンあるかも」という推測だけで
治療を行わないという見解には、なにかそれを推測できる裏付けがあるものなのか?
また、過去の質問の中で「ガンマナイフ治療を行った方が、再発した際に再びガンマナイフ治療を行っている」
という回答を拝見したのですが、もし別の部分に転移が見つかった場合、再び治療することができるのではないか?
先生の話を聞く限りでは、どうも積極的な治療はしたくない感があるため、上記の治療すすめない理由に少し疑問に感じています。


【(2).ガンマナイフの副作用や後遺症について】
また、先生の見解では、ガンマナイフの治療によって言葉や体に麻痺などの障害がでる可能性が高いため、
無理に治療するよりは、体が動ける間に残された人生を楽しんだ方がいいのでは、との意見でした。

そこで疑問(2)です。
私の調べた限りでは、ガンマナイフは比較的安全性の高い治療のようなのですが、具体的な身体に対する障害は
どの程度残る可能性があるものなのでしょうか。
もちろん全ての治療にはリスクがあるのは承知しています。
(前回の手術により母は言語に障害が残っています)
その上で、現実にはどの程度のものなのか、参考にさせていただきたいのです。
(治療を行ったら高確率で寝たきりになってしまう…など)


【(3).ガンマナイフ治療後のケアについて】
現在入院している病院には、ガンマナイフの設備がないため、ガンマナイフの治療だけは別の病院に行くことになっています。
その際、先生の話ではガンマナイフの治療を受けて、そのまま退院してもらいたいというお話なのでした。

そこで疑問(3)なのですが、ガンマナイフ治療直後にケアなどは必要ないものなのでしょうか?
後遺症や障害が残るような治療と伺っているのですが、治療後のケアはしないでいいような簡単なものなのか、
治療後になにかあっても、あとは家族で自宅でケアしないといけないという意味なのか。
そのあたりが矛盾していてよくわからないのです。


家族も母も、治療法がある限り最後まであきらめずに治療を行いたい意志があります。
ただ、先生も看護師の方には、現在積極的な治療を行っていないため退院もしくは転院の手続きを早くしてほしいとを言われています。
そのため、先生が治療を進めないのは助かる見込みがないので治療したくないから?ようはサジをなげられたのでは…という不信感あり疑問が沸いているのです。
ですが、ガイマナイフが実際にどういうものかわからないため、ただ不信感から疑いの目で見てしまっているのか、それとも、先生の見解が正しいのか判断がつかず、質問もできずに悩んでいます。

どうか、些細なことでもかまいません。
ガイマナイフについてご存じの方いましたら教えてください。
みなさんの意見を伺った上で、もう一度疑問点をまとめて先生と話し合ってみたいと思っています。
宜しくお願いします。

ガイマナイフの治療経験のある方、もしくは治療についてご存じの方教えてください。

(1).ガンマナイフの治療について
(2).ガンマナイフの副作用や後遺症について
(3).ガンマナイフ治療後のケアについて

【現在までの経緯】
乳ガンから脳転移による末期ガンの母の治療のことで、おたずねしたいことがあります。
2年前にガンの脳転移がみつかり手術を行い、その後放射線による治療を行いました。
その1年後に、ふたたび同じ箇所の手術を行っています。
そして現在は、前回手術した部分とは別の部分に転...続きを読む

Aベストアンサー

(1)についてはガンマナイフ治療を行わないというのではなく、今転移があるということはほかにも小さな転移があるということを考えると、何度も治療することでのお母様の体の負担のことを考えておられるんじゃないでしょうか。
ガンマナイフは放射線を多数の方向から放射線を放射し病気の組織に集中するようにして組織を破壊するという方法です。組織がどこにあるかを綿密に計測し最適な方法で照射します。
しかしながら病巣に近い正常な組織も破壊を完全に免れるかというと免れ無いといった方がいいかもしれません。
少なくとも正常な脳組織も破壊されることを考えなくてはいけません。そうなると破壊されたことで起こってくる症状は照射してみるまですべてわかりません。ですから、何度も照射することのリスクを考えると何度も照射するのはどうかと思いますね。
そこまで考えた上でのはんだんではないでしょうか。苦しい思いをするよりは余命をいかに充実させるかという考え方ではないでしょうか。
(2)安全性が高いというのはほかの放射線治療に比べてということです。
医療の中ですべての治療の中で考えるならやはり放射線を大量に当てるわけですから安全性の面では結構ハイレベルなリスクを伴います。
(3)はやはりケアは必要だと思いますが、他の病院での照射ということになれば、照射後のケアを今の病院ではすべての状況に対処できないということではないでカと思います。
私も母親を数年前に乳がんで無くしています。
すでに骨転移をしていたので6ヶ月という余命宣告を受けていましたが、それから2年元気で生活していました。
その間行きたかったけど行けていなかった旅行に行ったりしていました。
父親、弟、妹と相談して無駄な治療はやめようということにしました。それよりも余命を精一杯生きれるようにしてあげようと、いろいろと考えました。
2年して脳内出血で倒れた時MRIでは出血だけで癌の転移は見つかりませんでした、そこで、出血部分の血腫を取り除く手術をしたのです。そのときに脳細胞の一部を取って細胞検査もしてもらいました。結果は細胞レベルでの転移が発見されました。
その後は一気に病気が進み1ヵ月後に他界しました。
個人的な意見ですが末期であることがわかっているのであればあえて体に負担がかかることをするよりホスピスケアを大切にしてあげた方がいいのではと思います。
100%完治する可能性がいくらかでもあるのなら手術をしたほうがいいと思うのですが、末期ということがわかっているということはガンマナイフでのリスクのほうがお母様にとってはたいへんではないでしょうか。
今で母が亡くなる前に旅行にいけたことを何回もしゃべっていたのを思い出します。今でも我が家が取った対応がベストだったと思っています。
お大事にしてくださいね。

(1)についてはガンマナイフ治療を行わないというのではなく、今転移があるということはほかにも小さな転移があるということを考えると、何度も治療することでのお母様の体の負担のことを考えておられるんじゃないでしょうか。
ガンマナイフは放射線を多数の方向から放射線を放射し病気の組織に集中するようにして組織を破壊するという方法です。組織がどこにあるかを綿密に計測し最適な方法で照射します。
しかしながら病巣に近い正常な組織も破壊を完全に免れるかというと免れ無いといった方がいいかもしれ...続きを読む

QCT検査でわかること

体調不良で検査の一環でCT検査を受けました。症状から推測して何か異常が出るだろう、と思っていたんですが異常なしとのことでした。CT検査をした結果なので心配はしていませんがCT検査ではどういった病状が判るのでしょうか?腫瘍やガン、炎症なども判るのでしょうか?

Aベストアンサー

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(膵炎、膵癌など)、脾臓の大きさ、腎臓疾患(腎癌、水腎症など)および副腎腫瘍、腹部大動脈瘤などがわかります。胃や小腸、大腸などの疾患は大きなものしかわかりません。また骨盤CTでは膀胱、男性なら前立腺、女性なら子宮(子宮筋腫や子宮ガン)、卵巣腫瘍などがわかります。しかし、CTにも限界があり、病変の大きさ、造影剤の使用の有無によって初期のものや小さいものは見出せない場合があります。また、CTはあくまで形態の診断で、肝機能や腎機能などの正確な機能検査は血液や尿検査を行わないとわかりません。炎症は病気によってわかるものもあります。最後に、体調不良の一環でCT検査を受けたとのことですが、一般的には放射線被爆量の多いCT検査は精密検査に入り、どこが悪いかわからないけどとりあえず行う、という検査ではありません。また、医師の説明が不十分である印象を受けます。ご参考に。

CTは大まかに言って頭部、胸部、腹部、骨盤部などと部位を分けて撮影しますので、あなたが受けたCT検査でどこのCTを受けたかによってわかる範囲が異なります。また、単純CTか、造影CTなのかによっても異なります。
一般的に、頭部CTであれば、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などの病気、胸部CTであれば肺癌、肺炎、結核、肺気腫、気胸、胸水の有無、胸部大動脈瘤など、腹部CTでは、範囲が広くなりますが、肝臓病(肝硬変や慢性肝炎、肝臓ガンなど)、胆嚢胆管疾患(胆石、胆嚢癌、総胆管結石、胆管癌など)、膵臓疾患(...続きを読む

Qどのような病名が考えられますか。。

どなたか教えてください。
1年前に聴神経腫瘍の切除術をうけました。術中の脳内の写真をみせていただいた所、顔面神経はペラペラに薄くなっており透けておりました。しかし、聴力は失ったものの、顔面麻痺などなく順調に回復しております。
ところが、ここにきて様々な不安がでてきました。
その不安内容を箇条書きにて質問させて頂きます。
1.聴神経腫瘍ができていた方の頬や歯などが痛い。
  激痛というわけではないのですが、鈍痛、もしくはチ  クチクといたむ。
2.耳の奥が痛む。かなり痛いです。
3.ふらつきがある。
4.焦点があわない。(眼振がひどいです。)
5.2度ほど前歯から舌にかけて激痛がはしり、息が出来  なかった。

12月にMRを撮ったところ、再発はありませんでした。しかし、上記のような症状が出ております。主治医に相談したところ、手術とは何も関係ないとの回答でした。聴神経腫瘍とは関係なく、何か別の病気なのでしょうか。このような場合は何科を受診すればよいのでしょうか。昨日も寝てるときに、頬や耳の奥が痛んで眠れませんでした。不安が募ります。

どのような病気が考えられるか、また、病気の場合だったら、何科を受診すればいいのか、どなたか教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いします。

どなたか教えてください。
1年前に聴神経腫瘍の切除術をうけました。術中の脳内の写真をみせていただいた所、顔面神経はペラペラに薄くなっており透けておりました。しかし、聴力は失ったものの、顔面麻痺などなく順調に回復しております。
ところが、ここにきて様々な不安がでてきました。
その不安内容を箇条書きにて質問させて頂きます。
1.聴神経腫瘍ができていた方の頬や歯などが痛い。
  激痛というわけではないのですが、鈍痛、もしくはチ  クチクといたむ。
2.耳の奥が痛む。かなり痛いで...続きを読む

Aベストアンサー

まず私は医者ではありません。が、感じたことを述べさせていただくと、手術と関係ないようには見えないですね…今まで神経を麻痺させていた腫瘍をとったんですから、その回復過程で痛みがでてもおかしくはないと思うのですが。不安なら別の病院で診てもらったらどうでしょう?

聴神経腫瘍について
http://www.med.kindai.ac.jp/nouge/inf-tumor/acoustic.html

Q脳腫瘍になった時の日常生活で気をつける事

脳腫瘍になったようです。
日常生活で気をつける事があったら教えてください。
例えば、ストレスに気をつけるとか、デットクスとか
食事、運動とかに気をつけるとか?
健常者が、健康に気をつけるのと同じ事が、やはりいいのでしょうか?

Aベストアンサー

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲み水は浄化したものを使用します。

人の体の免疫の多くの部分を担っているという腸管内免疫を高めるために整腸に心がけます。毎食、納豆かヨーグルト(なるべく低脂肪のもの)をオカズもしくはデザートとして加えるのは効果があります。

下記URLの「腸管免疫系を活性化する乳酸菌」の部分を参照:

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi21/mm21-45.html

整腸に関して私が記載させて頂いた下記のURLのANo.3:

http://okwave.jp/kotaeru.php3?qid=1141322

食事に関して記述されている参考HP:

http://www.ola-method.net/ola/shoku.html

睡眠は早寝して十分にとるようにします。出来れば夜9時頃には就寝したいです。私の場合、習慣がつくまでもしくは習慣がくずれてしまったときには眠剤の助けを借りていました。

適度な運動は免疫力を上げますので大切です。

また、その他「気持の持ち方など」は下記の病院の道場で頻繁に模様されていて、ここの診察券をもっている方は誰でも参加出来ます。基本的に無料ですが有料のものもあります。

http://www.obitsusankei.or.jp/he-exe/purpose.html

上記の病院を経営している帯津良一さんには著書が多数あります。

http://www.obitsusankei.or.jp/hp-guid/greeting.html

帯津良一の本の一例(沢山あります):

http://www.sociohealth.co.jp/book/db1/data.cfm?code=5805512

今回のご質問に対する直接的な回答になりませんが、「免疫療法」および「サプリメント」に関して私が記載させて頂いた下記のANo.3を参考下さい。この中に記載のハスミワクチンは保険は使えませんが費用は「30万円/年」程度です。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1696288

また、同じく私が記載させて頂いた下記のANo.2も参考下さい。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1459999

脳腫瘍に対する特化したものは知らないのですが、ガン一般でいえば下記のような点に心がけたらよいと思います。内容は健常者も日頃から注意したほうのがよいものばかりですが。

食事ですが先ず動物性脂肪を減らします。そして、無農薬有機の玄米を主食とし、白菜、キャベツ、大根などの白い野菜や緑黄色野菜、ブロッコリースプラウト(=新芽)、キノコ、ニンニク、ショウガ、大豆、海草などを多く摂取します。どれも無農薬もしくは少ないものに心がけます。添加物が無いものが望ましいです。塩分も少なくし、飲...続きを読む

Qガンマナイフ

今度夫がある大学病院で、脳腫瘍のため、放射線治療を受けることになりました。そこで使っているのが「定位放射線治療」と書いてあるのですが、ガンマナイフとは違うものなのでしょうか?
脳幹の腫瘍なので、東京女子医大にガンマナイフがあると聞いて、行ってみようかと考えていますがどうでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定位放射線治療とガンマナイフが同じか違うかは良く分かりません。
読んで調べるしか専門家ではないので。
http://www.gammaj.org/towa/index.html
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~kunieda/STIindex.html
↑定義が書かれています。

※http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/
女子医大の脳神経センター内に専門処置室があります。
かなり前からガンマ治療していますよ。
http://www.twmu.ac.jp/info-twmu/department/d06-Neurosurgery.html

Q水頭症の術後の経過について

私の夫(50歳)は、水頭症のため5月7日にシャント手術をしました。
この手術後の経過について、不安で仕方ない点があるんです。

まず1つめ。
手術翌日に撮ったCTを見ながら、主治医から「シャントの管が入っている周りと、その管から少し左に離れたところから出血している」という説明がありました。出血は既に止まっているとのことでしたし、こういうこともあるという説明でしたが・・・素人の人間の私が考えると、頭の中に出血なんてしていて大丈夫なんだろうか?と思ってしまいます。

シャント手術後、こういうことって、わりとあることなんでしょうか?
本当に大丈夫なんでしょうか?

2つめ。
術後3日目から、夫が頭痛を訴えています。
この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようですが、夫の場合手術前は、そういうことはなかったんです。鎮痛剤をいただいて飲んではいますが、あまり効かないようですし、食後に少し吐いてしまうこともあります。

術後の経過のうちで、こういうこともあるんでしょうか?

以上2点です。主治医は、ゆったりと構えていらっしゃるようで、大丈夫だからと言ってくださっていますが、頭の手術ということで、不安で不安で仕方ありません。
どうぞよろしくお願いします。

私の夫(50歳)は、水頭症のため5月7日にシャント手術をしました。
この手術後の経過について、不安で仕方ない点があるんです。

まず1つめ。
手術翌日に撮ったCTを見ながら、主治医から「シャントの管が入っている周りと、その管から少し左に離れたところから出血している」という説明がありました。出血は既に止まっているとのことでしたし、こういうこともあるという説明でしたが・・・素人の人間の私が考えると、頭の中に出血なんてしていて大丈夫なんだろうか?と思ってしまいます。

シャント...続きを読む

Aベストアンサー

1問目ですが、
 「シャントの管が入っている周り」には、出血が出ることはあるかもしれません。「その管から少し左に離れたところから出血している」という部分については、「わりと」あるというものでは無いと思います。
 ただ、出血は止まっているとのことですから、おそらくこの出血は吸収されてしまう程度ではないでしょうか?主治医へ詳しく説明を求めたほうがいいと思います。

2問目ですが、
 「術後3日目から、夫が頭痛を訴えています。
この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようですが、夫の場合手術前は、そういうことはなかったんです。鎮痛剤をいただいて飲んではいますが、あまり効かないようですし、食後に少し吐いてしまうこともあります。」
 主治医は、何とおっしゃっているんですか?
 出血があったせいかもしれませんし、シャント術で異物を入れた関係で起こっているものかもしれませんね。
 まずは、主治医へ詳しい説明を求めることをお勧めします。今後の想定される経過についても尋ねてみてください。

 医学的資料を見ている方でしか、具体的なお話は出来ないかも知れませんし、CTやMRIなどにも映ってこないことも多いと思います。

1問目ですが、
 「シャントの管が入っている周り」には、出血が出ることはあるかもしれません。「その管から少し左に離れたところから出血している」という部分については、「わりと」あるというものでは無いと思います。
 ただ、出血は止まっているとのことですから、おそらくこの出血は吸収されてしまう程度ではないでしょうか?主治医へ詳しく説明を求めたほうがいいと思います。

2問目ですが、
 「術後3日目から、夫が頭痛を訴えています。
この病気は激しい頭痛や嘔吐を伴うことが多いようです...続きを読む


人気Q&Aランキング