「ロストハイウェイ」(デビッドリンチ)でパトリシアアークエットが銃を突きつけられて脱ぐ時にかかっていた曲のタイトルとアーティスト名を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

RAMMSTEINの「RAMMSTEIN」です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。RAMMSTEINの「RAMMSTEIN」で調べて視聴してみたらこの曲もビデオで見て気に入っていたので助かりました。
私の出した条件が間違っていたのかもしれないのですがマリリンマンソンらしいのですがタイトルがどうしても分かりません。もしそちらの方もご存知でしたら教えてください。

補足日時:2002/06/17 11:41
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

脱ぐ」に関するQ&A: 寝ている時服を脱ぐのは

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデビット・リンチ 「ロスト・ハイウェイ」

以前も難解な映画の説明でお世話になりましたが。。

難攻不落なものを見てしまったようです。
「ロスト・ハイウェイ」最初から最後まで何もわからん。。。

これでも「ツイン・ピークス」や「マルホランドドライブ」は好きな映画で、理解しているつもりです。
「ロスト・ハイウェイ」は以前から気になっていたのですが、、、

どなたか、、ご自分なりの解釈でOKですのでヒントと言うか、ご説明願えないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

sakaki003さんにとって下記解説サイトは参考になるのでは?当方もロスト・ハイウェイを見て下記サイトを見て非常に参考になった次第です。この映画でミステリーマン(ロバート・ブレイク)は何ともいえない"恐怖"を演出していますね。

「「ロスト・ハイウェイ」について」
http://homepage.mac.com/annatto/note/notelost.html

「ロスト・ハイウェイ (1997・米 135min) Lost Highway」
http://www6.plala.or.jp/khx52b/movie/file_r/ro0005.html

上記サイトにもあるように映画内ででてくる"闇"の部分が現実と非現実の境界線になっていると思いますね(^_^;)。ただデビット・リンチワールドに【正解】の2文字がないのでつきつめると出口のない迷路にはまるだけかも(-_-;)。

余談ですがデビット・リンチ系映画を楽しめるのであれば下記2作品も楽しめると思います。かなり難解な映画ではまるかもしれません;^_^A。

●『カル』
http://www.nifty.com/kal/
1999年 韓国(2000年 日本公開)
監督:チャン・ユニョン
主演:ハン・ソッキュ(代表作 シュリ) シム・ウナ

はっきしいってこの『謎』が解けるでしょうか?100人見たら100通りの見解があり、最低5回くらい見ないとまず全貌が見えません。私が最もはまった作品です。個人的にこの映画の根幹にあるのは名作タイタニックを超える『(屈折した)愛』ではないかと思います。

●『メメント』
http://www.unzip.jp/special/memento/
2000年 アメリカ(2000年 日本公開)
監督:クリストファー・ノーラン(代表作 インソムニア)
主演:ガイ・ピアース(代表作 LAコンフィデンシャル)
キャリー=アン・モス(代表作 マトリックス)

10分で記憶がなくなる主人公が愛妻を殺した犯人を追い詰めていくサスペンスムービーですが,時系列をうまくいじって謎が謎を呼ぶ今までの趣向とは違う映画で気に入りました。まず1回では何が何で誰が誰なのかがさっぱりわからない事でしょう。
もしDVDデッキなどをお持ちでしたらDVD版にある時系列を正確につないだもので見ると理解が深まります。DVDをお持ちでない方はこの映画を理解するのにかなり苦労されるか,あるいは諦めますね。ユージュアル・サスペクツを楽しめた人にはかなりの確率でこの映画も楽しめるのではないでしょうか?

それではよりよい映画環境をm(._.)m。

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

sakaki003さんにとって下記解説サイトは参考になるのでは?当方もロスト・ハイウェイを見て下記サイトを見て非常に参考になった次第です。この映画でミステリーマン(ロバート・ブレイク)は何ともいえない"恐怖"を演出していますね。

「「ロスト・ハイウェイ」について」
http://homepage.mac.com/annatto/note/notelost.html

「ロスト・ハイウェイ (1997・米 135min) Lost Highway」
http://www6.plala.or.jp/khx52b/movie/file_r/ro0005.html

上記サイトにもあ...続きを読む

Qデビッド・リンチと映画フリークス

デビッドリンチは彼の映画に奇形の人々をよく使いますが(「エレファントマン」など)トッド・ブラウニングの1932年の映画「フリークス」の影響はあったのでしょうか?教えてください。
またこの映画「フリークス」のリリース時の社会問題等について知ってる方いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

同じ「系譜」の映画ですが具体的な影響はどうでしょうか。
メリエスの昔から「グロテスクな物」は、映画の主要な題材の一つでした(映画以前の幻灯ショウでもそうでした)。

個人的な意見ですがむしろダイアン・アーバスの写真やフランシス・ベーコンの絵画からの影響の方が強いのではないでしょうか(裏取りしてません)。

http://www.brightlightsfilm.com/32/freaks.html
http://www.imdb.com/title/tt0022913/

参考URL:http://www.vega.or.jp/~bazil/junkvideo/freaks.htm

Qデビッドリンチ監督作品

先日、デビッドリンチ監督の「エレファントマン」を見ました。シンプルな内容で、期待していたような奇怪な描写はほぼなく、デビッドリンチ監督作品で初めて涙が出ました…。


冒頭から話がそれましたが、「マルホランドドライブ」など、なにかしらの小細工?に小人が出てきたり、あり得ない気違いじみた展開や演出満載な内容ですが
…ちなみに私はこの作品の支離滅裂な感覚が大好きなのです。


デビッドリンチ監督って、アート系の人なんでしょうか?絵とか芸術好きなんでしょうか?

作品を見ていると、単に奇怪なだけとは思えない、醜さの中に美しいものがあったり、美しいもの中に暗さとゆがみが存在したり。。ちょっと普通じゃないですよね。

彼の作品のテーマは何なのでしょうか…。意味不明なのに魅力的。魅力的だけど破壊的。

どなたかご存知の方がいらっしゃっいましたら、ご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 デビット・リンチは絵も描いています。
 今から20年以上前に表参道にあった美術館で個展を観たことがあります。
 とんでもなく暗くてかなり「いった」作品ばかりが並び観ていると陰々滅々としてきます。
 とても印象に残りましたし、彼の精神的支柱のようなものが見えた気がして、とても興味深いものでした。良い経験になりました。

 その時に(確か)読んだ情報では、彼は画家「フランシス・ベーコン」の弟子だそうです。
 この作家も、当代人気の肖像画家でありながら何とも破滅的でいかれたアーティストです。
 とても好きな作家の一人です。
 リンチの作品をその後国内で観ることはとんとありませんけれど、ベーコンの方でしたら今も横浜美術館に一点展示されていますし、海外現代系を置いている美術館であれば観られるところはあちこちあると思います。

Qロストハイウェイ(ネタバレあり)

難解なストーリーで有名な作品…色んな映画分析サイトを見てみましたがやっぱりよくわかりませんでした☆どなたか、ご自分なりでもけっこうですので『こうだ!』という解説をしてくださる方、お願いします!

わからない所はいっぱいありましたが特に
(1)フレッドとピートは同一人物?(狂気のフレッドの妄想?)
(2)アリスは結局、存在しない女性なの?(妄想のひとつ?)
(3)ピートの両親やシーラが言い出さなかった『あの夜』とは?
(4)ピート以降の話がもし妄想なら、謎の男(ロバートブレイク)は何なのでしょう?フレッドは初めの頃から、夢の中で彼の姿にうなされていましたよね??

この4点がなんとなくでもわかれば良いのですけれど。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

「訳ありそうでない。」って言うのが私なりの結論です。
まさに、観ている者への混乱を図った映画なのかな?と
思ってしまいます。
質問者様も(1)~(4)の謎があるように、映画は観ている者の納得や解釈を得る為でも起承転結がなければならないでもない。
こうやって書くと観客ほったらかしに聞こえますが
このように謎を知りたがったり、今も印象的な映画として
語られると言うことは
質問者様も私もまんまとリンチワールドに翻弄されていますね。

Qデビッド・リンチ監督の映画「マルホランド・ドライブ」

今日、デビッド・リンチ監督の
「マルホランド・ドライブ」という
映画を観ました。
が、ストーリーがよくわかりませんでした。
一緒に観た友人も同じです。
どなたかこの映画のストーリーを大まかで
結構ですのでお教えいただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 これはキューブリックの遺作「アイズ・ワイド・シャット」や大島渚の「御法度」のように、摩訶不思議な雰囲気を楽しむ映画だと思う。物語の仕組みは、冒頭でおぼろげに判る〔黒髪の女・リタが真夜中のマルホランド・ドライブで事故に遭い、サンセット大通りに逃げ込んだ時点〕。「サンセット大通り」と言えば、ビリー・ワイルダーの映画を思い出す。それは、死者の語る物語であった。死者が主人公になる映画は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」以降、最近の流行りであるが、思えば原点は「サンセット大通り」にあったわけである。これはリンチ版の「サンセット大通り」だと思う。
 カナダから出て来た女優志願のベティは、好奇心旺盛な冒険好きの短い金髪の美女だ。ヒッチコックが生きていたら、起用しただろうと思われるほどのナオミ・ワッツの爽やかな美しさが光るが、それに対してリタは記憶を失ってしまっているせいか臆病で、長い黒髪が印象的だ。この若い二人は、観ているだけで絵になる。しかし、この絵に描いたような優等生ベティと謎の塊のようなリタという組み合わせに我々は注意をするべきなのだ。余りにはまり過ぎているカップルゆえに。恐怖に震えるリタに自分と同じ金髪のカツラをかぶせて安心させたり、真夜中に「楽団はいない」とスペイン語で寝言を言うリタを観ていると、ヒッチコックの「めまい」を思いだす。ベティがオーディションを受けるシーンで、胡散臭いプロデューサー・無能そうな監督を前に、いやらしい中年俳優を相手役に熱演するところがあるが、ハリウッドという世界のまやかし、映画そのものもまやかしを見せるもの、この世もまやかし、といったような気分が、「楽団はいない、すべては録音」と司会者が喋る真夜中の劇場の場面で最高潮に達する。前半のベティの明るく爽やかな姿は、ハリウッドで夢破れ、生活に疲れたダイアンが見た理想の形であったのだろう。とても切ない物語である。

 これはキューブリックの遺作「アイズ・ワイド・シャット」や大島渚の「御法度」のように、摩訶不思議な雰囲気を楽しむ映画だと思う。物語の仕組みは、冒頭でおぼろげに判る〔黒髪の女・リタが真夜中のマルホランド・ドライブで事故に遭い、サンセット大通りに逃げ込んだ時点〕。「サンセット大通り」と言えば、ビリー・ワイルダーの映画を思い出す。それは、死者の語る物語であった。死者が主人公になる映画は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」以降、最近の流行りであるが、思えば原点は「サンセット大通り」にあっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報