dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

妻が駐車していたところ後ろから追突されてしまい
後部が凹み、追突された勢いで前部が標識に
突っ込み凹んでしまいました

今朝、相手の保険会社の方が来て過失割合については
0:100となるとのことでしたが
妻の車は平成7年のスターレットで時価額は低くなる
ものと思われます

修理代は調査段階なのですが
時価額よりも大きく上回るのは間違いないと思います
(事故の相手の保険に時価額が低い場合に、その差を
うめる特約に入っているそうで50万円を限度として
支払われるとことでした)

もし修理代が大きい場合には私側の負担が大きくなるので
修理は諦めざるを得なくなる可能性が高くなります
その場合には新しく車を調達することになりますが
相手の保険からは時価額+保険の特約が私が
もらえる金額ということになるのでしょうか?

特約も50万円の限度のうちどれだけが
支払われるかがわからないのも気になりますが・・・

残念なのは父の形見の車なので修理したいんですが
予算的に難しいんですよね

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

>加害者に残りの50万払ってくれと言うのは脅迫でしょうか? 



脅迫にはなりませんよ。
ただ、法的妥当性がないというだけです。
民法上の賠償責任は時価額が限度です。
保険に加入していようが、無保険であろうが、この基本は変わりません。

本件で問題となっているのは「対物超過特約」ですが、これは被害者が使用するかどうかを決める特約ではありません。
基本的には契約者が時価額以上の賠償を相手方に対して、履行する意思があるというのが大前提です。
従って、この特約を付帯していても、契約者が使うと言わなければ、そもそも機能しません。
    • good
    • 1

#4です。



>加害者に残りの50万払ってくれと言うのは脅迫でしょうか? 

請求することについては、#5でも書いたとおりかまいません。間違っているのは

>支払われる保険金があなたの損失より少ないなら、相手はその差額をあなたに支払う義務があります。

この点です。義務はありません。
法的な限度額(あなたの言う民法上の賠償義務)が、時価額なのであり、保険の約款で決まっているから時価額が上限なのではありません(法律はありませんが、最高裁の判例があります。最高裁の判例は法律の解釈として絶対的なものですから、覆すことは無理です)。
民法上、「人のものを壊したら、その修理代を払わんといかんよ」と決められているわけですが、最高裁は「といって、無制限に修理代を払う必要はないよ、上限は時価額だよ」といっているのです。
これは、たとえばちょっとこすっただけなのに全塗装を要求するような、悪質な恐喝・たかり行為を抑制するためのものです。

>技術論に終始していては、100:0で追突されたと言う被害者の心情に対する配慮を欠くと思いますので敢えて申し上げます。

心情は理解できますが、法的に認められない主張を大々的にお勧めするわけには行きません。
もちろん、加害者に「払ってもらえないだろうか?」ということ自体はかまわないと思いますが、「払えません」といわれたらそれまでです。これをごり押しすると恐喝罪などに問われかねなく、質問者にとってより不利な状況を作り出してしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんの回答を
ありがたく読まさせていただきました

ありがとうございます

この場を借りてお礼を申し上げます

お礼日時:2007/04/22 18:59

すみません、不勉強と指弾された、ANo.3ですが、なんか、議論が変ではありませんか。



その後にコメントしていらっしゃる方は、保険の代理店さんの立場のコメントですよね。

忘れてもらっては困るのは、質問者さんが、どういう対応が可能かという、ものを壊されたという民法上の対応についてお話しているのであって、保険約款の解釈について論じているのではないと言う事です。 

時価が50万円の車の修理に150万円掛かるとします。 当然、特約がなければ保険屋は50万までしか払わないと言うでしょう。 50万の特約があれば、100万円までは払うと言うでしょう。 しかし、被害者は、この保険屋の言を鵜呑みにする必要があるでしょうか。 加害者に残りの50万払ってくれと言うのは脅迫でしょうか? 

実際壊されたものの修理に150万掛かるのであれば、ゆすり、たかりでは無いと思いますが。 

勿論結果は、経済合理性に従って、何らかの落しどころが図られるでしょうが、その交渉は千差万別で一概に予見できないと思います。 技術論に終始していては、100:0で追突されたと言う被害者の心情に対する配慮を欠くと思いますので敢えて申し上げます。
    • good
    • 0

みなさん勘違いなされてるようで…


まず「時価額」というのは「車の価値」ではなく、現在の車両の流通額相当であること。どれだけ程度が良くても時価額で買い取ってくれるところはありません。従って時価額というのは車の価値よりも高く設定されています。ちなみにどんな車でも、新車価格の1/10までは保証されているようです。

「対価特約」については、修理代が時価額を上回った場合、本来なら「全損」扱い=修理不能ということになりますが、50万プラスして直るならお支払いしますよ、という保険特約のことです。この「直るなら」という部分がミソでして、直らないのであればやはり「全損」ということになり、基本的には支払われません。

さて、残念ながら車を廃車して買い替える場合、時価額が支払われるのですが、先に書いたように現在の流通価格=中古車の相場ということで、同等の車両代を支払うということになります。現実的にはseiwakokoさんの納得できる車両が見つかるとは思えませんし、お父様の形見ということでとても大事に乗られていた車でしょうから、直す方向になるのでは?と思いますが、平成7年のスターレットで60万以上(時価額+特約)の「修理代」というのは、微妙ですよね?

修理工場に相談して、相手保険会社と交渉してもらうのもひとつの手ではあります。

参考URL:http://www.mitsui-direct.co.jp/help/webra/hel1a_ …
    • good
    • 0

削除覚悟ですw


みなさん、どうせ回答するなら、しっかり勉強して回答しましょうよ。
http://hoken-setuyaku.com/kihon11.html

#7さんの書き込みが正しいです。
    • good
    • 1

#4です。


なんでこうも、嘘っぱちを書く人が多いんでしょう・・・。

>双方の修理費の合計がどんだけ大きくなろうが、過失割合が10:0に決まったなら、質問者さんの負担金額はゼロです。

違います。法的な損害賠償の上限は、事故車の時価額(+諸費用)となります。これは、修理しようが廃車しようが同じです。
したがって、修理費が時価額を超える場合はその差額は被害者の負担です。買い替えの場合、理論的には負担額はゼロのはずです(同年式・同走行距離の中古車を買える金額が賠償されるはずですので)。

>なお、時価額どうのこうのの特約は「事故車が走行不能になり廃車にするしかなく、代わりの車を新規購入する場合」に使う特約です。

違います。「対物超過修理費特約」は、「古い車で事故して、それを修理する場合の特約」です。
上記したとおり、法的には車両時価額が賠償額の上限となります。買い替えの場合、上記したとおり理論的には被害者の追加負担は生じないはずですから問題ありません。しかし、古い車を修理したいという人が現れると厄介です。時価額が10万円で、修理費が50万円だと、40万円の持ち出しとなります。この差額を負担してくれるのが「対物超過修理費特約」です。ただし、修理費の上限は50万円です。

>例えば、時価評価額30万円、特約50万円なら、80万円までしか出ません。

違います。
そもそも、買い替えするならこの特約は適用になりません。理論的には同年式・同走行距離の車が買えるはずですから、被害者の持ち出しはありません。
また、上限金額は50万円で、時価額に50万円を上のせするなどということはありません(時価額に修理額を積み上げるという発想は理解不能です)。

>・修理もせず廃車にもしない場合
>「保険から修理費を出してもらったのに実際には修理しない」ってのは出来ませんから、このケースは「事故そのものを無かった事にする」と言うケースのみ。つまり、保険からは1円も出ません。

嘘です。修理しなくて買い替えもしなくても、車両時価額分の損害賠償はもらえます。
    • good
    • 1

過失割合が10:0なら、何も問題ないのでは?



過失割合とは「双方の修理費の合計を、それぞれが何割負担するか?」です。

例えば、こっちの修理費が95万円、むこうの修理費が5万円の時、過失割合が10:0なら、合計の100万円を「相手が10割、こっちが0割」で負担すると言う事です。

双方の修理費の合計がどんだけ大きくなろうが、過失割合が10:0に決まったなら、質問者さんの負担金額はゼロです。

もし、相手の保険で満額を賄えない場合、相手が不足分を自腹で払う事になるだけです。

なお、時価額どうのこうのの特約は「事故車が走行不能になり廃車にするしかなく、代わりの車を新規購入する場合」に使う特約です。

>もし修理代が大きい場合には私側の負担が大きくなるので
>修理は諦めざるを得なくなる可能性が高くなります

修理しないで新車にした方が、質問者さんの負担額は大きくなります。

・修理した場合
過失割合が10:0なので、質問者さんは1円も要りません。
例え修理費が100万円以上でも、1円も要りません。
ですが、修理費が余りにも高いと、相手(の保険屋)が「査定額は○○万円なので、○○万円しか保険で出ない。超えた分は出せない」とゴネるかもしれません。

・修理せず廃車にした場合
「事故車の査定額+特約50万円」を超える金額の新車を購入する場合、超えた金額は質問者さんが自己負担する事になります。
例えば、時価評価額30万円、特約50万円なら、80万円までしか出ません。
最も安い軽自動車を新車で買っても、車体価格のみで90万以上します。そうなると、超えた10万円と、廃車手続き、新車登録手続き費用などを自己負担する事になります。
保険で賄える金額の中古車を買うって手もありますが、元の車より数ランク落ちる車をボロ車を買うしかないです。

・修理もせず廃車にもしない場合
「保険から修理費を出してもらったのに実際には修理しない」ってのは出来ませんから、このケースは「事故そのものを無かった事にする」と言うケースのみ。つまり、保険からは1円も出ません。
    • good
    • 1

#4です。


#3の方の意見はちょっとおかしいです。
保険は保険の範囲でのみ賠償と言っておられますが、対物無制限であれば法的に加害者に求められる賠償と同じ額を賠償します。
時価額しか支払われないのは、それが法律で認められる上限だからで、「保険の範囲でない」からではありません(保険の約款にそんな規定はありません)。そもそも、加害者本人に実修理額を負担する義務がないのです。

>支払われる保険金があなたの損失より少ないなら、相手はその差額をあなたに支払う義務があります。

は間違いです。請求するのは自由ですが、加害者にはそれを支払う義務はありません。
    • good
    • 0

「対物超過修理費特約」(保険会社によって若干名称が異なりますが)は、修理した場合に適用される特約です。


したがって、修理しない場合は通常の全損と同じとなり、車両時価額しか支払われないものと考えられます。

ここに関連する質問がありました。

http://okwave.jp/qa896395.html
    • good
    • 0

この場合、修理費だけが補填されます。

 あなたが、買い換えた方が安く済むから、修理代の買い替えの頭金にしたい、と主張しても保険会社には通りません。

まず、車の修理の見積りと、標識の補修代の見積りを取りましょう。 相手は、あなたの損失を補填する義務があります。 保険会社が100%相手の過失と認めたならなおさらです。 もし、支払われる保険金があなたの損失より少ないなら、相手はその差額をあなたに支払う義務があります。

つまり。あなたは、相手の保険会社と交渉するのではなく、あくまでも相手と交渉するという姿勢を忘れてはいけません。 保険会社は、保険の範囲で相手の方を代理するものでしかありません。

もし、無保険だったら、と考えれば簡単では有りませんか?
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q追突され全損・・・ そんなバカな・・

信号待ちで停車中、追突されました。

修理代は50万円以上かかるとの事で、10年以上前の車である為 経済的全損扱いになり
時価価格は新車価格の十分の一の23万円との事。

いくら古いとは言え、大切に乗ってきた車を修理してもらえず、失う事は納得出来ません。
保険で出ない分は加害者に負担してもらい修理してもらいたいのが本心です。

でも それは不可能な話で、修理もしてもらえず、現物支給もダメで、裁判しても負けるとの事。

あとは 買い替えの為の諸費用を支払ってもらうしかないようです。
今回 粘って、諸費用は(代車のレンタカーを早期返却を含め)14万円。
合計 37万円支払う事で合意しました。

この金額は妥当でしょうか?

これから、廃車・車探し・・・と、大変です。

こんな労力の償いはないのでしょうか?

加害者は保険屋任せで 何の連絡もなく、何の落ち度も無い被害者だけが
損をするような全損扱いはおかしいと思います。

制度がある以上 仕方がないのかも知れませんが、納得できない決まりです。

Aベストアンサー

ずいぶんおかしな回答もありますが、時価額を超えて修理代が出るのは
相手が「対物全損時修理費用特約」に加入していた場合のみですよ。
これも時価額+50万円が限度ですが・・

法律上そうなっている以上、仰るように裁判でも無理です。
相手が上記特約加入していなかったのは、運が悪かったという事に
なります。

お気持ちは分かりますが、質問者が「車両全損時修理費用特約」に
加入しておれば、加入の保険金額+50万円がご加入の保険から
出ますが、これも車両保険未加入ならどうしようもありません。

Q追突されました。この場合、新車を要求してもよい??

6月21日の夜に追突事故に遭いました。

赤信号で停止していた時に、後続車が追突してきました。

こちらの過失は0%です。

事故当時、私の車は6月1日に登録された。走行300kmほどの新車でした。

私は頚椎損傷、手首挫傷。同乗者は、頚椎損傷、右肩挫傷の、全治2週間のけがを負いました。

事故のダメージは、後ろのバンパーが衝撃で外れかかっており、車体後ろのドアがへこみ、車体の下部から何かの部品が外れて出てきました(ぶら下がった状態)。

修理しても乗れるのですが、気持ちの上で、新車を壊され、事故者になったので、このまま乗り続けるのは、気分が悪いです。

また、加害者(21歳の学生)からも事故後4日目でやっと謝罪の電話があり、5日目に親から電話がありました。しかも、、加害者本人は、保険会社から、親は、加害者から報告を受けて初めて連絡をしてくるというひどい状況でした。

どちらも誠意が全く感じられない態度なので、かなり腹立たしい思いをしています。
個人的には、事故後の対応は最悪レベルだと思っています。

そこで、車両の保証の件で、この場合、私は新車に変えろと保険会社に要求してもよろしいのでしょうか。

ご回答よろしくお願いたします。

6月21日の夜に追突事故に遭いました。

赤信号で停止していた時に、後続車が追突してきました。

こちらの過失は0%です。

事故当時、私の車は6月1日に登録された。走行300kmほどの新車でした。

私は頚椎損傷、手首挫傷。同乗者は、頚椎損傷、右肩挫傷の、全治2週間のけがを負いました。

事故のダメージは、後ろのバンパーが衝撃で外れかかっており、車体後ろのドアがへこみ、車体の下部から何かの部品が外れて出てきました(ぶら下がった状態)。

修理しても乗れるのですが、気持ちの上で、新車...続きを読む

Aベストアンサー

購入後20日であれば、新車での請求も交渉次第だと思います。

先ずは、完全に修理する場合の見積(塗装等もお金をかけて見分けがつかないようにした場合等)これはディーラーに出してもらったら良いかと思います。
あと、フレームのゆがみも必ず出ていますので、フレームも完全に修正する金額もしっかり出してもらい見積に載せましょう。(相手の保険屋等はそんな事故でフレームまではいかない等言いますが、根拠が無いと突っぱねてしっかりやってもらってください。)
そして、現車の事故無しの場合の下取り価格、事故による査定減分を出してもらう。
その分もしっかりと保証するよう請求。
その他もろもろの細かいものも請求漏れが無いようしっかり出してもらいましょう。
これと、事故車を下取りに出して新車にした場合の差額分を出してもらって、交渉するのも手です。
ここまですると、新車に手が届く可能性は出てきます。

そして、これとは別にディーラーで、事故車を下取りで新車購入の見積もりも出してもらう、値引きもしっかり頼んでください。意外と大幅値引きの金額が出ます。
これの理由は後で書きます。

それと、怪我については病院で完治しましたと診察が終わってしまっていたら難しいですが、まだ治療中でしたら細かいところまでしっかり伝えとことん納得のいくまで診察を受けてください。

私の場合も、相手の誠意が何も感じられなかったため、のちの後遺症等でも相手がごねると困る事から、病院で事故の後遺症が気になるので細かい所、気になる所を伝え、当初は全治2週間と言われましたが、2ヶ月近く通院しました。

その間、相手の保険会社等から早く解決して、相手の事故による免許の行政処分を軽くしてほしい等言われましたが、誠意のない相手にそんな気持ちは毛頭ない旨伝えましたら、保険屋からそれを聞いた加害者の対応が手のひらを返したように変わり、事故後2週間たってからやっと謝罪に来ました。
警察からもすぐに届け出を出して等催促が来ますが、こっちも誠意のない相手にはしっかり治療して対応したいと伝えると、警察からも相手に連絡が行き、このままだと行政処分が重いものになる等伝えてくれて、相手が焦ります。

治療等の通院期間の長期化等で2週間ではそんなに行政処分はきつくないですが、長くなればほぼ免停か取り消しになりますので相手も相当焦ります。

私はこれで、修理代が相当な金額となり、相手がその金額でごねていましたのを納得させ、修理見積もりを出してもらったディーラーに新車購入大幅値引き(短期間で2台目購入なので)をしてもらい、下取りと修理代で新車を購入しました。

購入後20日であれば、新車での請求も交渉次第だと思います。

先ずは、完全に修理する場合の見積(塗装等もお金をかけて見分けがつかないようにした場合等)これはディーラーに出してもらったら良いかと思います。
あと、フレームのゆがみも必ず出ていますので、フレームも完全に修正する金額もしっかり出してもらい見積に載せましょう。(相手の保険屋等はそんな事故でフレームまではいかない等言いますが、根拠が無いと突っぱねてしっかりやってもらってください。)
そして、現車の事故無しの場合の下取り価...続きを読む

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q100%相手過失の追突事故で困ってます!

先日信号待ちで停車中、後ろから追突されて車が廃車となってしましました。
相手が100%悪い事故です。
相手も私も保険に入っており、細かい話し合いは両保険屋で行うものかと勝手に思っていたのですが、私の保険屋から「相手が100%過失の場合はこちらでは対応できない」と言われ、相手の保険屋と私との交渉となっています。
初めての事故なのに、相手の保険屋が柄が悪く、うまい様に話をまとめられそうで内心本当に泣きそうです!!
下記に質問を箇条書きします。どうか教えてください。

1.まず第一に私側の保険屋が立ち会ってくれないのは常識からいって普通なの
  か?(保険屋の代理店は車の購入先)

2・半年前に 車両48万→ 乗り出し総額 65万円で購入
  相手の保険屋は査定40万位で示談しろという
  私としては全く納得いく金額ではないが、どの位請求できるか分からない

3.レンタカー代は2週間まで保証するという。
  これも納得いかず!被害者としては一ヶ月以上は余裕がほしい

4.廃車費用は保証できないというが何とか請求したい。

被害者なのに何だか脅されている感じで、本当に困っています。自分の保険屋への相談が駄目なら加害者の勤務先の会社へ連絡してみようと思っているのですが・・・・(相手は勤務中の事故だったので)どうすればいいでしょうか!!

 
 
   

先日信号待ちで停車中、後ろから追突されて車が廃車となってしましました。
相手が100%悪い事故です。
相手も私も保険に入っており、細かい話し合いは両保険屋で行うものかと勝手に思っていたのですが、私の保険屋から「相手が100%過失の場合はこちらでは対応できない」と言われ、相手の保険屋と私との交渉となっています。
初めての事故なのに、相手の保険屋が柄が悪く、うまい様に話をまとめられそうで内心本当に泣きそうです!!
下記に質問を箇条書きします。どうか教えてください。

1.まず第一に私...続きを読む

Aベストアンサー

A1.普通です。 自動車事故時に保険会社が相手との話し合いをするのは、同保険に「示談交渉代行サービス」があるからです。しかしこのサービスは賠償保険にセットされているので、賠償保険が機能しないことには機能しません。賠償保険を使う場合の必要条件が「契約者側に法的な賠償義務のあること」となります。今回のように自分側の過失が無い事例では賠償義務の発生することはありません。結果として同サービスも使うことができません。

A2.どういった経緯で購入してその後どういった負担があるのかは、賠償には全く関係ありません。賠償は原則として「事故直前の時価額が限度」と定められています。納得の問題ではありません。基本的には年式等から機械的に数字がはじき出されます。

A3.原則として代替車の購入までの期間はOKとなるはずです。しかしその場合でも30日が限度となります。2週間という日を区切ってきているようですが、その根拠を明らかにしてもらってください。この部分は交渉の余地があるのかもしれません。

A4.基本的に車を所有していれば、いつかは負担しなければならない費用です。ということで「損害」としては認めないという考え方もあるようです。

いずれにしても交渉する際には、「根拠のある金額を提示する」ことが大切になります。日本の法律では、損害賠償を請求する側にその立証責任があります。こちら主導で具体的な数字を挙げるなどして交渉すれば、少しは賠償がアップする事も考えられます。
具体例を挙げれば2.でいえば実際の時価や市場流通価格がどれぐらいなのかを資料を持って示す必要があるかもしれません。3.で言えば実際にいくらのレンタカーを何日使用したという実績を残す必要があります。上と重複しますが一般には事故日から30日間が限度とされています。まだ日が経過していない時点で具体的な日数を提示するのはちょっと意味がわかりません。4.についても同じです。実際に廃車してどういった費用がいくらかかったのかを具体的に提示する必要があります。

>自分の保険屋への相談が駄目なら加害者の勤務先の会社へ連絡してみようと…
これらは法律上の問題です。ですから相手が自己負担であろうと保険会社を通しての補償であれ、同じ事です。相手が保険で処理する意向である以上、保険会社と話をするのが筋というものです。法律以外の部分を相手に請求すると、脅迫や恐喝にもつながります。そこら辺は承知してください。

自分側の保険会社が…ということですが、「車両保険」を使うことによって介入させる事は可能です。もし「車両保険」がないとすれば、自車の損害についてはすべて自分で責任を取らなければならないのは当たり前のことです。今回は金額の問題のようですが、金額で合意できたとしても、相手側が支配を渋り続けたら同じ事です。自分を守る意味でも「車両保険」は必須です。

A1.普通です。 自動車事故時に保険会社が相手との話し合いをするのは、同保険に「示談交渉代行サービス」があるからです。しかしこのサービスは賠償保険にセットされているので、賠償保険が機能しないことには機能しません。賠償保険を使う場合の必要条件が「契約者側に法的な賠償義務のあること」となります。今回のように自分側の過失が無い事例では賠償義務の発生することはありません。結果として同サービスも使うことができません。

A2.どういった経緯で購入してその後どういった負担があるのかは...続きを読む

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q100:0で事故(ぶつけられて)新車に換えた方は?

駐車場に停めてあった車をぶつけられてしまいました。自分の家族同様の愛車がボコボコになりました。

100:0で事故(ぶつけられて)新車に換えてもらった方、いらっしゃいますか?

その経過として、新車に換えて貰うまでの間、どのような話し合いがありましたか?(保険会社もしくは加害者側と)

もし、そのような方がこの泣き寝入りをしなければならないと言われる日本において存在するのであれば、その方のご経験をお聞きしたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現状の日本の社会通念上では、常識な範囲での交渉では、貴方の主張は通らないと思います。
ぶつけられる前の車の状態により、修理+評価落ち分補てんか一般的な代替車を購入する場合のどちらか安い方の金額です。

私も過去に経験が有りますが、気に入ってる車だから完全に修理と全塗装すると言って、200万程の請求をされた事が有ります。
保険会社の評価では20万弱の車でした。

散々もめた挙句保険会社と相談の上、それなら裁判にしよう、
当方は偽計業務妨害や保険契約上の法律違反や未必の故意的疑いも含めて、徹底的な再捜査及び調査要求と告訴する意思が有る、不満なら無理に示談しなくてもいい、これが脅迫と思うなら警察に相談しては如何ですかと内容証明を相手の保険会社に送付したら、、相手はしぶしぶ折れてきましたよ。
事故等の際は、社会通念に従い紛争の解決に努力することが保険約款にも有ります。
それをしなかった場合、保険会社も含めて罪に問われる可能性が有ります。

Q古い車(査定額 0円)で追突等された場合の保険金額は0円?

S62年式の査定額 0円の車に乗っているのですが、もし追突など過失0:10の事故に遭った場合、相手の保険会社からは、保険金は下りないのでしょうか?”保険金額は、車の査定額(時価)以下しか出ない”と聞いたことがあるものですから。またその場合、加害者にとっては、現状回復の義務があるわけですので、自腹で修理又は同等の車を買って保証となるのですか?それともうひとつ、別の話で、例えば保険額150万円の車両保険に入っている場合、修理額が120万円かかる事故をした時の車の評価額が100万円であった場合、保険金は100万円しかおりないのですか?もしそうであれば、車の査定額が下がって行くにしたがって、車両保険の金額も150万円→100万円とかにしていったほうがよいのでしょうか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

どんなに古い車でも新車購入のときの1割の評価をするというのが最近の慣例のようです。どんなに古くても0円査定はしません。
加害者の賠償責任は原状回復義務ですが同等の車を10万円で買えるのに50万円の修理代を補償する必要は生じません。10万円で同じ物が買えるのならば10万円が賠償金額となります。実際には他の補償などがつきますが大まかにはそうなります。

あと、保険金額150万円の車両保険に入っている場合、契約が成立している時点で価額協定しているので1年間評価が変わることはありません。
よほど論外な契約で無い限り上限150万円で修理費用などが補償されます。

かつて300万円で知人から譲ってもらったベンツに900万円の車両保険をかけて盗難にあい保険会社に支払い拒否で訴訟になった様なケースがありました。

通常は契約時に保険会社が論外な車両評価を提示することはないと思いますので心配ないと思います。

Q物損事故で慰謝料請求は可能か?

先日停車中に後続車に追突されました。
すぐに警察に物損事故の手続きをし、後から人身への切り替えも可能であるとの説明を受けました。
結局大した怪我もなく手間や相手のことも考え人身への切り替えは行わず、ただし先方の保険会社から通院で発生する金額は全額負担してもらうことにしました。
今後の交渉の上で慰謝料を請求することはできますか?
過失割合は100:0です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

基本的には保険から人身部分の支払いを受ける場合、人身事故としての届けが
届けが必要ですが・・・
怪我が軽傷の場合や、事故時点では症状がなかったが後日痛みが出た場合など
の場合、後日警察への人身事故の届けをしなくても保険会社が人身事故として
受け付けてくれるケースがあります。

私も過去にこのような経験がありますが、保険会社側が人身事故の届けを出さ
なくても【通院で発生する金額は全額負担する】と言っている場合には、人身
事故の届けを出した場合と同様に保証されます。
つまり、自賠責基準での慰謝料であれば問題なく支払われます。

ただし、示談交渉でもめるような状況になった場合は、正規の手続きをした場
合と比べていくらか不利になるかも知れませんね。もう一点、保険会社は個人
と違って信用できるとは思いますが、最終的に『届けを出さなくても全額負担
する』を言った言わないになる可能性は0%ではないでしょうね。
※多分このような状況になることはないとは思いますが・・・

念のため保険会社に確認しておく事をお薦めいたします。

こんにちは

基本的には保険から人身部分の支払いを受ける場合、人身事故としての届けが
届けが必要ですが・・・
怪我が軽傷の場合や、事故時点では症状がなかったが後日痛みが出た場合など
の場合、後日警察への人身事故の届けをしなくても保険会社が人身事故として
受け付けてくれるケースがあります。

私も過去にこのような経験がありますが、保険会社側が人身事故の届けを出さ
なくても【通院で発生する金額は全額負担する】と言っている場合には、人身
事故の届けを出した場合と同様に保証されま...続きを読む

Q追突されて車は全損。新車買い替えのために相手保険からもらえる費用などについて

 質問は2点です。

 車両の時価相当額は示されました。納車までの代車(レンタカー)も貸してもらっていますが、どうもこれら以外に、事故車を購入した時にかかった諸費用の一部や新車購入にかかる諸費用を請求できるらしいということがわかってきました。請求できる具体的な項目や額についておしえて下さい。

 また、示された車両の時価相当額を新車購入代金の一部に当てるため、保険会社から車販売店に直接振り込んでもらえることになっていましたが今になって「諸費用とは別々に払えない」と相手方弁護士に言われ振込みが滞っています。
 でも、「別々に払えないという法的根拠は無い」と言うのです。法的根拠なしに主張する弁護士?不思議ですがそれはさておき、車両の時価相当額だけ先にもらうことは本当にできないのでしょうか。

Aベストアンサー

>事故車を購入した時にかかった諸費用の一部や

これは、購入した費用ではなく車検費用の事だと思います。
事故にあった車が車検を受けて3ヶ月後なら、2年間間乗るために払った車検費用の
3ヶ月分しか使わなかったので、残りの21ヶ月分の車検費用を請求できる
と言う考え方です。

>新車購入にかかる諸費用を請求できるらしいということがわかってきました。

新車ではなく、事故車と同等の中古車を乗り出すのに必要な諸費用です。

たとえば、事故車が80万円のセダン、トヨタ マーク2なら
同じ、80万円前後の中古車、ホンダ アコードや日産 ブルーバードを
中古車センターで購入した時にかかった諸費用の事です。

私も0:100の事故を体験し、相手の損害保険会社と保険会社の顧問弁護士を相手に
2年近く戦い、簡易裁判所で調停により示談しました。

具体的な金額は書けませんが、項目で言うと次の通り。

●登録諸費用
(1)自動車取得税
(2)自動車重量税(未経過分)
(3)車検登録法定費用
(4)車庫証明法定費用
(5)車検手続き代行費用
(6)車庫証明手続き代行費用
(7)納車費用
(8) (5)と(7)の消費税
(9)印鑑証明書取り付け費用


私の場合は、車両の時価相当額が決まらなかったので時間がかかりました。

hozcaさんの場合は、車両の時価相当額がわかっているので、中古車センターを
何件か回って、時価相当額の中古車を購入する時の諸費用の見積もりを出してもらう
のが一番簡単だと思います。

参考URL:http://www.jiko110.com/contents/busson/zenson/01.htm

>事故車を購入した時にかかった諸費用の一部や

これは、購入した費用ではなく車検費用の事だと思います。
事故にあった車が車検を受けて3ヶ月後なら、2年間間乗るために払った車検費用の
3ヶ月分しか使わなかったので、残りの21ヶ月分の車検費用を請求できる
と言う考え方です。

>新車購入にかかる諸費用を請求できるらしいということがわかってきました。

新車ではなく、事故車と同等の中古車を乗り出すのに必要な諸費用です。

たとえば、事故車が80万円のセダン、トヨタ マーク2なら
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報