世間ではBSハイビジョンデジタル放送などの関係で、最近はビデオデッキやDVD、モニタなどで入出力端子として「D端子」なるものが一般となってきています。
そもそも、今までのコンポジット端子やS端子(セパレート)、YCbCr・YPbPrのコンポーネント端子は結局アナログ出力なんですよね?
D端子も映像部分はアナログ信号なんですか?
なんでそう思ったかというと、D端子⇔コンポーネント接続ケーブルなんてものが市場で売られているのでふと疑問に思ったのです。
放送局やDVHSで高画質をデジタル処理したとしても、モニタとその前の機器との接続は、やはりアナログしかないのでしょうか?

あっ、でももしかしたらコンポーネント信号自体がアナログではないのかな?

すいません、基礎がないのでわかりません。

どなたかいいサイトなどご存知でしたらおしえてください。
よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

アナログです。


D/Aコンバーター内蔵のモニタって一般には無いですよね。
D端子⇔コンポーネント接続ケーブルはどちらの方式も基本的に信号が同じだからできるのです。簡単に言えば、コネクタの形が違うだけですね。

仮にD端子がデジタルだとすると、ただケーブルだけでデジタル→アナログになるなんておかしいですね。電源もないのにさ。

この回答への補足

「ずばり」の解答ありがとうございます。

アメリカではHDTVにはたいていデジタル入力/出力がついているのに。SDI/BNCが。

やはり日本ではNHKがハイビジョン立ち上げ時にアナログでやったのが問題なんですかね・・・。

補足日時:2001/01/17 17:54
    • good
    • 0

ずばり、下記ページを見ると分かりやすいと思います。



参考URL:http://www.satellite.co.jp/picture-t.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ