ナチスドイツ支配下で父と子が強制収容所に連行されてしまう映画です。最終的に父は射殺されるのですが、収容所内において息子に不安を与えぬ様、ナチの言葉を勝手に面白おかしく訳したり、労働によってがりがりに痩せてしまっても「これはゲームだよ」的な事で自分の子供に笑いを与えようとする映画です。母親はかなりお金持ちの家柄の女性でユダヤ人で無い為収容されていませんでした。父親役の俳優はひょろりとしたひょうきんな感じの男性です。ビデオのパッケージは確か親子3人で自転車に乗っている場面だったと記憶しています。題名お解りになりませんでしょうか?

A 回答 (2件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ!これです!もう一度見たいのに、どうしても思い出せず困っておりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/04/18 00:05

NO.1の方が書いている通り、ライフ・イズ・ビューティフルですね!!



私の大好きな映画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても感動的ですよね!
思い出せずに困っておりました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2007/04/18 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング