お世話になっております。
ちょっと先の予定になってしまうのですが、9月くらいに中東旅行を考えています。国はトルコ・シリア・ヨルダンを考えています。日本からトルコinで初めは考えています。そのまま陸路でヨルダンまで行く予定です。ただ日数があまりないため帰りをヨルダンからにしたいと思っています。
そこで気になるのが、ヨルダン~トルコの飛行機です。トルコ~日本の単純往復チケットを買うと最後にどうしても最後トルコに戻らないといけなくなってしまいます。時間があればいいのですが・・・。
どなたかトルコ~ヨルダンの航空券、もしくはもっと良いルートご存知でしたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アンマンから日本へはヨーロッパ経由か、中東経由、アジア経由となります。



私が以前利用したアンマンから日本に戻ったルートです。
あくまでも参考です。

アンマンからアジアへの直行便はアンマン→コロンボ、アンマン→バンコクがありました。但しどちらの便も給油の為、中東のどこかの国で1~2時間程度ストップします。降機はできません。(ちなみに、これらの便はアジアからアンマンへの出稼ぎ便です。)航空会社はロイヤルジョルダンエアーです。アジア各国から日本へはロイヤルジョルダンエアーはありませんので別な航空会社を利用します。(このルートは割り高かもしれませんので、確認してください。)

トランジットで待ち時間が少なく済む便があるといいですね。

参考URL:http://www.rja.com.jo/default.aspx
    • good
    • 0

トルコ航空を使って東京→イスタンブール……陸路……アンマン→(イスタンブール乗り継ぎ)→東京とか?


でも、乗り継ぎのいい便があるかわからないし、トルコ航空は9月も高いと思われるのが難点。

アンマンから日本に直行便はないはずなので、いずれにしても帰りはどこかで乗り継ぎだと思います。
なので…エミレーツ航空とかルフトハンザとかで、往復とも第三国で乗り継いではどうでしょうか。
旅行会社にイスタンブールとアンマンのオープンジョーで問い合わせてみて下さい。
    • good
    • 0

 トルコの何処にフライト予定ですか? もしイスタンブールでしたら街中で沢山の格安航空券を販売しています。

 それを購入してヨルダンまで飛んで 陸路でトルコまで帰って来る旅程も出来ます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q報道管制下の日本へ 『 トルコからの手紙 』

トルコの反原発同盟から迂回経路を辿って日本の国会議員若干名にメールが届きました。
その内容は、トルコの内情、トルコ特有の原発建設の危険性やこれまでの経緯などについてふれられています。

● トルコからの手紙 「原子力協定を批准しないで」
http://tanakaryusaku.jp/2014/04/0009083

しかし大手マスコミがこれを報道していない。かなり深刻な内容で、ニュース価値・話題性も高いであろうに。
何故大手メディアの報道が皆無なのか。これはこれで普通なんでしょうかね?
引用元の 『田中龍作ジャーナル』 はいわゆるフリージャーナリストで、その報道媒体は有志のカンパによって成り立っています。

● 田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/

「トルコからの手紙」の記事は、恐らくこの 『田中龍作ジャーナル』 を発信元として若干の場所に同様の記事が掲載されてますが、しかし大手メディアは扱っていないのです。
また、手紙の中に記載されている深刻なトルコの内情についても大手マスコミの報道は皆無か、有るにしても私が気が付かないくらいに非常に少ない。

実は上の記事についてURLを引用しつつ昨日質問したのですが、その質問が削除されてます。何故か知りませんけど。
経験上、原発に関する記事はめったに全国ニュースにはならなかった。福1事故までは。
今でも各地方の原発に関する報道は半ば封鎖状態にあります。
トルコ原発の記事もこれに従った現象なのですかね?
東京在住の人々にとっては、これはそもそも報道する価値さえない話題なのですか?

トルコの反原発同盟から迂回経路を辿って日本の国会議員若干名にメールが届きました。
その内容は、トルコの内情、トルコ特有の原発建設の危険性やこれまでの経緯などについてふれられています。

● トルコからの手紙 「原子力協定を批准しないで」
http://tanakaryusaku.jp/2014/04/0009083

しかし大手マスコミがこれを報道していない。かなり深刻な内容で、ニュース価値・話題性も高いであろうに。
何故大手メディアの報道が皆無なのか。これはこれで普通なんでしょうかね?
引用元の 『田中龍作ジャーナル』 ...続きを読む

Aベストアンサー

>これはそもそも報道する価値さえない話題なのですか?

東京在住以外の人にとってもそうだと思います。

割とどうでもいいニュースですよね。

Q中東での陸路での移動の仕方

今年の夏、中国から陸路及び海路でヨーロッパを目指そうと考えているのですが、
パキスタン~トルコ間の移動順路について悩んでいます。
(パキスタンは行きたい所があるので、絶対に通りたい)

1、イランを通りたい所ですが、危険と聞いています。
現在イランは旅行するには大丈夫なのですか?
2、もし危険な場合、イランを避けてパキスタンからトルコに行く方法はどのようなものがありますか?
2、トルクメニスタンとアゼルバイジャンもしくはイランの間にあるカスピ海を船で超えることは可能ですか?

どなたかご存知の方はご返信お願い致します。

Aベストアンサー

ここで誰がこのパスで安全だったと聞いても、それは「その時は」の話です。貴方が行く時安全な保障はありません。

紛争地帯は安全な空路なりで避けて下さい。ご存知の様にパキスタンから隣国へ入った方も現在も拘束中です。どうしても行く場合、殺害された方、韓国の拉致された人達の報道を見て、家族の心配や、国家の税金がどの位投資されその重荷を一生背負っていく覚悟を決めて出発下さい。自分は大丈夫だという錯覚は捨てて下さい。

Qドイツ軍はトルコから引き上げた

ドイツ軍はNATOの一員としてトルコ防衛のため派兵していたが今夜「イラク攻撃には一切かかわらない」との本国の決定に従い単独で引き上げるんだそうです(23日午前3時のNHKニュースより)。
なぜドイツはここまで完全にイラク攻撃反対の姿勢を貫くのでしょうか?
日本とドイツの姿勢の違いはどこが原因だとおもいますか?

とりあえずイラク攻撃の是非はおいときます。

Aベストアンサー

地政学上の問題です。

日本は近くに北朝鮮という爆弾を抱え込んでおり、イヤでも
日米安保に依存しなければならない。
アメリカ追従は必須なんです。

それがイヤなら、自衛隊を正規軍にして防衛力を強化しな
ければいけないのですが、そこまでは議論が進んでいません。

一方のドイツは、冷戦が終結してからは近隣に戦争を起こし
そうな国がなくなりました。
自国で軍隊ももっており、フランスと並んでEUの中核と
成りつつあります。
エネルギー問題も、隣の原発大国フランスから電力を買えば
間に合いますので、日本ほど緊迫した状況ではないのでしょう。

アメリカに媚びを売る必然性は、さほどないのです。

Q今のモロッコの治安について 東南アジア~ヨーロッパ~アメリカで旅を考えています、中東も大いに気にな

今のモロッコの治安について

東南アジア~ヨーロッパ~アメリカで旅を考えています、中東も大いに気になるのですが、

今はリスクが多すぎること、好感を持っているトルコ(以前トルコ航空を利用した印象から)もとりあえず今は無しにしました。

で今いろいろガイドブックを見てるんですが、モロッコも気になってて、

治安に不安があり、中東の影響を受けているのかな、と思うんですが、モロッコは危険ですか?

33歳女、旅は初心者です。

Aベストアンサー

30代女性です。
モロッコ...一人旅したことはありますが大きな問題はありませんでした。
ただ、今は中東全域を避けて旅行したほうが得策だと思います。
モロッコは全域で危険情報が出てますし...
http://www2.anzen.mofa.go.jp/sp/info/pchazardspecificinfo.asp?id=124&infocode=2015T133#ad-image-0

ちなみにトルコも今は控えてます。
わたしは現在ドイツ在住ですが、トルコ出身のクラスメイトからも今年春のテロでご親族に被害があったと話を聞きました。
遠くの出来事ではないと強く恐怖を感じたのと、ヨーロッパからの航空券価格もエジプト、アラブ諸国とともにトルコ行きは下落しているという現実を見るとやはり...
家族がいたり仕事都合でない限り、危険情報の出ている場所は避けるのが一番です。

個人的にはエジプトとチュニジアに行きたいです。
でも、あと3年は待とうと家族とも話しています。

Qトルコが親日国だとしたら何故世界大戦で日本に宣戦布告したのでしょうか?

トルコは親日国だという人がいますが、それに対してトルコは世界大戦時に日本に宣戦布告したり、枢軸国が負けそうな時に連合国に加担したので親日国じゃない、トルコが親日国だというのはネトウヨのくだらない幻想だという意見を耳にした事があります。

まあ、近年の日本はトルコ風呂、江頭、柏崎の英雄像などトルコ人の神経を逆なでする事をしているので最近の日本がトルコの恨みを買っても仕方がないと思いますが、戦時中のトルコが日本に宣戦布告をしているとしたら、そういった日本の非礼以前の問題としてトルコは日本の事をそこまで好きではないのでしょうか?

NHKの特番でも、トルコの人間は誰も100年以上前のエルトゥールルなんて覚えちゃいないって言ってたそうですし、トルコが親日国だなんてやはり右傾化した日本人の幻想なのでしょうか。

Aベストアンサー

第一次世界大戦での敗戦後、苦難の末ようやく独立を手に入れたトルコは、第二次世界大戦においては、連合国・枢軸国双方から参戦するよう、数々の圧力や懐柔を受けてきたにもかかわらず、ぎりぎりまで中立を維持してきました。

しかし、枢軸国側の敗北がほぼ決定的になってきた1945年2月に行われたヤルタ会談の席上、米英ソの首脳は、1945年3月1日までに枢軸国側に対して参戦した国だけが、戦後成立する国際連合の原加盟国となりえる旨合意しました。

戦後の国際社会における孤立を恐れるトルコは、国連原加盟国になることを希望することもあり、1945年2月23日の段階にいたってはじめて対独・対日宣戦布告を行いました。しかし、日・独とは何ら戦火を交えることなく終戦に至りました。

なお、トルコと同じように、国連の原加盟国になるため、枢軸国側に宣戦布告した国としては、サウジアラビア、エジプト、シリア、レバノン、アルゼンチン、パラグアイ、ペルー、ウルグアイがあります。

以上のように、トルコの対日宣戦はあくまで形式的なものであり、日本に対する否定的な意図があって行われたものではありません。

実際、私は10年ほど前に2年間ほどイスタンブールで生活する機会を得ましたが、トルコ人は皆日本人に親切で、いまだに恩義を感じています。おそらく10年前と現在でも事情は大きく変わっていないと思います。

なお、以上のことを含め、トルコの近代史について詳細がお知りになりたいのであれば、「現代トルコの政治と外交」(松谷浩尚著、勁草書房)をお勧め致します。

第一次世界大戦での敗戦後、苦難の末ようやく独立を手に入れたトルコは、第二次世界大戦においては、連合国・枢軸国双方から参戦するよう、数々の圧力や懐柔を受けてきたにもかかわらず、ぎりぎりまで中立を維持してきました。

しかし、枢軸国側の敗北がほぼ決定的になってきた1945年2月に行われたヤルタ会談の席上、米英ソの首脳は、1945年3月1日までに枢軸国側に対して参戦した国だけが、戦後成立する国際連合の原加盟国となりえる旨合意しました。

戦後の国際社会における孤立を恐れるトルコは、国連原加...続きを読む

Q「ヨルダン、シリア、レバノン」の旅行経験者

今年のゴールデンウィークに一人旅で、「ヨルダン、シリア、レバノン」の三カ国を10日間ぐらいでまわろうと思っています。海外旅行経験は30カ国ぐらいまわっているのですが、このエリアは初めてです。

(1)10日間で3カ国まわれるのでしょうか。※まわるところ各国のメインの観光名所。
(2)治安とか平気でしょうか。
(3)全て陸路通過しようと思うのですが、交通の便やビザ取得などはスムーズにいけるのか。

あとは、ざっくりした質問ですが、アドバイスや気をつけた方がいいこと。お勧めスポット、などなど情報をいただけるだけもらえたら嬉しいです。来週中にはこのエリアに旅行するか決めようと思っているので、返信お願いします。

Aベストアンサー

去年の夏にヨルダンに行きました。
8日間休みを取ったのですが、日本⇔ヨルダン移動で2日(往復)いるので
実質6日くらいしか滞在できませんでした。
10日間というのは滞在できる日が10日でしょうか?

それなら頑張れば行けるんではないしょうか。
でも、せっかく行くならゆとりをもって行かれた方がいいと思います。
ヨルダンin、シリアoutとか。

ヨルダンでは死海に行き、ペトラに行き、アンマンに行きました。
死海ではのんびりビーチ&ホテルライフをお勧めします。
日本では考えられない値段で豪華ホテルに滞在できますよ。

ペトラは絶対に行って見てほしいです。ここも1日だと体力的にしんどいので
2~3日あるとゆっくり見れると思います。
アンマンは街ですが、人が「welcome ヨルダン」と声をかけてくれアラブの人ってええな~と思ったりしました。

ヨルダン交通網が発達していないので、移動は車が中心でした。
アンマンから死海まで1時間くらい。
死海からペトラまでが2~3時間くらいかかるので、移動に時間が取られます。

初めて中東に行きましたが、想像していたより安全でした。
(あとから調べたら、ヨルダンは中東の中でかなり治安のいい国みたいです)
今回はヨルダンだけでしたが、次回はシリアに行きたいと思っています。

なんかまとまりの文ですが、とりあえずまた行きたい思う国でした。
是非行ってほしいと思います。お気をつけて♪

去年の夏にヨルダンに行きました。
8日間休みを取ったのですが、日本⇔ヨルダン移動で2日(往復)いるので
実質6日くらいしか滞在できませんでした。
10日間というのは滞在できる日が10日でしょうか?

それなら頑張れば行けるんではないしょうか。
でも、せっかく行くならゆとりをもって行かれた方がいいと思います。
ヨルダンin、シリアoutとか。

ヨルダンでは死海に行き、ペトラに行き、アンマンに行きました。
死海ではのんびりビーチ&ホテルライフをお勧めします。
日本では考えられない値段で豪...続きを読む

Qトルコ

僕は将来トルコ語を覚え、トルコで生活をしたいと思っているのですが、外国についていっさい分からないので以下のことおしえてください。
1、トルコにずっと住むにはどうすればいいの?
2、トルコ語は独学で学べる?
3、トルコ語を覚え、向こうで生活するとしたら、仕事はある?あるとしたら何?
4、トルコの女性と結婚できる?
5、大学は行った方がいい?行くとしたら人文学部でいい?

教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

>1、トルコにずっと住むにはどうすればいいの

何はともあれトルコ語で自由に生活できるまで、トルコ語を習得することが必要です。


>2、トルコ語は独学で学べる?


独学で学べる人はいると思いますが、それは特殊な才能のある人の話で、一般人は東京外国語大学に入学して、4年間タップリ授業料を支払い、トルコ語に習熟するのが確実です。

>3、トルコ語を覚え、向こうで生活するとしたら、仕事はある?あるとしたら何?

日本語能力を生かして、トルコの観光ガイド試験に合格して、観光ガイドをすることです。


>4、トルコの女性と結婚できる?

それは、個人の男性としての魅力次第です。



>5、大学は行った方がいい?行くとしたら人文学部でいい?

大学は、東京外国語大学に入学し、トルコ語を専攻するのが一番です。

Q10月2日からトルコ旅行へ行きます。トルコ周遊の予定です。

10月2日からトルコ旅行へ行きます。トルコ周遊の予定です。
この時期の服装について、スカーフや薄いカーディガンは持っていこうと思っていますが、ハイネックのセーターやジャケットが必要な寒さでしょうか?
日本がまだまだ暑いので想像がつかなくて困っています。
回答おまちしています。

Aベストアンサー

服装は、あなたの考えの通りでいいでしょう。
ハイネックのセーターやジャケットまではいらないはず。
寒くなるのは、東の奥の国境付近くらいです。

行くのは、イスタンブール・カッパドキア・イズミール・パムッカレ
あたりでしょう。
(私は、上記の場所は最初だけで、あとはアンカラより東ばかりです。)
カッパドキアは、内陸で朝は、少し冷え込むでしょうが、
昼は、同じ時期の東京や大阪より気温は上かもしれません。
(今年の日本の暑さは、例外ですよ。)
ほかは、すごしやすいはずです。

Qトルコ語での就職

来年に大学受験をひかえている者です。

トルコの社会・文化に興味があり、トルコ語科のある大学を受験しようと考えています。
しかし、周りには「トルコ語などでは就職できない」と反対されています。

トルコ語を用いる仕事、あるいはトルコ語を学んでいたことがプラスになる仕事はあるでしょうか?

皆様のお答えをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

トルコに関心があり、就職を念頭に置いておられるなら、大阪外大か東京外大のトルコ語科をお勧めします。
両大学のいずれかを卒業しておけば、ある程度就職の心配は解消されるはずです。
ただしトルコ語を用いる仕事にこだわるなら、相当の語学力が必要。
外大を卒業した程度の語学力では不十分です。
少なくとも2年の留学が不可欠。
語学力に加えて、熱意と工夫次第ではトルコ語一本で食べていけます。
実際にトルコ語を商売にして成功している日本人は結構おられます。
        ヨーグルト太郎(トルコ語講師)

Qシリアへの旅行を考えてます

子連れでシリアへの旅行を考えています。

目的は遺跡、スーク、食事です。

家族は危険なのでは?と危惧しているようですが
ネット上での情報を見る限り、
安全との事で、迷っています。

シリアへ行った経験のある方
情報お待ちしています

Aベストアンサー

シリアに行ってきました。特に危険な国とは思いませんでしたが、英語が話せる人の場合、アメリカ批判につきあわされるケースがあります。お子様の年齢によっては、多少、ハードな国の部類に入ると思います。食事が目的の場合、アラブ系料理では、シリア料理よりレバノン料理のほうが旨いという問題があり、肝心のレバノンの情勢が不安定である以上、あまり旨いものを食べることの出来るチャンスは多くないと思います。無論、ツアーで行くか個人旅行にするかにも、よりますが。

一般的に言えば、隣国のトルコのほうが生活水準が高く、バス移動なども快適です。食事もトルコのほうが旨いです。また、トルコは親日国なので、絨毯屋のうっとうしい勧誘を断固として断れば、特に問題はないかと思います。また、トルコはアラビア文字を廃止し、通常のアルファベットの改良型を使っていますので、地図や標識が読みやすいという長所もあります。

本格派の料理だけでなく、軽食やB級グルメもトルコのほうが旨いです。シリアの豆コロッケであるファラフェルは、悪い油を使っているので、冷めるとあっというまに不味くなります。他方、トルコでは、ゴマパン(シミットと言います)が各地で発売されているほか、鶏肉ピラフもみかけることがありますし、ジャガイモを焼いたものに様々な味のものを好みで乗せるクンピールがあります。イスタンブール名物のひとつは、さばサンドです。ただし、貝にピラフをつめたものは、お子様がいる場合、食中毒の原因になりかねないので避けたほうが良いと思います。

いずれの国に行くとしても、ラマダンの季節を避けたほうが楽です。

シリアに行ってきました。特に危険な国とは思いませんでしたが、英語が話せる人の場合、アメリカ批判につきあわされるケースがあります。お子様の年齢によっては、多少、ハードな国の部類に入ると思います。食事が目的の場合、アラブ系料理では、シリア料理よりレバノン料理のほうが旨いという問題があり、肝心のレバノンの情勢が不安定である以上、あまり旨いものを食べることの出来るチャンスは多くないと思います。無論、ツアーで行くか個人旅行にするかにも、よりますが。

一般的に言えば、隣国のトルコの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報