質問です。
ヴェトナム戦争によって以後の合衆国の外交政策というものは
顕著に変化してきたのでしょうか?
確かに、ベトナム戦争後に、ニクソン大統領が
社会主義国である中国に訪問したり
米中対ソ連という構図などが出来上がってりしましたが…
いまいちその意図がよくわかりません。

そもそもアメリカ外交の方針みたいなものも
わかっていないのですが…
大統領の方針によって随分、変わっているみたいなので
なんとも言えないのでは?と思うのですが、
実は、裏でびしっ!とした外交政策に対する
方針のようなものがあるんでしょうか?

何かいい文献や、サイトなどの提供もありましたら
あわせてお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は下記の文献が分かりやすくて参考になりました。



 学陽書房 

   <戦後50年史>  田中 浩 著作
           
    • good
    • 0

アメリカは「自国の利益を守るためならなんでもする」ですね。


国家安全保障の名の元に、脅威になる国には
経済的、軍事的制裁を加え、屈服させて最終的には市場化してしまうわけです。
自国の利益を守るのは当然だとは思いますが、
アメリカの場合、国内の1企業が「あの国を何とかしてくれないとピンチだ!」と泣き付けば
国が乗り出してくるほど徹底しています。
バナナの権益を守るためだけに軍隊を出したことも有りますし。

中国に接近したのも将来の市場化を見込んでですね。
    • good
    • 0

アメリカ外交の一貫した方針は、アメリカの国益を守るでしょう。


ベトナムは、フランス領からの独立運動でしたが、フランス軍が、フォンディフェンユーで惨敗して、いよいよやばくなった為、西側の勢力圏(市場)を守る為、および、軍事費を使うため、軍産共同体が議会を動かし世論を操作して介入しました、お陰で軍需産業は大儲けしましたが、結果は、ご存知の通りです。
湾岸戦争時は、直前の議会で海兵隊の予算削減(1/3)がほぼ決定しておりましたので、こりゃなんかやらかすなと思っておりましたら、案の定、湾岸戦争が勃発しました、海兵隊は、クエート一番乗りを果たして、自己の必要性をアピールしましたので、まんまと予算増額を勝ち取りました。ちなみに、弾薬等の費用は、日本が負担することを強引に飲ませた為、弾薬には有効期間がありそのままだと、処分代を払って処分しなければならない弾薬を惜しげも無く使うことができました、当然、使った分の弾薬の代金は、日本が負担しましたので、アメリカの軍需産業は、大笑いして喜んでおりました。それまでへばりかけていたアメリカ経済は、一気に好調になりまさに笑いが止まらない状態です。
このように、アメリカの正義の裏側は、あからさまな自国の権益保護政策であるといえるでしょう。
イラクによるクエート侵攻も、数年前にアメリカが行ったパナマ侵攻を模倣したもので、もともと、対イランでイラクは、アメリカのCIAの援助を受けていましたので、そのラインで事前にアメリカに打診したところ、やれやれとの事だった為、侵攻に踏み切ったという情報もあるくらいです。つまり、罠だったわけです。
恐るべし軍産共同体。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q湾岸戦争終結から十数年、なぜフセイン大統領は暗殺されなかったか?

変な質問かもしれませんが、どうしてもフに落ちないもので....。

湾岸戦争でフセイン大統領を仕留めなかったのは汚点だったとアメリカが悔むのはわかるんですが、なぜその後、暗殺などでフセイン大統領が殺されることはなかったのでしょうか。今回のイラク戦争まで十数年も時間的猶予があったんですよ。

暗殺は卑怯だとは思いますが、なぜ、この時代に戦争という大規模な形でしかフセイン大統領の首をしとめることが出来ないのかと、疑問なのです。

そう考えると、やはりアメリカ国内の軍需産業の潤滑や世界の主導権を握ってるというアピール、その他の既得権益の材料として保存しておいた、という気がするのですが。

Aベストアンサー

暗殺は国際法に触れます。
戦時中の暗殺はOKです。
ここでは国連がOKしたとかしないとかは関係ありません。戦争中であればOKです。
だから出来るだけ民間人の犠牲が出ないようにピンポイント攻撃しているのです。
ま、ピンポイントでダメなら大規模空爆しかないでしょうね。
アメリカの行動は反対ですが、フセインも国民のkとを本当に考えられる人間であればとっとと亡命すればいいのです。

Q米国の戦争って本音は宗教戦争なんですか?

対イスラム教って感じが強いんですけど。それとも、石油が欲しいからでしょうか。

建前では「世界を救うため」とか言ってますけどそんなのみえみえですよね。

対テロリストっていうんですけど自分たちはどうなんですかね?

まあ、たまたま強大になった国が米国ってことで、
どこの国も強大国家になれば同じようなことをするのかもしれませんが…

Aベストアンサー

自国内で産出される資源だけで世界有数の豊かな生活が送れるなら、
他国にテロをやらかす程強く干渉しないし、自分たちに犠牲が出る戦争はしないでしょう。

日本も、19世紀末頃に文明開化と称してライフスタイルを大きく変えてから、1945年まで、
自国民の暮らしを護る為に、何度も戦争をしましたよ。
たとえ世界恐慌があったとしても、日本固有の領土から産出される資源だけで世界有数の豊かな生活が送れたならば、
満州(中国東北部)や、東南アジアにあった欧米の植民地に軍隊派遣しませんし、
ましてや、都市無差別空襲で代表される国民総力戦になるような大規模な戦争にならなかったでしょうね。
現実はそうじゃなかった。
一旦、国民総力戦になるような大規模な戦争なったら、神国日本!とか宗教の力を借りなければ、
ある程度の妥協で終わる所まで継続出来なかった。

米国や日本のみならずどこの国でもそうでしょう。
受験シーズンで寺社仏閣で神頼みすると同様に、戦争もやっぱ・・・。
戦意向上など国家が依存する宗教って、どうしても国民の多数が進行しているものになります。

自国内で産出される資源だけで世界有数の豊かな生活が送れるなら、
他国にテロをやらかす程強く干渉しないし、自分たちに犠牲が出る戦争はしないでしょう。

日本も、19世紀末頃に文明開化と称してライフスタイルを大きく変えてから、1945年まで、
自国民の暮らしを護る為に、何度も戦争をしましたよ。
たとえ世界恐慌があったとしても、日本固有の領土から産出される資源だけで世界有数の豊かな生活が送れたならば、
満州(中国東北部)や、東南アジアにあった欧米の植民地に軍隊派遣しませんし、
まして...続きを読む

Q戦争をするのはなぜダメなのでしょうか?戦争により日本は発展してきましたよね?なのになぜダメなんで

戦争をするのはなぜダメなのでしょうか?
戦争により日本は発展してきましたよね?
なのになぜダメなんですか?
ひとが死ぬからと言いますけど、経済が発展すれば早いうちに無人兵器とかで人が戦う必要がなくなりますよね?
なのになぜダメなのでしょうか?
どうか無知な私に教えてください。

Aベストアンサー

>戦争をするのはなぜダメなの?

●ダメ何んてルールは有りません。
唯、自分は死にたくないから(やらない方が良い)と言う希望的感想を述べて居るだけです。
---
戦争が、ルールでダメだと決まって居れば誰も戦争は出来ませんから、世界各地で起こって居る戦争を鶴の一声で停止出来る筈です。
----
戦争は、ゲームでは有りませんから(ルールは無いから)限定的戦いもありません。
相手からの降伏を待つまでも無く手っ取り早く相手国の国民を無人兵器で皆殺しにすれば勝ちです。
---
其処には唯土地だけが残り←その資源を手に入れれば、領土拡大にもつなげられます。
「昔の戦争の様な」←敗戦国の国民を奴隷にする必要はありません。←人より勝ったロボットが人間の何倍もの(労力も知能も)仕事をしてくれますから…。
----
未来の地球は、ほんの一握りの優秀な人間と、優秀なロボットが居れば、地球は廻り続けられます

Qイラク戦争一周年。小泉首相の言う「正しい戦争」とは?

 イラク戦争一周年のインタビューで、小泉首相は「正しい戦争だったと思っている」ときっぱりと発言しておりました。
「正しい戦争」という言葉をあまり聞いたことがないのですが、小泉首相はどういう意味で「正しい」と考えているのでしょうか?
 「報復(先制攻撃)に対する戦闘」であるならば、あるていど理解できますが、イラクの場合は「大量破壊兵器をもっている疑惑」だけで攻撃されました。
 フセインによる専制政治により国民が弾圧されていることこともありましたが、国際法の国内不干渉の原則があり、それだけでは攻撃する理由にならないはずです。

 日本はイラクに対して特に恨みはなかったはずです。イラクに対して戦争をしかけるつもりもありませんでした。
 どちらかといえば対イラク経済規制を解除し、石油の輸入拡大を期待していたのではないでしょうか?

「正しい」=「正義」と考えますと、だれの何に対する正義のことを言っているのでしょうか?
 ある国で正義でないことが行われていたとして、戦争以外の方法で解決できなかったのか?そのために日本はどのような努力したのか、とても疑問です。
 
今後も「正しい戦争」が行われると思いますが、その判断基準はどういったものなのでしょうか。
国際法ではどのように定義していますか?
そもそも法律で「正しい戦争」という定義が存在するのでしょうか?
「勝ったほうが正義」という結果論でしか導けないような気もします。

よろしくお願いします。

 イラク戦争一周年のインタビューで、小泉首相は「正しい戦争だったと思っている」ときっぱりと発言しておりました。
「正しい戦争」という言葉をあまり聞いたことがないのですが、小泉首相はどういう意味で「正しい」と考えているのでしょうか?
 「報復(先制攻撃)に対する戦闘」であるならば、あるていど理解できますが、イラクの場合は「大量破壊兵器をもっている疑惑」だけで攻撃されました。
 フセインによる専制政治により国民が弾圧されていることこともありましたが、国際法の国内不干渉の原則が...続きを読む

Aベストアンサー

 戦争を起こす国どうしはお互い自分達の信念の方が正しいと思っているので、どちらとも「正しい戦争」を行っていると考えていると思います。戦争はどちらも正しくてどちらも間違っている事があると思いますが戦争が行われている国では一部の権力者以外は皆被害者となると思います。
 話は少し変わりますが、小泉さんの靖国問題も私は今まで立場がどうあれ、個人の気持ちで行っているので問題無いと思っておりましたが、戦争そのものに対して「正しい戦争」と言う言葉を発せられたのでホントは危険な思想の持ち主ではないのかと少し疑って見るようになりました。(戦争を憎んでいる権力者は絶対に戦争に対して「正しい戦争」等と言う言葉は発しないと思いますので。。。)
 権力者というものは昔から率先して戦火を交えません。多分自分の親族は誰もイラクへ行ってないんでしょうねぇ。
 軍隊を派遣する事=テロを撲滅できる事と小泉さんは考えているので「正しい戦争」と答えたのだと思います。
 

Qアメリカがカルト教団撲滅の方針を打ち出したら

アメリカが世界中のカルト教団を撲滅する方針を打ち出したら、
日本政府は支持すると思いますか?

Aベストアンサー

アメリカが本気でそれをしてくれたら、とても素晴らしいと思います。
でも、こればかりは日本政府は支持できないですよ、きっと。
今の与党の中の一部の議員が猛烈に反対するからです。
誰とは言いませんが、けっこうな数だと思います。
50人以上はいるかもしれません。
そういうことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報