倫理の発表をしなければいけません!!
加害者の場合も被害者の場合も両方において、皆さんはどうするべきだとおもいますか?また、未成年についても意見もお聞かせください。
もしすべてしないべきだと思う方,は理由も教えてください。
私はもしすべてなくしたら、新聞などから人間らしさがなくなり、ただの情報だけみたいになってしまって、よくないと思うんですけど。。私は加害者(未成年にかかわらず)実名報道すべきだと思う。でも被害者はしなくていいと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

加害側被害側いずれも、実名報道は必要ではないと考えます。

その理由である報道被害などについては、すでに数多く述べられているので略します。
実名報道を全廃した場合、新聞が人間臭くなくなるとしても(わたしは必ずしもそうとは思いませんが)、報道というのはそれでいいのだ、という考えかたもあるはずです。年齢・職業・おおまかな居住地ぐらいがわかれば、そこから「人間臭さ」を感じ取ることはできるはずです。逆に山田太郎とか田中花子という名前から、どれほどの「人間臭さ」を感じ取ることができるのでしょうか? 現状においても、ほとんど無意味な情報になっているとは思いませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。そうですね、実名報道を全廃しても、「人間臭さ」がなくなってしまう事はないかもしれませんね。確かに匿名の方が「人間臭さ」がなくなりますね。しかし、報道側からしては、「知る権利」にこたえることを使命としているので実名報道は必要だとしています。「事実報道」と書かれる人の立場をどの様に調和させるかは、これからもっと話し合われるべきだと思います。

お礼日時:2001/01/18 18:04

補足です。


本来ならば、事故に関する実名報道の是非も併せて考えていかないといけないと
思いました。
事故に遭った人の実名に対しては、報道規制の声はどれほどあるのでしょうか。
(報道機関が報道によってどういう恩恵を社会に与えているのか等、ポジティブな
面からも切り込む必要があると思います。)
現実には、その事件が、事故なのか犯罪なのか、起こった時点では不明な場合も
多々あります。
犯罪報道の歴史をよくは知りませんが、そういった、事故と犯罪の線引きが曖昧に
なっていることをいいことに、犯罪に関して、何の躊躇も無く実名報道に及んで
きたようにも思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見アリガトウございました。この問題は、「表現の自由」や「プライバシー」、「人権」などたくさんの事柄と絡み合っていてとても難しいものです。自分の素直な意見を言えれば良いなぁと思いました。

お礼日時:2001/01/18 18:16

重大な過失事故を起した会社などが、よく報道されていますが、


社名を報道されたことによって、その後の業績が伸び悩んで
潰れてしまったところもあるんじゃないでしょうか?
直接関係のなかった社員の家族とか、かわいそうですね。

このように、事件報道で実名を公開されてしまった加害者&被害者の
本人や家族が、それによってどんな損害や不条理な扱いを受けたのか、
当事者の意見はあまり聞こえてきません。
きっと、声を上げたくても上げられない心境に陥ってしまうから、
松本サリン事件のような取り上げられ方をしないと、いつまで経っても
我々一般には実態は伝わってこず、このような倫理の議論にしても
当事者のいないところでしか進まないわけで、それが少し気に
かかります。

ご存知の通り、規制の効かないネットの世界では、凶悪犯罪の犯人と
おぼしき少年の写真や実名が出回ることなんて日常化しています。
たとえ冤罪でも、いったん世に名前が出たらアウト。
明日は我が身か?と考えるとゾッとします。

私の意見は、加害者については実名報道してもいいと思って
いますが、どの段階が適当かは迷っています。
被害者の方は、故人のみ実名報道OKとしてもいいと思います。
(報道によって、遠方の知人が事件を知ることができるから。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。明後日にクラスで発表をしてからディベートをします。どんな意見がでるか楽しみです。この問題は、報道と、プラバシーのバランスをどう保つかという難しいものなので、たくさんの人が考えることで解決策がみつかると良いです。

お礼日時:2001/01/18 18:07

被害者と加害者(少年含む)、双方実名でいいと思います。


現在は被害者が亡くなっていたりすると、実名を垂れ流しているみたいですから加害者だけ隠すのは不平等ですよね。

でも、冤罪・過剰報道などの問題が・・・。なんて話も出てきますが、そもそもは「無責任に世間をあおる報道をして、間違っていても隅の方に小さい訂正が一つ・・・」みたいなマスコミの体質に問題があるはずです。

ですから、その「身勝手な報道の自由」を追及すべきであって、そのために、いびつな人権保護を行なうべきではないでしょう。

青臭いですか?(笑)
    • good
    • 0

aresさんの意見に全般的に賛成です。


現状だけでみると、
加害者が、未成年の場合、
被害者だけ実名報道されていて、
二次被害が広がっているというように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね、アメリカでは、どんな犯罪においても実名で報道しています。未成年だからといって、しない事はいっさいありません。17才が犯罪を犯すのと20才が犯罪を犯すのではあまりかわりが無いように思えます。逆に未成年がやっている犯罪は、大人がやっていたらニュースやワイドショーで取り上げられる事は間違い無いものばかりだし。。ご意見アリガトウございました。

お礼日時:2001/01/18 18:11

加害者の場合は冤罪もあるので、スパッと割り切れないのがつらい所ですが、被害者の場合。

事件に巻き込まれて亡くなったことが確実だからといって写真や名前が何度も報道されるのは遺族の気持ちを逆なでする行為だと思います。被疑者はたいていその立場上モザイク処理をされていますが、被疑者、加害者に人権が認められて、苦しい思いで亡くなった方にその配慮がなされない、ということには苦々しい思いがあります。加害者にモザイク処理するなら、被害者にもその配慮を!ということです。
心情的には加害者の実名報道、写真公表に賛成です。
    • good
    • 0

加害者については、報道すべきだと思います。

当然、本人は、その罪を償わなければならないからです。ただし、未成年については、少年法の改正との問題があり年齢が下がれば、当然、13歳でも実名報道されるべきです。理由は、同じです。被害者については、様々な事情があると思いますので、被害者の意思を尊重すべきだと思います。新聞の使命は、事実を正確にスムーズに伝えるのが新聞だと思っています。ところが、読者の購読を稼がんばかりにここまで書くのていう新聞があるのも事実です。
    • good
    • 0

 私は、被害者であれ、加害者であれ、それが成人・未成年関わらず、実名報道すべきではない、との認識です。


 下の方も書かれていますが、(1)冤罪 (2)マスコミの暴力
から守るためです。マスコミの行き過ぎは、加害者・被害者、そしてその家族も白日の元にさらけ出して、面白おかしく報道しているように見受けられます。松本サリン事件の犯罪者に仕立てられた河野さんは、全くの冤罪でした。
http://www2k.biglobe.ne.jp/~ndskohno/
それが週刊誌では「呪われた家系」「毒ガス男」と報道されています。
 確かに被害者の心理も理解できますが、人権感覚が欠如している日本のマスコミ報道に、何らかのストッパーがなければ、現時点の実名報道は一切控えるべきだと思います。(あくまでも一般市民の場合。公人は別です)
    • good
    • 0

私は、どちらにすべきかという信念を持っていません。


というか、どちらの立場も理解できるので、主張できないでいます。

あえて加害者を実名報道すべきという意見に反論してみますが、
もしその報道された人が本当の加害者でなかったらどうしますか?
その名前が知れわたったために、結局無罪になったのに職にもつけ
ないということにならないでしょうか?
報道機関はその人の人権の回復のために全力を尽すでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見アリガトウございました。

お礼日時:2001/01/18 18:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犯罪被害者死亡の実名報道

犯罪被害者死亡の実名報道、遺族の了解得てますか?
毎日、事故、犯罪報道が流れています。

・・・で、特に、何の落ち度も無く、運悪く、あるいは、他人を助けようとして、亡くなる人もいます。

その人たち、普通に実名と顔が晒されて、報道されています。

果たして、誰も不思議に思わないのでしょうか?そして、遺族に了解を得て報道しているのでしょうか?

私の思い込みなら良いのですが、了解を得ずに、実名報道している気がしてなりません。

悲しみのどん底にいる遺族に対して、我々社会が暖かく接するべきだと私は思ってます。

現実は、被害者遺族に対して、社会が報道によってさらに実名を晒す事により、遺族に対して制裁を加えている気がするのは、思い過ごしでしょうか?

私は実名報道、特に被害者に対しては、慎重になるべきだと思ってます。

Aベストアンサー

仰るとおりだと思います
新聞 テレビでは 遺族の強い意向があれば 原則匿名報道のようですが あくまでも原則です しかしネット社会ですからね 結局 多くの被害者が実名を晒されているのではないでしょうか
数年前 女子大生が殺害される事件がありました
彼女は売春まがいのことをしており 金銭をめぐってその日会ったばかりの男に殺害されたのです 彼女の画像 在籍していた大学名などが晒されています 勿論被害者にも落ち度があったのは明らかですが 親御さんの気持ちを思うとき
言葉が出てきません
けれど実際問題 インターネットというものが出来てしまった今 どんな言葉も無力でしょうね
残念ながら…m(__)m

Q京都暴走事件、被害者リストを警部補が加害者父に渡す

 警察のストーカ対応の拙さや不祥事が相次いで起きている昨今・・・・・

 京都府亀岡市で小学生ら10人が、暴走軽自動車にはねられ死傷した事故をめぐり、逮捕された無職少年(18)の父親に、亀岡署交通課の警部補が被害者の氏名、住所、電話番号など個人情報をワープロ打ちしたA4用紙1枚を渡した。
http://www.asahi.com/national/update/0426/OSK201204260067.html

警察やマスコミにより加害者の人権や個人情報は手厚く保護されておりますが、
なぜ、被害者の人権や個人情報は軽々しく扱われてしまうのか?

Aベストアンサー

今回は重大事故で、普通と同じでは配慮が足りなかったけど、
交通事故では、保険・示談の話をするのに、お互いの氏名・
住所・電話番号を交換するのが普通で、普通の交通事故なら
問題にならなかった筈なので、ちょっとお気の毒です。

自賠責・任意保険の手続きに必要な添付書類の事故証明書を
取り寄せれば記載されていますが、通夜・葬儀に間に合わない。
http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/sample1.html

保険手続きをするのは保険を契約している、車の所有者ですが、
保険の示談書には、運転手の氏名・住所・押印も必要。
http://www.kotsujiko.com/kakikatajinshin.html

もっとも、被害者家族的には、加害者の減刑に繋がるので、
怒る気持も理解できます。

被害者家族としては、加害者少年の厳罰を望んでいるけれど、
今回は、危険運転致死傷罪(最高20年)が適用されなければ、
自動車運転過失致死傷罪(最高7年)なので、非常に軽い。

裁判では、現場で反省の色を示していなかったのが、弁護士に
レクチャーされて反省の色を示し、形式的な謝罪の手紙を書き、
たとえ遺族が追い返しても謝罪・墓参に行った実績は残り、
踏み倒す気満々でも本人・親が一生かけて賠償すると言えば、
ただでさえ軽い求刑から、さらに減刑されてしまう。

今回は重大事故で、普通と同じでは配慮が足りなかったけど、
交通事故では、保険・示談の話をするのに、お互いの氏名・
住所・電話番号を交換するのが普通で、普通の交通事故なら
問題にならなかった筈なので、ちょっとお気の毒です。

自賠責・任意保険の手続きに必要な添付書類の事故証明書を
取り寄せれば記載されていますが、通夜・葬儀に間に合わない。
http://www.jsdc.or.jp/certificate/accident/sample1.html

保険手続きをするのは保険を契約している、車の所有者ですが、
保険の示談書には、運転手の氏...続きを読む

Q報道における性別の呼称-加害者でも「女性」被害者でも「男」の実例

かなり以前、「男性差別」を訴える質問がありました。
そのときの参考サイトを見てみたら、実例の一つとして

「男・女という呼称より、男性・女性という呼称のほうが丁寧な印象を与えるが、
 ニュースでも女は加害者になっても「女性」となっているのに
 男性は被害者でも「男」である。
 「加害者の○○(女性)、被害者の□□(男)みたいな報道がされるのは男性差別だ!」

 というようなことが挙げられていました。
しかし私は寡聞にしてそういった実例を目にしたことがありません。
新聞記者の知人に聞いてみたところ、そういう実例を見たことはないけど、
現代ではそういう呼称も各社・各部署の規則で書き方が決まっているものなので、
何十年前の話ではないか。
というようなことを言われましたが・・・。

そのサイトの記述自体はかなりいい加減で調子のよいものでしたが、
一部の男性が「男は虐げられている」と主張する際に持ち出す根拠の一つがこの、
「報道において、女性は女性と呼称され、男性は男と呼称される。」
であることを知りまして、その【実例】を見たくなりました。
どなたか、この謎について教えてください。

かなり以前、「男性差別」を訴える質問がありました。
そのときの参考サイトを見てみたら、実例の一つとして

「男・女という呼称より、男性・女性という呼称のほうが丁寧な印象を与えるが、
 ニュースでも女は加害者になっても「女性」となっているのに
 男性は被害者でも「男」である。
 「加害者の○○(女性)、被害者の□□(男)みたいな報道がされるのは男性差別だ!」

 というようなことが挙げられていました。
しかし私は寡聞にしてそういった実例を目にしたことがありません。
新聞記者の知...続きを読む

Aベストアンサー

私も男性差別問題を興味をもって、ここ10年ぐらい研究(というほどでもないですが)しています。

私も同様の疑問を持ち、いろいろ調べてみたのですが、そのような内容の元ソースが明示されていることが無く、真偽が分かりません。

私が自分で見た報道では、そのような報道はありませんでした。

ただひとつ、TVの地方局のニュースにあったという記述を見ましたが、元ソースが確認できないため不明です。

Q何故加害者だけ名前を伏せて、被害者のプライバシーは守られないの?

みなさんはじめまして、初めて質問させていただきます。
よろしくお願いします。

今日のニュースでもそうでしたが加害者が未成年の場合、名前などの情報は伏せられますよね。逆に被害者のほうはプライバシーも無く実名や写真、家族を公開されます。

今回の加害少女の事件も、被害者の父親のみが会見し、肝心な加害者の両親は絶対顔出しません。

実際身元がTVにばれると、一生台無しになるというのは分かりますが、なら被害者や被害者の家族側の一生はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

同感ですね。

現在の日本は被害者よりも加害者保護の傾向が強いと思われます。

また、他にも加害者が裁判で判決を受ける際も、被害者は何も主張することができず、ただ傍聴席で見守るしか方法がないのです。

今回の司法改革でその点が改善されることを切に願います。

下記URLは犯罪被害者がいかに不利な立場に立たされているのかよくわかると思います。

1度ご覧になってください。

参考URL:http://www.navs.jp/

Q拉致被害者が奇跡的に日本に帰還できても

拉致被害者が奇跡的に日本に帰還できても向こうで外患の誘致や援助に加担した疑いがあれば日本の法律で裁かれるんでしょうか?

Aベストアンサー

裁かれません。 ほとんどの拉致被害者は日本に送るスパイの教育のために拉致された人たちで、北鮮官憲の指示に従わなければ生存そのものが危うい状況に置かれていたわけゆえ、ご懸念のような罪に問われることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報