映画などでよく出てくる、ヨーロッパの貴族上流階級サロン的な会合みたいなやつって、いつごろまでやっていたんでしょうか?
また、ああいう貴族的なものが没落して習慣もなくなると、そのお抱えの商店とかメーカーなどはどういう方向転換をしたのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

サロンという言葉がフランス語ですから


一般的にイメージするのは
フランスの上流社会のサロンだと思います。
ああいうのはいつごろまでやっていたのか?という
質問ですが、今も行われています。
というか、多分、サロンが何なのかを
ピンときてないんだと思いますが、
要するに金持ち連中がハイソな場所に集まって
社交的時間を楽しむというだけのことで、
日本でいうならば千利休とか古田織部の茶会みたいなもの。
実際、サロンの大半もお茶会ですが、
(舞踏会と混同しないように)
特になんと言うことはない集まりです。
ただサロンでは中心となる人物、
つまりホステス/ホストの人気・評判が重要で、
その人の信望が高ければ、身分の高い人や教養のある
一流どころが集まってくるわけで、
逆に言えば、サロンの主催者の人気投票みたいなところがあって
主催者の側からすれば、見栄と虚栄、維持の張り合いの場所なんです。
ま、アメリカなんかでイケてるパーティーを開けるかどうかで
その学生のクールかどうかが決まるみたいなのと同じですが、
時代はかわってもやってることは一緒ということです。
また出席する側でも、当時も今も紹介状やつてが必要ですから
そういう人脈があることが人気者グループに入れるかどうかの鍵なわけで
その意味でも今も昔も同じ。

貴族の話にしても、現在でもヨーロッパ貴族が集まる社交の場があって
それに関する雑誌まであるそうですが、そういう文化は今でも健在。
日本で茶道とかが(完全には)廃れてないように。

身分としての貴族制は(一部の国を除き)廃止されましたが、
貴族の称号はフランスを含む多くの国で残っていて、
文化も消えたわけではありません。それは当然。

あとちなみに貴族の時代のお抱え商店とか商人とかは
現在はほとんど残ってません。というのは、当時は家内工業で
家族経営の零細企業ばかりだったので、
ファッションブランドのような大きなメーカーになったところは
私の知るかぎりなかったと思います。
現在のブランドは古いものでも
ほとんどが20世紀初頭にできたもので、貴族とは直接関係ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いまでも、あるところにはあるのですか。あちらの社会はどうも疎いので。貴族が消えたといっても慣習上のこり続けるものなんでしょうかね。メーカーブランドに関してはよくわかりました。それとともに滅び、いまあるのは流れを汲んでいるわけではないのですね。

お礼日時:2007/04/27 10:26

衣料関係はちょっとわからないんですが、絵画なら今でもサロンの様なものはあります。


個展です。しかしサロンの様に何か話し合ったりとかそういうのではないですが、個展を開いて絵を見てもらい販売しますし、当時のサロンの役割をしていると思います。
他の分野でもあるのでしょうか?
要は貴族とかのアカデミックなものではなくて、これは画家独自のサロンです。

ちょうど、貴族のサロンの没落頃が、近代芸術とそれ以前の境界線で、
保守的なサロンに対して不満を持った画家達が自分たち独自のグループや結社を作り、独自のサロンを開催していったのです。
そしてそれが印象派の連中です。
貴族はその後没落していきますが、その頃から芸術の中心はパリからニューヨークに移り、パトロンも貴族から資本主義が発達し力をつけてきた商人などの資本家が中心になっていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

画家サロンは今もあるようです。近代芸術は貴族的趣向から遠ざかっていったんでしょうかね。貴族のほうも自分らの趣向を変えていったという実情かもしれませんね。
芸術的な観点からよくわかりました。

お礼日時:2007/04/27 10:27

いまでもカンヌ映画祭とかパリコレとかでやってるんじゃないでしょうか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれもその名残かもしれないですね。ただ、大分雰囲気が違っていてかなり派手にマナー的なものがないような状態のように思えます。

お礼日時:2007/04/20 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサロン用のシャンプー

市販の合成シャンプーはあまり良くないと聞いたので、
サロン用のシャンプーを使用してみたいのですが…
市販のものと違ってサロン用のは評判がどうなのか、
情報がないのでどれを買っていいのかわかりません。
2~3千円くらいまでで、おすすめのサロン用シャンプー
ありましたら教えてください!

Aベストアンサー

ルベルのSW(シーウィード)のソープを個人的にお薦めします。

ナチュラルヘアソープは4種類
(マリーゴールド、ホホバ、シーウィード、サイプレス)

あとはトリートメント2種類
(ウィートプロテインとエッグプロテイン)

があり、それぞれ髪質によって、どのソープとトリートメントにするかが選択できます。

私の髪質は、細く、柔らかく、量は普通なのですが、
ルベルのソープとトリートメントに変えてから、髪質が少しずつ改善されてきました。

※ルベルのHPにどのトリートメントとソープが、自身に合うか診断できるので、是非試してみてください。

個人的には、ソープよりも、WP(小麦)のトリートメントが、かなり効果があると思いました。

参考URL:http://www.lebel.co.jp/products/care/nhs/extra.shtml

Q平安時代における上流貴族以外の富豪について

学生ではありませんが、中古文学および平安時代史について個人的に勉強しておりますKASANEと申します。
源氏物語より以前のかな物語である『宇津保物語』には、<紀伊国牟呂郡の長者/甘南備種松>という人物が登場します。彼は広大な土地と数多の財宝の持ち主で<宝の王>と称され、女官として出仕していた娘が帝の落胤を産むと、孫の為に豪奢を尽くした館を造成し、都の貴族も驚く程の贅沢な生活をさせるのです。
また別の登場人物で、都で商売を営んでいる庶民の女性が出てくるのですが、彼女もなかなかの財産家であるとされています。
宇津保は仮想の作り物語なので、ある程度は誇張表現の部分も有るかと思いますが、当時の社会をかなり実態的に描いた作品だとか。
摂関一族や受領といった貴族ではなく、この種松や女性のように農民や商人などで一般庶民の富豪家は実在していたのでしょうか?
日本史にお詳しい方、ご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

平安時代には「田堵」と呼ばれる富裕農民が存在していました。
彼らは地方豪族や官吏を隠退したものを出自としており、蓄財した富で新田を開墾して、他の農民に貸し出し(私出挙)、これにより零細農民を支配下において、ますます富を蓄財していきます。
これに関しては「新猿楽記」を読まれると理解が早いと思います。

http://www.gohan.ne.jp/okome-data/07/781.html

QASP 予約システムを探しています

クリニックなどの予約システムを探しております。

空白の時間に患者を呼びたいクリニックと、ネットで予約したい患者をマッチングさせるサイトを作りたいと考えております。
予約システムを発注すると莫大な費用がかかりそうですが、簡単に利用できるクラウドサービスなどありましたら教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

無料でお店の予約ページがつくれるPlancoというサイトを利用してみてはいかがでしょうか。
クリニック等のお店等の予約にも使えると思います。
http://www.planco.jp/top.php

参考URL:http://www.planco.jp/top.php

Q英国ヴィクトリア朝の上流階級について

この時代を舞台とした小説を執筆しようと考えております。
以下の設定がありえるのかありえないのか、そして実例があったら教えてください。
どれか一つでもご存知の方、どうかよろしくお願いします。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ
周囲から反対されるのでしょうか。
未亡人がただの平民なら駄目だけど上流階級であるジェントリや貴族出身ならオッケーなどありますか。
また、この未亡人の子供は伯爵家の子供として認識されるのでしょうか。
伯爵の爵位が継げないことはわかりますが、未亡人の子供たちへの扱いはどうなりますか。

(2)伯爵がフランス人やドイツ人、オーストリア人と結婚する。またはその貴族。
外国人ということで周囲から反対されますか。そして平民は駄目だけど上流階級ならオッケーなどありますか。

(3)上流階級の子供は学校に行く? 女性も学校に行く? 大学は必ず入学?
寄宿学校などではなく、家庭教師で勉強させますか。
漫画での伯爵家の子供の主人公は学校には行ってませんでした。別の漫画での爵位持ちではない上流階級の子供は、寄宿学校に行きました。位によって異なるのでしょうか。
そして、いくつからいくつまで入るのでしょうか。
もし学校に行くとなったら、上流階級御用達の特別な学校ですか。そして、女性も学校に行ったのでしょうか。

この時代を舞台とした小説を執筆しようと考えております。
以下の設定がありえるのかありえないのか、そして実例があったら教えてください。
どれか一つでもご存知の方、どうかよろしくお願いします。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ
周囲から反対されるのでしょうか。
未亡人がただの平民なら駄目だけど上流階級であるジェントリや貴族出身ならオッケーなどありますか。
また、この未亡人の子供は伯爵家の子供として認識されるのでしょうか。
伯爵の爵位が継げないことはわかりますが、未亡人...続きを読む

Aベストアンサー

ヴィクトリア朝を舞台にした作品を私も好きで良く読んでいます。
また、趣味で色々調べた記憶を元に回答させていただきます。

ただ本格的にこの時代を学んだり研究しているわけではないため、
間違いがあったらすみません。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ

あまり一般的ではないように思えます。

平民→大反対。未亡人が嫁いでくるのは無理で、おそらくは伯爵が家を捨てて
   駆け落ちくらいしかないと思います。
   残された家族はおそらくは社交界の笑われ者になると思います。

ジェントリ→伯爵家が裕福であればおそらくは反対されると思いますが
   困窮しており、相手の未亡人が裕福な女相続人などであればおそらく
   結婚できるかと。でもやはり色々こきおろされると思います。

貴族→家格にもよると思いますが本人(未亡人)が元々貴族の令嬢であれば
   結婚できるとは思います。ですが、子供が男児なら置いていくように
   言われるのではないでしょうか。夫が死んだ以上、その実家を継ぐのはその子ですから。
   子供の祖父母あるいは、おじおばが面倒をみるという形で置いていくことを
   勧められると思います。
   ※なのでよほど愛に生きるという人でなければ結婚を諦めるのではないでしょうか。
   
   いっそ、子供がいなければ結婚を喜ばれるかもしれません。
   (婚家で養う必要がなくなるから)

>未亡人の子供たちへの扱いはどうなりますか。
家の主である伯爵の胸三寸でしょう。良くしてやれ、ということであれば
使用人たちの扱いは良いでしょうし無関心であれば使用人の扱いも悪いと思います。

(2)伯爵がフランス人やドイツ人、オーストリア人と結婚する。またはその貴族。

こちらもあまり実例を思いつきませんが、No1さんの回答にもあるようにヴィクトリア女王の
夫君アルバートはドイツ人ですし、フランス革命でフランス貴族がイギリスに
亡命してきていることもあるでしょうから、ありえなくはないのではないでしょうか。
ただ、意外と「言葉の壁」と「距離」があるのではないでしょうか…。

外国人の平民はおそらく問題外かと。
※国内の平民の外国人といえばおそらくメイドとかコックのはずです

(1)~(2)共に「ありえない」という論調で書いてしまいましたが
貴族であっても、気持ちひとつで周囲の大反対を押し切って結婚というのは
ありえると思います。特に19世紀末~20世紀初頭あたりになるとだいぶ
考え方も現代的になってきますので。

(3)上流階級の子供は学校に行く? 女性も学校に行く? 大学は必ず入学?

基本的に長男は絶対学校に行かせると思います。それもイートン校に。
国中のお坊ちゃまが集まる名門校ですから、将来のコネをつくるためにも
ぜひ通わせたはずです。次男以降は家の主人たる父親の考えにもよるのでは。

>漫画での伯爵家の子供の主人公は学校には行ってませんでした。
>別の漫画での爵位持ちではない上流階級の子供は、寄宿学校に行きました。

位もそうですがお金と、どれだけ名誉を重視するか・コネを欲しているか、かと。
(おボンボン学校は金がかかり、入学資格に「貴族の称号をもつ者の推薦」という
ハイパーなコネが必要です)

おそらく前者の漫画は「Under the rose」、後者は「エマ」かと思いますが
以下はその前提でお話させていただきます。

「Under the rose」の場合、多分主人公とはウィリアムのことですよね。
(「冬」に関しては主人公はライナスだと思いますが)
ロウランド伯爵家は裕福な貴族という条件バッチリなはずですが、彼は学校に行っていない。
おそらくウィリアムは兄アルバートが伯爵に、自分は補佐的立場になることを
この時点で決めてるのではないでしょうか。
ですからイートン校に行かずともいいという判断になったのではないでしょうか。

ただ、何になるにしろコネは役立つことはあっても不要にはならないはずで
お金に余裕があるなら貴族は子息を皆イートンに通わせたがるはずです。
でもあの漫画の伯爵は子供を学校に行かせたがらない。

これは推測ですが、それによってあの伯爵の「家族」に対する執着の一端を
表現しているのではと思っています。

「エマ」の方のウィリアムは、貴族ではなくジェントリの生まれですが
お父さんがやり手だったおかげで入学資格を得られたのでしょう。

ジョーンズ家はイギリス上流階級社会に根を下ろすためには何はなくともコネを
必要としているはずで、長男次男ともにイートン校にいれることは必然だったのだと
思います。

>そして、いくつからいくつまで入るのでしょうか。
イートン校にかぎっていえば13から18歳です。

>そして、女性も学校に行ったのでしょうか。
ヴィクトリア朝初期~中期は「女性に教育は必要なし」「よき妻、よき母たれ」という
時代なので良くて社交界デビュー前までにちょっと家庭教師に教えてもらうくらいだと思います。
どちらかといえば刺繍やダンスのほうが重要視されたはずです。

ただ、19世紀末~20世紀初頭に婦人参政権運動が起こり、そのあたりから
女性の教育も重要視されてきます。はっきり年代がかかれてないので何ともですが
「エマ」の最終巻あたりがその時代です。

ヴィクトリア朝を舞台にした作品を私も好きで良く読んでいます。
また、趣味で色々調べた記憶を元に回答させていただきます。

ただ本格的にこの時代を学んだり研究しているわけではないため、
間違いがあったらすみません。

(1)未亡人の子持ちが爵位持ち(例えば伯爵)に嫁ぐ

あまり一般的ではないように思えます。

平民→大反対。未亡人が嫁いでくるのは無理で、おそらくは伯爵が家を捨てて
   駆け落ちくらいしかないと思います。
   残された家族はおそらくは社交界の笑われ者になると思います。

ジ...続きを読む

Q鳥取(鳥取市)ー東京の飛行機移動を安く済ませる方法をご存知の方いませんか? 航空券の予約方法や予約時

鳥取(鳥取市)ー東京の飛行機移動を安く済ませる方法をご存知の方いませんか?
航空券の予約方法や予約時期など裏技がありましたら教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

独占区間は競争が無いので料金が高いです。
既出ですがまとめると
1.全日空が直接売っている早期割引料金(特割など)を利用して早めに予約購入する
2.羽田界隈で宿泊施設の予約も必要なら、航空券+宿のパッケージを購入する

陸路移動で他空港発着を無視すると、この2点に集約されると思います。

Q平安時代の貴族及び一般人の階級制度について

なかなか詳しくのっているサイトが見つかりません。良いサイトがあったら教えてください。おねがいします。

Aベストアンサー

位階官制に関するHPです。
個人の運営ですが、相当煮込まれていて、位階官制に関してはナカナカ良いと思いますよ。

なお、一般人の階級(身分制度)については、納得できるHPが見つかりませんでしたのでご容赦を。

参考URL:http://www.sol.dti.ne.jp/~hiromi/kansei/

Qエステサロンを開業したいのですが、意見が欲しいです。2~3年後を目安にオープンしようと思っています

エステサロンを開業したいのですが、意見が欲しいです。
2~3年後を目安にオープンしようと思っています。自宅サロン形式で、スタッフは自分を含め2~3人程度と考えています。

•サロンイメージカラーは白
•シンプルで清潔感のある空間
•ターゲットは20~50歳
•内容はキャビ、ラジオ波、フェイシャル、脱毛など

このような内容でサロンオープンしたいのですが、費用やこの方が良い、こうだったら行きたくなる、など経営者や利用者の方に意見を聞きたいです!

今から一軒家を建てる予定なので、1階をサロンにと考えています。
外から見ても1階部分が住宅ではなくサロンに見えるように作りたいです。
そこで、ガラス張りで中の雰囲気が見える方が良いのか、扉式で中が見えない方が良いのかとても迷っています。

こちらも回答して頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

お店の作りやコンセプトなどに関しては、エステや美容業界に長けた建築家やデザイナーさんがたくさんおられますので、今後そういった方たちと相談しながら、ご自分の希望や予算に合った方法を選べばよいでしょう。
 
 起業の専門家として、これまでエステサロンの立ち上げを数件ご指導した経験から、いくつかアドバイスさせていただきます。

 まず、エステの場合、美容関連の類似業界であるネイルサロンやマッサージなどに比べ、機材やアロマ、美容液、またスタッフ人数などの関係で、原価率が高いのが特徴です。サロン経営の上での2大コストはやはり仕入原価と人件費で、サロンとして一定のクオリティや価格を維持しつつ、コストを如何に抑えるかというのが最大のテーマです。他の美容関連業界と比べ、エステ業界にスケールメリットの働きやすい大手チェーンが多いのはこのためです。
 一方、エステサロンのメインユーザー層である20~50代の女性の多くはOLや子育て世代の主婦層のため、一見優雅そうに見えても実は意外と忙しく、お金の使い方にもシビアな人が多いのが特徴です。今どきの傾向として、彼女たちはこれまでの「単なるエステ」から美容や癒し、整体、さらにはマタニティ・ケアなどの要素も交えた「トータルボディメイク」を、リーズナブルな価格で求める方向にある(某エステの女性経営者談)そうでして、業界側もこうしたニーズを受け止める「ワンストップ」化を模索しています。
 ですので、これから新たにサロンを開業されるというのでしたら、既存の大手チェーンと同じ方向では、ブランドや料金の面で太刀打ち出来ないでしょうから、お店のイメージや雰囲気もさることながら、コースや施術内容で(場合によっては専門店やスタッフと提携することなども踏まえ)差別化を図ることをお勧めします。

お店の作りやコンセプトなどに関しては、エステや美容業界に長けた建築家やデザイナーさんがたくさんおられますので、今後そういった方たちと相談しながら、ご自分の希望や予算に合った方法を選べばよいでしょう。
 
 起業の専門家として、これまでエステサロンの立ち上げを数件ご指導した経験から、いくつかアドバイスさせていただきます。

 まず、エステの場合、美容関連の類似業界であるネイルサロンやマッサージなどに比べ、機材やアロマ、美容液、またスタッフ人数などの関係で、原価率が高いのが特徴で...続きを読む

Qヴィクトリア時代の貴族階級への敬称

ヴィクトリア朝・・・18世紀前後の特にイギリスでの、貴族階級への敬称のサイトを教えてください。
必須条件としては、女性への敬称も乗っている事です。
ウィキペディアには、男性のしか乗っていないので。
また、それが載っている本も知っているのですが、手元に無いですし。

というわけで、知っている方、お願いいたします。

Aベストアンサー

http://mltr.free100.tv/faq23.html#03872

ただし、真に窮めるのは実に難しい世界である。

Qトリミングサロンのペット用シャンプーっていくらくらいするんですか?

トリミングサロンにペットを連れて行って、シャンプーしてもらうと5000円くらいかかりますよね。
高いところはもっと高いようですが。。。
実際に、そんなにペット用のシャンプーって高いものですか?
洗ってもらう手間とかを考えると妥当のような気もしますが。
一つ疑問なのは、
トリミングサロンは、シャンプーをいくらくらいで買っているのでしょう?
誰か知りませんかー?

Aベストアンサー

シャンプー自体は、お店によって使うものは違うけど、大体1ガロン
か、4L入りの物を使っています。人間のシャンプーも値段が色々ある様に、犬用もしかり。一頭に使う量なんて、2度洗いしてもたかだか知れてますが、トリミング料金はシャンプー代より、やはり、技術料ですよね。知りたいのは料金ですよね。一般的には、上記の量で一本だいたい安いので、5000円~ 高いのは20000円前後でしょう。もちろんもっと高い物も安い物もありますよ。 

Qヨーロッパの貴族の爵位について

ヨーロッパの中世から近世の貴族の爵位はどのような基準で与えられるのでしょうか?
位の高さの順位は、公爵>侯爵>伯爵>子爵>男爵 だとサイトなどで調べるとなっていますが、
王家の子が男爵になったりする例もあるみたいです。
公爵はどのような官職にあるとなる、などという決まりなのでしょうか・・・?
生半可な理解しかないので、ずれた質問だと思いますが、ご親切にお答えいただけますと嬉しいです。

Aベストアンサー

爵位の中でも公爵・侯爵・伯爵と子爵・男爵には違いがあります. つまり, 公爵・侯爵・伯爵の爵位は本来土地についていて, たとえば「○○伯爵領を治めているから○○伯爵」という形になります. 一方子爵・男爵は家についているので, 「○○子爵が納める領地 (がもしあれば)」は「○○子爵領」と呼ばれます. 爵位と領地との関係が逆になることに注意. とはいえドイツ以外では絶対王政の進展とともに土地を失い, その結果現在ではほとんど土地とは無関係になっています.

で, 伯爵以上であればほかにも子爵なり男爵なりの爵位も持っていることが多いです. その場合, 当主は本来の爵位を名乗り, 継嗣は「2番目の爵位」を儀礼称号として名乗ります.

「王家の子」といっても, 現在の国王からの距離によっていろいろな爵位になります. 爵位が法的に生きているイギリスの例だと, ウェセックス伯爵エドワードの長男ジェームズ (つまり女王エリザベスII世の孫) がセヴァーン子爵に叙爵されています. 一般的には「国王の息子は公爵」であることが多いんだけどたまに (ウェセックス伯爵のように) 例外もあります.

爵位の中でも公爵・侯爵・伯爵と子爵・男爵には違いがあります. つまり, 公爵・侯爵・伯爵の爵位は本来土地についていて, たとえば「○○伯爵領を治めているから○○伯爵」という形になります. 一方子爵・男爵は家についているので, 「○○子爵が納める領地 (がもしあれば)」は「○○子爵領」と呼ばれます. 爵位と領地との関係が逆になることに注意. とはいえドイツ以外では絶対王政の進展とともに土地を失い, その結果現在ではほとんど土地とは無関係になっています.

で, 伯爵以上であればほかにも子爵なり男爵なりの爵...続きを読む


人気Q&Aランキング