『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

サッカーのルールは色々のサイトに出ているのに、ワールドサッカーの2002年の大会ルールはどのサイトに掲載されているのか分かりません。
勝ち点・得失点差・総得点等々
A~Hの地域割りルール・開催国の権利
決勝リーグ戦のルール等々

色々情報にはあっても今回の大会の公式サイトに日本語で記載されているサイトに辿り着いてみたいのでよろしくお願いします。

公式サイトに何故これが出ていないのかが不思議なのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すみません、先ほどの回答に訂正と補足です。


その後ドイツ語の公式ページから辿ってみましたら、こちらは大会規則のドイツ語版が用意されていました。さらによく調べてみましたら以下の通りでした(慌てて誤った回答をしてしまいすみませんでした)。
規則が用意されている言語 英語 フランス語 スペイン語 ドイツ語
規則が用意されていない言語 中国語 韓国語 日本語

多国間の組織などでは「A語とB語とC語を公用語とする」と決める場合もあります(解釈で紛議が生じた場合はその都度協議)。FIFAに公用語が定められているのか、定められているとしたら何語が入っているのかは分かりませんが、現在の日本サッカーの国際的な位置を考えれば日本語が公用語に入っているとは考え難く、日本語版がないのも止むなしということになりましょうか。
    • good
    • 0

↓ここに簡単な大会方式が紹介されてます。


公式なものではないですが。

参考URL:http://fifaworldcup.yahoo.com/jp/011201/1/63.html
    • good
    • 0

FIFAの公式サイトに競技規則が出ています(参考URLをご覧下さい)。


FIFAの日本語ページからもたどり着けますが最終的にダウンロードできる内容は英語で記載されたものになります。日本語で書かれた公式規則はおそらく存在しないでしょう。
二国間もしくは多国間で規則をきめる場合、それをどの言語で表記するかというのは実はとても重要なことです。もし2カ国語で表記したとすれば、言語やその文化背景の違いによりによって解釈が2通り以上生じて揉めるのは容易に想像がつきます。ですから公式規則は「○○語の規則を正文とする」とちゃんと一つに決めて、それ以外の言語で表記された規則はあくまで参考とするのが普通のやり方です。
FIFA公式サイトのその他のページ(試合結果など)は各国語で用意されていますが、規則だけは英語版のみの提供なのはそう考えれば納得がいくことと思います。
他のサイトで日本語で規則が載っているページを探すことは可能でしょうが、それはあくまで私的な訳文であり公式規則ではないはずです。どうしても公式な規則を知りたければ公式サイトの英語版を読むしかないと思います。

参考URL:http://fifaworldcup.yahoo.com/jp/t/ds/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング