特別養護老人ホームと老人保健施設の違いはなんですか?
老人保健施設は家庭復帰をめざしてリハビリする所のようですが
寝たきりの高齢者が多いということも書いてありました。
寝たきりの高齢者の方々にリハビリ治療をするのでしょうか?
特別養護老人ホームに入居する高齢者と老人保健施設に入所する高齢者の
状態というのは違っているものですか???
教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在私は老人保健施設(以下、「老健」と省略します)で支援相談員として働いています。

特別養護老人ホーム(以下、「特養」と省略します)との違いは、前述されているとおりです。老健が国から期待されている事は「在宅復帰」「地域に開かれた施設」等です。しかし、現状としては特養とあまり変わらないことをしているのかもしれません。archiさんのおっしゃるとおり、寝たきりの人にリハビリをするのかどうか。疑問に思われますよね。寝たきりの方でもリハビリを希望されれば、拘縮予防、離床介助などのリハビリを実施しますが、主としては介護者の介護軽減ということで入所されることが殆どです。また、特養入居待機中だが自宅で介護が出来ないとして利用される方もいます。老健は「在宅復帰」を目指していますが、その地域性によって、施設の役割も異なってしまうこともあります。過疎で施設整備が十分に行き届いていない地域にある老健では、老健でありながら特養の役割を期待され、特養と変わらない入所期間となっているところもあります。反対に、在宅サービスが充実していて、地域住民の団結力が強い地域では、老健が在宅介護を支える機関として機能しているところもあります。話が長くなってすみません。うまくまとめられませんが、私としてはできるだけ利用者が望む余生を作り上げていくように援助したいと考えています。そのためには、家族に外出や外泊、面会等を多く薦め、社会での利用者の居場所を無くさないように努力しているつもりです。
    • good
    • 3

根拠法が異なります。


老人保健施設は老人保健法。
特別養護老人ホームは老人福祉法。

老人保健施設は医療系の施設であるということが言えるでしょう。
ですから、機能回復訓練室というリハビリ施設を持っています。
基本的に家に帰すことを前提としてリハビリ治療を行います。
ですが、特養に入るための前段階の施設として利用されている面もあり、入所者は様々です。

もうひとつ、運営側の問題ですが、老人保健施設は経営をちゃんと行えば利潤を生み出します。

医療法人立が多いのもそのせいです。
    • good
    • 2

>特別養護老人ホームと老人保健施設の違いはなんですか?



建前上の違いは、下記のURLなど参考にされると良いと思います。
http://www.rouken.aichi.med.or.jp/roukentoha.htm

http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/4 …

確実に違うところと言えば、老人保健施設(老健)には必ず常勤の医師がいますが、特別養護老人ホーム(特養)にはいない(嘱託医はいますが、他の病院の常勤であったり開業医であったりする)、老健にはリハビリの資格を持った人(PT,OTなど)がいるが、特養には必要ないことくらいでしょうか。


>特別養護老人ホームに入居する高齢者と老人保健施設に入所する高齢者の 状態というのは違っているものですか?

現実問題としては、ほとんど違いません。入院治療の必要がなくなったご老人の場合、理想としては家庭に戻って、公的・私的な介護・援助を受けながら生活できるのが幸せだと思うのですが、現状では受け入れてくれる家庭が少ないのです。つまり、お年寄りの事情と言うより家庭の事情が大きいわけです。しかも、特養は原則として一生そこを出されることはありませんので、悪い表現をすれば誰かが亡くなったり重い病気になって長期間病院に入院するというようなことがない限り空きが出来ませんので、なかなか新規の入所が出来ません。そのため、本来なら特養がふさわしいお年寄りの場合でも、老健に入所と言うことになるケースが多いのです。とはいえ、今では老健もどこもいっぱいで、なかなか入ることは出来ません。

参考URL:http://www.rouken.aichi.med.or.jp/roukentoha.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老人保健施設の入所期間について

母が老人保健施設入所して9ヶ月になります。母の現状は入所した当時と変わらず、一人では歩行困難です。今後。回復の見込みもありません。
先日、施設の係の者から「そろそろ家の方に帰る方向で」という話をされました。私は有職者であり、また家もバリアフリー環境ではなく、家庭での介護は不可能に近いです。
この様なケースで入所期間の延長をする事が可能なのでしょうか、また延長出来るとすれば、どのくらい延長可能なのか教えていただきませんか?
軽度にも関わらず、長く(何年も)入所している人も見受けられますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんと同じ立場の、家族の方はすごく多いです。


パート先の老人保健施設の場合は、基本的に入所のときに退所時期を決めます。(上記の理由で何年も退所してくれず困るので)
長期入所の場合、現在は長くて、続けて一年半くらい。(施設ごとに違います。)それは家族背景とかいろいろ、カンファレンスして判定会で必要性を認められればの場合です、家族 ケアマネの希望のみではありません。とにかくずっとおいてほしい希望が多いからです。
老人保健施設の目的は、あくまで在宅復帰をめざすなので、期限をきられます。


ですが実際は家の人が困るので、抜け道? として一応退所して、何泊かしたらまた入所する。方法があります。
一番多いのは、何週間か数ヶ月ずつごとに、施設と自宅を行ったりきたり。
自宅にいる間は、家族の仕事中は、通所施設、週6日来る方もいます。(通所施設によって夜間延長あり)や在宅ヘルパーでつなぎます。
何年も入所しているように見える人も、そういった手続きをしていないかなと思います。 退所時期が決まっているので、パート先の施設の場合は、退所する日の午後はたいていもう次の人が入所するように組まれています。短期入所とあわせて、ベット稼働率はほぼ100パーセントになるようになっています。

なのでその方法を とる場合かなり施設側ときちんとした打ち合わせが必要です。(うけてくれる施設の場合です。)


もう一つの方法として、複数の老人保健施設をぐるぐるまわってもらう。3つくらい頼んでおいて、一つ退所したら次。とういう方法です。
これも本人にはとてもかわいそうな方法なので、受けてくれるところがあればの話になります。



出て行く必要のない特別養護老人ホームは、入ってしまえば安心なのですが、現在は優先順位順に入所になっているので、家族のいる人はまず入ることができません。

■今後。回復の見込みもありません

もう少しお金をたして、有料の介護付き老人ホームとかなら常に次の施設を探さなくてもいいので、老人保健施設と自宅と何回か行ったりきたりして、最終的にそちらに移られる利用者も過去いました。

質問者さんと同じ立場の、家族の方はすごく多いです。


パート先の老人保健施設の場合は、基本的に入所のときに退所時期を決めます。(上記の理由で何年も退所してくれず困るので)
長期入所の場合、現在は長くて、続けて一年半くらい。(施設ごとに違います。)それは家族背景とかいろいろ、カンファレンスして判定会で必要性を認められればの場合です、家族 ケアマネの希望のみではありません。とにかくずっとおいてほしい希望が多いからです。
老人保健施設の目的は、あくまで在宅復帰をめざすなので、...続きを読む

Q特養と老健の就職について

わたしは現在ホームヘルパー2級講座を受講しており、
資格取得次第、特養か老健で仕事をしてみたいと思っています。

わたしの少ない知識では

特養→介護度が重い利用者が多く、介護がすごく大変なイメージ

老健→リハビリを行うので、特養ほど仕事は大変ではないイメージ。しかし給料は安い


という漠然とした想像しかないのですが、

実際、働く側から見た、この両者の施設の違いにはどういった違いがあるのでしょうか?

具体的な仕事内容や給与、メリット、デメリット等、なんでもいいので情報を教えて頂けるとありがたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

特養、老健への就職が可能であれば是非考えてください。

長く勤めるのであれば個人的には特養を推薦します。
要介護度は介護保険制度が改定され重度化して来ました。
でも、それは普通でしょう
高齢化は介護の重度化だから当たり前のことですよ。

社会福祉法人は民間企業と異なり運営は概ね適切です。
委員会活動も活発で研修機会も多いですよ。
その分、当たり前ですが自己研鑽も必要です。

老健は特養に比べればリハビリ・機能訓練が手厚く実施されます。
ただし、リハビリ専門施設と言うわけではないので、勘違いが多いようです…
介護度は特養よりも平均すれば軽いけど、重度化は進んでいます。

収入的には大きな差があるとは思えないんだけど、イメージでしょうね。

*就職すると言っても当面は嘱託雇用で正規職員になるのは先の事だと思います。
以前であれば、採用=正規雇用でしたが、今は経営の安定化と職員の資質問題より数年間は嘱託採用が増えてきています。

職務内容は同じと考えてください。
決められた業務分担の中で時間に追われるように仕事が続きます。
慣れない間は余裕もないので、追いかけられている気がするでしょう
その中で入所者の観察や適切な記録を求められます。
熟練した職員は全て普通に行います。
忙しいと思う仕事の中で気付きを積み重ねて処遇改善を考えています。

これから介護のプロになります。
厳しい指摘も大変な仕事内容も当たり前です。
盆も正月も有りません。
365日24時間をチームで運営して行くのが仕事です。

厳しい言葉を並べましたが、私達は何年も続けています
職員にしか分からない色々な喜びがあるから続けています。



特養・老健の職員募集も増えていますが、採用時の面接は厳正ですよ。
募集があるから採用されると思いこまれている方が多いようです。
常に前向きで頑張る意識を持ち続けてください。

特養、老健への就職が可能であれば是非考えてください。

長く勤めるのであれば個人的には特養を推薦します。
要介護度は介護保険制度が改定され重度化して来ました。
でも、それは普通でしょう
高齢化は介護の重度化だから当たり前のことですよ。

社会福祉法人は民間企業と異なり運営は概ね適切です。
委員会活動も活発で研修機会も多いですよ。
その分、当たり前ですが自己研鑽も必要です。

老健は特養に比べればリハビリ・機能訓練が手厚く実施されます。
ただし、リハビリ専門施設と言うわけで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報