最新閲覧日:

特別養護老人ホームと老人保健施設の違いはなんですか?
老人保健施設は家庭復帰をめざしてリハビリする所のようですが
寝たきりの高齢者が多いということも書いてありました。
寝たきりの高齢者の方々にリハビリ治療をするのでしょうか?
特別養護老人ホームに入居する高齢者と老人保健施設に入所する高齢者の
状態というのは違っているものですか???
教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在私は老人保健施設(以下、「老健」と省略します)で支援相談員として働いています。

特別養護老人ホーム(以下、「特養」と省略します)との違いは、前述されているとおりです。老健が国から期待されている事は「在宅復帰」「地域に開かれた施設」等です。しかし、現状としては特養とあまり変わらないことをしているのかもしれません。archiさんのおっしゃるとおり、寝たきりの人にリハビリをするのかどうか。疑問に思われますよね。寝たきりの方でもリハビリを希望されれば、拘縮予防、離床介助などのリハビリを実施しますが、主としては介護者の介護軽減ということで入所されることが殆どです。また、特養入居待機中だが自宅で介護が出来ないとして利用される方もいます。老健は「在宅復帰」を目指していますが、その地域性によって、施設の役割も異なってしまうこともあります。過疎で施設整備が十分に行き届いていない地域にある老健では、老健でありながら特養の役割を期待され、特養と変わらない入所期間となっているところもあります。反対に、在宅サービスが充実していて、地域住民の団結力が強い地域では、老健が在宅介護を支える機関として機能しているところもあります。話が長くなってすみません。うまくまとめられませんが、私としてはできるだけ利用者が望む余生を作り上げていくように援助したいと考えています。そのためには、家族に外出や外泊、面会等を多く薦め、社会での利用者の居場所を無くさないように努力しているつもりです。
    • good
    • 3

根拠法が異なります。


老人保健施設は老人保健法。
特別養護老人ホームは老人福祉法。

老人保健施設は医療系の施設であるということが言えるでしょう。
ですから、機能回復訓練室というリハビリ施設を持っています。
基本的に家に帰すことを前提としてリハビリ治療を行います。
ですが、特養に入るための前段階の施設として利用されている面もあり、入所者は様々です。

もうひとつ、運営側の問題ですが、老人保健施設は経営をちゃんと行えば利潤を生み出します。

医療法人立が多いのもそのせいです。
    • good
    • 2

>特別養護老人ホームと老人保健施設の違いはなんですか?



建前上の違いは、下記のURLなど参考にされると良いと思います。
http://www.rouken.aichi.med.or.jp/roukentoha.htm

http://www.geocities.co.jp/Colosseum-Acropolis/4 …

確実に違うところと言えば、老人保健施設(老健)には必ず常勤の医師がいますが、特別養護老人ホーム(特養)にはいない(嘱託医はいますが、他の病院の常勤であったり開業医であったりする)、老健にはリハビリの資格を持った人(PT,OTなど)がいるが、特養には必要ないことくらいでしょうか。


>特別養護老人ホームに入居する高齢者と老人保健施設に入所する高齢者の 状態というのは違っているものですか?

現実問題としては、ほとんど違いません。入院治療の必要がなくなったご老人の場合、理想としては家庭に戻って、公的・私的な介護・援助を受けながら生活できるのが幸せだと思うのですが、現状では受け入れてくれる家庭が少ないのです。つまり、お年寄りの事情と言うより家庭の事情が大きいわけです。しかも、特養は原則として一生そこを出されることはありませんので、悪い表現をすれば誰かが亡くなったり重い病気になって長期間病院に入院するというようなことがない限り空きが出来ませんので、なかなか新規の入所が出来ません。そのため、本来なら特養がふさわしいお年寄りの場合でも、老健に入所と言うことになるケースが多いのです。とはいえ、今では老健もどこもいっぱいで、なかなか入ることは出来ません。

参考URL:http://www.rouken.aichi.med.or.jp/roukentoha.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報