主成分についてさきほど質問し、
回答をいただきましたが、補足へいけなかった為、
すぐに回答いただきたいので、再度この主成分のについてお聞きします。

これらの主成分の原子量、密度がわかれば教えてください。
クレヨン
主成分:油脂と顔料(もし、分かれば、赤、黒、青、黄色、白の顔料の主成分とその原子量と密度をお願いします。)
昔は牛脂だったらしいが今は硬化油

新聞紙
主成分:古紙(主にアメリカから輸入している古新聞だそうです)

新聞紙の印刷インク
主成分:アゾ染料かなんかと合成樹脂でしょうか?

絵画用下地塗り剤のジェッソ
主成分:アクリル樹脂とカオリナイト(粘土)

髪の毛
主成分:蛋白質でしょうねぇ。(コラーゲン?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ケラチンはこれを参考にして下さい



http://www.mmjp.or.jp/cosmenet/jiten/j03_02.htm

セルロース図書館で辞書をひいて下さい。
    • good
    • 0

印刷インクは速乾性が求められるため、


亜麻仁油が用いられているはずです。
アマの種を絞って得た油脂です。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

髪の毛はケラチンですね。

まあ、構造はコラーゲンと似てますけど。
    • good
    • 0

すみません、一体この質問趣旨はなんなんでしょう?



セルロースの分子量なんて判るわけありません。
高分子の分子量を表現する場合、特にジェッソのアクリルなどの
人工高分子の場合は分子量分布と言う表現をします。クレヨンの
牛脂や硬化油だって、天然由来ですから、成分ごとの分子量は人
間の作るものなどよりはるかにかっちりしていますが、その中の
組成だって一定ではない上に、硬化油だとしたら分子をいじって
しまっているのでどうなってるかなんて判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この度はつたない質問に回答していただいて、本当にありがとうございました。非常に参考になりました。
質問趣旨は、実は授業において、X線透過実験の吸収係数を調べなければならなかったのでこれらの主成分について質問いたしました。
なにぶん、美術系大学の学生で、化学の知識もつたなく、うまく質問の趣旨を伝えられませんでした。また、的外れの質問をしてしまうかもしれませんが、今後もよろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/18 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こ

アゾ染料の質問です:塩基性染料は接触性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす恐れは無いのでしょうか、又食用色素:赤色102号や黄色4号等は酸性染料になるのでしょうか?

Aベストアンサー

1)アゾ染料はモノによって、色々な毒性が知られ、その量によって、アレルギー症状を起こす事も知られています。繊維に吸着した、アゾ染料は、洗浄してから着用する方がいいでしょう、特にアレルギーに弱い方とか、乳幼児には、。。
2)赤色102号、黄色4号などは、-SO3Na を含んでイルノデ、酸性染料でしょう。ヨーロッパでは規制されていますが、日本では、まだ規制が緩やかです。(残念ながら)、これらは発癌性もあるようで、毎日食べていると確かに健康には、(10-50年後)良くないでしょう。 特に乳幼児によくありません。
3)インターネット で Google > 赤色102, 黄色4 (Wikipedia) 等を調べると色々詳しくわかります。

Q中3理科・・マグネシウム原子1個の質量と銅原子1個の質量の比は何:何か。

(3)マグネシウム原子1個の質量と銅原子1個の質量の比は何:何か。

という問題なんですが・・・。
これの、"解説の意味"が分からないんです。

この問題の前に、


(1)マグネシウム原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・1,5倍
(2)銅原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・4倍


このふたつの問題があり、解くことができました。


で、解説には、


(1)と(2)および、酸素原子1個の質量は等しいことにより、
マグネシウム原子1個の質量:銅原子1個の質量=1,5(倍):4(倍)


とあり、意味がわからないところは、"酸素原子1個の質量は等しい"ということです。

(1)と(2)の問題で、どうして酸素原子1個の質量は等しいのですか?
それぞれ酸素原子1個の質量は2g、4gのはずです。

意味が分からないので解説お願いします。

ちなみによく考えたら、
同じ酸素の質量のとき(マグネシウムと酸素の質量が3:2のとき、酸素を同じ質量にして4:1を8:2にする)
8:3というふうに考えられたんですが、この考えでとたまたま8:3だったんでしょうか?

(3)マグネシウム原子1個の質量と銅原子1個の質量の比は何:何か。

という問題なんですが・・・。
これの、"解説の意味"が分からないんです。

この問題の前に、


(1)マグネシウム原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・1,5倍
(2)銅原子1個の質量は酸素原子1個の質量の何倍か・・・4倍


このふたつの問題があり、解くことができました。


で、解説には、


(1)と(2)および、酸素原子1個の質量は等しいことにより、
マグネシウム原子1個の質量:銅原子1個の質量=1,5(倍...続きを読む

Aベストアンサー

(1)、(2)より、マグネシウムと酸素、および銅と酸素の原子一個の質量を比で表わすと、
 Mg:O=1.5:1
 Cu:O=4:1
となりますね。この二つの比で、「酸素原子の質量に対応する数」がどちらも1なのでそのまま
 Mg:Cu=1.5:4
とできるわけですね。これを「酸素原子1個の質量」は等しいとしてしまっている解説のミスですね。単純に(#1の方の回答のように)「比をまとめると」とする方が余程判りやすい。

Q新聞紙から再生紙を作る実験で苛性ソーダを加える理由について

子供の実験で、新聞紙などをちぎってミキサーにかけて溶解しますが、その後で苛性ソーダを加える工程があります。
これは、残っているリグニンを溶かすためではないかと思うのですが・・。?
詳しい方のご回答をいただけたら幸いです。
子供に聞かれて困っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「古紙の再生工程」
このページの最初の工程に一部記載があるように、
・インク・充填剤・(リグニン)・ヘミセルロース等の分離
です。

ただ苛性ソーダのみでは完全にリグニンの除去は無理でしょう。
主な作用は苛性ソーダによる新聞紙の中のセルーロース繊維の膨潤作用により上記物質の除去が可能になっています。
⇒古紙(新聞古紙等)からの再生紙の製造工程では、脱墨(脱インク)・除塵等をしてセルーロース繊維をある程度そろえて抄紙(紙にする)するのが目的です。
つまり、リグニン除去は少しはあるでしょうが、メインではありません。

チップからの製紙工程の一つでは、リグニンを除去するために、苛性ソーダ+硫化ソーダを加えて処理します。さらに塩素化合物等を使用して、漂白(リグニンの除去)を行います。

新聞古紙の場合、細かいことを言えば上記のように単純ではありませんが・・・?
これは専門家でなければ無視しても良いでしょう!


◎http://www.tochigi-coop.or.jp/sanchi/01-07/0107index.html
(古紙100%)

ご参考まで。

不明の点は補足お願いします。

参考URL:http://www.npaper.co.jp/main/department/genzai/koshi/a_4.html

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「古紙の再生工程」
このページの最初の工程に一部記載があるように、
・インク・充填剤・(リグニン)・ヘミセルロース等の分離
です。

ただ苛性ソーダのみでは完全にリグニンの除去は無理でしょう。
主な作用は苛性ソーダによる新聞紙の中のセルーロース繊維の膨潤作用により上記物質の除去が可能になっています。
⇒古紙(新聞古紙等)からの再生紙の製造工程では、脱墨(脱インク)・除塵等をしてセルーロース繊維をある程度そろえて抄紙(紙にす...続きを読む

Q原子核の密度

原子核の密度を求めるにはどのような計算を行えばよいのでしょうか?
また、電子の密度はどのように考えたらよいでしょうか?
アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

計算できないとか定義できないといわれても困るでしょうね。
確かに陽子の大きさはといわれても決まらないと答えるのが本当かもしれません。でも原子の構造はすきまが大きい、原子の質量のほとんどが原子の中のごく狭い範囲に集中しているという文章は高等学校の教科書にも出てきます。ラザフォードの実験の話も出てきます。
原子核の大きさが原子の大きさの10万分の1ほどだというのも書いてあります。

これで荒っぽく計算してみます。

水素原子1つの質量は計算できます。
1モルで1gですから1つは
1/N=1.7×10^(-24)gです。
陽子1モルと水素原子1モルはほぼ同じ質量です。
半径が10万分の1になれば密度は10^(15)倍になります。
水素原子をファンデルワールス半径(1.2×10^(-8)cm)で
でピッタリ立方体状につめて並べたとすると1モルの体積は
6×10^23×(1.2×10^(-8))3=1.0
となります。
これで1gですから密度は1g/cm^3です。
太陽の密度が1.4g/cm^3ということですからまあまあの値です。
これの10^(15)倍ということでしたから陽子がピッタリ並んでつまっている場合の密度は10^(15)g/cm^3であるという事になります。
陽子だと電気的な反発が強いです。中性子の質量は陽子の質量とほとんど同じです。電気的な反発もありません。
パルサーとして知られている星の正体は中性子星であるということですからパルサーの密度もこんなものではないでしょうか。

wikiには
「1cm^3当たり10億t」という数字が載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%80%A7%E5%AD%90%E6%98%9F

計算できないとか定義できないといわれても困るでしょうね。
確かに陽子の大きさはといわれても決まらないと答えるのが本当かもしれません。でも原子の構造はすきまが大きい、原子の質量のほとんどが原子の中のごく狭い範囲に集中しているという文章は高等学校の教科書にも出てきます。ラザフォードの実験の話も出てきます。
原子核の大きさが原子の大きさの10万分の1ほどだというのも書いてあります。

これで荒っぽく計算してみます。

水素原子1つの質量は計算できます。
1モルで1gですから1つ...続きを読む

Q原子は他の原子から電子を取ったり放出したりしますが、それによって原子そのものの性質は、どの様に変わる

原子は他の原子から電子を取ったり放出したりしますが、それによって原子そのものの性質は、どの様に変わるのですか?

Aベストアンサー

追加ですが中性子星の事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報