ボーナスとして5万円支給したときの
厚生年金保険料と健康保険料などの
かかる税金すべてを教えてください・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

・介護保険未加入(40歳未満)


・政府管掌健康保険加入
・平成19年4月以降支給賞与
・賞与の前月分課税額が所得税率10%の範囲
という仮定条件では、
・健康保険料 2,050円
・厚生年金保険料 3,660円
・雇用保険料 300円
・所得税 4,399円
ぐらいでしょうか。
条件が違えば各金額も違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/23 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与5万円に税金はかかる?

今年初めてボーナスを支給することになりました。
源泉徴収税額表を見たら¥65000未満は¥0となっていたので計上したのですが、前月の所得なども関連してくるようなのですが・・・

毎月所得15万  扶養なし 保険料などの控除もありません

このような場合5万円の賞与の税率は0でいいのでしょうか?

初歩的な質問ですいません

Aベストアンサー

前月の社会保険控除後の金額が65000円未満なら0ですね。%は前月の給与額で決定されます。

今回の場合扶養がなので8%だと思います

Q基本給8万円以下の時の厚生年金保険料について教えてください

最近、経理の仕事を始めたばかりの事務員です。
社会保険料についてご教授ください。

社長の奥様のお給料が今年の1月より
100,000円 → 80,000円に減額になりました。

新しい給与になって3ヶ月たったら社会保険事務所に
月額報酬変更届を出して処理してと言われ、
今日届け出はしてきたのですが、
今月のお給料の明細をどう計算したら良いかわかりません。

1月~3月までは

基本給:80,000円
健康保険料:4,018円
厚生年金:7,348円
手取額:68,634

と書いていました。

社会保険事務所からいただいた保険料額表をみると
基本給80,000円の場合は、

健康保険料:3,198円
厚生年金:空欄

でした。

以上の内容で、

・新給与になってから3ヶ月たってから届け出をするのはなぜか。

・4月のお給料では3,198円のみの控除で良いのか。

を教えてください。

当社の徴収方法は、25日のお給料で預かった保険料を
その月の末日に納入する形になっています。

説明の足りない部分もあるかと思いますが、
よろしくお願いします。

最近、経理の仕事を始めたばかりの事務員です。
社会保険料についてご教授ください。

社長の奥様のお給料が今年の1月より
100,000円 → 80,000円に減額になりました。

新しい給与になって3ヶ月たったら社会保険事務所に
月額報酬変更届を出して処理してと言われ、
今日届け出はしてきたのですが、
今月のお給料の明細をどう計算したら良いかわかりません。

1月~3月までは

基本給:80,000円
健康保険料:4,018円
厚生年金:7,348円
手取額:68,634

と書...続きを読む

Aベストアンサー

固定的賃金の変動による降給があり3ヶ月経過したので随時改定を行ったと言うことです。

健康保険は給料10万円は第5級で標準報酬月額は98,000円
給料8万円は第3級で標準報酬月額は78,000円

固定的賃金の変動+2等級以上の変動で随時改定の対象。

厚生年金は標準報酬月額が98,000円で第1級でその下はないため、変動しません。

厚生年金の受給額は標準報酬月額が98,000円で計算される為にデメリットはなく、
健康保険料は ”健康保険は保険料によって診察、治療内容が変わることがないので少しでも安くしたい”ということです。

・4月のお給料では3,198円のみの控除で良いのか?
ダメです。保険料は毎月翌月末が納付期限なので、前月分の保険料を控除することになります。
4月給与から控除するのは3月分保険料なので3,198円ではありません。4,018円です。

5月控除から3,198円になります。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Qボーナスが10万円だった場合に引かれる税金

ボーナスが10万円だった場合に引かれる税金は
おいくらでしょうか?

20万円だった場合も合わせて教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

その人の年収の税率を使います。
195万円以下   5%
195~330  10%
330~695  20%
695~900  23%
900~1,80033%
1,800超   40%

Q月給からもボーナスからも健康保険や社会保険、雇用保険がひかれるの?

カテゴリ違いでしたらすみません。

今日、名前ばかりのボーナスをもらいました。
今日は給料日ではないし、封筒にも「賞与」とかいてあるので金額は月給ほどなのですが、ボーナスかなにかのようです。
ところが、月給とそっくりの明細が入っていて、基本給とされた額から「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」がいつもの給料と同じだけ、引かれています。
そこでうかがいたいのですが、ボーナスからもそれらのものって引かれるのですか?
このあと、25日にはいつものように月給がもらえるはずです。(恐ろしくケチな会社なのでないのでは?と不安ですが)恐らく、その月給にもおなじ明細がはいっていて、「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」が差し引かれると思います。

ですが、「所得税」とかはわかるのですが、健康保険や雇用保険などは今月はいつもの2倍支払うわけですよね。それって払い過ぎじゃないですいか?
ボーナスってこんなにいろいろ引かれるものなのですか?

実は私は、経理担当の鬼のお局様にとても嫌われていて卑劣な嫌がらせ等を受けています。
給料関係などはすべてお局様が仕切っていて、こんな簡単なことを教えてもらうことさえ、もちろんできません。
それどころか、お局様はものすごくお金に汚い(数百円のものをだまって盗むような)人なのでだまされているのではないかと不安なので、どうか経理関係に詳しい方、よろしくお願いします。

カテゴリ違いでしたらすみません。

今日、名前ばかりのボーナスをもらいました。
今日は給料日ではないし、封筒にも「賞与」とかいてあるので金額は月給ほどなのですが、ボーナスかなにかのようです。
ところが、月給とそっくりの明細が入っていて、基本給とされた額から「健保」「厚保及び基本掛金等」「雇保」「社保等計」「所得税」がいつもの給料と同じだけ、引かれています。
そこでうかがいたいのですが、ボーナスからもそれらのものって引かれるのですか?
このあと、25日にはいつものように月給が...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。
今年の4月から、「総報酬制」というものが導入されることになり、賞与からも月々の保険料と同じ%で保険料が徴収されることになりました。(いままでは賞与の時の保険料は、月々のものより低い%で徴収されていたのです。)
保険料の計算方法は、
賞与の総支給額から1000円未満の金額を切り捨てた額×保険料率
です。
具体例を挙げて説明します。
<例>
政管健保の被保険者に、359,250円の賞与が支給された場合
◎健康保険料(個人負担額)
359,000円×1000分の41=14,719円
◎年金保険料(個人負担額)
359,000円×1000分の67.9=24,376円
となります。
なお、今まで賞与支払時の保険料は、年金の計算対象外でしたが、今回の改正により、年金の計算対象に含まれることになりました。
また、なぜ同月内に2回も払わなければならないかということは、支払う側についてはもっともなご意見ですが、法律で定められていますので、仕方がないですね(^^;)

その他、わからないことがあれば、わかる限りで再回答いたします。
ご参考になれば幸いです。

こんにちは。
現在勤め先で社会保険の事務手続きを担当している者です。
今年の4月から、「総報酬制」というものが導入されることになり、賞与からも月々の保険料と同じ%で保険料が徴収されることになりました。(いままでは賞与の時の保険料は、月々のものより低い%で徴収されていたのです。)
保険料の計算方法は、
賞与の総支給額から1000円未満の金額を切り捨てた額×保険料率
です。
具体例を挙げて説明します。
<例>
政管健保の被保険者に、359,250円の賞与が支給された場合
◎健康...続きを読む

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q社会保険の賞与の対象にならない「大入り袋」について。

設立2年目の会社で経理を担当しております。
先日、社長が年明けに社員全員にお年玉として寸志を支給したいと言い出しました。
支給にあたっての概要は以下のとおりです。
・支給対象は役員を除く社員、アルバイト全員
・金額は一律5万円
・支給方法は現金(予定)
・会社の規定等で、この「お年玉」の支給について記述は一切なし。今年(2004年)のお正月には支給していません。(過去に支給実績なし。)

社会保険事務手続き関連の資料には「事業主が恩恵的に支給する結婚祝金や臨時的に支給する大入袋などについては、賞与にかかる保険料の対象とはなりません。」とありますが、

(1)この「お年玉」は社会保険料の対象になるでしょうか?
(2)社会保険料の対象にならなくても源泉徴収はするのでしょうか?
(3)源泉徴収をする場合、計算はどのようにするのでしょうか?(通常の給料計算の税率or賞与の税率?)
(4)支給時の仕訳(「お年玉」に該当する勘定科目)はどうなりますか?科目を「賞与」としたら社会保険の対象になるような気がするのですが…。
(5)現金では「賞与」になってしまう、ということであれば、例えば支給方法を変更(商品券など)にすることで、社会保険料の対象外になることは可能でしょうか?

なにぶん経験が浅いので、どうすれば良いのかさっぱりです。
よろしくお願いします。

設立2年目の会社で経理を担当しております。
先日、社長が年明けに社員全員にお年玉として寸志を支給したいと言い出しました。
支給にあたっての概要は以下のとおりです。
・支給対象は役員を除く社員、アルバイト全員
・金額は一律5万円
・支給方法は現金(予定)
・会社の規定等で、この「お年玉」の支給について記述は一切なし。今年(2004年)のお正月には支給していません。(過去に支給実績なし。)

社会保険事務手続き関連の資料には「事業主が恩恵的に支給する結婚祝金や臨時的に支給する大入袋...続きを読む

Aベストアンサー

賞与性か祝儀性かの問題ですね。

大入り袋や結婚祝い金は、祝儀性であるため、社会保険の賞与としては判定しません。

さて、お年玉はどうでしょう。
gooの辞書を使って検索してみると

おとしだま 【▽御年玉】

〔「玉」は賜物の意。年玉を丁寧にいう語。もと、正月に神に捧げた餅を各自に分け与えたものをいった〕新年の祝いに贈る金品。子供など目下の者への贈り物にいうことが多い。[季]新年。

となっていますので、ご祝儀として認識されています。

このため、社会保険の賞与支払届を提出する必要はありません。(社会保険料は発生しません。)

また、賞与のかわりにお年玉として支給し、実態としては賞与となっている場合においては、祝儀ではなく賞与として考え、社会保険の賞与支払届を提出する必要があります。

源泉については、専門としていませんのでわかりませんが、本来お年玉と言うのは会社が出すものではなくて、事業主のポケットマネーから出すものではないのかな?なんて思ったりして・・(^_^;)

もし、会社から出すのであれば福利厚生費あたりでしょうか。賞与でもなく給料でもないですし、それこそ不幸があった場合の香典代とかはどの科目で処理してますか?それと一緒でよいと思いますが・・・。

賞与性か祝儀性かの問題ですね。

大入り袋や結婚祝い金は、祝儀性であるため、社会保険の賞与としては判定しません。

さて、お年玉はどうでしょう。
gooの辞書を使って検索してみると

おとしだま 【▽御年玉】

〔「玉」は賜物の意。年玉を丁寧にいう語。もと、正月に神に捧げた餅を各自に分け与えたものをいった〕新年の祝いに贈る金品。子供など目下の者への贈り物にいうことが多い。[季]新年。

となっていますので、ご祝儀として認識されています。

このため、社会保険の賞与支払届を...続きを読む

Q源泉所得税の納付 訂正方法を教えてください。

学童保育の会計をしています。人事・総務系のことは素人なのですが…今回、初めて源泉所得税の納付をしたのですが、金額を間違えて記入及び納付てしまいました。訂正方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続きにより、その後納付する税額に充当します。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_23.htm)からDLできます。


正規の税額(本来納付すべきだった税額)より少なく納付した場合。


税額欄だけを間違えたのであれば、「人員」、「支給額」の欄は空欄とし、税額欄に不足分の税額を記載して、摘要欄に「**年**月不足分(あるいは納付漏れ分)」と記載して速やかに納付します。(税額にもよりますが延滞税の対象税額の場合、納付が遅れるとその日数分延滞税が増えますので早めに納付したほうが良いです)

「人員」や「支給額」欄等も間違えた場合は、それぞれ不足分の人数や支給額及び税額を記載して摘要欄には上記のように記載して納付します。
 

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続き...続きを読む

Q労働保険料の還付についての仕訳について教えてください。

今回、前年度の労働保険料の還付があり、今年度の概算保険料と差し引かれ、普通預金にいくらか戻ってきます。
このような場合、複式簿記的にはどのように仕訳するのでしょか?

[具体例]数値は簡単にしています
・前年度の概算支払い時(\100,000)
法廷福祉費  80,000 現金 100,000  (←労働保険料支払い)
立替金    20,000 (←従業員負担分立替)
・今回、前年度の保険料が確定(\50,000)
労働保険料 \50,000 (内従業員負担分\10,000)
・今年度の概算保険料算出(\40,000)
労働保険料 \40,000 (内従業員負担分\8,000)

差し引き\10000が普通預金に返金される予定です。

ちょっと解かり辛らくて恐縮ですが、
どなたかどうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2072894
の#1です。

これでいいのでは?

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=2072894

Q賞与の社会保険料について教えてください

10月に賞与を出すのですが
こちらの事情で
500円支給という方が、4名います

○500円でも、保険料は発生するのでしょうか?
○また、標準賞与額は「1000円未満端数切捨て」となっていますが
 どのように処理したらよいのでしょうか?
○「賞与支払届」には記入しなければなりませんか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは 時間がたってるのでもしかしてもう解決されたかもしれませんが・・・経験した事なので回答致しますね。

まずご質問の内容から
>500円でも、保険料は発生するのでしょうか?
1000円未満は社会保険料等は発生しません。
>標準賞与額は「1000円未満端数切捨て」となっていますが
1000円未満なので無視です。
>「賞与支払届」には記入しなければなりませんか?
1000未満の方だけ省きます。
例)従業員10名(500円4名、1000円以上6名)・・・6名を賞与支払届に記入して提出

※雇用保険料に下限はありません。1円単位でも控除します。
例)500円×6%=30円・・・A

※所得税にも下限はありません。1円単位でも控除します。
例)賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表で求めた率・・・4%
  500円×4%=20円・・・B

※支給額
例)500円-30円-20円=450円

また、賞与か給与どちらに含めるかとの事ですが、これは今までの会社の方針に従ってください。
今までの10月(臨時?)と同じ仕訳をしてくださいね。(御社は賞与のようですね)
寸志やお年玉など少額のものは給与に含める会社もあります。
しかし、少額の賞与であってもお年玉であってもきちんと賞与として処理し、関係各所へ賞与として届けている所も多いです。
下で回答された方達は給与に含めておられたようですね。
しかし・・・雑費ですか・・・。

私が経験した事というのは、お年玉です。
お年玉も賞与として処理している会社でした。しかし何年間も何の控除もせず賞与支払届も出しませんでした。
後になって気づき恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいでした・・・。
社会保険料等は2年1ヶ月はさかのぼってまとめて納められるとの事です。

上記の事は、19年初めに税務相談室・社保庁・労働局に確認済です(笑)

こんにちは 時間がたってるのでもしかしてもう解決されたかもしれませんが・・・経験した事なので回答致しますね。

まずご質問の内容から
>500円でも、保険料は発生するのでしょうか?
1000円未満は社会保険料等は発生しません。
>標準賞与額は「1000円未満端数切捨て」となっていますが
1000円未満なので無視です。
>「賞与支払届」には記入しなければなりませんか?
1000未満の方だけ省きます。
例)従業員10名(500円4名、1000円以上6名)・・・6名を賞与支払届に記入して提出

※雇用保...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報