人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

安いアイロン、つまりは3000円ぐらいのを
量販店などで売っています。
スチームも付いているやつで、
温度も切り替えられます。

こういうのは、8000円ぐらいのと
どれくらい機能が違うのでしょうか。

安いのを買うとまずいことはありますか?。

A 回答 (2件)

アイロン買うときシゲシゲと見ていて気付いたことは


コードレスが高くコード付きが安い。
コードレスでも充電持続時間が長いと高い。
発熱量が高いと高い。
スチームの噴霧量が多いと高い。
スチームを低温でも噴霧できる場合高い。
などでしょうか?
機能がついていれば高いですが、ご家庭で使用するにあたっては、
アイロン能力自身の差をそんなに感じないように思いますので、
安くても問題はないと思いますよ。
    • good
    • 2

高いアイロンはあまり使った事がないので


比べれないのですが...
私のアイロンはコードレスのやつでそんなに高くなかったです。
¥3900円くらい??
機能も問題なく、高温から低温までいけますが...
コードレスなので、一定の時間以上にコンセントの台に置かないと
ピーピーと警報がついてます。
安いのにそんな機能まで~と思っていたのもつかの間
3カ月もたたずに台に乗せても鳴りやまず...
うるさいのでコンセントをいちいち抜くハメに..
今は勝手に分解して鳴るものを取ってしまいました。
なのでフツ~のコードレスです。(でも一番便利です)
長々と書いてしまいましたが、とりあえずは安くても
十分に良く使えます!と言いたいだけです(^^;
高いのはきっと、部品が良いものを使っていたり...
かなり細かく温度調節がきいたり..とクリーニング屋レベルなのかも。
お役に立てないですが、参考まで。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「~していただく」は尊敬語?

いろんなところで目にする「~していただく」はそもそも尊敬語なのでしょうか?
一般的に尊敬語は動詞に
「お(ご)~になる」
「お(ご)~なさる」
「お(ご)~くださる」
などの言い方がありますが,例えば「理解する」の場合はどうでしょうか?
相手側に「理解してくれましたか?」とたずねる場合「ご理解してくださいましたか?」が正しいと思うのですが,最近は「ご理解していただけ(き)ましたか?」や「ご理解いただけ(き)ましたか?」の方を良く見かけます。この用法は尊敬語として正しいのですか?
また「理解してもらえましたか?」を尊敬語にする場合と区別する必要がありますか?

Aベストアンサー

「いただく」は謙譲語です。尊敬語ではありません。

「理解する」の場合は、
「ご理解いただく」
「理解していただく」
は正しい用法で、
「ご理解していただく」
は誤用です。
「ご理解いただく」は「ご理解をいただく」の省略形と考えます。その「ご理解」は相手方の行為を表す尊敬語。それに「いただく」という謙譲語を用いたもので、正しい用法です。
また「~していただく」は、「理解して」には敬語が使われていません。普通の言い方です。それに「いただく」という謙譲語を付けた言い方です。敬度は落ちますが、間違った言い方というわけではありません。

それに対し
「ご理解していただく」の場合は、
「ご~する」の形が謙譲語にあたります。その「~」に入る「理解」は相手方の行為です。つまり、相手の行為を表すのに(尊敬語を使うべきところなのに)謙譲語を使ってしまっているということです。

「敬語」(菊地康人 講談社学術文庫)ほかを参考にしました。

Qアイロン不要の裾上げテープ、もしくはアイロン針糸不要の裾上げ方法。

緊急に仕事先の制服を裾上げしなければいけないのですが、当方引っ越したばかりで家事家電が揃っておらず、アイロンがありません。
そこで質問なのですが、アイロン不要の裾上げテープは存在しますでしょうか?
もし存在しなければ、アイロン、針糸不要の裾上げ方法がありましたらお教えいただけますと嬉しいです。

皆さん、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、rice_roさん。
アイロンは無くても手鍋とかやかんは有りますか?
まず、百円ショップなどに行って裾上げ用テープ(アイロンで着けるやつ)を買って来ます。
そのテープの説明書を読んでアイロンの設定温度を確認します。
100度前後ならばやかんでお湯を沸かして煮立ったやかんをアイロン代わりして裾上げが出来ます。
もっと高い温度120~160゜くらいだったら手鍋に油を入れて適度に加熱してアイロンの変わりに使えます。
(制服の繊維の対応温度にも気を付けて下さい)
くれぐれも火傷には注意して下さい、お湯はこぼしても大丈夫かも知れませんが油をこぼすと大変なので特に気を付けて作業して下さい。
アイロンのように滑らせたり動かしたりしないで、上から鍋またはやかんで押さえる(置く、押しつける)感じです。
以上です、参考になりますでしょうか?

QPASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか?

PASMOとSUICAのどちらのカードが、便利で使い勝手がいいですか?
東京近辺に住んでいます。今まで不便も感じなかったためどちらのカードも作っていませんでしたが、今回どちらか1つのカードを作ろうと考えています。
事前に申込書などで情報収集しましたが、今ひとつ2つのカードの違いが分からず・・(PASMOでJRだけの定期は作れない、SUICAでメトロだけの定期は作れないようですが、どちらもどちらの路線にキャッシュレスで乗れるようなので、その他の違い(メリットやデメリットなど)があまりよく分かりません。
年会費がかかることとあまりカードは増やしたくないので、この2つのカードの特徴や使い勝手など、またどこかお勧めのカードなどがあれば、どなたか、何かアドバイスがいただけると嬉しいです!!

Aベストアンサー

SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。ただし定期券だけは多分違うかも知れません。
最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの(もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが)なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。

ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。買う場所(駅)によってどちらが入手できるかが決まります。
またどちらも記名式と無記名式があります。カード内部に所有者情報があるかどうかの違いです。定期券として購入したものは、当然の事ながら記名式になります。単なる乗車券変わりのカードとしてカッタ場合には、無記名式も選べるようです。ただし紛失した時の扱いが違うでしょう。

費用はどちらも購入時に500円かかります。この費用は、カードが不要になって駅に返却する場合には、返金してくれます。要するにカードの借用料のようなもので、それ以外に年会費などは一切かかりません。

利用の上で言えば、かつてはSUICAではバスに乗れませんでした。現在のSUICAは乗れますから、全く差はありません。古いSUICAは無料で取り替えてくれます。そしてJRのSUICAで私鉄線だけを乗車券として利用することも、逆にPASMOでJR線のみを利用することもできます。
JRには電子グリーン券の機能があります。主にJR管内なので普通列車の指定席ですが、駅の乗車券の自販機でグリーン券を購入すると、その情報がSUICAに書き込まれます。グリーン券は出ませんが、車掌にSUICAを見せれば、読み取り機に通してそれでOKです。

コンビニなどでの買い物に関しても、SUICAとPASMOは同一扱いです。JR系の売店にはSUICA、私鉄系の売店にはPASMOと表示されていますが、他方でも全く同じ扱いです。
チャージも全く同じで、JRの駅でMASMOにチャージ、その反対も全く同じにできます。コンビニでも同じです。
最近の話ですが、JR東海管内の駅でもJR東日本のSUICAで買い物ができる様になりました。

ですから、現在は利用者にとっては、どれを持っていても実質的な差が全くないと言えるでしょう。逆に言えば、定期を買うのでなければ、録れか1枚だけを買えば良いということになります。

SUICAとPASMOは、現在の所全くコンパチブルです。ただし定期券だけは多分違うかも知れません。
最初に登場したのがJRのSUICAで、後追いで私鉄等のPASMOが登場したのですが、仕様を全く同じに作って表面の体裁だけを変えたもの(もちろんSUICAかPASMOかの情報はありますが)なので、電子マネーとして使う上では、利用者から見れば全く同じです。

ただし、JR系の液ではPASMOは買えませんし、私鉄系でSUICAは買えません。買う場所(駅)によってどちらが入手できるかが決まります。
またどちらも記名式と無記名式があり...続きを読む


人気Q&Aランキング