教えてください。
食品添加物の乳化剤に「ショ糖脂肪酸エステル」がありますが、これば物質名というよりはグループ名のようなものだと思います。
具体的な物質名を教えてください。
できれば食品添加物に指定されているものがいいのですが。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ショ糖」と言えばその構造は決まっていますが、脂肪酸というのは化合物群を示すことばです。


「ショ糖脂肪酸エステル」となると、脂肪酸が多種類あり、脂肪酸が結合する数も決められず、脂肪酸が結合する位置もショ糖にはたくさんありますので、その構造は無限に近いほどの組み合わせが考えられます。

乳化剤として使われるものについては化学工業日報社の「12695の化学商品」に記載があります。

側鎖としてステアリン酸、パルミチン酸、オレイン酸などの高級脂肪酸を持つものが乳化剤として、
酢酸、イソ酪酸などの低級脂肪酸を持つものが比重調整剤として使用されるそうです。

製造法もショ糖と脂肪酸をエステル化してエステルの混合物を得る方法のようですので、完全に構造を特定するのはむづかしいでしょう
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ショ糖酢酸イソブチレート」
http://www.fcg-r.co.jp/additive/data/0187.htm
(ショ糖脂肪酸エステル)

http://www.ffcr.or.jp/zaidan/FFCRHOME.nsf/pages/ …
(FFIジャーナル No.180)

ご参考まで。

参考URL:http://www.fcg-r.co.jp/additive/data/1399.htm
    • good
    • 0

乳化剤というと.おそらくぱるめちん酸かステアリン酸エステルのような気がします。


ここで.ぱるめちんさんやステアリン酸なのですが.食添に使うような低価格では.どちらとも純度を上げられません。ステアリン酸.30%程度ばるめちん酸が比較的純度が高い状態です。というのは.これは比較的純度の高い牛の油をすいてん分解して選られたものですから。c16前後では.特定の脂肪酸にまで純度を上げられません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゾロの100人斬りっていつ?

ワンピースのゾロがバロックワークス相手に100人斬りをしたかと思いますが…あれってアニメだと何話目になりますか??

分かる方回答おまちしてます!

Aベストアンサー

65話だったと思いますが。

Wikipedia - ONE PIECE(アニメ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/ONE_PIECE_(%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1)

| 64話 海賊歓迎の町? ウイスキーピーク上陸
| 65話 炸裂三刀流! ゾロVSバロックワークス
| 66話 真剣勝負! ルフィVSゾロ謎の大決闘!

Q次亜塩素酸は漂白作用がありますが、 塩素酸や亜塩素酸、過塩素酸は聞いたことがないのでどうなんでしょう

次亜塩素酸は漂白作用がありますが、
塩素酸や亜塩素酸、過塩素酸は聞いたことがないのでどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

次亜塩素酸 HClO H-O-Cl 酸化剤や漂白剤・外用殺菌剤・消毒剤などに使用される

亜塩素酸 HClO2 O=Cl-O-H 漂白や二酸化塩素の製造に使われる

塩素酸 HClO3 H-O-Cl=O 漂白にも使わるが爆発物にも使われる
          ‖
          O
           O
           ‖
過塩素酸 HClO4 H-O-Cl=O 有機物の分析の為、酸化分解に使われる
           ‖
           O

どれも存在していますね。

Qショ糖脂肪酸エステルのヒートシール阻害の理由は?

食品用プラスチックフィルムのシーラントフィルム(熱融着フィルム)面にショ糖脂肪酸エステルを塗布し、シール(熱融着)して袋を作ることを考えています。
しかしショ糖脂肪酸エステルを塗布したフィルムはシールできませんでした。
グリセリン脂肪酸エステルやソルビタン脂肪酸エステルを同様の方法で塗布しましたが、こちらはどちらもシールすることができました。
何故ショ糖脂肪酸エステルだけがシールできないのでしょうか。
理由の分かる方、教えてください。
また何らかの方法によって、ショ糖脂肪酸エステルはシールすることができるようになるのでしょうか。色々用途を考えると、ショ糖脂肪酸エステルが良いので、これを使いたいと思っています。

Aベストアンサー

ショ糖脂肪酸エステルは、製造条件によって親水性から親油性までの幅広いHLB(Hydrophile-Lipophile Balance Value)のグレードが製造されています。特に高HLB品は親水性が高く、これは、ショ糖脂肪酸エステルには、脂肪酸と結合するショ糖1分子中のOH基の数が、他の乳化剤より多いためです。ショ糖脂肪酸エステルは乳化性能をはじめ、可溶化性能、油脂の結晶成長抑制能、離型性が良くなり歩留まりが向上する滑沢性能、耐熱性菌に対する抗菌性能などの多くの機能を有しています。

滑沢性能の高さあたりが、原因かと考えられます。低HLB品のショ糖脂肪酸エステルにすればシールできる可能性が高いと思われます。

Q食品添加物のキレート作用について

以下、よろしくお願いします。
<例>
・グリシン
甘味があり、いか、えび、かにの呈味成分のひとつです。緩衝作用、キレート作用があり、酢の酸味をやわらげ、塩かどを取る効果もあります。また微生物の生育を抑える作用もあり、日持向上効果もあります。
****
ここで、挙げている「キレート作用」とは、どういう意味ですか?色々調べてみるのですが、納得がいく答えが見つかりません。
具体的な例を挙げて教えて下さい。
また、緩衝作用についてもご教授頂けるのであれば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金属と反応します.製品の中の不純物の金属を捕獲し安定化を図る事が考えられます.
 http://www.yuki-gosei.co.jp/special/glycine04.html

ミネラルなどを吸収し易くする作用があります.
 http://www.vt7874.jp/eiyouso/Glycine.htm

(株)マルシンフーズに問い合わせるといいですね.
  http://www.marushin-foods.co.jp/other/contact.html

Qモーリス・ドニの作品集

以前に新潟の美術館で特別展を見て以来、フランスのナビ派の画家モーリス・ドニが大好きです。
作品集などが欲しいのですが、見つかりません…。
海外でもいいので、もしモーリス・ドニの作品集についてご存知の方がいらっしゃいましたら情報よろしくお願いします。

また、モーリス・ドニのポストカードも探しています。
ここで買えたよーなどなんでもいいので情報お待ちしております。

Aベストアンサー

にらめっこは、美容にもよくないのではと思い補筆です

一度お電話で、添付の老舗で良く相談の乗ってくれる
本屋さんにご連絡をしてみては如何ですか

乃至は、アマゾンフランスで(日本語版とほぼ同じ)から注文も出来ます
http://www.amazon.fr/Maurice-Denis-1870-1943-RMN/dp/2711850536

尚、前回のサイトから注文画面へと進みますと日本への送料が
本代以上の40ユーロと出ていますので、購入の際の参考にして下さい
http://www.dessinoriginal.com/boutique/panierb.cfm?code_lg=lg_fr

参考URL:http://www.francetosho.com/

Q脂肪酸の合成成分

こんにちは!
脂肪酸の合成成分はなにか教えてください。
インターネットで調べてみても、よくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
生物系の授業なら、体内の脂肪酸の合成プロセスでしょう。
それならアセチルコエンザイムAですAc-S-COAと書きますね。

Qエステルの命名法

エステルの命名法について伺います。

大きな括りとしての「硫酸エステル」は「a sulfate ester」「a sulfuric acid ester」「a sulfuric ester」のどれが正しい、または一般的でしょうか?
同様に「酢酸エステル」「コハク酸エステル」「リン酸エステル」などについても同じ命名ルールが当てはまるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>「-ate ester」という表記が正しいのか、それとも「- acid ester」、あるいはこれから「acid」を除いた表記が正しいのか

正しいかどうかと言えば、「どちらも正しい」と思います。
論文中では「-ate ester」の方が頻繁に使われるというだけです。
それは「紛らわしくなければ短い方が良い」という原則のせいです。

Q酸化剤と還元剤 SO2+PbO2→PbSO4 という問題でSO2が酸化剤なのか還元剤なのか分かりませ

酸化剤と還元剤
SO2+PbO2→PbSO4
という問題でSO2が酸化剤なのか還元剤なのか分かりません(TT)

できればなぜ酸化剤なのか、またはなぜ還元剤なのか教えて頂けるとありがたいです

Aベストアンサー

この問題は厳密には色々問題点がある。

出題者の意向に沿えば
PbO₂ は、O²⁻×2より、Pb⁴⁺
            ↓
PbSO₄ は、SO₄²⁻より、Pb²⁺

Pb は還元されているで、相手のSO₂は当然還元剤

この問題は、実は根が深くて、
「SO₂は酸化剤か還元剤か聞いている」
基本は、常に酸化数を考える。
SO₂ → SO₄²⁻となっているので、
SO₂ は電荷ゼロなのでトータルゼロ
SO₄²⁻ は、トータル -2価
  酸素は、常に²⁻と考えるので、[SO₂ⁿ]+[O₂⁴⁻]=SO₄²⁻ より、n=2+ですね。
  SO₂⁰ → [SO₂²⁺] なので、酸化されているので還元剤

SO₂は酸化剤という固定は、決してしてはならない。
 反応によって酸化剤にも還元剤にもなります。
 
 化学に限らず、理科は公式を覚えるのではなく、きちんと理由を理解することです。そのほうが簡単だし、間違えることもない。

Qエーテル結合 エステル結合 アミド結合

主要な官能基はだいたい~~基という名前なのに
エステル結合、エーテル結合、アミド結合 は~~結合という名前ですよね
エステル基などという場合もありますが多くはエステル結合などとよんでいますよね

これはなぜですか?
素直にエステル基、エーテル基、アミド基と呼べばいいのと思うのですが?

もしかして「エステル結合」は官能基の名前ではなく結合自体を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に、アルボニル基とかアミノ基というのと同列でエステルやアミドを語る時にはエステル基とかアミノ基と言うことが多いと思います。

それに対して,エステル結合とかアミド結合という場合には、たとえば、ポリエステルとかペプチドのように、小さい単位をつなげている官能基と言う主旨で使われることが多いので、それをつなげている官能基と言う意味でエステル結合とかアミド結合と使うんじゃないですか。

個人的にはエステル結合という言い方はほとんどしませんし、アミド結合にしてもタンパク質とかポリアミドの場合ぐらいです。だとすれば、生体高分子とかポリマーを扱う人はエステル結合やアミド結合という言葉の使用頻度が高くなるでしょうし、低分子を扱う人はエステル基(単にエステルと呼ぶことが多いですが)とかアミド(基)と呼ぶことが多くなると思いますよ。

要は、官能基と見るか、構成単位をつないでいる原子団としてみるかの違いじゃないですか。ある意味、単なる習慣と言ってもいいのかもしれませんけど。

Q通常の多価不飽和脂肪酸はall-トランス1.3-ブ

通常の多価不飽和脂肪酸はall-トランス1.3-ブタジエン構造をしている。

この文章はどこが間違っているのでしょうか?
訂正をお願いします。

Aベストアンサー

「成体脂質」でググると分かるけど、その言明はまるっきり間違いだよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報