親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

航空会社が飛行機の搭乗を拒否している乗客のブラックリストみたいなものがあるというのは本当でしょうか。
飛行機の搭乗を拒否している乗客とは、どういう人たちなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

色々とありますが、機内で警告したのにタバコを吸う人、携帯電話等の電子機器類を使用する人です。



現在は分かりませんが、以前だと。。。
再三の注意にもかかわらず改善頂けない場合は、警告文の書かれた紙を渡されました。
レッドカードみたいなモノです。


他にも理由は色々とありますが、運行に差し支えのある場合が殆どです。
以前に、注意しても携帯で通話を続けた人が離陸直前に叩き降ろされてましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/04/29 19:46

≫ブラックリストみたいなものがあるというのは本当でしょうか。


本当です。過去に問題を起こした人は拒否する場合があります。
航空機の場合は安全確保のために拒否することが認められています
(拘束することを含みます)

≫搭乗を拒否している乗客とは?
各航空会社の旅客運送約款で決められています。

・重傷病者や8歳未満の小児で付添人のない場合。
・危険物を持っている場合。武器、火薬、爆発物、薬品、引火しやすい物品、など。
・他の旅客に不快感を与えまたは迷惑を及ぼすおそれのある場合。
(酔っ払って暴れたりすると縛られます。)
・旅客自身や他人、航空機、物品に危害を及ぼすおそれのある行為を行う場合。
・業務員の邪魔をしたり指示に従わない場合。
・許可なく、機内で、携帯電話機、携帯ラジオ、電子ゲーム等電子機器を使用する場合。
・機内で喫煙する場合。

さすがに飛行中に放り出しはしませんが。

ドイツの航空会社だったと思いますが、あまりに体臭のひどい乗客の搭乗を拒否した事例があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり、ブラックリストがあるのですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/04/29 19:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJALブラックリスト

JALのサポートに電話で多少クレームじみたことを言うとブラックリストに載るらしいのですが、これはあくまで破綻前の超高飛車時代の話で、現在はどうなんでしょうか?
例えば破綻後にお客様が第一で、サポセンの人間はお客様から怒鳴り散らされてなんぼだみたいに心を入れ替えたのでしょうか?
むしろサポセンの人間がお客様を選別したり評価をするなんてとんでもないことだと思うのですが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言えば、苦情程度であれば何ら問題ありませんが、脅迫や詐欺の目的など犯罪紛いの過剰な要求を行なうなど業務の妨害にあたる行為を繰り返すなどした場合は、サービスの利用を制限される場合があります。

また、業務委託に関して間違った認識の方がおられますが

根本的に業務請負先(ベンダー)が複数の業務委託元(クライアント)の情報を共有することはありません。

例えば、同業であるA社とB社の両方のコールセンターをC社が請負っている場合でも、企業の財産である顧客情報等をベンダーであるC社を介して共有することはありません。

ですので、『大手サポート代行業者は「沢山の会社の顧客の情報を持っている」ので、JALのサポートで「対応要注意」ってマークされると、同じ代行業者を使っている別の会社のサポートに電話した時に、最初から「対応要注意」にされちゃいます。同一のサポート代行業者が電話を受けているのですから、そうなって当然ですよね。』

このようなことは通常であれば起こり得ることはまずありえません。

こんなことがまかり通っていれば、ベンダー企業はクライアント企業からの信頼を失います。

また、クレーム等の処理に関しては、殆どの場合は、ベンダー側で解決します。
コールセンターにおいては、スーパーバイザーが対応しますが、カスタマケアなどの専門部署がある場合もあります。
もちろん、ハードクレームや金銭の賠償など法的手続きが必要なものに関しては、クライアント側の社員(customer relations managementや、更に上位のexecutive relations management)が対応することが多いです。

少なくとも、ベンダー社員の立場としてはクライアントのサービスネットワークの一員=クライアント側の従業員です。
極希に、コールセンターのオペレーターに対して、社員かどうかと質問される方がおりますが、原則的には、お客様がお電話された先の企業の社員として対応していることになります。
ですので、請負かどうか、社員かどうか、と言うのはお電話されるお客様には関係ないと思っていただければ良いかと思います。

また、業務自体が請負で合っても、クライアントの意向に沿った運営になりますので、クレームに対する対応もクライアントにより異なります。
最初に電話にでるオペレーターにクレーム処理の権限がある場合も、ない場合もあります。

また、ほとんどの場合、各クレーマーに対する応対方法に関してはコールセンター内において共有されていますので、オペレーター個人の判断でお客様を選別することはありません。

ハードクレーマーとして、サービス利用が制限(ブラックリスト)されるまでの流れは以下のようになります。
(1)クレーム内容に対して、会社側に過失が認められない。

(2)最初に対応したオペレーターでは解決できなかった。
→以後、当該顧客の対応は二次対応者によって行われ、当該顧客から入電があった場合は、二次対応者に転送するように、顧客情報管理画面(CTI)上に、その旨が表示されます。

(3)二次対応者(SV等)でも問題の解決に至らなかった。
→以後、該当顧客の対応は三次対応者によって行われ、当該顧客から入電があった場合は、三次対応者に転送するように、顧客情報管理画面(CTI)上に、その旨が表示されます。

(4)三次対応者(CRM)でも問題の解決に至らなかった。
→この時点で、担当者は問題解決のためお客様に柔軟な提案を行う場合が、あります。ただし、それは会社側の結論になりますので、合意できなければその時点で、お客様には制限が設けられます。

(5)最終担当者(ERM)に関しては、会社側の過失により、お客様に損害を負わせるなどした場合に応対する窓口になります。
→ほとんどの場合、ERM担当者への連絡はベンダー社員では行うことができません。従いまして、ERM案件に関しては、CRM担当者への転送後、さらにCRMからERMへの転送となる場合が殆どです。

このように、ほとんどの場合は(4)の時点で目出度くブラックリスト入りすることになります。

尚、コールセンターの運用は企業により異なるので、必ずしもこの通りとは限りません。

共通して言えることは、正当な理由があるクレームに対して、ブラックリストに入れるようなことは、会社にとっても損失につながるため、ほとんどの企業ではありえないと思っていただければいいと思います。

結論から言えば、苦情程度であれば何ら問題ありませんが、脅迫や詐欺の目的など犯罪紛いの過剰な要求を行なうなど業務の妨害にあたる行為を繰り返すなどした場合は、サービスの利用を制限される場合があります。

また、業務委託に関して間違った認識の方がおられますが

根本的に業務請負先(ベンダー)が複数の業務委託元(クライアント)の情報を共有することはありません。

例えば、同業であるA社とB社の両方のコールセンターをC社が請負っている場合でも、企業の財産である顧客情報等をベンダーであるC社を...続きを読む

Q搭乗拒否されました

先日、中国へ旅行し、帰国時のことです。
空港で搭乗チェックインを済ませ、出国手続きをし、出発まで50分ほど時間があったので、ゲート近くでお土産の購入や食事をしていました。
出発前30分(Boarding time)を過ぎてしまい、出発17分前にゲートに着いたのですが、飛行機への搭乗拒否を受けました。
搭乗チケットには出発15分前でゲートが閉まると書いてあり、係員に何度も説得したのですが、なぜかBoarding timeの15分前に来てないからダメだと言われました。搭乗拒否したのは機長からの判断だったようです。同じように乗れない方が他にもいました。
結局、予定していた飛行機には乗れず、翌日仕事を休むわけにはいかないため、チケット代10万という別の航空会社の飛行機で帰国するはめになりました。
Boarding timeを過ぎてしまったのは悪いとは思いますが、出発まで15分以上あったにも関わらず、搭乗拒否されるということはあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
春秋航空の国際運送約款を見たところ、搭乗に関しては次のように記載されていました。

第十二章 搭 乗
第五十条 一般の規定
(二)旅客が時間通りに春秋航空の空港ゲートに到着しない、或は搭乗手続きをしない場合、フライトを遅延しないように春秋航空は旅客の予約した座席を取り消す事が出来ます。そのために出た損失と費用には、春秋航空はその責任を取りません。

とあります。また、春秋航空の北京首都空港の案内には
「搭乗ゲートはご出発予定時刻の15分前にクローズとなります。定刻どおりに出発できるよう、指定時間内に搭乗ゲートにお越しください。」
とだけ記載されています。おっしゃる通り厳密な時間の記載はありません。

ということは、ボーディングパスに書かれたゲートクローズの時間より前にゲートに到着していないとみなされた旅客は乗れなくても航空会社に責任はないということになります。誰がみなすか? それは航空会社、もっと限定すればその機の機長とゲート責任者です。旅客には権限がないのです。

そしてご質問の
>チェックイン時に口頭もしくは書面であらかじめnoticeというのは、搭乗券に書いてあれば、私たちが了承したということでしょうか?
に対する答えはYesです。搭乗券に書かれていなくとも、チェックイン時に口頭で言われたことも有効です。
意外と知られていませんが、出発時刻(Departure Time)は正確には、乗降口のドアが閉められる時間を指すものですが、LCCは定時運航率を上げる為に、ゲートクローズの時間を出発時刻にしているところが結構あります。これが旅客積み残しの原因の一つとも言われていますが、逆にLCCを利用する場合は心しておかれるとよろしいかと思いますし、「安いのにはそれなりの訳がある」ことを肝に銘じて、時間に余裕をもって利用なさるのが一番よいと考えます。

最後に、旅客として正当な理由があって、納得ゆく説明をもとめるのはクレーマーでもなんでもありません。クレーマーというのは不当な理由で、不当な見返りを求める人(たとえば航空会社からの見舞金とか、一般常識に照らして過度な謝罪を要求するetc)の人のことです。相手が春秋航空ですからおそらく完全に納得いく説明をもらえないかもしれません。が、これからも利用なさるのであればもやもやしたままになさるより、冷静にきちんと説明を求められることは何の問題もないと私は思います。

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
春秋航空の国際運送約款を見たところ、搭乗に関しては次のように記載されていました。

第十二章 搭 乗
第五十条 一般の規定
(二)旅客が時間通りに春秋航空の空港ゲートに到着しない、或は搭乗手続きをしない場合、フライトを遅延しないように春秋航空は旅客の予約した座席を取り消す事が出来ます。そのために出た損失と費用には、春秋航空はその責任を取りません。

とあります。また、春秋航空の北京首都空港の案内には
「搭乗ゲートはご出発予定時刻の15分前にクローズ...続きを読む

Q航空会社にクレームの手紙を出すとブラックリストに載るのでしょうか

飛行機に乗った後、航空会社にクレームの手紙を出すと、航空会社のブラックリストに載るのでしょうか。
その後、搭乗拒否をされることもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

登場拒否をするブラックリストが、日本国内で実在するかどうかは知りませんが、要注意人物のブラックリストはあるようです。つまり、口煩い客が乗るから粗相のないようにって事ですね。1回や2回のクレームでそうなるとは限りませんが、キャビンアテンダントが緊張するお客にはなるかもしれません。そうなると、呼び出しチャイムを鳴らすと最優先で飛んでくるでしょうから、快適かもしれません。

Q「全日空の搭乗拒否」について教えてください

全日空では、搭乗手続き終了後、どのような場合に搭乗拒否をするのでしょう?その場合乗れなかった時のチケット代はどうなるのでしょう。

Aベストアンサー

No.1です。失礼。カテゴリーからANA国際線のことと気が付きました。

こちらからどうぞ。
https://www.ana.co.jp/sitehelp/int/yakkan_int/yakkan_j_08.html
第9条(運送の拒否および制限)

Q飛行機の座席は代わってもらえるでしょうか?

今年の五月に沖縄旅行のため親子3人(子供7歳と5歳)で飛行機を取りましたが、あいにく3人並びの席が取れませんでした。

窓側から2席を子供達に座らせ、その真横の席がもう埋まった状態で通路を挟んで斜め後ろが私の席です。
目には届くので安心なのですが、子供達は二人とも飛行機が初めてでとても緊張しています。
できれば真横の席についてあげたいのですが、こういう時ってその座席の人に言って交代はしてもらえるものなのでしょうか?

それとも、なにかあった時の安全上、不可能なのでしょうか?

飛行機は何度か乗ったことはありますが、こういったケースは分からないので、どうか教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 航空券は、列車の指定券と違い、出発の10分前までに搭乗手続きをしないとキャンセル待ち乗客を乗せるので、変更可能な正規料金航空券などなら、適当に予約しておいて、仕事の都合などでどんどん変更したり、何も連絡なく乗り遅れる人も多いようです。
 このため、当日少し早めに空港に行き、機械での搭乗手続きではなく、窓口へ行って、窓口で並び席で空いている箇所がないか再確認して搭乗手続きしましょう。その時点でもまだ無理で斜め後の席で搭乗手続きした後も、出発10分前の搭乗手続き終了時間くらいで、再度空いた席がないか確認してみましょう。それでもないなら、機内に入って客室乗務員にすぐ相談してみましょう。
 航空機は、どのお客さんがどの席に座ってもいいというわけにはいかない場合があります。非常口座席には、15歳未満の人、身体障害者、幼児連れのお客さん、日本語や英語が話せない人などは座れません。また、介護が必要なお客さんや要注意旅客、VIP旅客、マイレージ上級会員等は各担当客室乗務員が決まっていて、どの席に座るか事前にミーティングしているはずです。あなたもお子様連れ旅客として把握されていると思います。要介護旅客や要注意旅客などは、非常口座席などは避け、客室乗務員の目の届きやすい席に、担当客室乗務員1人に集中しないように分散しているはずです。このため、席を代わってもらう場合でも、なるべく客室乗務員に了解をもらってからにしましょう。自分で席を交替した場合でも、すぐ客室乗務員に報告しておきましょう。
 沖縄の離島を結ぶ、超小型のプロペラ機ではないですよね。こんな小型飛行機では、乗客の重量配分も考慮して席を決めていますので、たとえ空席があっても勝手に代わってはいけません。必ず了解をもらってから代わりましょう。
 

 航空券は、列車の指定券と違い、出発の10分前までに搭乗手続きをしないとキャンセル待ち乗客を乗せるので、変更可能な正規料金航空券などなら、適当に予約しておいて、仕事の都合などでどんどん変更したり、何も連絡なく乗り遅れる人も多いようです。
 このため、当日少し早めに空港に行き、機械での搭乗手続きではなく、窓口へ行って、窓口で並び席で空いている箇所がないか再確認して搭乗手続きしましょう。その時点でもまだ無理で斜め後の席で搭乗手続きした後も、出発10分前の搭乗手続き終了時間くらいで...続きを読む

Q新人研修について

最近、ビジネスグランドワークスという会社で短期の新人研修を受けました。

体育会系のノリで、とにかく大声を出させます。
自己紹介や挨拶、それだけならまだしも、
トイレに入る時や誰かが前を通るときも全て、
大声で「失礼します」、や「どうぞ」、と研修中ずっと大声を出さなければなりません。
また声がでないとやり直し!みたいなことで何回もやらせて、ホントバカみたいな研修です。

大声でかつ15秒(早口)で、何か販売のルールみたいなのもを読ませてたりもします。
喉がかれるほどの大声と早口なんて何の意味があるのでしょうか?
最も重要なことは、お客様にわかりやすく、伝えることが重要だと思います。


また、意見を聞いて、かならず、先生が思ったような意見がなかったりだと、
しつこく聞いてきてきて、その意見が出るようにします。
結局はその反論の意見に対して否定するだけで、筋書き通りの説明するだけなのです。
教育させるために、わざわざ思ってもないことを無理に言わせるなんてどうかと思います。

また何か感想をいうと、それは違うよ的なことをいって、
個性の否定に近いことをいいます。
なら聞くなよ!と思うのですが。


もちろん、敬語などを教育など役に立つものもありますが、
上記の内容がくだらなさ過ぎて飽きれます。
餃子の王将の研修が酷いとネットにのっていましたが、
近いのかな?と思ってしまいました。


質問
販売系の新人研修なのですが、こんなのが普通の研修なのでしょうか?
委託の仕事なので、独自の研修ではなく、研修会社を使ってるので、しょぼいのでしょうか?
それともこんなものですか?
研修会社が行っている内容を、会社は理解しているのですか?

よろしくお願いします。

最近、ビジネスグランドワークスという会社で短期の新人研修を受けました。

体育会系のノリで、とにかく大声を出させます。
自己紹介や挨拶、それだけならまだしも、
トイレに入る時や誰かが前を通るときも全て、
大声で「失礼します」、や「どうぞ」、と研修中ずっと大声を出さなければなりません。
また声がでないとやり直し!みたいなことで何回もやらせて、ホントバカみたいな研修です。

大声でかつ15秒(早口)で、何か販売のルールみたいなのもを読ませてたりもします。
喉がかれるほどの大声と早口なんて...続きを読む

Aベストアンサー

この春大学を出られ無事就職をされたのですね。
きびしい就活の末の就職のはずですね。
自身の会社で新人研修をされていないところを見ると 大手ではないのでしょうか。
販売、営業系で国内もしくは地域内での営業をしている会社で求めている人材とは、会社を発展させる能力を持つ人より 会社を維持してくれる人でしょう。あまり発展性の企業ではトップは限られて人間で十分で必要であればいくらでも有能な人材を引き抜いてこれます。
ある程度規模が大きくなったが市場規模であまり成長が見込まれない会社がほとんどです。
新入社員も現場の戦力としか見ていないでしょう。
求められるのは、決められたことをいかに早く正確に実行し成果を残せる人材です。
無理をいってもやり通すことができる人材です。
このような人材にするために トップ20%以下の学卒に対して求めるのは 知識の教育ではなく 考え方の教育です。つまり 会社の無理難題を批判せずに実行できる人材の育成です。
そう意味で 貴方の受けた新人教育は 会社の意図するものでしょう。
昔は中間管理職を育成するために学卒を採用しましたが、情報化が進みすべてがパソコンを通して業務が動きますから 比較的 判断業務、企画業務が少ない販売・営業系の仕事は努力、精神的なものが重要視されるのではないですか。

Web上で
 株式会社ビジネスグランドワークス. 企業PR. 知識集積型研修を最小限にとどめ、精鋭講師による体験学習、事例研究、ロールプレイを多用した行動習得型研修で、研修効果の高い人材育成、能力開発をサポートしている研修会社です。
となっています。

入られた会社が求めているものがはっきりされているようです。
この方針に納得されないのならもっと能力を生かせる会社を探すべきです。




この春大学を出られ無事就職をされたのですね。
きびしい就活の末の就職のはずですね。
自身の会社で新人研修をされていないところを見ると 大手ではないのでしょうか。
販売、営業系で国内もしくは地域内での営業をしている会社で求めている人材とは、会社を発展させる能力を持つ人より 会社を維持してくれる人でしょう。あまり発展性の企業ではトップは限られて人間で十分で必要であればいくらでも有能な人材を引き抜いてこれます。
ある程度規模が大きくなったが市場規模であまり成長が見込まれない会社がほ...続きを読む

Q電車の遅延で飛行機に乗れなかったら?

成田までは、日暮里から京成線(特急)に乗ります。
いつも時間に余裕をもって、2時間半くらい前に着くようにしています。
先月、中国に行った時のことですが、
京浜東北線で人身事故がおこり、途中で電車がストップしてしまいました。
幸い10分くらいで解消されたので、間に合ったのですが、電車が原因で飛行機に乗れなくても、何の保証もないんでしょうか?(あきらめるしかないのでしょうか?)
自動車の場合は、本人の責任だと思うんですが、電車の場合はどうなんでしょう?
駅のホームでストップしてしまった場合は、他の線を使ったりタクシーを使ったり(この料金も気になりますが)考えられますが、駅のホームではないところで止まってしまったら、身動きとることができません。

間に合うかどうか?かなりイライラして、精神的に苦しかったのですが、こういった経験のあるかたいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

そうですね、言ってしまえば運が悪かったとしか言いようがないですね。。。

いかなる理由でも電車の遅延で航空会社が補償する必要はないはずです。「補償」とはお客さんの代わりに航空会社自らの懐を痛めて「償う」ことです。しかし航空会社の「誠意」「サービス」として次の自社便に振替えることは可能と思います。ただし、あくまで自社便です。もしお持ちの航空券が割引航空券ならば他社の便に振替えることは不可能です。他社に振替えた場合、振替えを依頼した会社は、受ける側の会社に普通運賃を支払わなければなりません。自分のところには割引運賃分しか入ってこないのに、普通運賃分を他社に支払わなければならないなら、ましてそれが自分達には何の落ち度もない理由によるならば尚更、他社振替えは不可能です。

こういう時のためには、やはり自由に旅程変更ができる普通運賃がお勧めですね。特に出張であるならば尚更ですね。

Q「15日まで」とは、15日は含まれますか?

15日までに書類を提出しなくてはいけなくて、
私は15日も含まれると思っていたのですが、
14日中に書類を提出してほしかったと言われてしまって。。

「●日まで」というのは、その日は普通含まれるのでしょうか。。

Aベストアンサー

>「●日まで」というのは、その日は普通含まれるのでしょうか

言葉の上では、その日は含まれます。

ここから先は独り言

だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。

 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく
 れ」と言ったとします。言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。
 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック
 したいかもしれないですね。できれば
>14日中に書類を提出してほしかったと
 言われることも会社組織のなかではあることですよ
 ね。

 「だったら、そう言って下さいよ。」って言えませ
  んよね。

  また、本当に15日中で提出がいいとしても終業
  間際に提出してたらだめですよね。

もう一つ、ちょっと違うけど、

  「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで   ください。」と言われたら、15日のうちなら
  何時に振り込んでもいいのではないですよね。
  当然相手口座に15日中に入金されていなくては
  ならないですよね。質問とは関係ないですけど。

「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました
から。
  
14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。
確かに質問者は正しい。でもネ。
人生、先手先手。

「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。」

な~んてね。

>「●日まで」というのは、その日は普通含まれるのでしょうか

言葉の上では、その日は含まれます。

ここから先は独り言

だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。

 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく
 れ」と言ったとします。言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。
 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック
 したいかもしれないですね。できれば
>14日中に書類を提出してほしかったと
 言われることも会社組織のなかで...続きを読む

Q飛行機に乗ると、お腹にガスがたまってしまいます

欧米線の様な長距離フライトに乗っていると、段々ガスがたまってきて、おならをしたくなってきてしまいます。
1回トイレに行っても、その後すぐにたまってしまいます。
通路側であれば、トイレにすぐ行けるので、問題無いのですが、窓側で混んでいると何回もトイレに行くのは気がひけてしまいます。
ビール等の炭酸類を飲むからかな、と思って、炭酸類を控えても、同じでした。
トイレに行っても、ほとんどの場合、大便は出ません。
これって、何らかの薬を飲めば、直るものなのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

外資系航空会社の乗務員をしています。

前の方も書かれていらっしゃいますが、機内でお腹にガスがたまるのは、普通の現象です。 (お恥ずかしい話ですが)私は、サービスの合間にトイレチェックを兼ねてお化粧室へ行き、なるべくガスを出しておくようにしています。 サービス中に出そうになると辛いので・・・。

同僚が「フレッシュ・オレンジジュースを飲むと体内でガスが余計に作られるので、飲むならアップルジュース」と言うので、いつだったか、(サービスの合間に)オレンジジュースを全く飲まないでアップルジュースや水、紅茶などを飲んでいた便では、確かにお腹の張りが少なかった気がします。

とにかく、お腹の張りは、全てのお客様(そして乗務員)が密かに体験している自然現象なのですから、asahicho さんも密かに放出なさってかまわないのですヨ!

Q国内線 空港には何分前に着くべきでしょうか?

来週、関空から羽田に行きます。
関空までの電車の時間がぴったりの時間のものがなく、
1時間以上前に着くか、ぴったり30分前に
着くものかしかありません。

朝、7時20分発の飛行機です。
6時50分に関空につく電車だと遅いでしょうか?

国内線は30分前で十分だと聞きましたが、
もし込み合っていたりしたらと不安になりました。

Aベストアンサー

関空-羽田間を、年に4~5回往復しています。
結論から言いますと
「間に合うけど、おすすめできない」です(^_^;)

国内線の場合(知る限り、JALとANAでは)
「搭乗手続きはご出発の15分前まで」ですので、
7:20のフライトなら、理論上7:05にチェックインできればOK。
関空に6:50に到着して、まっしぐらに目的地に向かえば
6:55~7:00にはチェックインカウンターへ着きますので、
可能と言えば可能ですが、
もし電車の切符を紛失したり、電車がちょっと遅れたり、
トラブルが少しでもあったら一発でアウトです。
慣れてらっしゃらないなら、おすすめできません。

『間に合わなければ、次の便に振り替え』るなら賭けてみてもいいと思いますが、
『絶対その便に乗る必要がある』なら、
ちょっと大変ですけど1時間以上前に着く方をおすすめします。
早めに着いて、手続きも済ませてからゆっくり朝ゴハン、は如何でしょうか。
マクドなんか6:15からやってるようですし(^_^;)

尚「搭乗口へは手荷物検査を済ませ10分前までに」
となっておりますので、
もし50分に着いた場合は、ダッシュでチェックインして、
そのまままっすぐ、搭乗口へ向かって下さい。
最近、手荷物検査も混んでいる時があります。

15分前にチェックインしてから搭乗口に10分前に、って
「ちとムリなんじゃ(^_^;)」と思うのですが(笑)。
要は、それはあくまでデッドラインで、もっと早く手続きしろ、
ということなのでしょうね。

先日、おおいなる思い込みから、
「搭乗手続きに余裕で間に合ったのに飛行機に乗り遅れる」という
惨事をしでかしました。
羽田便なら、ギリギリに乗り込んでいる人も多いので大丈夫とは思いますが、
「そういうこともある」と思っておいて下さい。

参考URLに、先日私が教えていただいた質疑応答を載せておきます。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1661550

関空-羽田間を、年に4~5回往復しています。
結論から言いますと
「間に合うけど、おすすめできない」です(^_^;)

国内線の場合(知る限り、JALとANAでは)
「搭乗手続きはご出発の15分前まで」ですので、
7:20のフライトなら、理論上7:05にチェックインできればOK。
関空に6:50に到着して、まっしぐらに目的地に向かえば
6:55~7:00にはチェックインカウンターへ着きますので、
可能と言えば可能ですが、
もし電車の切符を紛失したり、電車がちょっと遅れたり、
トラブルが少しでもあったら一発...続きを読む


人気Q&Aランキング