腱鞘炎と屈腱炎のちがいを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

屈腱炎は屈腱自体が患部、腱鞘炎は屈腱をとりまく鞘の部分が患部

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答有り難うございます。
簡単でわかりやすいですね。勉強になりました。

お礼日時:2007/04/25 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオグリキャップと同じ種類の馬の寿命を教えて下さい。

オグリキャップと同じ種類の馬の寿命を教えて下さい。

オグリキャップの安楽死のニュースは、ショックでした。

一般的に、オグリキャップと同じ種類の競争馬は、何歳くらいまで生きるものなんですか?

Aベストアンサー

サラブレッドは、事故や人為的な形で死亡することがなければ、20歳~25歳くらいが平均的な寿命です。
オグリキャップは25歳で死んだわけですが、人間の年齢に換算すると80歳くらいの年齢にあたります。ですので、決して短命というわけではありません。

日本のサラブレッドの長寿記録は三冠馬であるシンザンの35歳という記録があります。
まぁ、サラブレッドの場合、競走馬として、繁殖用として活躍できないと、殺処分されてしまうことが多々あり、また、人工的に作られた品種ということで、重度の骨折などをすると生命活動に支障を来してしまう、という欠点を持っています(オグリキャップが安楽死したのも、サラブレッドは、脚を1本でも失うと、その時点で生命活動を維持できず、通常の病死などより大きな苦痛の中で死に至ってしまう、という事情からです。軽度の怪我であれば治療は可能ですが、オグリキャップの場合、治療が不可能なレベルでの怪我をしていました) そういう事情により、サラブレッドの平均寿命は、おそらく10歳に満たないと思いますが、そういうケースを除外して考えれば20歳~25歳くらいになると思います。

サラブレッドは、事故や人為的な形で死亡することがなければ、20歳~25歳くらいが平均的な寿命です。
オグリキャップは25歳で死んだわけですが、人間の年齢に換算すると80歳くらいの年齢にあたります。ですので、決して短命というわけではありません。

日本のサラブレッドの長寿記録は三冠馬であるシンザンの35歳という記録があります。
まぁ、サラブレッドの場合、競走馬として、繁殖用として活躍できないと、殺処分されてしまうことが多々あり、また、人工的に作られた品種ということで、重度の骨折...続きを読む

Q菊花賞の予想とその根拠を教えてください。

菊花賞の予想とその根拠を教えてください。

 1 1 ヒルノダムール 6.4
 1 2 レーヴドリアン 17.2

 2 3 クォークスター 10.8
 2 4 ネオヴァンドーム 74.3

 3 5 シルクアーネスト 99.2
 3 6 ビッグウィーク 21.6

 4 7 ミキノバンジョー 142.3
 4 8 トレイルブレイザー 46.1

 5 9 シルクオールディー 22.4
 5 10 ローズキングダム 2.5

 6 11 リリエンタール 38.6
 6 12 ビートブラック 113.0

 7 13 ゲシュタルト 10.6
 7 14 コスモラピュタ 46.1
 7 15 トウカイメロディ 6.5

 8 16 カミダノミ 60.5
 8 17 アロマカフェ 15.2
 8 18 サンディエゴシチー 40.7

※馬名の後の数字は、前々日最終単勝オッズ
 

Aベストアンサー

菊花賞ほど血統がものを言うレースは少ない。
また、臨戦過程も非常に重要である。


【血統面】
サンデーサイレンス産駒
 →該当なし

ダンスインザダーク産駒
 →該当なし

ロベルト系産駒
 →シルクアーネスト、ミキノバンジョー

次点、中長距離ダンサー系産駒
 →トウカイメロディ



【過程】
神戸新聞杯の上位馬
 →ローズキングダム、ビッグウィーク。次点ヒルノダムール。

ダービー2着馬
 何故か(2冠馬を除く)ダービー馬は縁が薄く、むしろ2着馬がアツイ。
 →ローズキングダム

皐月賞馬
 菊花賞は既に2冠取っていると馬券に絡んでくるケースが多いが、皐月賞かダービーかでいうと皐月賞と繋がっているケースが多い。
 →該当なし。次点ヒルノダムール

古馬長距離オープン、準オープン
 嵐山があった頃は驚異だった。
 今となってはという感じもあるが、2600を連勝しているトウカイメロディはそれに次ぐ実績があるとみなせる。
 →次点トウカイメロディ



【考察】
予想の中心はローズキングダムとなる。
イケるのか?切れるのか?まず、ここが悩みどころ。
単純な成績で言うと文句は無い。
ただ、典型的なキレ味タイプ。スローペースでのヨーイドンでは圧倒的有利も、道中で足を使わされるとどうなのか一抹の不安がある。
3分6秒以上かかれば馬券には絡みそうだが、微妙といえば微妙。
血統的には父は未知数だが、母は牝馬の割には古馬の長距離で通用するスタミナがあった。これも微妙。
善戦するもG1で勝ちきれないという一族のキャラも微妙。
押し出せれた人気で一本かぶりなら、切りたいが、善戦で馬券に絡むのも警戒しないといけない。
取り扱いが非常に難しい。

非ダークのサンデー系
マンハッタンカフェ、スペシャルウィーク産駒に共通して言えるのは、突き抜けた馬は安定しているが、それ未満の馬はあまり信頼できないし、長距離もそんなに上手くない。
安定度ならゼンノロブロイ産駒の方がまだある。
ヒルノダムールは非常に微妙。同じ戦績でダークの産駒なら本命だが。。。



【結論】
◎トウカイメロディ
○ビートブラック
▲ヒルノダムール
△ローズキングダム
×シルクアーネスト
×ミキノバンジョー
×ビッグウィーク

古馬長距離で一流半の実力のあるホクトスルタンに2600で快勝している実績から見ると、既に古馬重賞で通用する能力がある。
春天を勝ったマイネルキッツと同じ父を持つのも好材料。
最近の関東馬の勢いも侮れずトウカイメロディを本線にした。

BMSのブライアンズタイムの血が騒ぐ事を警戒してビートブラックを対向に。

勝っても惨敗してもおかしくないヒルノダムールには単穴を。

仮に負けても善戦しそうなローズキングダムには連穴を。

グラスワンダー産駒と昇り馬のビッグウィークにはそれなりの警戒をした。



ちなみに、昨年は血統からダーク産駒2頭の馬単裏表を抑えに買って当たりましたが、三連単は外しました。

菊花賞ほど血統がものを言うレースは少ない。
また、臨戦過程も非常に重要である。


【血統面】
サンデーサイレンス産駒
 →該当なし

ダンスインザダーク産駒
 →該当なし

ロベルト系産駒
 →シルクアーネスト、ミキノバンジョー

次点、中長距離ダンサー系産駒
 →トウカイメロディ



【過程】
神戸新聞杯の上位馬
 →ローズキングダム、ビッグウィーク。次点ヒルノダムール。

ダービー2着馬
 何故か(2冠馬を除く)ダービー馬は縁が薄く、むしろ2着馬がアツイ。
 →ローズキングダム

皐月賞馬
 菊花...続きを読む

Q天皇賞(秋)の予想とその根拠を教えてください。

天皇賞(秋)の予想とその根拠を教えてください。

1枠 1 ショウワモダン   柴田善臣
1枠 2 ブエナビスタ    C・スミヨン

2枠 3 ジャガーメイル   D・ホワイト
2枠 4 エイシンアポロン  蛯名正義

3枠 5 オウケンサクラ   北村宏司
3枠 6 スマイルジャック  三浦皇成

4枠 7 ペルーサ      安藤勝己
4枠 8 シルポート     酒井学

5枠 9 トウショウシロッコ 吉田豊
5枠10 シンゲン      藤田伸二

6枠11 アクシオン     武豊
6枠12 アーネストリー   佐藤哲三

7枠13 ヤマニンキングリー 吉田隼人
7枠14 ネヴァブション   後藤浩樹
7枠15 スーパーホーネット 藤岡佑介

8枠16 キャプテントゥーレ 小牧太
8枠17 コスモファントム  松岡正海
8枠18 アリゼオ      福永祐一

※レース当日の朝に締め切らせていただきます。
 

Aベストアンサー

菊花賞の時にお粗末な予想をした者です。

【菊花賞の反省】
トウカイメロディを本命にしましたが、現地でパドックを見て「あ、やってしまった」と思いました。
後脚が全く出てなくて、小さくカチカチした歩様でした。
初めて生で見る馬だったので普段は分かりませんが、トモに疲れがあるような気配だったので、書いておきながら、無責任にも当日評価を下げました。
失礼しました。
挙げた馬が1~3着でしたが、トウカイメロディを切っても手が回るような買い目ではありませんでした。

天皇賞で巻き返したいと思います。


【天皇賞の概要】
このレースはたいへんタフなレースで牝馬には非常に厳しいレースです。
ダービーを勝ってしまうような牝馬とか、混戦で訳が分からない状態で紛れ込んでくる場合ぐらいしか、牝馬の連帯を想像できません。
ブエナビスタは能力的には1番だと思いますが、レースの特性、ぶっつけ本番、天候の事、自身の成長曲線の事を考えると、抜けた1番人気になるようなら買い得な馬券とは言い難いです。

ブエナビスタは嫌いな馬ではありません。
ウオッカの引退で楽しみを8割がた失くしたドバイ旅行で、せめてもの慰めを与えてくれました。
馬券は別として応援したいです。


【予想】
フォーメーション的に行きます。

《1着》
○アーネストリー
シンゲン

《2着》
○トウショウシロッコ
スマイルジャック
ブエナビスタ

《3着》
○スマイルジャック
○ブエナビスタ
○ネヴァブション
トウショウシロッコ
エイシンアポロン


【解説】
タフなスピード比べになりがちなこのレース。
勝ちに行く事は惨敗も覚悟です。
1着予想が負けて2着にスライドというより、負けたら着外に消え去るぐらいの予想をします。

1着指名はアーネストリー。
準オープンからG3、G2、G2と直近4勝全て1番人気で勝利しています。
こういう馬は強いです。
2千の成績が6勝2着1回、着外2回。
勝ち切り型の距離のスペシャリストであり、何気に大仕事をするグラスワンダーを父に持ち、母父は東京コースの鬼トニービン。
ヤネは仕事にソツがない哲三となれば文句がありません。

2着指名。
ある意味、アーネストリーより距離のスペシャリストがいます。
1.8.2.9のトウショウシロッコです。
アドマイヤベガ産駒は大きいところで2着とか3着しがちです。
連帯を最大限に警戒したいです。


後は、東京のG1で馬券に絡んでくるスマイルジャック。
臨戦過程など条件が揃わないとは言うものの能力と脚質で馬券に絡んできやすいブエナビスタ。
安定した能力と地味さのネヴァブション。
3歳馬の中ではエイシンアポロンを指名します。

○が付いていないのは予備や差し替え候補です。
1着固定の予備にはシンゲンです。
こちらは東京コース6勝のスペシャリスト。
ダンシングブレーブ系も着に絡むより大仕事するタイプです。

トウショウシロッコはG1では少し力不足も否めないので、調子が悪そうならスマイルジャックやブエナビスタに差し替え。


以上。

菊花賞の時にお粗末な予想をした者です。

【菊花賞の反省】
トウカイメロディを本命にしましたが、現地でパドックを見て「あ、やってしまった」と思いました。
後脚が全く出てなくて、小さくカチカチした歩様でした。
初めて生で見る馬だったので普段は分かりませんが、トモに疲れがあるような気配だったので、書いておきながら、無責任にも当日評価を下げました。
失礼しました。
挙げた馬が1~3着でしたが、トウカイメロディを切っても手が回るような買い目ではありませんでした。

天皇賞で巻き返したいと思...続きを読む

Q競馬の逸話や珍話が載っているサイトを教えてください。

競馬に関する面白い話や過去の出来事などが載っているサイトがありましたら教えてください!
例えば、
スーパーオトメが競馬場から逃げ出した事件のような話や
サンデーサイレンスとメジロマックイーンは仲良しだったという様なほのぼのとした話が載っているようなサイトがいいです。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

有名かもしれませんが...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129751062

Q2月3日(日)東京競馬場の4レースと11レースの結果を教えてください。

表題の通りなのですが、
2月3日(日)東京競馬場の4レースと11レースの結果を教えてください。

出来れば3着ぐらいまで知りたいです。
お手数ですが…知ってる方いらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんなところで聞くより、JRAのHPに行きましょう。
http://jra.jp/
の競争成績のところに詳しく載ってます。
因みにですが、2月3日の東京開催は中止で、翌日代替競馬で開催です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報