【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

みなさんこんにちは

私が起こした傷害事件(当方加害者)について、明らかに私が一方的に悪くない
のにもかかわらず不当かつ破格な慰謝料を請求されました。
その後、弁護士に相談した所、相場は請求された慰謝料の3分の1だし、一方的で
ないなら尚の事その金額より低い金額ですむはずだ・・・というアドバイスを受
け、最後に示談あっせんの紹介を受けました。

低料金で、ちゃんとした弁護士がついてくれるので大変ありがたいのですが、弁
護士会が行っている為、土日祝日は一切やってないんです。
ちょこちょこ平日に休んだりしていくのはとても出来ないんです。今本当に本当
に大事な仕事を抱えていて、いくら自分が引き起こした件とはいえ、仕事を簡単
に休めないんです。

多少のお金がかかってでも、直接弁護士に依頼して自分の手を煩わせずして
話を進めていただきたいな?と思っています。
弁護士に示談交渉を依頼するといくらかかるものでしょうか?
たぶん金額で違ってくると思いますが・・・

ちなみに相手からの請求は150万円で、こちらの支払い可能額(&適正な慰謝料
の相場)は20~30万です。
この金額だと弁護士は引き受けてくれないでしょうかね?でも弁護士会に直接
行って依頼すれば、必ず引き受けてくれるとは弁護士からも直接聞いています。

ご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 示談交渉の前に、あなたが悪いのか悪くは無いのか、悪いとした場合には過失割合はどの程度なのか、そこをはっきりしなければなりません。



 示談交渉の場合には、着手金が20万に終了時の成功報酬が加算されますし、裁判の場合には着手金が30万円に成功報酬、というのが一般的な額のようです。金額の大小に関わらず、弁護士は引き受けてくれます。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2fee.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。

後参考URLを拝見いたしました。結構かかるものですねー
ちょっと位かかっても・・・というのは、裁判ではなく、示談交渉なので
それほどかからない・・・と思っていましたが、考えが甘かったです。

大変参考になりました。

お礼日時:2002/06/19 23:03

弁護士報酬とは、日本弁護士連合会で定められた「弁護士報酬規定」に基付き弁護士が依頼者より受け取る事ができる報酬(費用)です。

民事事件(示談交渉含む)では下記のようになっています。

経済的利益の額が300万円以下の場合の着手金が8%、 報酬が16%となっています。

少額な亊案の場合は、別途、規定があります。
参考urlをご覧ください。

現在、依頼している弁護士に、正式に依頼できないのでしょうか。

参考URL:http://w1.alpha-web.ne.jp/~algernon/shogaku.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスどうもありがとうございます。

>300万円以下の場合の着手金が8%、 報酬が16%となっています。
これは知っていましたが、示談交渉の時も同様な規定なんですね。

参考URLの方も、大変参考になりました。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/19 23:14

いくつかの疑問はあるので、まずはそれから…。



> 私が一方的に悪くないのにもかかわらず

これは誰の判断ですか? 
警察の方が「あなたは悪くない」と言っていましたか? 
傷害で検挙された際の相手の立場はどういったものですか?(被害者orこちらも応戦で加害容疑あり)


> 弁護士に示談交渉を依頼するといくらかかるものでしょうか?

150万円の請求だったら、15万は最低ラインですね。判決の際に認容額が安くなったとしても、それは弁護士の功労もあると考え、この金額程度をキープしたほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスどうもありがとうございます。

>> 私が一方的に悪くないのにもかかわらず
>これは誰の判断ですか?
あまり細かく書かず、聞きたいことだけを書いたので、あえて書きませんでしたが
基本的に喧嘩を売ってきたのは相手で、防衛していた最中に相手に怪我をさせてし
まったわけです。
ウソを言わず、本当の事を包み隠さず話した結果、警察官・検察官・弁護士全ての
人に「怪我を抜きにして、過失割合的に相手の方に大きな過失ある」といわれま
した。

お礼日時:2002/06/19 23:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q示談交渉・調停に弁護士を介入させたばかりに

話がややこしくなることってありませんか?

示談交渉をやっているのに先方の主張ばかりを聞かされて、示談交渉の概要がつかめません。
しかも自分の代理人であるのに、先方の代理人に自分の話を主張して納得させているかのように説明することだけで疲れてしまいます。

かえって精神的疲労が増します。
弁護士を使ったのが良いのか悪いのか考え込んでいます。
調停も弁護士がこれの争点はとか言って、話し合いではなく裁判でもするかのようなそれ以外は一切関係ない ような話をします。

Aベストアンサー

そりゃあ、そういうこともあるでしょう。

だから事前に弁護士とよく話し合って「自分の主張通り」に進めてくれるかどうかで
依頼するかどうか決めるんです。
たいていの人は依頼してから悩むんです。
逆なんですよ。
・自分の考えと合わない部分があったら依頼しない
・こちらの考えはすべて伝える(聞いてくれないなら、頼まない)
・依頼はすべて文書にし、弁護士から口頭説明された内容は自分から文書にして「これで良いですか?」って聞く(それを議事録として残す)
・出来ること出来ないことこれからの推移を聞いておく(聞かせてくれないなら弁護士を替えることも考える)
・「弁護士に頼んだら自分の作業は終わり」と考えない
等々。

弁護士だって正義の味方ではなく、「自分の仕事として」やっているんだということをお忘れなく。
(一般的な弁護士はあなたの交渉内容には興味がないのです)

Q傷害事件で検察庁からの呼び出しは何日後にくるの?

ささいな事から相手の挑発に乗ってしまい、軽くですが1発殴ってしまいました。(大人気ないです・・・)

相手側が傷害として訴え、逮捕され24時間後に釈放されました。

釈放後、検察庁からの呼び出しは何日経てば連絡が入るのでしょうか?
又、その知らせは電話でしょうか?それともハガキでしょうか?

逮捕されてから毎日反省の日々を送っております。
バカな私ですが、御回答のほど宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いくら相手が挑発してきても、公の場で暴力をふるったら負けです。

それはさておきですが、1発殴ったのが、どの程度の損害を相手に与えたかがわかりませんので、暴行罪にとわれるか、傷害罪にとわれるかどちらかと思います。

質問者さまが前科がなく初犯で、真摯に反省していて、かつ被害者との示談が成立していて、被害届を取り下げてもらえたら、検事の裁量で起訴猶予か不起訴にもちこめて、刑事事件としては処理されない場合もあります。

相手との示談についてですが、むちゃくちゃな金額の示談金を要求してくる場合でしたら、示談が成立していなくても、反省している態度を検事の方が察してくれれば、起訴猶予または不起訴になるかもしれません。仮に起訴されて罰金刑になっても初犯であれば傷害罪の場合、罰金10万円位です。

いずれにしても相手方が慰謝料100万円払えとか無茶苦茶いっていないのでしたら示談して被害届を取り下げてもらうことをおすすめします。

直接相手と交渉するよりも弁護士を間に入れて交渉するほうがスムーズに事が進むと思います。着手金5万円+成功報酬20%位の報酬が必要となります。

私の妻が交通事故に遭遇した際、所轄の警察署に通報しなくて、道路交通法違反(通報義務違反)で書類送検された場合、検察庁から封書で事情聴取の呼び出しがありました。(結果、不起訴となり刑事事件にはなりませんでした)

前科がついた場合、役所の戸籍の原簿というものに当該事実が記載されて5年間消えませんが、一般の人が見ることはできないので、その点につきましては心配しなくていいと思います。(ただ、道路交通法違反と違って刑法上の犯罪の前科があったら世間ではかなりのマイナス評価を受けると思います)

いくら相手が挑発してきても、公の場で暴力をふるったら負けです。

それはさておきですが、1発殴ったのが、どの程度の損害を相手に与えたかがわかりませんので、暴行罪にとわれるか、傷害罪にとわれるかどちらかと思います。

質問者さまが前科がなく初犯で、真摯に反省していて、かつ被害者との示談が成立していて、被害届を取り下げてもらえたら、検事の裁量で起訴猶予か不起訴にもちこめて、刑事事件としては処理されない場合もあります。

相手との示談についてですが、むちゃくちゃな金額の示談金を...続きを読む

Q民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

先日、たくさん訴えられすぎてもう裁判所に行けなくて
自動的に敗訴になっている有名な人の対談の動画をみました。
その方は敗訴で賠償金?のような判決がたくさん出されていますが、
実際には1円も払っておらず、普通に暮らしているそうです。
裁判所が払え、と決めただけで、実際に怖い人が取り立てに来るようなことは
ないらしいです。
映画にあるような強引な取り立てはだれもやることができず、
すれば逆に刑事事件として訴えることができる、
といっていました。

民事裁判の賠償は払わなくても特になにもないのでしょうか??
詳しい人お願いします。

Aベストアンサー

「支払わないことに対する罰則」は存在していません。
しかし、支払わないと強制執行で差し押さえされます。

けど生活必需品は差し押さえしてはいけない決まりになっているので、
家にそういう物が無ければ何も差し押さえは出来ません。

銀行口座に振り込まれる収入を差し押さえすることも出来ますが、
収入の振り込まれる銀行口座がわからなければ差し押さえすることは出来ません。



要するに、普通のサラリーマンなら会社からどこの口座に振り込まれているかわかるので銀行口座を差し押さえて強制的にお金を取ることが出来るんですが、事業主だと使用している銀行口座がわからないので家の物を差し押さえるしかない。しかしそれも生活必需品しかない場合はどうにもならない。
ということです。

Q起訴か不起訴か決定までの期間

 私は、自分の運営するブログに職務上知り得た秘密を書き込んだとして、停職三ヶ月の処分を受け、依願退職した元国家公務員です。
 退職したのが1月23日で、同日付で地元の検察庁に「守秘義務違反容疑」で告発されました。2月上旬に家宅捜索、2月中旬に検察庁へ呼び出しを受け、担当検事さんの事情聴取を受けました。
 違反事実については全面的に認め、ブログは閉鎖しています。検事さんからは、「聞きたいことがもしあれば、こちらから呼び出します。処分が決定した場合は、連絡します。」と言われています。
 かれこれ1ヶ月くらい経過しましたがなんの音沙汰もありません。新しい職場からは内定をいただいていて、4月から入社予定です。心配なのは、4月以降に処分がずれこんで、平日の昼間に呼び出しを受けても、勤務中で無理だったりするかもと、不安です。処分については、同様の件で告発された人もみな不起訴になっているので、起訴猶予処分に落ち着くのでは?と考えていますが。

Aベストアンサー

こんにちは。

 私は交通事故で検察庁から2-3回呼び出されたことがありましたが、電話で何時に来なさいというものではなく、封書で何日、何時に出頭してくださいというものだったと記憶しています。ですから、有休などをとって出かけました。
 就職されても問題ないと思います。

では。

Q突然の嘔吐と寒気・・・何が原因?

昨晩、それまではものすごく元気だったのに急にボーっとし始め、
「なんとなくまずい」と思ってトイレで吐き、
何度も何度も繰り返して約5時間程、
全て吐き終えたのかやっと眠りにつくことが出来ました。
この間熱はなく、震えるほどの寒気と、冷や汗、胸焼けがありました。


起きて、昨日よりは動けるのですが、やはり調子は悪く。
まだ怖くて食事という食事はしていないのですが、
やはり頭がぼーっとして胸焼けのような状態です。
病院にもわざわざ足を運びたくない億劫さなのですが、
(お金もないし、病院に行くほど切羽詰ってはいないはずと判断)
これは何が原因なのでしょうか・・・
また、どうすれば和らぐでしょう?

ちなみに昨日は生理1日目だったので、それが原因なのかも?とは思うのですが、今までこんな事はなかったです。
あと、昨晩はチェーン店のお弁当を食したので、もしかしたら食あたり・・・?とも考えています。

とにかく具合が悪い。不安なのでどなたか教えていただけたらと思います。

Aベストアンサー

質問と#1さんへのお礼を読むと
ウイルス性かお弁当による食中毒かは
わかりませんが、
成人でしょうし、少しづつ水分が取れるようなら
水分を取って、ゆっくり休めば1週間ぐらいで
治ると思います。
スプーン一さじの水分でも
飲めば嘔吐し、もちろん何も飲んでなくても
頻回の嘔吐があれば、病院に行ったほうが良いと思います。

食事は無理して取らなくて良いですよ。
舌触りの良いゼリーやプリンなどを少し
食べることが出来たら、食べてみてください。
最初のニ三日は、辛いと思いますが、
それを過ぎれば少しづつ治っていくと思います。

病院に行っても、原因がわかる頃には
治っていると思います。

ゆっくり寝て、水分だけ気をつけて、
早く良くなってくださいね。

Q弁護士を代理人として立てた場合の費用について

弁護士費用(課金システム)等 について教えてください。

トラブルの相手に損害賠償請求書を送りました。(こちらは被害者です)
請求額は「治療費1.5万+慰謝料5万=合計6.5万円」です。
すると、相手が弁護士を代理人に立て、請求には応じないという旨の
内容証明郵便を送ってきました。

そこで質問なのですが、相手はこの件を弁護士に委任する際、いくら位
払っているのでしょうか?

こちらは相手に、損賠賠償請求書を送る前に、きちんと謝罪すれば
慰謝料は要らないと話していました。
しかし、相手は謝罪することを頑なに拒否し続けました。
いつまでたっても平行線でしたので、謝罪を諦め、慰謝料を請求しました。

正直、相手も早く終わらせたいだろうから、請求額を支払うと思っていました。
(まさか弁護士費用をかけてまで請求を拒否されるとは・・・考えが甘かったです)

しかし、相手の弁護士からきた文書は 裁判になっても構わないというような内容が、
攻撃的な文章で書かれていました。

とりあえず、代理人弁護士に返事を書こうと思うのですが・・・

こちらが文書を出して相手方に説明要求をする度に、相手方は弁護士にお金を
払うのでしょうか?(いくら位?)

もうこれ以上弁護士費用を払うのは嫌だから、こちらの説明要求を無視する 
ということもあり得るのでしょうか?

また、代理人が依頼者に「このままだと結論が出ないから、民事調停や少額訴訟を起させ
よう」とアドバイスし、更に攻撃的・挑発的な返信をする ということもあり得るのでしょうか?
(民事調停や少額訴訟になったら、相手はいくら弁護士費用を払うのでしょうか?)


相手の「謝罪拒否」で精神的にまいっている上に届いた内容照明郵便・・・
もうこれ以上の精神的ショックは受けたくないのです。
早く終わらせたいので裁判は望んでいません。
誠意ある謝罪と治療費だけでいいのに・・・。

弁護士費用(課金システム)等 について教えてください。

トラブルの相手に損害賠償請求書を送りました。(こちらは被害者です)
請求額は「治療費1.5万+慰謝料5万=合計6.5万円」です。
すると、相手が弁護士を代理人に立て、請求には応じないという旨の
内容証明郵便を送ってきました。

そこで質問なのですが、相手はこの件を弁護士に委任する際、いくら位
払っているのでしょうか?

こちらは相手に、損賠賠償請求書を送る前に、きちんと謝罪すれば
慰謝料は要らないと話していました。
しかし、相手は謝罪...続きを読む

Aベストアンサー

最初に弁護士に相談するので、1時間だとして1万円位。
内容証明作成・送付料として2万~3万円位。

あなたに6.5万支払うより弁護士に支払う方が良いと思ったんでしょうね。
また、6.5万では裁判費用の方が高く付くので、あなたは裁判にはしないと考えているんでしょう。

「相手はこの件を弁護士に委任」ではありません。
内容証明を送るのを頼んだだけなので。
あなたが裁判を起こすということになれば、弁護士に委任して裁判に臨むということです。

あなたが説明要求しても回答しないでしょうね。
裁判になれば回答します、ということで。

>更に攻撃的・挑発的な返信をする ということもあり得るのでしょうか?

ないでしょう。このままです。
相手としては、「謝罪だの、治療費だの、慰謝料だのはまっぴらゴメン」「こちらには弁護士がいますから裁判でも何でもどうぞ」なのですよ。

つまり、お金の問題ではなく「とにかくイヤだ」なのです。

これに対してあなたがどうするかです。

>これ以上の精神的ショックは受けたくない
>裁判は望んでいません
>誠意ある謝罪と治療費だけでいい

とはいっても、事ここに至っては穏便な解決は望めなくなっています。
諦めるか戦うかです。

とりあえず、弁護士さんに相談ですね。

最初に弁護士に相談するので、1時間だとして1万円位。
内容証明作成・送付料として2万~3万円位。

あなたに6.5万支払うより弁護士に支払う方が良いと思ったんでしょうね。
また、6.5万では裁判費用の方が高く付くので、あなたは裁判にはしないと考えているんでしょう。

「相手はこの件を弁護士に委任」ではありません。
内容証明を送るのを頼んだだけなので。
あなたが裁判を起こすということになれば、弁護士に委任して裁判に臨むということです。

あなたが説明要求しても回答しないでしょうね。
裁判にな...続きを読む


人気Q&Aランキング