映画についての質問じゃないのですが、NHKの
海外ドラマの”ダーマ&グレッグ”について
詳しく知りたいです。あれは本当にサンフランシスコ
で撮影されているかどうかとか、ダーマ役のジェナ・
エルフマンの身長とか、どんなことでもいいので
知っている方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ついでにジェナ・エルフマンのファンサイト(ただし英語)



他には
http://www.geocities.com/lexman419/bio.html
とか
http://www.microtec.net/dhouston/biography.htm

ちなみに身長は5フィート10インチらしいですね。やっぱり178cmみたい。

参考URL:http://lavender.fortunecity.com/monkeys/505/j_el …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報いっぱいのHPアドレスありがとうございました!
とても参考になりました。

お礼日時:2001/01/24 13:40

ダーマについて・・・


'71年9月30日生れ
カリフォルニア州ロサンゼルス
身長:175.4センチ
出演映画「ポイント・ブランク」「待ちきれなくて」
    「エドtv」等など
現在は、ロサンゼルスに在住
    • good
    • 0
この回答へのお礼

身長は175とか、178とかいろいろ言われているみたいですね。
待ちきれなくて は一度見たんですけど、気が付きませんでした。今度また見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 13:45

グレッグ役、トーマス・ギブソンは、「シカゴ・ホープ」でドクター・ネイランド役で出演していました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは知りませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 13:44

ジェーン役のシェイ・ドリーンが1998年末に視聴者からの質問を受けたチャットの記録(参考URL;このチャットはなかなか面白いです)によると撮影はLAで行なわれて(このドラマの撮影で)サンフランシスコに行ったことはないということです。



今、日本で放送されているのは第2シーズンですから、少なくともこれまでの放送分はLAでの撮影なんでしょう(ただ、ダーマとグレッグがケーブルカーに乗ってるシーンが1回あったような気もするけど)。

因みにD&Gファンならご存知でしょうけど、映画の「マーキュリーライジング」で殺されちゃう暗号専門家を演じているボーディ・エルフマンがジェナの実生活での夫です。ボーディはアルマゲドンとか、エネミー・オブ・アメリカ等にも出演していますが、大体、コンピュータおタクっぽい役なんですけどね。TVガイドの受賞式での夫婦の写真が下のところにありますけど、これで見ると確かにジェナって結構背が高い!
http://us.imdb.com/EGallery?0790-tvg/elfmanje.nna

参考URL:http://www.universalstudios.com/unichat.30/newch …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にサンフランシスコで撮影されているのか??
という疑問が解消されてうれしいです。
D&Gに影響されて一度シスコに旅行に行きましたが、
なんとなくD&Gのイメージと違ったので、ずっと疑問に思ってました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 13:43

このサイトが詳しい情報を載せています。



参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~gofdrama/dharma/dg …
    • good
    • 0

もうご存知かもしれませんが、ダーマは、今週末から公開の、「僕たちのアナ・バナナ」でヒロインをやってます。

幼なじみ3人組の映画だそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

来週の土曜日、友達と見に行く予定です!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 13:39

あまり回答になりませんが、ひとつ情報を。


グレッグは、スタンリー・キューブリック監督の「アイズ・ワイド・シャット」に出ていました。(かなりちょい役)
グレッグ役とはちがい、シリアスめな役どころでした。
グレッグのほうが好きだなぁ。と思いました。

ダーマ&グレッグは大好きなので、私も他の情報知りたいです。
知っている方どうぞよろしくお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうらしいですね。アイズ・ワイド・シャットは映画館で見ましたが、D&Gをあまり知らないときだったので、全然気が付きませんでした。今度レンタルしてもう一度見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジェナ・エルフマンについて。

今「アナ・バナナ」を観たんですけど、
ジェナ・エルフマン可愛すぎる~~~~。
NHKでやってた「ダーマ&グレッグ」も観てたんですけど、
終わってしまって残念。
他にも彼女の出ている作品を観たいのですが、
日本で観れる作品はあるのかしら?
教えて下さい!!!

Aベストアンサー

ジェナ・エルフマン、可愛いですよねぇ。
アナ・バナナに、ジェナの実夫が出ていたの知ってますか?
ダーマ&グレッグは、いま週一で再放送中ですよ。
毎週金曜日の深夜2時から1話づつ。(緊急ニュースでたまに潰れますけど・・・)
確か次回は10日です。まだ5話目くらいかな?
http://www.nhk.or.jp/kaigai/dharma/index.html

NHKの公式サイトです。放送予定やインタビューなども書いてありますよ。

他の映画は、『待ちきれなくて』『エドTV』『フォルテ』があります。ドクター・ドリトルで声もやってました。

参考URL:http://www.fmstar.com/movie/j/j0207.html

Qエレファントマンという映画で、japanese bleederという役

エレファントマンという映画で、japanese bleederという役で、楠原映二氏(くすはら・えいじ)が出ていますが、どの場面で出ているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

楠原映二さんは

ロンドン病院に個室をあてがわれたジョン・メリックを見世物にして金を取った病院の釜炊き

の役で出ています。悪者の役ですね。最後に婦長に頭を殴られた「あの男」です。

Japanese bleeder とは「金を搾り取る日本人」という意味ですが、ちょっと役表記の仕方に何か不満を覚えます。役名で書けば良いのに、何でそんな表記にしたのかは、どうしても解かりません。因みに映画は「かなら脚色製」が強く、現実とはかなりの隔たりがあります。ここまで変える必要ないだろうという位にです。

Qドワーフとか賢者とかミスリルの服とか・・

前から不思議だったんですけど、ドワーフとかエルフとかホビットとかゴラムとか賢者とかミスリルの服とか他にも色々な独特な名前が映画とかゲームでよく出てきますよね。

ロードオブザリングとかあんな感じの映画によく出てくるし、色んなゲームにも出てきます。

ああいうのって最初どこから出てきたんですか?
誰かが最初に作ったのをみんなが真似して出したりしてるのですか?
元が知りたいです。

Aベストアンサー

ゲームやファンタジー映画、小説などに出てくるものについては、多くが「ロード・オブ・ザ・リング」の原作のトールキン著「指輪物語」の影響だと考えていいと思います。
ドワーフやエルフなどは、欧州の神話や伝説などに古くから出てきますが、神話や伝説に出てくるエルフは、どちらかというと小さな妖精(フェアリー)のようなもので、ゲームや映画などに出てくる「とんがり耳のエルフ」というのは、トールキンが独自に考え出したエルフが大元だと考えて間違いないと思います。
ドワーフについても基本的にトールキンが「ホビットの冒険」や「指輪物語」で描いたドワーフが継承されていると思いますが、このドワーフについては、トールキン自身「ホビットの冒険」の中で「白雪姫」に出てくるドワーフと同種族だというようなことを書いていますので、こちらは大元は欧州の神話や伝説に由来すると考えていいかもしれません。
ホビットについては、他の方も書いているように、トールキンが独自に考え出した種族です。ちなみにトールキン自身はホビットの語源にRabbitが関係しているというのは否定していたようですが。
ゴラムというのがトールキン作品以外に出てくるというのは知りませんでしたが、ゴラムもトールキンが独自に考え出したキャラクターのはずですので、もし他で出てくるのであれば間違いなくトールキンが大元だと言っていいと思います。
賢者という言葉自体は色々な起源がありますが、ゲームに出てくる「賢者」というのはやはり「指輪物語」に出てくる賢者=魔法使いが大元になっていると思います。ただ、賢者と魔法使いを区別するようなことはトールキンの作品ではありませんでしたが。
ミスリルも、トールキンが独自に考え出した金属だったと思いますので、これも大元はトールキンの「指輪物語」や「ホビットの冒険」なはずです。

他の方も書いてらっしゃいますが、そもそも異世界ファンタジーというジャンルが生まれたのは、「指輪物語」がベストセラーになり(特にアメリカで)その模倣作品が作られるようになったことから始まっています。今ゲームや映画などで普遍的に知られている世界観は、ほとんどがトールキンの「指輪物語」に由来しているものと考えていいと思います。
現在では「指輪物語」から直接影響を受けないで異世界ファンタジーを作る人たちも多いようですが、そういう人たちが影響を受けた作品の大元をたどれば、最後には「指輪物語」に行き着くはずです。

ゲームやファンタジー映画、小説などに出てくるものについては、多くが「ロード・オブ・ザ・リング」の原作のトールキン著「指輪物語」の影響だと考えていいと思います。
ドワーフやエルフなどは、欧州の神話や伝説などに古くから出てきますが、神話や伝説に出てくるエルフは、どちらかというと小さな妖精(フェアリー)のようなもので、ゲームや映画などに出てくる「とんがり耳のエルフ」というのは、トールキンが独自に考え出したエルフが大元だと考えて間違いないと思います。
ドワーフについても基本的にトー...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。質問者様が言う「シス役」とは【ダース・シディアス】のことでしょうか?だとしたら、同じ役者であるイアン・マクダーミドさんが演じられてます。

ただし、EP5に出てくるダース・シディアス(俗に言う皇帝)は老婆とチンパンジーを合成したものです。(最近出たDVDボックスではイアン氏が演じたものに、修正されてます)

Qロード・オブ・ザ・リングのエルフ語

わたしは字幕で見たのですが、字幕ではしゃべっている言葉はエルフ語で、英語と日本語両方の字幕が出ていました。
吹き替え版ではどうなっているんでしょう?御覧になった方教えてください。ついでに感想などつけてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

吹き替え版では、音声でエルフ語が流れて、字幕で日本語の字幕のみ
流れたと思います。
3月2日に見たばかりなのに、答えがあいまいですみません。
はじめはこんなものかなという感じで見ていたのですが、
そのうち映画の世界に入っている自分がいました。

本当は字幕で見たかったのですが、吹き替えしかやってなかったので
残念です。本当の出演者の声を聞きながら見たかったです。

久しぶりにまた見たいなという映画に出会いました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報